FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2006年10月26日[Thu]

ヤマザキ--三角クーヘン はちみちレモン。

ヤマザキ--三角クーヘン はちみちレモン。


やっぱし買いました、
“三角クーヘン はちみつレモン”、、。
(08/22更新予定だった記事。)

“2度あることは3度ある”と云いますが、
1度あることは、2度ある”とも云えるのでしょうか、、。

スーパーなどの小売店は、各業者から商品を仕入れ、
独自に値段設定をします。

故に、店舗によっては同じ商品でも、
値段に格差が発生するのです。

これが、“格差社会”ってやつです(?)。

この、スーパー格差社会の中で、
どのお店で、いかに安く商品を購入するか、
それが消費者に与えられた試練ってもんです。

賢い消費者になるには、
イバラの道が待ち受けているのです。

この独身も、毎日菓子パンを探し求める旅に出てからと云うもの、
険しい道の中、ときに歓喜し、ときに打ちしひがれる思いをしながら、
賢い菓子パンゲッターになるため、日々、己を鍛錬しているのであります。

出来ることなら、
大好きな菓子パンで哀しい思いはしたくないものです。

しかし、“苦は楽の道、楽は苦の道”のごとく、
人生、そうそう、楽や苦が連続しておこるわけでは、
ないのです。

黄門さまの云うところの、
♪じ~んせいっ(人生)、楽ありゃ苦~もあるっさ~ぁ♪
ってやつです。

長旅を経験した黄門さまのおことば(?)なのだから、
これは確かです。

さて、先日独身は、
Pascoのおいしいシューロール マロン”を頂きました。

大好きな“おいしいシューロールシリーズ”の新作だけあって、
その出会いはまさに、歓喜そのものでした。

そして今日、独身は“ヤマザキの三角クーヘン はちみつレモン
を頂きました。

これは、前にもスーパーMで見かけていて、
そのときは、迷った挙げ句、結局買わずにいた菓子パンで、
ずっと気になっていた存在です。

しかし、この日、またMへ行くと、
この“三角クーヘン、、”があったので、
やっぱし、購入することにしたわけです。

おいしいシューロール マロン”と一体、
どんな関係があるのかっ、と思われたかも、しれません。

まったくその通りで、両者のあいだには、
なんら関係性は、ございません。

ではなぜ、“おいしいシューロール マロン”が出てくるのか。
それは、スーパーMと云うのが、キーワードなのです。

スーパーMに入店し、いつものように、
菓子パンコーナーへ直行すると、
特設ワゴンに、この日の安売りの菓子パンが4種ほど、
どさっと積まれていたわけです。

独身、その光景をデジャヴュかと、思いました、、。

なぜなら、先日購入したばかりの“おいしいシューロール マロン”が、
なんとっ、88円で売られているではありませんかっ、、!

独身がイトーヨーカドーで購入したお値段は、
98円でした、、。

それよりも、10円も安く、Mで売られていたのです、、。

このどこかデジャヴュだ、と思われたかも、しれませんが、
はなしはまだ続くのであります。

♪ちょ~ど2ヶ月前に~、プリンを買った昼~、
 特価98円~、安いと喜んだのさ~ぁ、
 しかし数時間後に~、スーパーMへ行くと~、
 同じプリンなのに~、88円だったのさ~、

 なんでもないよ~な差額、10円だったと思う~っ、
 なんでもない昼の~こ~とっ、2度と返品出来なぁい~っ♪

そうです、、。

前回頂いた“おいしいシューロール プリン”も、
今回の“マロン”同様、98円の特価で購入して、
その後、スーパーMで、88円で売られているのを発見していたのです、、。

これはまさに、ふしぎ発見ですっ、、(?)。

なんなら、ひとしくん人形のひとつでも、
頂きたいくらいです。

しかも、Mを訪れる前、他のお店を3軒はしごすると云う、
遠回りをして来たのです。

ようやっとたどり着いたMで、
こんな屈辱的な仕打ちが待ち受けていようとは、
いったい誰が予想していたと云うのでしょうか。

世間を不安の渦におとしいれた、
かのノストラダムスだって、ここまで不幸な結末を、
予言してはいませんでしたよっ!

こうなったら、出来ることなら、98円のほうを返品して、
Mで88円で購入したいってもんです。

しかし、前回も今回も、98円で購入した“おいしいシューロール”は、
すでに独身の胃におさめられ、そして、肉となっていたのです、、。

覆パン、スーパー戻らずってやつです(?)。

独身は、“おいしいシューロール”で、
計20円も損をしたことになります、、。

損の道は得の道、得の道は損の道”、です。

“1度あることが2度あった”と云うことは、
“2度あることは、3度ある”と云う可能性もあります、、。

次回、また“おいしいシューロールシリーズ”を購入するときは、
スーパーMと88円、と云うキーワードを忘れずに、
菓子パンハンティングをしたい思います、、。

ヤマザキ--三角クーヘン はちみちレモン。


と云うことで、はじめてスーパーMで見かけてから、
数日経過し、やっぱし購入してしまった、
ヤマザキの“三角クーヘン、はちみつレモン”です。

前回、他の菓子パンと、この“三角クーヘン、、”で迷った挙げ句、
他の菓子パンを選択したわけですが、実は今回も、
他の菓子パンと購入を迷ってしまったのです、、。

はじめは、他の菓子パンのほうが先に視界に入って来たこともあり、
そちらを購入しようと、いちどは手に取ったのですが、
視線を左にちょろっと移すと、前回気になっていたこの、
“三角クーヘン、、”が、この日も陳列されていたってわけです。

