FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2006年10月30日[Mon]

ファミリーマート--LOOK ふんわりチョコサンド(バナナクリーム・山崎製パン)。

ファミリーマート--LOOK ふんわりチョコサンド(バナナクリーム・山崎製パン)。


ファミマ、今週の新作のコラボ菓子パンっ!!
今日はふんわりサンド(バナナクリーム)です。
(08/25更新予定だった記事。)

ファミマへ向かうよ、独身さ~ん、
 このごろLOOKの菓子パ~ン
 食べているんだ~な~、
 いちごはチョコ味つ~よい(強い)~、
 バナナはチョコ量お~おい(多い)~、
 ★は両~方~、お~なじっ、
 さ~ん、て~ん、ごっ(3.5)、
 あと一歩~だ~な~ぁっ♪

ヤマグチさんちのツトムくんが、このごろ少し変よ~、
ならば、このごろの独身は、いささか楽よ~、
ってもんです。

なぜなら、ファミマのLOOKのコラボ菓子パンが発売されている、
と云うことで、ここ3日間は、どこへ菓子パンを買いに行こうかと、
朝から選択に悩まなくて済むからであります。

これは、
「今日、着て行く洋服、どれにしよう、、。」
と、毎日タンスの前であたまを悩ませる行為と酷似しています。

何を隠そう、独身は、毎日の菓子パンのみならず、
洋服の選択にも、時間をかけているのです、、。

これには、流石の泳げたいやきくんも、
ん毎日、ん毎日、朝から嫌になっちゃうよっ、
ってもんです。

そりゃあ、海に逃げ込みたくもなるってもんです。

独身の場合、むかし、遊泳禁止の海で遊んでいて、
気付いたら、波の中でぐるんぐるん回転して、
砂浜に打ち上げられていたことがあります。

そのへんの事情は、たいやきくんと異なります(?)。

さて、今日はコラボ菓子パンも、
最後のひとつとなりました。

昨日の“バナナ&チョコ”で宣言したように、
独身は、おととい、昨日とは別の、
少し遠いところにあるファミマへ向かったわけです。

またここでご説明しておくと、連続して同じお店に行くと、
店員さんに変な風に思われやしないかと云う、
不安があるからです。

不安と云うか、この場合、
ただの考え過ぎ、と云えるのかもしれませんが、
とにかく、目立たず、平穏に生きていきたいのが、
独身なのであります。

しかし、ファミマへ向かっている最中、
またもや、ひとつの不安があたまをよぎったのであります。

それは、もし今日買う予定の“バナナクリーム”が、
いまから行くファミマに置いてなかったどうしよう、
と云うことです。

実は、こういうことが以前にもあったのです。

おそらく、3月に発売された“チロルチョコパン
のときだったと思うのですが、
今回のように、別々のファミマで買おうと思ったら、
目的のものが訪れた先にはなかったと云う、
不測の事態が発生したのです。

それこそ、想定外ってやつです。

ピンクレディにしてみれば、
♪信じ~、られな~い、ことば~かりぃ、ある~の~♪
ってもんです。

もし、今日も同様のことが起きた場合、
昨日、訪れたファミマへ行くか、
おとといのファミマへ行くか、
またもや選択を迫られてしまうのです、、。

昨日のファミマの場合、昨日の今日と云うことで、
店員さんも、独身がLOOKの菓子パンをひとつだけ買った、
と云うことを記憶しているかも、しれません。

そうなると、独身としては、
昨日のファミマはさけたいところです。

と云うことは、おとといのファミマへ行くのか、
と云うおはなしになるのですが、
ここのファミマは、いま向かっていファミマと、
まったくの正反対に位置しているため、
かなりの距離をチャリで行かなければならなくなってくるのです、、。

地図を想像していただくと、
いちばん南に位置しているのが、おとといのファミマ、
その北が独身宅、そのまた北が昨日のファミマ、
そのまたまた北が、今日のファミマです。

北極と南極のごとく、おとといと今日のファミマでは、
離れていると云うことなのです。

こんな事態が発生しようものなら、
まさに、骨折り損ってやつです。

独身のパッションですら、屈折してしまうってもんです。

なんとか、そうならないよう、
祈りながら、ファミマへと向かったわけです。

そして、ようやっと目的地に到着し、
菓子パンコーナーへ直行するとっ、、!

(あっ!“アレ”がないっ、、!)
なかったのは、おととい頂いた“ストロベリー&チョコ”でした。

いや~ぁ、一瞬、焦りました、、。

見た目、昨日の“バナナ&チョコ”のパッケージと酷似しているので、
この“バナナクリーム”はないかと思いました。

独身の不安も、とり越し苦労におわりました。

しかし、ここで独身の晴れたきもちを、
逆なでするような人物が待ち受けていたのですっ!

