FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2006年12月05日[Tue]

Pasco--いちごオムレット。

Pasco--いちごオムレット。


Pasco、今月の新作っ!
ちっ、ちいさくてよかった、、。

毎週木曜日、菓子パン2割引を行なっているスーパーFは、
独身の菓子パン生活を支えてくれている、ありがた~いお店です。

そのスーパーFとともに、
かつて、独身が毎週通っていたのが、
スーパーA、でした。

そう、“かつて”、“でした”と云うことは、
すでに過去のことなのです。

スーパーAは、毎週月曜日に菓子パン3割引と云う、
なんとも太っ腹な割引デーを設けていて、
まとめ買いをするときには、欠かせない存在でした。

そんなAでしたが、いつの頃からか、
新作菓子パンをほとんど仕入れないと云う、
怠慢スーパーへと、変貌してしまったのです。

はじめは、
(あれっ?今月は新作まだ仕入れていないのかなぁ。)
くらいに思っていたのですが、
それ以降、週を重ねても、一向に新作菓子パンは見当たりません。

♪ん毎週、ん毎週、月曜割引デー、
 同じ菓子パン、イヤになっちゃうよぉっ♪

これには、泳げたいやきくんでなくとも、
海へ逃げ込みたくなるってもんです(?)。

そんな、すっかり菓子パンに対するパッションを失ったスーパーAに、
独身のAに対する感謝の気持ちも比例し、
Aへと買い物へ行くことは、なくなってしまったのです。

月日は流れ、数日前のこと。

スーパーAがスーパーMとして、
リニューアルオープン
すると云う、
新聞のチラシが入っていたのです。

Mと云うと、独身宅のすぐ近所にあるお店です。

Aとどんな関係があるのかわかりかねますが、
とにかく、店名が変わると云うことで、
菓子パンの仕入れ事情も変わるかもしれない、
と云う期待を持ち、この日独身は、
久々に元Aへ行ってみることにしたわけです。

流石に店名が変わったと云うことで、
元Aの外観は一新し、店内の配置などはだいたい同じですが、
なんだか小奇麗になった印象ですっ。

パンコーナーも、菓子パンと食パンの棚の位置が変わったくらいで、
位置的には以前と変わりありません。

菓子パンコーナーに到着したところで、
ふと、棚の上部を見てみると、
独身めがねは、ある張り紙にフォーカスしました。

それは、、、。
全商品10%引き”です、、。

独身宅の、すぐ近所のスーパーMも、
同様に10%引きなのですが、
どやら元Aも、10%で販売しているようです、、。

と云うことは、以前のような、
菓子パン3割引は、行なわないことを意味しているわけです、、。

これには、今年の紅白で、
紅組出場が確実視されていた桜塚やっくんでなくとも、
「がっかりだよっ!!」
ってもんです、、。

さらには、元Aのときは、
たいてい新作のっぽパンも仕入れたのに、
ノーマル”と“牛乳”、“つぶピー”しか置かれていません、、。

これには、ヒルマン監督ではなくとも、
「信じられな~~ぁいっ!」
ってもんです、、、。

スーパーMとなり、リニューアルしたのだから、せめて、
メイクミラクル”であって頂きたかったです。

しかし、せっかく久々に元Aへと来たのだから、
菓子パン1つでも、購入しようではありませんか。

と云うわけで、元AがMへと変わった記念(?)として、
独身が売り上げに貢献(??)した菓子パンが、
この“いちごオムレット”です。

真冬におでんが恋しくなるように、
冬にはいちごが恋しくなるのが、日本人なのでしょうか。

そんな独身がいま、いちばん恋しいのは、
元Aの、菓子パン3割引日に代わる、
菓子パンの割引を行なっているスーパーです。

Pasco--いちごオムレット。


口溶けの良いスポンジケーキで
 ホイップクリームといちごジャムをはさみました
。”

