FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2006年10月28日[Sat]

ファミリーマート--LOOK バナナ&チョコ(敷島製パン)。

ファミリーマート--LOOK バナナ&チョコ(敷島製パン)。


ファミマ、今週の新作のコラボ菓子パンっ!!
今日はバナナ&チョコです。
(08/24更新予定だった記事。)

♪ファミマの新作コラボパン~、おおかっけて~ぇ、
 保存の~、バッグを~、持お~ってぇくどく~しん(独身)、
 バナナが並んでる~ぅ、クリ~ムも並んでる~ぅ、
 ル~ルル、ルルッル~~ゥ、きょ~~~(今日)は別ファミマ~ァッ♪

サザエさんがお魚くわえたドラ猫を追い掛けるなら、
独身は、昨日のストロベリー&チョコに引き続き、
このバナナ&チョコを追い掛けるってもんです。

昨日は朝から、菓子パン求めどこのお店へ行こうかと、
左脳利きのあたまを悩ませていましたが、
今日は、このバナナ&チョコを買おうと決めていたので、
無駄な労力を費やさずに済み、朝からル~ルル、ルルッル~ゥ、
ってもんですっ。

夏のあいだは、毎日のようにマイ保冷バッグを持参して、
菓子パンを買いに行っているわけですが、
昨日の場合、それでも太陽の情熱的な暑さと湿気に根負けしたようで、
中のチョコが、とろとろ気味になってしまいました、、。

これには流石の独身も、半分に切り、
ぱかっと開けた生地を再び閉じると云う、
なんとも無粋な行動を取ってしまいました、、。

今日はそうならないためにも、
大きめの保冷剤をバッグに仕込み、
ファミマへと向かったわけです。

昨日は云わば、刀を持たずに池田屋へ向かうようなものです。
これでは、長州の藩士に斬られるのがオチです。

いくら剣の達人と云わしめた沖田総司だって、
血を吐いて、戦線離脱してしまうってもんです。
(いや、それとは関係ない。)

しかし、今日の独身には、
でっかい保冷剤と云う武器があるので、
ひと安心ですっ。

ドラクエで云ったら、“こおりのやいば”みたいなものです(?)。
でも、本人のレベルは2くらいでしょうか。
(低っ!)

武器を仕込ませ、勇んでファミマへと向かった独身ではありますが、
その行く先は、実は、昨日訪れたファミマとは違う店舗なのです。

独身の生活圏内には、2軒のファミマがあります。
もうちょっと頑張れば、もう1軒あります。

昨日は、いちばん近いファミマへと行ったわけですが、
流石に、2日連続、このLOOKのコラボ菓子パンのみを、
同じファミマへ買いに行く勇気がなかったのです、、。

この独身、、。

かなりの小心者、と云うか、妄想の節がある、
と昨日も自ら墓穴をホリホリしましたが、
昨日のファミマで、店員さんに、
(あっこの、黒い日焼けよけ手袋をした人っ、
 昨日もこのLOOKの菓子パン買いに来たなぁ。
 だったら、昨日まとめて買えばよかったのに。)
などと思われたら、
(もう、オヨメ、ではなく、ファミマに行けないっ!)
なんて思ってしまうのが、この独身です、、。

昨日ストロベリーを買うときに、
ついでにこのバナナも買おうかと思いましたが、
処暑とは云え、まだまだ太陽の情熱はおさまる気配はありません。

よって、ストロベリーのみを購入したわけです。

店員さんにしてみれば、まとめて買ってけよっ、
くらいに思うかもしれませんが、
独身にしてみれば、たった1日の消費期限の差が、
菓子パンのジャッジに影響を与えるってもんです。

常によい状態で、菓子パンを頂き、評価をしたいのが、
もの云う菓子パンとしてのこだわりです。

これは、ヤンキース松井選手が、
骨折しているいまの状態で評価されるようなものです(?)。

松井選手にしてみれば、
完治して、復活した万端の状態で判断してくれっ、
ってもんです。

菓子パンも、購入日と云う万端の状態で喰われたいってもんです。

本来なら、海水でふにふにになったたいやきくんなんか、
ちっとも新鮮ではなく、おいしくもないでしょう。

しかし、おいしそうに食べてしまったのが、
たいやきくんを釣り上げたおじさんです。

どうせなら、お店に行って、
焼きたてのたいやきくんを食べたほうが、
よっぽど旨いってもんでしょう。

そこのところのおじさんの心理を是非、
伺いたいってもんです。

そんな感じで、真夏のあいだは、
まとめて菓子パンを購入することはさけているわけです。

そんな独身の、菓子パンへのパッションを、
店員さんにも理解して頂ければいいのですが、
まさか、この情熱的な想いを告げるわけには、いきません。

よって、昨日とは違うファミマへと向かったわけです。

(さて、今日はバナナ&チョコを買うぞっ!)
と、息巻いて入店し、菓子パンコーナーへと行くと、
今回のLOOKのコラボ菓子パンは2種だと思っていましたが、
なんとっ、もうひとつ、“バナナクリーム”なるものも、
存在していたことが判明したのですっ。