結婚後、偶然街中でリカに再会してしまった、
東京ラブストーリーのカンチみたいなものです(?)。

あんな別れかたをして、さぞ、
カンチもリカが気になっていたことでしょう。

この独身だって、あんな取捨選択の仕方をして、
この“三角クーヘン、、”が気になって仕方がなかったってもんです。
(いや、それほどでもないのですが、、。)

カンチにしてみれば、この再会をきっかけに、
またリカと復縁したいなんて、ちょこっとは考えたのかも、
しれません(?)。

独身にしてみれば、この再会で“三角クーヘン、、”を喰らいたい、
と思ったことは、事実です。

しかし、はじめに見かけた他の菓子パンだって、
カンチの妻(名前忘れました、、)のごとく、魅力的ってもんです。

まあ結局、独身は“三角クーヘン、、”のほうを選択したわけですが、
“2度あることは3度ある”と云うので、きっと、
数日後には、今回選択しなかった菓子パンを、購入していることでしょう。

これが、輪廻転生です(?)。

さて、今回はじめて、三角型の洋菓子を購入したわけですが、
かたちが菓子パンとは異なるので、
はて、どういう方向で撮影していいものなのかと、
あれこれ迷いながら撮った結果、このようなアングルのものになった次第です、、。

決して、亀田興毅選手のように、
「どんなもんじゃ~いっ!」
とは、云えません、、。

長々と、失敗作を世間様にさらすわけにはいかないので、
さっさとKOを決めたいと思います。

まず、生地からですが、触った感触は、
とってもガザガザしています。

木目が粗くて、スポンジの繊維のように、
硬いです。

“ゴツい生地”と云った印象です、、。

実際にお口にした感じもまた、ガサガサと云うか、
ゴソゴソしています。

肌触りが悪い、化学繊維の服みたいです。

ふんわりとしているのですが、
悪く云えば、スカスカ気味の生地です。

材料を混ぜ混ぜして、型に入れるとき、
トントンと、空気抜きをしなかったため、
すっかり空気のぷすぷすが出来でしまった、
と云った感じです。

さらには、焼き時間がいささか低温で長かったため、
生地が硬くなってしまった
、そんな印象もします。

パティシエのたまごのともだちに、
是非とも食べてもらって、感想を訊きたい生地です。

人間のお肌で云うと、乾燥して、
すっかりカサカサに粉がふいてしまった、
真冬の乾燥肌、と云った感じです。

冬のほうが乾燥すると思われがちですが、
実は、夏のエアコンでお肌は冬のときのように、
カサカサに乾燥
しているのです。

この生地も、店内の冷房で、
すっかりガサガサになって
しまったのでしょうか。

♪なっつ(夏)~に隠れて乾燥っ、
 おれたち、冷~ぃ房~ぉ肌っ、なのさっ♪

べラにしてみれば、人間になりたいのでしょうけど、
生地にしてみれば、しっとりになりたいってもんです(?)。

そんな、闇に隠れて、生地の悲鳴が聞こえてきそうな食感です。

生地のお味ですが、ふんわりとした、
まろやかなたまご味です。

甘味はそんなになく、あっさりとした生地です。
まあ、可もなく不可もなくってやつです。

同窓会に行ったら、
“嗚呼、そんなやつもいたな~ぁ”
と思われそうな生地です。

ヤマザキ--三角クーヘン はちみちレモン。


生地のあいだには、
クリームとレモンゼリーがはさまれています。

クリームは、ぬるぬるの、ゆるゆるで、
やわらかいクリームです。

ほんのり、はちみつ風味がするミルククリームと云った感じです。

はちみつ独特の、あの、じゅわっと云う、
焼けるようなパッションの刺激は、ありません。

おだやかで、角が取れて丸くなったはちみつ風味です。

“はちみつレモン”なのだから、
もっとはちみつを全面に押せ押せしても、
よかったのでは、と思います。

これでは、せっかく蜜を集めてきたハチに、
申し訳が立たないってもんです。

みつばちハッチにしてみれば、
苦は苦の道ってもんです(?)。

一方のレモンですが、原材料には“レモンゼリー”と書かれていますが、
ゼリーのような、ぷるぷる感は、ありません。

水あめのような、ねばっこいとろみがあります。

このレモンゼリーは、クリームのように、
生地の全面にぬられているわけでは、ありません。

まるで、ヘンゼルとグレーテルが魔女の森で、
パンのかけらを落としていったように、
ところどころ、点々と入れられているのです。

よって、生地に喰らいついた個所によっては、
あまりレモン風味がしないことがあるのです。

三角クーヘン、蜜とミルクと、ときどきレモン
みたいな感じです。

ヤマザキ--三角クーヘン はちみちレモン。


お味のほうは、じゅわっと云う甘じゅっぱい酸味があります。

レモンの酸味を残しつつ、とことん、
水あめで甘くしたレモンと云った感じです。

酸味はあるけど、甘ったるいレモンです。

酸味があるからレモンなのに、ここまで甘くされると、
レモンっていったいなんのためにあるんだろう、
とレモンに思わず同情したくもなるってもんです。

♪バカにしないっでよ~ぉ、甘味の、せいっよ~ぉ♪ 

しかし、ごっくんしたあと、
この酸味が、さわやかにお口に残ります。

これこそ、レモンプレイバックってやつですか(?)。

♪いまの酸味っ、プレイバックッ、プレイバックッ♪

“プレイバック”の場合、“パート2”のようですが、
この“三角クーヘン はちみつレモン”の場合、
パート2は、ないようです。

つまり、“1度食べたから2度はない”と云うことです。


購入価格:113円。

栄養成分表示:なし。


【オススメ度:★☆☆☆☆(1.5)】
スポンサーサイト





タグ:

HOME

トラックバックURL


トラックバック

Pasco--おいしいシューロール マロン。  | home |  ファミリーマート--LOOK ストロベリー&チョコ(伊藤製パン)。