と云うわけで、Pascoの今月の新作、
“いちごオムレット
”です。

横の長さにして、約13cmほどの、
ちいさな菓子パン(その実態は洋菓子)です。

実は、この“いちごオムレット”と同時に、
スパークリングウォーターを購入していたのですが、
商品2つだけと云うことで、あえてお店用のカゴを使用せず、
手持ちでレジまで持って行ったわけです。

たいてい、お店が空いているときは、
レジの店員さんが袋に入れてくれるのですが、
このときは、少々混雑していたので、
店員さんはそのままカゴへ2つの商品とレジ袋を入れてくれたのです。

支払い後、荷物を詰める台のほうへ移動するわけですが、
そのとき、あろうことか、立ててあったスパークリングウォーターを、
ばたっと、倒して
しまったのですっ、、。

それだけならいいのですが、
なんと、その倒れた先が、この“いちごオムレット”と云うわけです、、。

(おうっ、、!オムレットと云う、
 “やわい”菓子パンに、お水が直撃っ!!)

これは、テレビ番組で寝起きを直撃された女性アイドルより、
衝撃的ってもんですっ、、(?)。

“いちごオムレット”の生地の状態を心配しつつ、
前方の台へと移動し、カゴを台へ置くわけですが、
あろうことか、今度は横にしていたスパークリングウォーターが、
げれげれと転がり、“いちごオムレット”にブッこんだ
では、
ありませんかっ、、。

(嗚呼っ、、!また“オムレット”にお水が直撃っ!!)

これは、ヨネスケ師匠に、となりの晩御飯で直撃されるより、
衝撃的ってもんですっ、、(?)。

と云うわけで、2度にも渡り、
独身のうっかりで、500mlのペットボトルの攻撃を喰らった、
“いちごオムレット”ですが、開封し、
状態をチェックしてみると、なんとか、
その被害はまぬがれた様子です、、。

