FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2006年10月15日[Sun]

のっぽパン--長泉メロン(8月5日、長泉わくわく祭り限定)。

のっぽパン--長泉メロン(8月5日、長泉わくわく祭り限定)。


久々の、超レア限定のっぽパンッ!
今度は、長泉特産のメロンですっ!!

♪静岡住んでる、独身さん~っ、
 オレンジ電車に乗~ってぇ、どこ行くの~か~な~ぁ、
 片道950円~、時間はぴったし1時間~、
 いつものっぽが好きなっ、ど~く~しんっ(独身)、
 並んじゃ~う~な~ぁ、、♪

ヤマグチさん家、ではありませんが、
静岡に住んでいる独身は、この日、
オレンジ電車こと、東海道線上りに乗り、
かの町を、目指しております。

片道950円、時間にしてちょうど1時間。

ゆらゆらと電車に揺られ、
着いたところは、静岡東部にある、長泉町

自動改札のない、小さな町のようです。

この日、この長泉町では、
長泉わくわく祭り”と云うお祭りが開催されるのです。

なぜ、わざわざ1時間もかけて、
独身がちいさな町のお祭りに行くのか。

超、大物芸能人が来るっ!?
それとも、一見の価値があるくらいの花火があがるっ!?

いいえ、どれも違います。

なんと、この日っ!
ここ、長泉のわくわく祭りで、
超レア限定のっぽパン、“長泉メロン”が販売されるではありませんかっ!

独身がこのことを知ったのは、
2週間前の地元新聞の記事

ふと、地域情報のページをちらちら見ていると、
独身のめがねは、とある文字をとらえたのですっ!

そこにはっ、
メロンジャムののっぽパン開発
 ~5日、長泉で限定販売~

と、書かれているではありませんかっ!!

(おうっ!!!
 今年もきたかっ!!!)

そろそろ、この情報が新聞に載る頃だと思っていました。

なぜなら、1年前にも、
同じ長泉町で、“長泉メロンのっぽ”が、販売されたからです。

しかし独身はこの頃、まだ、のっぽマニア歴が浅く、
こういったお祭りに、のっぽパンもかり出される(?)とは、
まったく知らなかったのであります。

そのため、超レア限定の長泉メロンを頂くことが出来なかったわけです、、。

しばらく経って、この限定のっぽの情報を知ったとき、
どれほど落ち込んだことか、、。

古井戸に落とされた貞子のごとく、
血のにじむような思いで、地の底からはい上がり、
ようやっと、立ち直ったのであります、、。

この貞子、ではなく、長泉メロン事件を境に、
いつ、超レア限定のっぽが販売されるのか、
毎日、ローカル新聞などの媒体や、ネットを駆使し、
情報をチェックするのが日課となったわけです。

この長泉メロン事件は、独身のこころを哀しませたこともあり、
強く、印象付けられたことも、確かです。

そのため、夏休みに入り、
ずっと、この日の情報を見逃さないよう、
隅から隅まで、穴が開くくらい、
ローカル新聞をチェックしていたのです。

その努力(?)が実ったのか、2週間前の、新聞の下~のほうに、
ちいさくこの情報が掲載されているのを発見したわけですっ!

このときの独身の喜びと云ったら、
まるで、合格発表で自分の番号を発見したかのような喜びようですっ!

それから、その記事をはさみで切り取り、
部屋の目立つところに、置いていたわけです。

お祭りまでの期間、毎日記事を見つめながら、
指折り数えて、この日を待ちわびていたのです。

これほど、この“長泉わくわく祭り”を、
こころ待ちにしていた人間はいないと自負しているくらいですっ。

そんなこんなで、ようやくお祭りの日を迎えたわけですが、
まさか、いきなり出鼻をくじかれようとは、思いもしなかったのです、、。

お祭り会場の駅に到着し、
のっぽパンが販売されているテントを探すと、
1枚の張り紙が視界に入って来ました。

そこには、
のっぽパンは昨年とは販売場所が異なります。”
と云う注意書きと、販売場所までの地図が書かれていたのです。

新聞記事には、駅前で販売されると書かれていたので、
てっきり、駅に着いてすぐの場所で買えると思っていたのですが、
どうやら、今年は場所が変更になったようです。

地図に書かれたとおり、
駅前の通りをずっとまっすぐつき進んで行くのですが、
歩けど歩けど、のっぽパンのテントは見つかりません、、。

炎天下の中、競歩にも近い速度で歩くも、
そこにあるのは、ふつうのお祭りの食べ物屋さんと、
和太鼓やイベントステージ、そして、
なぜか、パトカーや救急車、さらには自衛隊の車両3台が、
2車線の道路に止まっているではありませんかっ、、。

