FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2006年11月24日[Fri]

ファミリーマート--チロルチョコパン 黒ごまたると(山崎製パン)。

ファミリーマート--チロルチョコパン 黒ごまたると(山崎製パン)。

ファミマ、チロルチョコパンの新作っ!
お口の中が、てんてこまいですっ、、。

*画像にカーソルを合わせると変化します。


「北へ行くべきか、南へ行くべきか。
 それが問題ちゃ。」

と云うわけで、
昨日のチロルチョコパン“ストロベリーチョコ”の続きのおはなし。

独身の行動範囲には、
3軒のファミマがあります。

自宅から北に2軒、南に1軒です。

北の2軒のうち、より自宅に近いファミマと、
南にあるファミマは、距離的には同じくらいなのですが、
どちらかと云うと、南に行くことが多いです。

と云うわけで、今回のチロルチョコパンも、
南のファミマへと行ったわけです。

ファミマに到着すると、独身が求めているこの“黒ごまたると”と、
“ストロベリーチョコ
”が無事、菓子パンコーナーに陳列されていたのですが、
残念なことに、“ストロベリー”はひとつしか残されていなかったのです、、。

ふつうなら、
「あっ、ラッキー!残り1個だ~っ!」
と、喜ぶところですが、
そうはいかないのが、この独身です。

複数あれば、消費期限をチェックしたり、
袋にしわがあまり入っていない状態のものを見比べ、
選出することが出来ます。

しかし、たったひとつと云うことはもはや、
この独身には選択権が与えられないと云うことになります。

平等社会の中で、菓子パンの選択権がないなど、
言語道断です(?)。

球団の選択権が与えられていない高校球児にとって、
ドラフト会議がまさに、人生の分かれ道のように、
菓子パンの選択権がないこともまた、
人生の分かれ道と云えます(??)。

と云うわけで、ここで独身は考えました。
それは、北のファミマで“ストロベリーチョコ”を購入することです。

しかし、これもまた、
人生の分かれ道となり得ることなのです。

なぜなら、確実に北のファミマに“ストロベリー”があるか、
なんら保障はないからです。

もし、ここのファミマで購入を断念し、
北へ行ったとして、北で売られていなかったら、
南で買わなかったことに、独身は激しく後悔することでしょう。

後悔するくらいなら、南で購入したほうが、
骨を折らずに済むのです。

と云うわけで、
独身はたったひとつの“ストロベリー”を購入することを選んだのです。

さて、“黒ごまたると”と“ストロベリー”を手に取り、
次に独身が向かった先は、お菓子コーナーです。

チロルチョコの“黒ごまたると”を購入するためです。

チロルチョコパンを買うなら、
チロルチョコも買ってしまうのが、
菓子パン好きってもんです。

そして、味の食べ比べをするのが、
菓子パンマニアってもんです。

しっ、しかしっ、、!!

