FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2006年11月18日[Sat]

Pasco--もちっとロール キャラメル 6個入り。

Pasco--もちっとロール キャラメル 6個入り。


Pascoの“もちっとロール”シリーズ!!
こっ、これって何味、、。

先日の、スーパーFの菓子パン2割引の日で、
ベルギーチョコのっぽパン”と同時に、
この“もちっとロール キャラメル”を購入しました。

しかし、この“もちっと、、”に決定するまで、
実に困難を極めることになろうとは、
うきうきFへ向かっているときの独身には、
予想すら出来なかったのです。

久々に菓子パン生活へと復帰したわけですが、
休食しているあいだに、いったいどんなナイス菓子パンが販売されていたのか、
と考えると、地団駄を踏ますにはいられません。

♪じだんっだ(地団駄)踏むっなよっ(じゃ~じゃんっ)、
 ブログ復活、しったぜっ♪

これは実に、はなまるな気分であります。

しかし、ブログをお休みしていても、
菓子パン好きには変わりないのだから、
いつものように、ナイス菓子パンを食べればいいのですが、
そうはいかないのがこの独身です。

ナイス菓子パンを目の前にすれば、
デジカメで記録を撮りたくなります。

そして、パソコンのキーボードを叩きたくなります。

しかし、パソコンが壊れ、デジカメも壊れた独身には、
その作業を行なう術が、ありません、、。

これは、なにも作もなく、武器も持たずに、
敵陣に攻め込む武士のごとし、です。

文明の利器を失った独身など、
ただの独身に過ぎません(?)。

飛べない豚がたたの豚のように、
持たない独身は、ただの独身です(??)。

と云うわけで、休食のあいだ、
スーパーなどへ買い物に行っても、
なるべく菓子パンコーナーへ寄り付くことを避けてきたのです。

と、こころ内で決めた独身ではありましたが、
買い物に行けば、やはり菓子パンの存在が気になってしまうのです。

障子に穴があれば、
覗きたくなるのが、人の常です。

やめろっと云われても、
やめられないのが、秀樹と人の常です。

と云うわけで、視界の端っこに菓子パンをおさめつつ、
小走りで菓子パンコーナーを通り過ぎる独身がいたわけです、、。

そんな、菓子パンに対する欲求がたまりにたまっていた日々が、
パソコンとデジカメの購入によって、ようやっと解消され、
正常の、すてきな菓子パン生活を無事、復活させることが出来たわけです。

「早く菓子パンを食べた~~ぁいっ!!」
と、妖怪人間が人間に憧憬を抱くかのごとく、
独身は菓子パンを欲していたわけです。

いよいよ、そのムンムン気分を解放させた独身ではありますが、
スーパーFに到着し、いざ、数多あるナイス菓子パンを目の前にすると、
いったい、どれから頂けばいいのか、混乱するのが独身の脳内です。

まず、欲求を司る視床下部が、
「嗚呼っ!!
 こんなに旨そうな菓子パンがそろっているっ!!」
と、ふって湧いて来る欲望を、抑えることが出来ずにいます。

次に、過去のデータを管理する海馬が、
「どうやら独身さんは、
 相当菓子パンに対する欲求がたまっていたようです。」
と、冷静に分析します。

そして、最終決定権を持つ前頭葉が、
「そうだな、どれもこれも、魅力的で決め難い。」
と、なかなか1つに決められずにいるのです。

実に、数多あるものの中から、
ほんとうに己が欲するものを見つけ出す作業は困難です。

どんなに困難で、くじけそうでも、
いったい何を信じれば、最後に己に勝つことが出来るのでしょうか。

独身の目の前には、レンジでチンするとおいしくなる菓子パンや、
フジパンの今月の新作もあれば、冬に多く発売される、
チョコの菓子パンなど、実に多種の菓子パンがそろっています。

どれもこれも、独身の好みのものばかりです。

この中でいま、いちばん食べたいものを選べと云われても、
全部食べたいのが独身です。

いちど、
(これにしよう!)
と、1つの菓子パンを手に取っても、
(やっぱし、こっちのほうがおいしそうかも、、。)
と、いわゆる“隣の芝生”にまどわされてしまいます、、。

これを人は、優柔不断と云う。

そんな中、最終的にこの“もちっと、、”に決定することとなったわけですが、
その理由はと云うと、、。

もちっとロールシリーズ”だから、です。

独身はいままでの菓子パン生活の中で、
一連の“もちっとロールシリーズ”を頂いてきました。

中には、これってどうよ、と思うものもありましたが、
やはり、いちど“シリーズもの”に手をつけてしまうと、
やめろっと云われても、やめられないのが秀樹と独身です。

例えやめたとしても、ブーメランのごとく、
♪きっと~~ぉっ、おまえ~は、戻ぉってくっるだろっお~~っ♪
と、ふたたび戻ってしまうのです。

それが、独身の哀しき性なのです。

Pasco--もちっとロール キャラメル 6個入り。


キャラメルクリームを巻いたもっちりとしたロールケーキです。”

と云うわけで、Pascoの“もちっとロールシリーズ”の新作、
キャラメル
です。

いままで“もちっとロールシリーズ”は、
もちっとロール 豆乳”、
もちっとロール コーヒー”、
もちっとロール ミルク
もちっとロール いちご”、
もちっとロール 抹茶”、
もちっとロール バナナ”です。