昨日のファミマは、ストロベリーとバナナのみ、
陳列されていたので、てっきり、
2種類のみかと思っていました。

しかし、実はもう1種あった、と云うわけです。

昨日、ストロベリーとバナナをまとめて購入していたら、
もしかしたら、もうひとつのクリームに気付かずにいたかもしれません。

そう考えると、独身の菓子パンへのこだわりも、
なかなか理にかなっているってもんです。
(いや、全然かなっていない。)

2兎追うものは、、
と云いますが、菓子パンに至っては、
2店舗追うものは、もう1つの菓子パンを得る”、
ってもんですっ。

明日は、バナナクリームを求め、
もう1軒、別のファミマへ行こうと思います。

ファミリーマート--LOOK バナナ&チョコ(敷島製パン)。


この製品は、株式会社不二家の許諾を得て、
 敷島製パン株式会社が製造しました。


ストロベリー&チョコ”に引き続き、
今日は“バナナ&チョコ”です。

“ストロベリー”の場合、伊藤製パンの製造でしたが、
この“バナナ”は敷島製パン製です。

生地を比較してみると、
微妙にかたちが異なっていることがわかります。

“ストロベリー”は、もう少しぷくっとした四角形でしたが、
この“バナナ”は、カクカクした四角形です。

なぜ、製造元を別にしたのか、
真意はわかりかねますが、独身が想像するに、
あえて別にすることで、各製造元に切磋琢磨させ、
よりナイスな菓子パンを開発させる狙いがあったと思います。

いわゆる、
♪パ~ァと、ねっらい(狙い)撃ち~ぃっ!”、
ってもんです(?)。

さぞかしリンダも、ウララ~ウララ~、でしょう(??)。

よゐこの濱口さんだったら、
ウ~ラララララ~ッ、です。

濱口さんだったら、シャークを喰らうところですが、
この独身は、生地を頂きたいと思います。

まず食感は、いささかぱさっと乾燥しています。

表面の生地はするするしていて、
硬めな感じがします。

木目も粗めで、ごそごそ、ごわごわしていて、
あまり口当りはよろしくありません。

これらの食感は、ストロベリーでも同様でした。

異なる点と云えば、ストロベリーは、
ふにふに、柔軟な生地で、
テンピュールの低反発まくらを連想させる食感でした。

このバナナに至っては、
テンピュールのふにふにもなければ、
中国雑技団の柔軟性もありません。

わりと、がっしりとしている生地で、
よく云えば、噛み応えがある、
悪く云えば、硬めの生地、です。

しかし、しばしもぐもぐしていれば、
ぱさぱさ、ごわごわの食感は、やがてしっとりになるので、
さほど、問題視することでは、ありません。

スタートダッシュが遅いカール・ルイスみたいなものです(?)。
ビフォーアフターみたいなものです。

お味のほうは、ストロベリー同様、
ほんのりココア風味です。

しかし、微妙~に、バナナのほうが、
苦味が強い
ような気がします。

これは、中のチョコが激甘と云うことを示唆しているのでしょうか、、。

ファミリーマート--LOOK バナナ&チョコ(敷島製パン)。


昨日のストロベリーは、カットしたとき、
中のチョコがどろんと、垂れ落ちそうになったので、
とっさに生地をぱたっと閉じてしましたが、
このバナナは、そんな心配は不要だったようです。