(もしかして、道を間違えたのではないだろうか、、。)

いかんせん、この独身、
この長泉に来たのははじめてなので、
まったく地理感がないのです、、。

距離にして、400Mくらいは歩いたでしょうか。
独身の視界に、ひとつの行列が入って来たのです。

すると、
「のっぽパンの最後列はこちらで~すっ!」
と云う、スタッフのかたの掛け声が聞こえて来たではありませんかっ、、。

のっぽパン--長泉メロン(8月5日、長泉わくわく祭り限定)。


(ええっ!!!!!
 こっ、こんなに並んでいるの~~~~っ!!!!)

独身が着いたのは、
販売開始時間12時の、およそ5分前です。

しかし、すでにそこには、
老若男女、7、80人前後の人が、
のっぽパンを求め、行列を作っている
ではありませんかっ!!!

しかも、あまりにも長い列なので、
途中で“しの字”の折り返し地点があるくらいです、、。

この独身、、。

中学の頃、厳しい部活で、
“30分前行動は当たり前”の世界できたえられてきたため、
余裕を持って行動することは、未だ習慣付いているのです、、。

この日も、12時前に会場に着くよう、
前日に携帯で電車の時刻をしっかりと調べていたのです、、。

列が出来ていたとしても、
せいぜい、2、30人くらいだろうと、
高をくくっていたわけです、、。

これが、すべての過ちでした、、。

独身の予想を反し、そこには倍以上の人が、
列を作って待っていたと云うわけです、、。

(嗚呼っ!!
 この独身以上に、のっぽパンにパッションを持っている人が、
 こんなにもいたと云うのかっ!!!)

先ほどの、自衛隊の戦車から、
大砲を一発喰らったかのような衝撃です、、、。

この独身、、。

のっぽパンに対するパッションだけは、
誰にも負けない!と思っていたのです、、。

だからこそ、片道950円、1時間をかけて、
この長泉までやって来たのです。

しかし、そこには、この独身の自信を打ち砕く人が、
こんなにも待ち受けていたのです、、。

流石の武蔵だって、のっぽファンの行列斬りは、
不可能でしょう(?)。

だた、己の無力さと、浅はかさを痛感し、
その場に打ちひしがれることでしょう。

こうして、独身が己の愚鈍さに嘆いていると、
空から、12時を知らせる花火があがったわけです。

すると、のっぽパンの販売がはじまったのか、
列が動きはじめたのです。

まだか、まだかと、列の先頭を見つめていると、
前方から、のっぽパンを買ったばかりの人たちが、
戻ってくるではありませんか、、。

その手には、白い袋に入れられたのっぽパンがあるわけです、、。

(くっそ~~~~っ!!!
 この人たちが、この独身よりもパッションが強かった、
 とでも云うのかっ!!)

すでに購入した人ののっぽパンを羨望の目で見つめながら、
益々、己を呪うばかりです、、、。

すると、後方の人から、
「去年もおいしかったよね~。」
と云う会話が聞こえて来たのです。

なるほど、前の方に並んでいた人は、いままでに、
このお祭りで限定のっぽを買ったことがある人たちのようです。

それ故に、行列が出来ることを予知していたと云うわけです。

さて、独身が列に着いてから、
およそ10分が経過したでしょうか。

ようやく、販売場所のテントが見えてきたのです。

のっぽパン--長泉メロン(8月5日、長泉わくわく祭り限定)。


今回は、限定2,000本と云うことで、
ひとり2本までと云う制限があるようです。

お祭りに着く前、独身は4本くらい購入することを検討していました。

しかし、残念ながら、
その半分の2本までしか、購入出来ないのです、、。

ここで、独身の中の悪魔が登場です。

悪「へへっ。残念だったな~。
  やっぱし、マニアとしては、
  4本くらいは欲しかったよな~ぁ。
  だってよ~ぉ、いくら行列が出来ていたとは云え、
  わざわざ電車で1時間かけてくる人は、そうそういないぜ~っ。」