最後の刺客、ではなく、“バナナクリーム”を手にし、
レジへ向かうと、女性の店員さんが対応してくれたのですが、
この店員さんが、本当の最後の刺客だったようです。

バーコードを機械に読み取り、
「130円です。」
と云い、独身が150円を渡すと、
「150円、お預かりします。
 20円のお返しです。
 ありがとうございました。」
と、店員さんはマニュアル通りに対応してくれました。

このどこが独身を逆なでしたかと云うと、
まったくもって、抑揚もなく、1ミクロもこころがこもっていなかったのです。

買う側にしてみれば、丁寧で笑顔で接客していただければ、
それに越したことはないのですが、別段、
笑顔であったり、明るい声で対応してくれなくてもいいわけです。

しかし、この女性店員の場合、
もの凄くやる気がなさそうで、まるで、
怒っているような声、態度
だったのです。

おつりやレシートの渡し方も雑だし、
なんだか、全身から怒りオーラを発しているような雰囲気なのです。

これには、流石のケンシロウも、
オーラ負けってもんでしょう。

スーパーサイヤ人だって、根負けですよっ!

それだったら、昨今技術開発が盛んの、
2足歩行をするロボットに対応してもらったほうが、
よっぽど、こころが伝わるってもんですっ。

毎日、たくさんの人が訪れるコンビニなので、
すべての人に、こころを込めて対応するのは、
店員さんにしてみれば、大変だし、気付かれもしてしまうことでしょう。

しかし、少なくとも、
お客を不快にさせるような態度だけは、
取って頂きたくないものです。

悟空にしてみれば、天下一武道会で優勝したのに、
なんだか、すっきりしない、腑に落ちない気分になるようなものです。

ようやっと、最後のLOOKのコラボ菓子パンを手にしたと思ったのに、
なんだか、余分なものまで買い込んでしまったような、
重い気分になってしまいました、、。

ファミリーマート--LOOK ふんわりチョコサンド(バナナクリーム・山崎製パン)。


この製品は、株式会社不二家の許諾を得て、
 山崎製パン株式会社が製造しました。


ストロベリー&チョコ”、“バナナ&チョコ”に引き続き、
今日は“ふんわりチョコサンド(バナナクリーム)”です。

“ストロベリー”の場合、伊藤製パン
“バナナ”は敷島製パン製
そして、この“バナナクリーム”は、山崎製パンの製造です。

いわゆる、三者三様ってやつです。

そう云えば、この“ふんわりチョコサンド”のかたち、
どこかで見たことがあると思いきや、
昨年発売された、ハイジとファミマのコラボ製品、
“ふんわりサンド(ブルーベリー)
”に酷似しています。

と思ったら、同じ山崎製パンが製造していました。
お値段も同じ、130円です。

“ストロベリー”と“バナナ”は110円だったので、
20円もお高いと云うことは、なにやら、
前の2種とは、ベッカム、ではなく、
別格であることが、うかがえます。

まず、袋から取り出して見た印象は、
どら焼き”っぽい、です。

触った感じも、どら焼きの生地のように、
ぎっしり、がっしりしています。

♪生っ地はどら焼~きっ、
 触って、ぎぃ~し~っりっ、
 そ~れがどおし~たっ、
 “ふんわりチョコサンド~ォ”♪

ぼく、どら焼き~~、ではなく
ぼく、ふんわりチョコサンド、です。

生地は、ぎっしりしていると思ったのですが、
頂いてみると、ふんわりと云うか、しょわしょわしています。

かなりメレンゲを情熱的にしゃかしゃかしたような、
そんなふんわり、しょわしょわです。
(メレンゲが使われているかは、わかりませんが。)

木目が細やかで、なめらかな口当りで、
繊細な、か弱い生地、と云った印象です。

しかし、この“か弱い”と云うのも、
決して、よい食感とも、云えません。

お口の中で、生地がほろほろ崩壊していく感じを受けます。

食べた感じは、しっとりしているのですが、
水分が少なく、小麦の割合が多いため、
お口にしたときに、生地が崩れてしまうような、
そんなほろほろ加減です。

一見、強固な結びつきがあると思いきや、
ちょっと突付いたら、一気にボロが出てしまった
そんな感じの生地です。

このほろほろが、もぐもぐしていると、
お口のなかで、あっちこっちに細かいほろほろが、
歯とほっぺのあいだにたまったり

ごっくんしたあとも、お口の中に、
ほろほろと残って
いるのです、、。

さらにっ!

このほろほろは、お口だけではなく、
のど周辺にも残るので、なんだか、
のどに“えへん虫”がいるような、
むずむずした感じがするのです、、。

ほんものの“えへん虫”なら、
ベポラック(だっけかな?)でも舐めれていればいいのですが、
この生地のほろほろの場合、
いくらごっくんして食道に流し込もうとしても、
なかなか、むずむずは解消されないのです、、。

♪ファミマの新作、チョコサンド~、
 この生地少し~、変よ~、
 ど~したの~か~な~ぁ、
 お口にほろほろ、の~こる~(残る)ぅ、
 のどにもほろほろ、の~こる~ぅ、
 生地はとっても、せ~んさい(繊細)っ、
 む~ず~いっ!
 えへんむ~し(虫)だ~~ぁっ♪

