FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2006年12月09日[Sat]

ヤマサキ--ランチパック 黒豆ココア入りクリーム。

ヤマサキ--ランチパック 黒豆ココア入りクリーム。


黒豆ココアと云ったら、
“あの人”でしょうっ。

スーパーFと云えば、
このブログにも度々登場する、
独身の菓子パン生活を支えてくれる有り難い存在です。

なぜなら、毎週木曜日は、
菓子パン2割引きを行なっているからでありますっ。

独身の、行動範囲にあるスーパーなどは、
特価をのぞけば、たいていは1割引です。

それが、倍の2割引となるのだから、
多少、遠方にあろうとも、行かずにはいられません。

このFと共に、スーパーAも、
かつての支えとなっていたわけですが、
つい先日、店名がAからMへと替わり、
それと同時に、毎週月曜の菓子パン3割引はなくなってしまったのです、、。

3割引と云えば、100円が70円になるのですっ。

この割引の日は、
毎日の菓子パン生活には、不可欠だったのです。

しかし、いつの頃からか、
元Aは、新作菓子パンを仕入れなくなり、
すっかり菓子パンに対するパッションが見受けられなくなったのです。

そんな元Aに見切りをつけ、
2割引のFだけがここ最近のこころ、ならぬ、
お財布の拠り所たったわけです。

さて、この日はFの2割引きの日と云うことで、
あたたかな日差しこぼれる中、いつもの愛チャリで、
Fへと向かうことにした独身、冷え性でお悩み中。

Fに到着し、巻いてきたマフラーに暑さを感じつつ、
いつものように、パンコーナーへ直行です。

と、ここですれ違う人のカゴを見ると、
たくさんの人が、食パンや菓子パンを入れているのが目につきます。

いつもは、2割引でも、
こんなに多くの人がパンを購入していることはないのですが、
なぜか、この日はすれ違う人のほとんどが、パンをカゴに入れているのです。

これは、この独身のように、パン、
もしくは菓子パンにパッションを持つ人が急増したと云うのでしょうか(?)。

そんな疑問を持ちつつ、パンコーナーについてみると、
独身めがねは、ある張り紙にフォーカスしたのですっ!

そっそこには、、、。

本日限り、菓子パン3割引
と、書かれているではありませんかっ!!

(うおっ!!!3割引きかぁぁぁっ!!!)

思わず、こころ内で万歳三唱ですっ。

もし、この日、独りではなく、
誰かとFに来ていたならきっと、
独身は、この喜びを声に出していたことでしょう。

つい先日、元AがMに店名を替えたことに伴い、
菓子パン3割引がなくなってしまったことを嘆き、
そして、元Aに代わる3割引きを行なってくれるお店はないものか、
と、このブログにつづったばかりですっ。

そっそれが、まだ数日しか経過していないのに、
ここFで、3割引をしているだなんて、
夢にも思わなかったことですっ、、。

こんなにも早く、3割引で菓子パンを買えるだなんて、
こんなに喜ばしいことは、ありませんっ!

しかも、先週Fに買い物に来たときには売られていなかった、
この“ランチパック 黒豆ココア入りクリーム”があるではありませんかっ!!

ランチパックと云えば、
お値段130円前後と云う、
割高な菓子パンです。

それが、3割引の95円で購入出来るだなんて、
鼻息も荒くなるってもんですっ。

と云うわけで、いちばん先にこの“黒豆ココアクリーム”を手にして、
あとは、他の菓子パンの選定に入るわけです。

しかし、この“黒豆、、”以外にも、
この日、新しく仕入れられた、新作菓子パンが数多、
陳列されているので、あれもこれもと、
視床下部が興奮し、前頭葉が決定しかねています。

しかも、3割引はこの日限りなので、
また来週には、2割引になってしまうのです、、。

この機会に、どんっとまとめて買っておきたいのが、
賢い菓子パンハンターと云えます。

しかし、いくらまとめ買いをすると云っても、
ハムスターがひまわりの種を多少に口に含むかのごとく、
多量に確保するわけにはいかないのが、菓子パンです。

なぜなら、菓子パン、及び食品には、
消費期限と云うものがあるからです。

花のいのちも短ければ、
菓子パンのいのちもまた、
短いのです。

と云うわけで、1日1菓子パンを常としている独身にとって、
いちどにまとめ買い出来るとすれば、せいぜい、
3個が限界と云えます。

♪菓~子パン、購入っ、
 菓~子パン、購入っ、
 3個が限界だ~~ぁっ♪

これには、流石のエキセントリック少年も、
謎の小袋80ぷくろ、ではなく、
3袋が限界なのでしょう(?)。

さて、早々と1つ目の菓子パン、
“黒豆ココア、、”を決め、
残りの菓子パンを選び出すわけですが、
数多陳列されているのナイス菓子パンと、
この日限りの3割引、と云う2つが、
独身の選択を迷わせてやみません、、。