思わず、昨日のことを思い出し、
かなり慎重に生地を開いてしまいました。

これで聖子ちゃんも、
♪夏は生っ地を開けって~ぇ♪
と、胸をはって歌えるってもんですっ(?)。

ちあきなおみさんも、
♪いっつものよおっ~に、生地~を開け~♪
と、まさに喝采を受けるってもんですっ(??)。

まずは、チョコとバナナクリームですが、
ねっとり、どっぷり、まったりの、ヘビーな食感です。

濃密っ!と云った感じで、
ねっとり系カスタードクリームみたいです。

昨日のストロベリーは、ぷにぷにしていて、
プリンみたいな弾力がありました。

どうやら、伊藤製パンは“ソフト”で、
敷島製パンは、“ハード”をテーマにしたようです。

SGと、HGです。
Gはなにか、と云えば、ガッツ石松さんでしょうか(?)。

“バナナ”なんで、、。

チョコですが、割と苦味があるお味で、
ストロベリーのような、ミルクの濃厚な甘味はありません。

ビターで、おとななチョコです。

一方のバナナクリームは、バナナ風味に、
濃厚な甘味のミルククリームを感じます。

バナナは、皮が完全に黄色い状態で、
若く、しゃりしゃりとした苦味があるお味ではなく、
皮に黒い点々が出来て、実も少しぐにぐにになって、
熟した甘さがある、そんなバナナ風味です。

このバナナ風味が、お口に入れたとき、
ぶわっと広がって、そして鼻へ抜けていくのですっ。

ミルク風味は、まったりとした、
濃厚な甘味
があります。

ガッツさんのような、パンチのあるバナナクリームですっ(?)。

食感、お味ともに、かなりずっしり、どっしり、
ヘビー級のチョコとバナナクリームです。

云わば、ストロベリーがライト級で、
バナナはヘビー級です。

ファミリーマート--LOOK バナナ&チョコ(敷島製パン)。


どうやら、ストロベリーとは、
完全に相反するチョコとバナナの関係です。

ストロベリーの場合、チョコが甘く、
ストロベリーに酸味がありました。

バナナに至っては、チョコが苦めで、
バナナクリームに甘味があります。

さて、バナナとチョコの関係ですが、
昨日のように、チャゲ&飛鳥さんを例にしてみれば、
今度はしっかりと、ふたりのハーモニーが奏でられているようです。

ふたりのアイランド”ってやつです。
(いや、それは飛鳥さんではないでしょうっ。)

バナナは、チョコに負けることなく、
濃厚なお味でメインを務めています。

チョコは、苦味があるせいか、
割とすっきりとしたお味で、
バナナをサブとして、支えています。

バナナだけ頂くと、重いお味のように感じますが、
チョコがあることによって、
ほどよい苦味が加わって、ちょうどよい甘味になるのです。

しかしっ、、。

いかんせん、バナナとチョコの位置関係が、
ずれ過ぎ
てはいませんか、、。

バナナが、激しく片方に寄っているではありませんかっ!
これはいくらなんでも、寄り過ぎでしょう~っ!

さらに、全体的にバナナの量が少ないので、
平均的に、バナナ&チョコ、ではなく、
2/3がチョコオンリーで、残りがバナナ&チョコ
と云った感じなのです。

関口ひろしさんだって、“100人に聞きました”で、
解答席にここまで、寄りかかってはいませんでしたよっ!(?)

舘ひろしさんだったら、
♪寄らな~い~で~ぇ♪
と歌っていることでしょう。

猫ひろしだったら、、、。
どうでしょうか、、、。

綱引き大会だったら、完全にバナナの優勢勝ちです。
大相撲だったら、押し出しってところです。
柔道だったら、場外ってところでしょう。

これでは、いくらバナナとチョコのハーモニーが奏でられていても、
チョコばかり目だって、バナナがパフォーマンスする隙がありません。

チャゲさんばかりが、ステージ全体を走り回って、
飛鳥さんは、ひたすら右側のポジションで、
♪say yes~♪と歌っているようなものですっ。

♪余計な~ぁ、もの~など~ぁ、んないよね~っ♪
と歌われたって、余計なのはチョコの位置でしょっ!
とツッコみたくもなるってもんですっ。

これからそいつを、殴りに行こうか、
と云われても、チャゲさんひとりで殴りに行ってしまうようなものですっ。

飛鳥さんと云えば、離れたところで、
様子をうかがっている感じでしょうか。

関係的には、とっても良好なバナナとチョコですが、
どうやら、チョコは黒柳徹子さんのトークのごとく、
ひとりで暴走
してしまう節があるようです。

♪ル~ルルッ、ルルル、ル~ルルッ、ル~ル~ル~ル~ル~~ッ♪

♪ル~ルルッ、ルルッル~ゥ、きょ~(今日)も★3.5~♪
(字余り。)

徹子とサザエさんって、微妙に似ているかも、、。


購入価格:110円。

【栄養成分表示(1個当り)】
エネルギー:272kcаl
たんぱく質:6.1g
脂質:12.1g
炭水化物:34.6g
ナトリウム:215mg


【オススメ度:★★★☆☆(3.5)】
スポンサーサイト





タグ:

HOME