これには、流石のツトムくんだって、
「あ~と~でっ!」
と、云いたくもなるってもんです(?)。

お味のほうは、甘味のあるココア風味です。

“ストロベリー”と“バナナ”の場合、
甘味ではなく、苦味があるココア風味でした。

この“バナナクリーム”に至っては、
甘味もあるし、たまごのまろやかさも兼ね備えているので、
生地として、ちゃんとした旨みがあります。

この辺りが、20円の差なのでしょうか。

ファミリーマート--LOOK ふんわりチョコサンド(バナナクリーム・山崎製パン)。


バナナクリームの食感は、
空気感があって、と~ってもほわほわとしていますっ。

かなり情熱的に、空気を含ませつつ、
クリームをしゃかしゃか
した印象です。

“ストロベリー”と“バナナ”の場合、
チョコと云うことで、もったり、ねっとりの、
ヘビー級の食感でした。

こちらのバナナクリームは、
流石クリームだけあって、
スーパーライト級のほわほわ加減です。

はじめにこのクリームをぱくっとすると、
一瞬、ぐっとした、しっかりしたクリームのように思うのですが、
すぐに、ほわわ~ぁとして、空気感のあるクリームであることがわかります。

いわゆる、空気あるクリームは、
ほんわり隠すってやつです(?)。

クリームと云うと、油分が多く、
ぬめぬめしていることがあったりするのですが、
そういったぬめぬめは、ありません。

ぬめぬめ、と云うか、ぬるぬるしています、、。

このぬるぬるは、
駄菓子にある“ヨーグルト”のぬるぬるに酷似しています。
(ちいさな白いカップに入って、
 蓋の内側に“あたり”、“はずれ”があるやつです。)

しかし、このぬるぬるは、決して不快な食感ではありません。

生地がほろほろで、割とぎっしりしているので、
このほわほわクリームが、ほろほろ生地に上手くなじむ、
と云うか、まとわりつきます。

“長いものにはまかれろ”ではなく、
“ほわほわクリームにまとわりつかれろ”、
ってやつですか(?)。

ファミリーマート--LOOK ふんわりチョコサンド(バナナクリーム・山崎製パン)。


バナナクリームのお味ですが、
がつんっ!とした、濃厚なバナナ味ではありません。

やんわりバナナ、と云った感じです。

これもまた、駄菓子の“ヨーグルト”にバナナ味を混ぜた
と云った印象のお味です。

昨日の“バナナ”の場合は、
濃厚なミルクの甘味がしたのですが、
この“バナナクリーム”に至っては、
駄菓子っぽいお味がします。

さらに、“バナナ”のバナナ風味は、
じゅくじゅくに熟したバナナの甘味がしたのですが、
こちらは、バナナの実、と云うよりは、
完全に香料をうかがわせるバナナ味です。

はじめは、さほど主張のあるバナナではなかったのですが、
やがてこの香料が、じょっびじょっば~~ぁっ、と、
のどに軽い刺激のようなものを与え、
しばし、この刺激が残るのです、、。

生地のほろほろと、バナナの香料が、
強力タックを組み、独身ののどを、攻撃するのですっ、、。

♪生~地がぁぁっ、ほろ~ほろ~ぉっ、
 のど~こそっ、たまぁぁる(溜まる)よぉぉっ、
 クリームはぁっ、香料ぉぉっ、
 じょびじょばぁぁっ、残ぉぉるよぉぉっ!♪

生地、クリームともに、
ある意味、フォルテシモな食感、お味です、、。

“ストロベリー”、“バナナ”の場合、
生地のココア風味が薄かったので、
あまり、生地の主張と云うものは、ありませんでした。

しかし、この“バナナクリーム”は、
生地にしっかりとしたココア味があって、
クリームも、ほどよいバナナ風味
がするので、
生地、クリームともに、平等にお味の主張をしています。

どちらかと云えば、生地のほうがいくぶんか、
お味が強いかもしれません。

これは、チャゲ&飛鳥さん、と云うよりは、
ケミストリーと云った印象です。

チャゲ&飛鳥さんは、飛鳥さんがメロディー、
チャゲさんがコーラスと云う役割があります。

しかし、ケミストリーの場合、
ふたりがメロディーであったり、コーラスであったりと、
臨機応変にパートをわけているようです。

そんな感じで、この“バナナクリーム”も、
生地のココアとバナナクリームが、
うまいこと、ハーモニーを奏でています。

これなら、これからそいつを殴りに行こうか、
と云われても、はりきって、YAH~YAH~YAH~、
と、決戦場(?)に行けるってもんです(?)。

なんなら、独身を不快にさせたファミマの店員さんに、
この生地のほろほろと、香料のじょびじょばの刺激でも、
喰らわせに行って頂きたいものです。


購入価格:130円。

栄養成分表示:なし。


【オススメ度:★★★☆☆(3.5)】
スポンサーサイト





タグ:

HOME

トラックバックURL


トラックバック

ファミリーマート--LOOK バナナ&チョコ(敷島製パン)。  | home |  ローソン--くるみマカロン(とっておき宣言・神戸屋)。