あろうことか、ここのファミマでは、
チロルチョコの“黒ごまたると”が売れ切れだったのですっ、、。

これは、かなりの痛手です、、。

どこを見ても、“杏仁豆腐味”と“きなこもち”、
そして、“黒ごまたると”の空き箱しか、ありません。

棚の奥~の方をのぞいて見ても、
“黒ごまたると”はありません。

これは、流石の某、元大学教授が手鏡を使っても、
“黒ごまたると”を見ることは、不可能です。

♪ど~んな~に空き箱で~、
 く~じ~け~そ~ぉで~も~っ、
 く~ろ(黒)ご~ま、あ~る~さ~っ、
 か~な~ら~ずっ、最後にチョコを買う~っ♪

南のファミマにないからと云って、
ここで諦める独身では、ありません。

南にないなら、北で購入するほか、ないのです。

北の将軍さまへのぜいたく品の輸出を禁止するなら、
独身は、北のファミマへチロルを求め、出発するってもんです(?)。

しかし、自宅から北のファミマがそう、遠くなくても、
南から北へは、チャリにしておよそ、12,3分くらいあります。

それを考えると、思わずチャリを漕ぎ出す足もひるんでしまいますが、
菓子パンに対し、いっさいの妥協を許さないのが、この独身です。

よって、どんなに困難で、くじけそうでも、
北のファミマを信じ、最後は己に勝つしか、ないのです。

とここで、ひとつの考えが浮かびました。

それは、北へ行くなら、
ここのファミマで“ストロベリー”を購入することはない、
と云うことです。

さんざ、北で買うか、南で買うか、
独身ハムレットが悩んだと云うに、
チロルチョコがなかったことで、
この苦労はまさに、骨折り損となりました。

しかしっ!
ここで、あることを思い出しました。

それは、北に“ストロベリー”があるとは限らない、
と云うことです。

これは、究極の選択です、、。

北へ行くことは決定したのですが、
北に“ストロベリー”があることは、不確実です。

しかし、ここでたったひとつしかない“ストロベリー”を購入することは、
本音を云えば、容易には溜飲を下げられることでは、ありません。

2兎を得るものは、1兎も得ずとは云いますが、
2つのファミマで悩んだ結果、
1チロルを得られないことほど、哀しいことはありません、、。

と云うわけで、不確実なものより、
いま、この手の中にあるものを選ぶことを独身は決めました。

無事、ふたつのチロルチョコを購入し、
いざ、北のファミマへ向かうため、
愛チャリを漕ぎ出したわけですが、
ここで、独身はあることに気付きました。

それは、チロルチョコだったら、
ほかのコンビにでもあるのではないか、
と云うことです。

チロルチョコパンの場合は、ファミマのみの販売ですが、
チョコのほうは、なにもファミマでなくとも、
どこのコンビニでもあるはず、です。

それならば、遠くの北のファミマへ行かなくても済むのですっ!

これすなわち、独身の脚に、
これ以上の乳酸がたまらない、と云うことになります。

それでなくても、冬で脂肪をため易いと云うに、
これに加え、乳酸までためたくはないってもんです。

ためるならせめて、
ドラッグストアーのポイント5倍デーにしたいものです(?)。

と云うわけで、意気揚揚と、
ファミマの近くのミニストップへ行ったわけですが、
なっ、なんとっ、、!

そこには、“きなこもち”しか、
売られていなかったのです、、。

これは、激しい裏切りです(?)。

かならず、最後にチロル勝つ、
と信じていたのに、ミニストップに裏切られてしまいました、、。

独身は、学びました、、。

これ以上、ほかのコンビニを1軒1軒、で探し求めるより、
北のファミマに行ったほうが、時間的には短くて済む、
と云うことを、、。

こうして、独身は南船北馬、ならぬ、
南ファミ北ファミをして、ようやく、
チロルチョコを入手出来たわけです、、。

北にも“ストロベリーチョコ”があったことに愕然とし、
(しかも、12個くらい、、。)
問題の消費期限も、南同様、
どれも24日だったことにも愕然としたことは、否定出来ません、、。

ファミリーマート--チロルチョコパン 黒ごまたると(山崎製パン)。

『チロルチョコ 黒ごまたると』の味をイメージしたパンです。
 黒ごまクッキーの上に「黒ごまチョコクリーム」と
 「ホイップクリーム」の入ったパンをのせました
。”

と云うわけで、昨日の“ストロベリーチョコ”に続き、
ファミマの新作、“黒ごまたると”です。

“ストロベリー”の場合、ひとつひとつの素材は、
あまり質がいいとは云い難いものがありましたが、
全体的には、相互効果でうまく味がまとまっていたように思えます。

神戸屋さんの製造と云うことで、
生地に期待をしていたのですが、
神戸屋さんらしい、しっとり生地ではなかったことが、
残念でなりません。

しかし、105円と云う安さを考慮すれば、
妥当なのかも、しれません。

その一方で、
この“黒ごまたると”は120円と云う、高値です。

“ストロベリー”より、15円も高いと云うことは、
それなりのお味が期待出来るってもんですっ。

しかしっ、、。
生地は、ぱっさぱさ、です、、。

もっそもそ、です、、。
ごっそごそ、です、、、。

これはもはや、生地と云うより、
食器洗い用のスポンジみたいです、、。

ごわごわしていて、すかすかしています、、。
手触りも悪ければ、舌触りも悪~ございます、、。

木目も非常に粗く、手でちぎると、しゃっ!と、
虚しい声音、ならぬ、生地音がします、、。

そして、生地に直接かぶりつくと、
ふつうの菓子パンの生地の感触とは異なり、
「う~っ、ふがっ!」
と、野性の動物が獲物を口でひきちぎるかのごとく、
軽く、生地をひきちぎるように、食べなければなりません、、。

とっても、野性的な菓子パンです、、。

こんな生地、ほんもののスポンジのほうが、
もう少し、質がいいですよっ!!