実に、5ヶ月ぶりの“もちっと、、”です。

一口で頂ける小ぶりのロールケーキのようで、
実は、けっこうなカロリーがあるのが憎いあんちくしょうです。

大は小を兼ねるとは云いますが、
菓子パンの世界では、小であっても、
その実態は大であることが多々、あったりします。

将を射る前に、まず馬を制さなければなりません。

生地を頂く前にまず、
じっくり栄養成分表示を見極めるのが肝要です。

さて、さっそく生地からですが、
もっちり、と云うより、むっちりとしています。

もっちりほど、柔軟性があるわけではなく、
ぎゅっとした、弾力性があります。

濃密生地で、木目も細やかで、
グッと詰まっています。

♪むっとして~っ、グッっときて~っ、
 ぎ~ゅっと詰ま~った生~~地だから~~ぁっ♪

これには流石のトシちゃんも、
ハッとしてしまうことでしょう。

生地のお味のほうですが、
ほんわりとした苦味を感じます。

これはキャラメル風味からくるものだと思われるのですが、
お味事態は、キャラメルを感じることは、ありません

帰宅途中、どこからかカレーの香りがしてくるけど、
その匂いのもとはどこのお宅かはわからない、
そんな感じの苦味です(?)。

もしくは、毎回ドロンチョさまたちをお仕置きするわりには、
あのドクロの正体はつかめない、そんなもどかしさとも酷似しています(??)。

これは、クリームにキャラメル風味を期待するしか、
ないようです。

Pasco--もちっとロール キャラメル 6個入り。


クリームの食感ですが、
相変わらず、ぬるぬるとしています。

これは、“もちっとシリーズ”の初代、
豆乳から変わらないぬるぬる感です。

♪お久しぶ~ぅり~ぃね~~ぇ、
 クリ~ム、ぬるぬるね~~っ♪

これには流石の小柳ルミ子さんも、
“いまさらジロー”ではなく、
いまさらクリーム、と云うしか、ありません。

いまさら、このクリームのぬるぬるを追及したとしても、
この食感は変わらず、はじめからのものなのです。

よって、これはこれとして、
受け入れなければなりません。

さらに、クリームはつるつるともしています。

クリームだけをぺろっと頂くと、
クリームらしいほわっと感はなく、
油分のつるつるを感じます。

そのつるつるは、舌べろとクリームに、
なにか結界のようなものを感じます。

つまり、舌べろの水分が、
クリームの油分によってはじかれている、
そんな抵抗があります。

これこそ、抵抗勢力です。

とは云うものの、クリームがとろ~んとして、
ぬる~~んとした、やわらかい食感なので、
生地との相性はいいと云えます。

このやわらかさは、たるたると云うか、
ゆるゆると云うか、とにかく、
へなへなした、弱気な感じがします。

キャンディ・キャンディだったら、
♪へなへな、だぁ~って、気っにしっないっわ~~ぁっ♪
と、一蹴してしまうかも、しれません。

しかし、そこは見逃せないのが、
この独身です。

このクリームのへなへなによって、
せっかくの生地のむっちりが、
幾分か印象弱くなってしまっているような気がします。

もう少し、硬めのクリームであって頂きたいです。

Pasco--もちっとロール キャラメル 6個入り。


クリームのお味ですが、
おそらく、これを頂いた10人中9人くらいが、
「これって何の味、、?」
と、首をひねることでしょう。

と云うのも、キャラメル風味がほとんどなく、
ミルク風味のほうが圧倒的に強いのです。

すっぱマン対アラレちゃん
そんな感じのキャラメルとミルクの関係です(?)。

さらに、キャラメルの存在感がないと云うに、
キャラメルと云うか、コーヒーのようなお味がするのです。

ほんわりとした苦味があるのですが、
これがキャラメルらしくなく、コーヒーのように感じてしまうのです。

これが、“キャラメル”とわかっているから、
なんとか、キャラメル風味を感じ取ろうとするわけですが、
これが“キャラメル”と知らなかったら、おそらく、
もしかしてコーヒーかも、と勘違いしてしまうことでしょう。

いや、“キャラメル”とわかっていても、
これってコーヒーと間違ってない、と思わずには、
いられません。

キャラメルッと云われても、
コーヒーにしか思えないのが、秀樹と独身です。

さらに、クリームのたる~~ん、とした甘さが、
益々キャラメルを抹殺しています。

全体的にあまりヘビーな感じはしないのですが、
甘味事態は、クドさがあります。

しかし、幸いなことに、
クリームの量が少ないのと、
ほんわりとした苦味があるので、
甘味のたるたる感は、胃への負担とはなりません。

それにしても、なかなかシリーズものと云うのは、
お味の評価が一定しないのが常です。

前回はよかったのに、今回はあまりよくない、
これは菓子パンだけでなく、ドラマや映画、
そのほかの様々な製品にも見られることです。

独身の大好きなのっぽパンでさえ、
かつて、独身を悩ませたお味がありました。

しかし、人生楽ありゃ、苦もあるさ
黄門さまも歌っております。
(いや、黄門さまではありません。)

この“キャラメル”の結果が、
次の“もちっとロールシリーズ”への糧となることを、
密かに祈ってやまない、独身なのでありました。


購入価格:100円。

【栄養成分表示(1個当り)】
エネルギー:65kcаl
たんぱく質:0.9g
脂質:2.5g
炭水化物:9.8g
ナトリウム:37mg


【オススメ度】★★☆☆☆(2.5)
スポンサーサイト





タグ:

HOME

トラックバックURL


トラックバック

のっぽパン--ベルギーチョコ。  | home |  のっぽパン--ミルクティー(11月発売・期間限定)。