独(そっ、そうだよね~っ。
  この辺りの人たちは、みんな地元の人だよね~。)

悪「そうさ~っ。
  それなのに、たった2本しか買えないなんて、
  あんたの苦労は2本の価値しかないってことだぜ~っ。」

独(そっ、それもそうだな~、、。
  電車で1時間もかけて来たのに、
  2本だけって、ちょっと哀しいかも、、。)

悪「だっろ~~っ?だったらさっ、
  “あっちに連れがいるから、4本買えませんか?”
  とかなんとか云って、ダマしちゃえよ~っ。」

独(そうだよね~、、。
  適当に“連れが向こうの日陰で休んでいる”とか云えば、
  4本売ってくれるかもね~、、。)

悪「ひひっ!そうさ~ぁ、ウソも方便って云うだろ~っ。)

この独身、すっかり悪魔の誘惑に洗脳され、
4本購入することを考えています。

しかし、ここで独身の天使が登場です。

天「そんなのっ!いけませんっ!!
  みんな、この炎天下の中、ずっと待っているんですよっ!
  もし、ここで独身さんが4本買ったとしたら、
  いま、後ろに並んでいる人の中で、
  ほんとうは買えたはずなのに、
  買えない人が出てくるかもしれないんですよっ!」

悪「なにを~~っ!
  そんなの知ったこっちゃね~っ!
  独身は、遠方から来ているんだっ!
  4本買ったって、バチは当らね~よっ!!」

天「いけませんっ!!
  例え、この列の中で、独身さんだけが1時間かけて来たとしても、
  みんな、のっぽパンに対するパッションは同じなんですっ!
  ここで不正を働くなんて、ほかののっぽファンに失礼ですっ!」

悪「くっそ~~~っ!!
  後悔しても、知らね~ぞっ!!!」

本音を云えば、悪魔に従いたい気持ちのほうが大きいです、、。
しかし、後方にはまだ、たくさんの人たちが行列を作っています。

そのことを思うと、やはり、
ウソをついて4本買うと云う行為は、
こころが痛むってもんです、、。

そんな、悪魔と天使の戦いが繰り広げられているうちに、
ようやく、独身はのっぽパンのテントにたどり着いたのですっ!!

販売係りのスタッフのかたが、
「こちらにどうぞ~っ!」
と独身をうながします。

そして、独身はお財布から100円玉を取り出します。

「“2本”くださいっ。」
「はいっ、“2本”ですねっ、ありがとうございますっ。」

いま、独身の手元には、2週間前から待ちわびていた、
長泉メロンのっぽパン”があるのですっ!

袋の中をのぞき、その存在を確かめると、
袋の上からと云うのに、
ほのかにメロンの甘い香りが漂ってくるではありませんかっ。

これでよかったのです。

もう、このメロンの香りをかいだら、
4本うんぬんと云う、愚かな迷いは、
すっかり忘却してしまいました。

それどころか、後方に並んでいる人たちに、
(見たまえっ!!
 これが、おぬしたちが未だ待ちわびている、
 超レア限定のっぽだぞっ!!)
と、見せびらかしたくもなるってもんですっ!

まるで、勝利をおさめたマクべスのごとく、
胸をはって、凱旋(?)したくなるってもんですっ!

しかし、マクべスは荒野で魔女3人から呪いをかけられ、
王さまを殺めてしまうのです、、。

魔女「めでたいの~、マクべス!
   やがては王になるお人。」

悪魔「へへっ!独身!
   もういちど、この列に並んで、
   もう2本、買っちゃえよ~っ。」

のっぽパン--長泉メロン(8月5日、長泉わくわく祭り限定)。


長泉特産
 長泉メロンの旬の美味しさがのっぽになりました
。”

と云うわけで、オレンジ電車に揺られること1時間。

片道950円をかけて、
この“長泉メロンのっぽ”を“2本”、
購入したと云うわけですっ。

はたして、独身以上に、
この超レアのっぽパンのみを求めて、
遠方からやって来たのっぽマニアはいるでしょうかっ!