♪ナイ、ナイ、ナイッ!
 し~っとり、ないっ!
 ナイ、ナイ、ナイッ!
 木~目、粗いっ!
 ナイ、ナイ、ナイッ!
 生~地がスポン~ジ~ッ♪

これには流石のやっくんも、
「ごわごっわ、するなよっ!」
と云いたくもなるってもんです、、。

生地のお味もまた、かさかさしたお味で、
あくまで生地は、中身を保護するものでしかない、
と云った印象です、、。

旨みはありませんが、かなりの塩気があります。

あとからじゅわじゅわと、
塩が味覚を刺激します。

この追い上げは、まるで、
TBSの“感謝祭”の赤坂マラソンで、
オリンピック選手がぐんぐん、芸能人を追い上げるかのごとくの、
勢いです。

猫ひろしであろうと、そのまんま東さんであろうと、
マラソン選手には、おかまいなし、です。

赤坂マラソンが、心臓を破るような坂道なら、
この生地の塩気は、味覚を破るような強さです。

お砂糖とお塩を間違えたのでは、
と思えるほどの、塩気です。

さて、そんな塩まっしぐらの生地の下には、
ビスケットが敷かれています。

生地とは対照的で、
とっても甘いビスケットです。

ここにも黒ごまが練り込まれているので、
時折、ぷちぷちとした食感がして、
黒ごまの香ばしい風味がします。

ただ、かなりぼろぼろとします、、。

勢いのまま、ビス部分にかぶりつくと、
人気女優Tと歌舞伎俳優Nの関係のごとく、
あれよあれよと、ぼろぼろ崩壊します。

ちょっと触っただけで、
もう、そこから崩壊がはじまります、、。

その耐久性は、
姉歯物件といい勝負かもしれません。

そして気付けば、テーブルはビスまみれ、です。

それどころか、お口のまわり、
口唇まで、ビスまみれ、です、、。

♪ビスにまみれて、ビ~スに泣ぁく~っ♪

あ~ぁ、愛しいティーンエイジメモリー、ではなく、
虚しい年増メモリー、です、、。

異性の前で、
大口を開けてハンバーガーを食することに恥じらいを抱く女性は、
この“黒ごまたると”を、こっそり独りで頂くことを、
オススメします。

さらに、このビスケットは、
とってもざくさくで、ごりごり、です。

もの凄い高温で焼いたか、
もの凄く水分を少なめにしたか、
そのどちらか、と云うか、両方かもしれません、、。

生地も乾燥なら、ビスケットも乾燥です。

♪ぱさぱさっ、だって~っ、
 ぼろぼろっ、だって~っ、
 乾燥~の生地には、平気っ、じゃないっ!♪

これには流石の相原こずえだって、
「だって、涙が出ちゃう、、。
 のどが渇くんだもんっ、、、。」
と、嘆き哀しむことでしょう。

ファミリーマート--チロルチョコパン 黒ごまたると(山崎製パン)。

黒ごまクリームは、練りごまペーストと云った感じで、
お味は濃厚、食感はどっぷりとして、とってもヘビーです。

このクリームを、壁に投げつけても、
おそらく、べと~っと床に垂れ下がることは、ないでしょう。

そして、そのまま放置しても、
壁にひっついたままのかたちで乾燥し、
壁にはりつき続けることでしょう。

地獄の果てまで着いていくのがさそり座のおんななら、
そのままはりつき続けるのが、黒ごまクリームです(?)。

そして、
「いいえ、わったっしは~、黒ごまクリ~ム~。」
と、なにかに否定し続けることでしょう(??)。

一方のホイップですが、黒ごまのどっぷりとは相反し、
と~ってもほわほわで、ふわふわです。

空気感たっぷりですが、
8分立てくらいのかたさがあります。

ミルク味が濃厚ではあるのですが、
たる~んとした甘味が気になります。

甘味にも、様々な甘さと云うものがありますが、
このホイップの甘味は、ずんっ!と来る甘味です。

とくに、独身は甘いのが苦手で、
ずんっ!のホイップを喰らうと、
胸のあたりの食道が、激しくその物体を拒否し、
押し戻そうと努めます。

しかも、このホイップは、
生地全体に平等に行き渡っているわけではなく、
中央にどっぷりと集中しているので、
その分、甘味の攻撃も集中的です、、。

もっと、全体に入っていたら、
ひとくち、ひとくちの量も軽減されて、