限定3割引きならば、
ふだんはちょっとお高めの菓子パンを買っておきたい気持ちは山々です。

しかし、安めの菓子パンでも、
この日に新しく仕入れられたナイス菓子パンを見ると、
新し好きの独身としては、こちらの菓子パンも捨て難いってもんです。

高額菓子パンを取るか、
新作菓子パンを取るか、、。

これは、
「あたしが大事なのっ?それとも仕事っ!?」
と、追い詰められる男性の心理と酷似しています(!?)。

この両者が、比較出来る問題ではないように、
高額菓子パンも、新作菓子パンも、
比較し難い問題なのです(?)。

どちらか1つを選べだなんて、
なんとも無粋です。

“2兎得るものは、、”とは云いますが、
2兎得たいのが、人の性ってもんです。

このように、結論がなかなか出せないときは、
いちど、あたまの中をリセットすることで、
問題解決が成されることもあるのです。

と云うことで、ここは一旦、
菓子パンコーナーを離れ、ぐるっと、周回し、
ふたたび、菓子パンコーナーへと舞い戻った独身でしたが、
そうかんたんには、結論を出せないのが、優柔不断の独身なわけで、、。

結局、周回を3、4度繰り返し、
独身が出した答えは、3割引を重要視すること、
です。

つまりは、ふだんは購入出来ない高額菓子パンに決めたわけです。

と云うわけで、この日、
独身は、毎週3割引を行なっていた元Aに通わなくなって以来、
久々に3割引で菓子パンを購入したわけです。

こんなにも、3割引が有り難いものだと、
改めて実感しています。

元Aで毎週菓子パンを購入していたことで、
すっかり、そのことに慣れてしまっていました。

人は、ものごとに慣れてしまうと、
感謝のきもちを忘れてしまいがちの生き物のようです。

3割引でお安く菓子パンを購入出来たこと、
そして、ナイス菓子パンを作り出してくれる職人さんたちに感謝し、
これからは有り難~く、1つ1つの菓子パンを味わいたいと思います。

ヤマサキ--ランチパック 黒豆ココア入りクリーム。


黒豆ココア入りクリームを
 やわらかなパンでサンドしました
。”

と云うわけで、
ランチパックの“黒豆ココア入りクリーム”です。

ランチパックと云えば、過去、
バニラヨーグルト”、
ピーナッツ”、
ブルーベリー&チーズクリーム”、
女峰苺ジャム&マーガリン”、
ハム&チーズ”、
いちご&ホイップ”、
チョコレートクリーム”、
キナコモチ”、
キャラメルクリーム&ホイップ”、
ホワイトムースチョコ”、
ムースチョコクリーム”、
モカホイップ&カラメルラテ”、
小倉&マーガリン”、
レアチーズ風味クリーム&ホイップ”、
アップルフロマージュ”、
コーヒークリーム
チョコクリーム GABA入り”を頂きました。

今回の“黒豆ココア、、”なんですが、
やはり、黒豆ココアと云うと、氷川きよしさんを思い出します。

別段、氷川きよしさんが好きなわけではありませんが、
黒豆ココアは以前、頻繁に飲んでいました。

しかし、この黒豆ココアは、よ~く混ぜ混ぜしないと、
カップの底に、黒豆の粉粉が残ってしまうのが難点です。

こういう場合、もったいないので、
飲み終わったあと、底に沈殿した粉まで飲み干すわけですが、
お口の中は粉だらけのじゃりじゃりになり、喉までざらざらする始末です。

かと云って、混ぜ混ぜして飲んだら飲んだで、
喉に、黒豆のざらざらが残るわけで、、。

さらには、舌べろにも、ざらざらが残るわけで、、。

この“黒豆ココアクリーム”を見て、
氷川さんと、ざらざらを思い出さずには、いられないってもんです。

♪ざらら~、ざらら~、ざらら~ぁ♪

黒糖はさとうきびですが、
このクリームは、黒豆使用です。

さて、いつも独身を満足させてくれるランチの生地ですが、
この“黒豆、、”も、相変わらずですっ。

むっちりとしていて、
マジでもっちり5秒前、ですっ!