往復、約2,000円もあれば、
バーゲンで洋服が1枚、購入出来ます。

しかし、この“長泉メロンのっぽ”は、
1年に1度、しかも、この1日のみしか、
販売されないのです。

これは、野口英世先生が2人犠牲になったとしても、
なんら痛手にはなりません。

野口先生以上に、
この超レア限定のっぽには価値があるってもんですっ(?)!

後世に、伝記として残されること、間違いなしっ!
(いや、それはない。)

まあ、野口先生は、恩人をダマして、
留学費用をすべて飲み遊び代にしてしまったくらい、
いささか、おたんちんな部分があるので、
ある意味、のっぽ2本のために犠牲になるくらい、
先生自身も本望ってもんでしょう。

さて、せっかく1時間もかけてお祭りにやって来たのだから、
なにか、食べ物を買ったり、イベントを見たりすればいいのですが、
この日、独身が長泉にいた時間は、およそ30分です。

駅に到着し、販売場所まで延々と歩き、
行列に並び、のっぽ2本を買い、
そして、途中、スーパーで飲料水を購入し、
“何某戦隊ほにゃららレンジャー”のイベントを横目で見つつ、
駅に戻り、そそくさと電車に乗り込んだわけです。

しかし、これには大きなわけがあるのですっ。

それは、この“長泉メロンのっぽ”の消費期限が、
8月5日、つまり、購入日なのですっ!!

つまり、買ってすぐに頂け、と云うことなのですっ。
これは、急いで帰宅する必要がありますっ!

ちょうど、独身はまだお昼ごはんを頂いていないこともあるのですが、
太陽のパッションが強いうちに、
この“長泉メロンのっぽ”を撮影しなければならないのです。
(自然光ではなく、蛍光灯ではうまく撮影出来ないので。)

そんなわけで、せっかくのお祭りを堪能することもなく、
ふたたびオレンジ電車に乗って、1時間かけて、
自宅に戻ったと云うわけです、、。

のっぽパン--長泉メロン(8月5日、長泉わくわく祭り限定)。


さて、今回は長泉名産のメロンを使用したのっぽパン、
と云うことで、のっぽきりんには、メロンの割れ目が入っています。

そして、頭上には、王冠です。
これは、クラウンメロンと云うことを現しているのでしょうか。

いかんせん、この独身、
長泉に関しては、ほとんど知識がないので、
長泉メロンがどんなものなのか、まったく未知なのです、、。

ただ、静岡はお茶だけではなく、
メロンの名産地でもあることは、承知しております。

そして、世間的には“温暖な地で住みやすい”と思われていますが、
案外、夏は全国1位の気温を多々、記録したりするんですよ。

つまり、太陽のパッションをいちばん受けているのが、
われわれ静岡人と云うわけです。

その太陽のパッションに負けないくらいのパッションを、
のっぽパンに持っているのが、この独身と云うわけです。

さて、ふたたびオレンジ電車で1時間かけ、
地元に戻り、ちょっとした買い物を済ませ、
自宅に戻ったのは、2時半です。

ここで、いちもくさんに“長泉メロンのっぽ”に喰らいつきたいのですが、
この独身、幼稚園の頃、先生に、
おいしいものは、いちばん最後に取っておきましょう。”
と云う教えを未だ、かたくなに守っていると云う性の持ち主なのです。

よって、先に“あるある大辞典の若返り納豆”の準備を済ませ、
それから昼食を頂き、いよいよっ!
長泉メロンのっぽ”を頂くときが、やって来たのですっ!!

のっぽパン--長泉メロン(8月5日、長泉わくわく祭り限定)。


いつもは、袋を開封すると、中から香りが漂ってくるのですが、
今回の“長泉メロン”は、すでに袋の外からメロンが香ってくるのですっ!

流石、超レア限定なだけはありますっ!