こんな集中攻撃を受けなくても済むってもんです、、。

この1/3くらいの量が、適切ではないかと思います。

ファミリーマート--チロルチョコパン 黒ごまたると(山崎製パン)。

さて、この“黒ごまたると”の全体的な感想ですが、
お口の中はもう、剣の舞、ではなく、てんてこまい、です、、。 

いろいろな食感、いろいろな異なるお味が、
お口の中で、それぞれに狂喜乱舞しています、、。

まず、生地のもっそもそがして、
そのあと、ビスケットのがしがしがした、
と思いきや、ちょっと待ちなっ!ってな具合に、
生地の塩気が押し分けて来ます。

この段階では、あまり黒ごまの風味はなく、
むしろ、ビスケットのお味のほうが強いです。

そして、塩が津波のごとく、押し寄せて来たところで、
塩とは対照的な、甘たるいホイップが食道を苦しめます、、。

これはまるで、呉越同舟です、、。

まちゃまちゃと、
ゆうこりん
が同じリングにいるようなものです(?)。

そんな塩と甘味で苦しめられたところで、
次は、黒ごまクリームのどっぷりが、
お口に張り付きます。

しかし、この段階で、すでに生地のぱっさぱさと、
ビスケットのがっしがしがお口に居座ってるので、
お口はもはや、ふんがふが状態です。

生地の乾燥によって、お口の水分が奪われ、
そこに、これまた水分のないクリームがやって来ると云う、
非常事態に陥っていますっ、、。

これは、東京砂漠と云い勝負ですよっ(?)。

それでも、なんとかもぐもぐし、
ごっくんするわけですが、お口がこれですっきり、
するわけでは、ありません。

奥歯とほっぺたのあいだに、
ビスケットが入り込んでいる
のです、、。

これは、非常に不快なことです。

仕方がないので、舌べろでぐいぐいと、
残されたビスケットを取り出すわけですが、
そのさまは、鶴のごとく、決して他人さまにお見せ出来るものでは、
ありません。

さて、こうしてようやく、
お口はてんてこまいから解消されたわけですが、
これはあくまで、責任転嫁に過ぎません。

なぜなら、ごっくんのあとは、
食道が待ち受けているから、です。

ローマへの道、ではなく、
胃への道の途中には、食道が存在するのです。

と云うことは、“黒ごまたると”は、
乱舞しながら、食道を通過するのです、、。

しかも、胸のあたりの、いちばん苦しいところで、
一旦停止
し、軽くこ踊りをするのです、、。

お口にしてみれば、ようやく流し込んだぜっ!
と、安堵しているのかもしれませんが、
そのあとは、お口の渇きがやって来るのです、、。

すっかり生地の乾燥、クリームのどっぷりによって、
水分を奪われ、喉とともに、からっから、です、、。

さぞ、エースを奪われた西部も、
こころがからっから、なことでしょう(?)。

この菓子パンは、味わうと云うより、
いかに、上手く食べ終えるか、と云うことに尽きると思います、、。

いわゆる、やっつけ仕事、みたいなものです、、。

と云うか、むしろ、食べ手がやっつけるのではなく、
菓子パン側にやっつけられる、と云ったほうが適切かも、
しれません、、。

まるで、折角地球を救うためにやって来たのに、
バルタン星人にこてんぱにやられてしまったウルトラマン
そんな感じです、、。

選択で骨を折り、購入で骨を折り、
食べても骨を折る、、。

ほねほねロックな、
“黒ごまたると”です(?)。

♪んう~っ!骨、ロックッ!!♪


購入価格:120円。

栄養成分表示(1個当り):
エネルギー:436kcal
たんぱく質:8.0g
脂質:18.6g
炭水化物:59.2g
ナトリウム:210mg


【オススメ度】★★☆☆☆(2.5)
スポンサーサイト





タグ: チロルチョコパン, クッキー, 黒ごま, ホイップ,
スレッドテーマ: 菓子パン,グルメ

HOME

トラックバックURL


トラックバック

ファミリーマート--チロルチョコパン ストロベリーチョコ(神戸屋)。  | home |  木村屋--黒糖チョコチップ。