生地がやわらかい故に、衝撃を吸収したのでしょうか。

さて、そんな“いちごオムレット”なんですが、
ビニールのシートに、生地をぐるっと保護されています。

こういうシートがある、と云うことは、
シートをはがしたとき、生地がぺっとりついてしまうことを予感させます。

そして案の定、、。

シートをべろべろはがしていくと、
たまご色の生地が、ぺとぺととシートにひっていていくではありませんか、、。

シート一面、生地まみれです、、。

これには、コートの中では平気なの、の相原こずえも、
シートの生地には、平気ではいられないことでしょう(?)。

これは、そぉっとシートをはがさないと、
シートのほうにごっそり、生地を持っていかれます。

いくら、“はないちもんめ”で、
「生~地が欲しいっ!」
と、シートに要求したところで、
「生~地はやらないっ!」
と、拒否されるだけです(?)。

そんなときは、無理にこちらの要求を繰り返すのではなく、
シートに生地をあずけ、あとからシートをスプーンなどでかりかりして、
残りの生地を頂けばいいのです。

近藤マッチなら、
「そいつがシ~トのやりかた~ぁっ!」
と、ギンギラギンにさりげなく、
さりげなく、はがしていくだけでしょう(?)。

さて、そんな生地ですが、
と~ってもほわほわで、軽やかなスポンジです。

ふつふつの気泡がたくさんあるので、
空気感がたっぷりあります。

しかし、生地自体はしっとりしているので、
ぽそぽそ感はありません。

袋には、
口溶けの良いスポンジケーキ、、”
と書かれていますが、
たしかに、生地をもぐもぐしていると、
ほわほわがしっとりになって、
すぐに、溶けていきます。

児玉清さんだったら、
「その通りっ!!では何番っ?」
と、云っていることでしょう(?)。

もしかして、2度に渡り、
この“いちごオムレット”に攻撃をしたスパークリングウォーターには、
2度のアタックチャ~ンスが与えられていたのでしょうか(??)。

スポンジのお味のほうですが、
ほんわりとした、まろやかなたまご風味がしますっ。

原材料を見てみると、
いちばんはじめに“卵”と表記されているので、
いかに、この生地において、
たまごの役割が大きいかをうかがい知ることが出来ます。

甘味はさほど強くなく、
たまごの風味を十分に味わえる、
いいバランスになっています。

まあ、可がちょっとあり、不可はとくにない、
至ってふつうの、シンプルなスポンジです。

Pasco--いちごオムレット。


さて、生地の中には、
ホイップクリームと、いちごジャムがはさまれています。

かつて独身は、左手小指を引き戸にはさみ、
粉砕骨折と云う、人生で初の骨折を経験しました。

まあ、このネタに、とくに意味はありません(!)。

ナイス菓子パン探しも大変ですが、
ネタ探しと云うのもまた、大変なのです、、。

ホイップのほうですが、
つるつるとしていて、かなり重みのあるクリームです。

ほわほわ感はなく、
ずっしり、どっしり、ヘビー級です。

ボールの中で、このホイップを混ぜ混ぜしたら、
もんの凄い“つの”が立ちそうです。

幸せいっぱいのジャガー横田さんですが、
このくらいの“つの”をあたまから出しそうです(?)。

口当たりは、ぬるぬるとした油分を感じさせます。

それでいて、お味のほうも、
ど~んとくる、ヘビーなクドさがあります、、。

ホイップクリームと云うと、ミルク濃厚なものもあれば、
ぬを~んとした油分を感じさせる、重くてクドいホイップがあります。

ふだんから、あまりホイップクリームは得意ではないのですが、
とくに、こういうクドいホイップを頂くと、
食道あたりが、うえ~っとなって、
ホイップの侵入を、激しく拒否
しようと努めます、、。

それでも、丸々1個食べ終わるまで、
数回に渡り、このホイップは食道を通過しなければならないのですが、
そのたびに、食道付近はうえ~っ、となって、
その後は、むわむわとした、不快な感覚が残されるのです、、。

Pasco--いちごオムレット。


一方のいちごジャムですが、
じゅるじゅるで、ぷるぷるとしたとろみがあるジャムです。

じょわ~とした酸味があって、
ずんっとした甘味
もあります。

酸味、甘味ともに強さがあるので、
ごっぐんしたあと、喉のあたりがじゅわじゅわします

これが、ホイップと相成ると、
まず、いちごジャムのずんっとした甘味がきて、
そのあと、クドいホイップが食道を攻撃し、
最後にホイップのぬるぬるがお口に残った、
と思いきや、いちごジャムのじゅわじゅわが、
喉を刺激するってわけです、、。

「残った~ぁっ、残った~ぁっ!」
と、土俵際で、あと少しで寄り切りに出来ると思いきや、
最後に、うっちゃりで逆転負けを喫する感じです(?)。

やわらかで、ほんわりとした、
やさしい印象のスポンジとは相反し、
かなり攻撃的で、猪突猛進なホイップといちごジャムです、、。

これは、猪侍と呼ばれた義経だって、
こんな勢いのあるホイップとジャムには、
太刀打ち出来ないことでしょう(?)。

これには、流石の舘ひろしさんだって、
「食べな~ぁい~で~~ぇ~っ。」
と、止めていることでしょう(??)。

まあ、元々ちいさな菓子パンで、量もそんなに多くないので、
ヘビーでも、なんとか1個食べ切ることが出来ました。

ほんとうに、適量です、、。

これ以上食べろっと云われても、
食べられないのが、秀樹と独身です(?)。

もう、迷うことがないヤングマンでも、
もう、食べることが出来ないってもんです(??)。

Y=やっとこさ、
M=丸々食べたものの、
C=ちょっと食道に不快感がある、
A=アタックチ~~ャンスッ!!(???)

どうやら、ほんとうにアタックチャンスがあったのは、
ホイップといちごジャムだったようです、、。


購入価格:118円。

栄養成分表示(1個当り):
エネルギー:250kcal
たんぱく質:4.0g
脂質:8.8g
炭水化物:38.7g
ナトリウム:96mg


【オススメ度】★☆☆☆☆
スポンサーサイト





タグ:

HOME

トラックバックURL


トラックバック

のっぽパン--女峰いちごミルク(12月発売・期間限定)。  | home |  ローソン--こだわりりんごジャムパン(とっておき宣言・山崎製)。