2週間前の地元新聞記事によると、
メロンは加熱すると香りが失われるため、
 同社(のっぽパンを製造しているNBSさん)などが試行錯誤して、
 風味を損なわない製法を編み出した。”
と、書かれています。

この、香り高いメロンが出来上がるまで、
いったい、どんなご苦労をされたのでしょうか。

きっと、独身が1時間かけて買いに来た努力(?)など、
比にならないくらいの、相当な労力を費やされたことと察します。

その、開発者の方々のご苦労があったからこそ、
このような、素晴らしいメロンの香りを放つジャムが完成された、
と云うわけですっ。

この甘い香りをかいでいるだけで、
往復2時間の疲れなど、一気に吹き飛ぶってもんですっ!

♪メロン is blowing from the のっぽ~ぉっ、
 メロンはジャム~ッ、

 好きなのっぽにぃ並び、好きなのっぽを喰ら~う、
 ううう~、あああ~、ううう~、あああ~、
 わたしの胃の中、収まりなぁ~さぁいっ!♪

ジュディ・オングのドレスのごとく、
今回は、真っ白な生地の、のっぽです。

生地は、いつもの白生地とは少し、食感が異なっています。

いささか、もそもそとしていて、
ぱっさり気味
であることは、否めません。

もしや、この日の、太陽の強烈なパッションで、
生地が幾分か、痛んでしまったのでしょうかっ、、。

そう云えばっ!

行列に並び、購入した人に中には、
保冷バッグを所持していた人がいたのですっ!!

しっ、しまったっ、、!

いつもの、菓子パンを買いに行くときは、
ちゃんと保冷バッグを持参しているのに、
この日ばかりは、保冷バッグのことなど、
念頭になりませなんだ、、、。

これでは、のっぽマニア失格です、、。

はじめての、超レア限定を購入したとは云え、
行列に並び遅れ、さらには、保冷バッグを忘れる始末です、、。

こんな愚鈍な独身が、のっぽマニアを名乗ることなど、
分不相応です。

これはもはや、想定外といいわけすることは、出来ません。

「忘れちゃったと云えば、忘れちゃったんですよ~。」
などと云ったところで、この生地の食感に変化はありません、、。

生地をちぎると、こころなしか、
微妙に“しゃきしゃき”している感を受けます。

しっとり感が失われ、少し生地が硬くなっているため、
生地の細胞壁(?)までもが、ぱさぱさに乾燥しているような感じです。

♪しゃきしゃっき、すっるなよっ(ジャ~ジャッ!)
 生地が乾燥、す~るぜっ!

 ナイナイナイッ!し~っとりないっ!
 ナイナイナイッ!ふんわ~りないっ!
 ナイナイナイッ!水が足りなぁい~っ!♪

太陽のパッションにやられ、
熱中症になってしまったとでも云うのでしょうかっ、、。

のっぽパン--長泉メロン(8月5日、長泉わくわく祭り限定)。


生地の中には、長泉メロンをジャムにしたものと、
ホイップクリーム
が入っていますっ!

新聞記事によると、
果肉50%のメロンジャムと生クリームをパンに挟んだ。”
と書かれています。

メロンジャムは、うっすらグリーンがかった、
透き通ったジャム
ですっ。

よ~くジャムを見ると、
ところどころに、果肉ではないかと思われる、
濃い緑の部分
が確認出来ますっ。

食感は、少しねばりのある、ゆるいとろとろジャムです。

新庄選手の、顔のパーツがぎゅっと中心によっているような、
ぎゅっと濃縮されたメロンと云った感じです(?)。

取れたての、少し瓜っぽさが残っているメロンではなく、
数日間、冷蔵庫で冷やし、すっかりじゅくじゅくに熟された
とろりとした甘味と食感になったメロンのお味ですっ!

お口の中でじゅわっとする甘味で、
かすかな刺激があります。

ほんもののメロンも、かなり熟したものは、
のどの奥で、甘味がじゅわじゅわと刺激しますが、
このメロンジャムも、そんな感じの刺激があるのですっ!

♪すばらしいっ!Y~MCA!♪

Y=ヤングなメロン、ではなく、
M=待ちに待って熟成された、
C=ちょっとじゅわじゅわの刺激が、
A=あんた、あのこのなんなのさっ(?)

一方のホイップクリームは、
少しゆるめの、6分立てくらいの硬さです。

これもおそらく、太陽のパッションによって、
いささか、ゆるくなってしまったと思われます。

太陽とは、人類にシミ、シワと云う悪影響を与えるだけでなく、
独身の大好きなのっぽパンをくたくたにさせてしまう、
憎きあんちくしょうなのですっ。

♪ぎ~らぎ~らっ、たっいよう(太陽)が、
 の~っぽぉ、襲~ぉい~っ♪

いいえ、保冷バッグを用意しなかった、
この独身が悪~ぅございましたっ、、。

お味は、と~~ってもミルク風味が濃厚な、
甘味たっぷりのホイップ
ですっ。

メロン同様、ホイップもミルクがぎゅっと濃縮されているのでは、
と思うくらい、コクがあって、濃厚なお味ですっ。

のっぽパン--長泉メロン(8月5日、長泉わくわく祭り限定)。


このミルクのコクが、
メロンと生地の橋渡しをしているように思われます。

もし、ホイップクリームがなかったら、
メロンジャムのじゅわじゅわの甘味が、
素朴なコッペパンである生地と反発し合い、
相性の悪さが露呈してしまっていたと思います。

しかし、その両者を結び付けているのが、
ホイップクリームと云うわけです。

メロンのじゅわじゅわと、ホイップのミルクが相成って、
メロンクリームとなり、生地と一体化すると云うわけですっ。

ホップ、ステップ、ジャンプです(?)。

ところが、誠、残念なことに、
ジャムがゆるくなったしまったせいか、
生地に染み込んで、あまりジャムの存在感がなく、
ホイップのほうが強くなっている
感は、否めません、、。

量的にもホイップが多い、と云うこともあるのですが、
生地も乾燥していることもあり、砂漠に水をやるように、
部分的に、生地がジャムを吸い込んでしまっている感じです、、。

♪生~地がジャムを、吸~っているぅ、
 吸~っているから、味薄い~っ、

 は~んぶん(半分)を、冷蔵庫~、
 冷やしてみ~れ~ば~ぁ、
 ジ~ャムがすこ~しは、硬くな~る~の~っ、

 メロンだ~って、ミルクだ~って~、
 白生地だ~って~ぇっ、
 みんなみんなぁ、限定なんだ、
 わくわくま~つ~り~っ!♪

と云うわけで、生地を太陽に透かしてしまい過ぎたので(?)、
生地を冷蔵庫で冷やしてみることにしました。

のっぽパン--長泉メロン(8月5日、長泉わくわく祭り限定)。


すると生地は、ばりばりと音が鳴るのではと思うくらい、
かなり硬くはなってしまいましたが、
メロンジャムのほうは、とろとろゆるかったのが、
かなり細かくくだいたゼリーみたいに、
ふつふつとした食感
になっていますっ。

ホイップは、少しぽそぽそになってしまいましたが、
メロンの風味は幾分か強くなっているようですっ。

それでも、もう少しメロンジャムの量が多くあってもいいかなぁ、
と思いますが、これって、独身おんなのわがままってやつでしょうかっ、、。

やはり、太陽のパッションと云うのは、
かなりこの“長泉メロンのっぽ”に影響を与えていたようです。

これがもし、出来たてほやほやの状態だったら、
どんなにおいしかったことでしょうっ、、。

しかし、このメロンジャムのじゅわじゅわの甘味と、
ホイップクリームのミルクのコクが、
片道1時間かけて、長泉までやって来た独身の癒しとなってくれたことは、
確かですっ。

今回は、はじめての超レア限定のっぽパンを買いに来たと云うことで、
列に並び遅れ、また、保冷バッグを所持していなかったと云う、
不足の事態が発生してしまいました、、。

しかし、この苦い経験を教訓に、
次回の超レア限定が販売されるときには、
二の舞を踏まないよう、あらゆることを想定し、
準備万端で買いに出掛けたいと思いますっ!

“行列に、地団駄踏んでる、独身さん。”

並んでいるときは、時間が長く感じたのに、
2本食べ終わるのは、あっと云う間でした、、。

“食べ終わり、益々地団駄、独身さん。”


購入価格:100円。

栄養成分表示:なし。


【オススメ度:★★★★☆(4.5)】
スポンサーサイト





タグ:

HOME

トラックバックURL


トラックバック

木村屋--チーズとキャラメリーゼ。  | home |  木村屋--かぼちゃのむしケーキ。