さらには、しっとりを超越し、
じっとりとしていますっ。

お口の中でもぐもぐしていると、
生地から水分が出てくるのでは、
と云うくらい、じっとりとしています。

生地なのに、
とってもジューシー感のようなものがありますっ。

♪生地なの~に~ぃ、ジ~ュ~シ~、ィです~か~♪

春はお別れの季節ですが、
このランチとは、お別れしたくはないものです。

さらには生地は、ふんわり感もあり、
ぎっしり、ずっしりの濃密でもあります。

これは、ナイス生地が必要とする、
全ての必須要素を兼ね備えている生地と云えますっ!

これこそ、良生地兼備ですっ(?)。

この質なら、
130円の高額でも文句は云えないってもんですっ。

でも、なるべくなら3割引で買いたいのが、
本心でもあります、、。

ヤマサキ--ランチパック 黒豆ココア入りクリーム。


中のクリームは、と~ってもとろとろで、
ゆるゆるですっ。

だからと云って、気までゆるめると、
クリームがどぷっと、垂れてしまうので、要注意です。

そんなとろとろクリームですが、
見た感じでは、ゆるゆるなのに、
実際にぺろっとしてみると、
まったりで、とっぷりとしています。

でも、とろとろでもあります。

原子はとろとろなのに、分子はとっぷり、
そんな感じのクリームです(?)。

つまりは、
天才”なのに“バカ”ボンみたいなものです(?)。

独身の、いつもの意味不明な比喩も、
それでいいのだ~。

この、とろとろ、とっぷりクリームですが、
お口にしたときは、さほど、まったりとしていないのですが、
ごっくんしたあと、しばらくすると、
胸のあたりの食道が、ぐぐっと詰まることに気が付きます。

これこそ、真綿で首を絞める、ではなく、
とろとろで胸をしめるってもんです(?)。

つまりは、ふかわりょうさんのような芸人さんは、
その場ではウケないものの、あとからじわじわと、
なんとなく笑い(軽い失笑)が込み上げて来る、
そんな感じのクリームっぷりです(?)。

ヤマサキ--ランチパック 黒豆ココア入りクリーム。


クリームのお味ですが、
甘~いココア、、と云うか、
ミルクチョコレートみたいです。

ココアもチョコも、カカオから出来ているので、
云ってみれば、双子芸人のザ・たっちみたいなものです(?)。

つまりは、カカオから幽体離脱~ぅっ!して、
ココアとチョコになったと云うわけです。
(いや、違う。)

しかし、このお味は、ココアよりかは、
チョコに近い感じがします。

この“黒豆ココア入り、、”を、
黒豆ココアと知らずに頂いた人は、おそらく、
「これってチョコレートクリームだよね。」
と、9割近い確信を持って、そう答えることでしょう。

しかし、いくら遺伝的には同じと云っても、
ザ・たっちも、おすぎとピー子さんも、
そろぞれ別の生き物です。

よって、ココアとチョコも、
似通っていても、別個の存在なのです。

その辺のところを一緒にしてもらうと、
流石のおすぎさんもピー子さんも、
「あんな人と一緒にしないでよっ!!」
と、怒りふんとうなさることでしょう(?)。

さて、おすピーさんに怒られたところで、
よ~くクリームを見ると、黒豆らしき、
黒いぷつぷつがあるのですが、まったくもって、
黒豆の存在感は、皆無です。

氷川きよしさんの黒豆ココアの場合、
ざらざら感で黒豆の存在感がありますが、
このクリームの場合、ざらざらもなければ、
風味もありません。

しかし、お味は旨いです。

黒豆ココアと云う素材に惹かれて購入したので、
期待外れと云えば、期待外れな感も否めませんが、
ミルクチョコクリームとして頂けば、かなり納得です。

カーキ色のジャケットを買ったつもりが、
店内の電飾によってカーキに見えただけで、
実際、外で着てみたら、実は茶色だった、
そんな感じでしょうか(実話)。

つまりは、本来の目的とは多少、異なるものの、
ジャケットと云う面ではカーキも茶色も同じ役割を果たしているわけで、
よって、この“黒豆ココア、、”も、ココアっぽくはないものの、
ナイス菓子パンとして、この独身を満足させてくれることには、
かわりないのです。

期待外れ感を超越するくらい、
納得出来る旨さがあるのが、この“黒豆ココア、、”です。

つまりは、ザ・たっちであろうと、
おすピーさんであろうと、
別段、問題がないと云うことです(?)。

外見や、名前や肩書きがどうであろうと、
肝心なのは、中身です。

人も菓子パンも、
常にそうありたいと思う、今日この頃です。


購入価格:95円。

栄養成分表示(1個当り):
エネルギー:148kcal
たんぱく質:3.4g
脂質:5.5g
炭水化物:21.4g
ナトリウム:140mg


【オススメ度】★★★★☆(4.5)
スポンサーサイト





タグ:

HOME

トラックバックURL


トラックバック

フジパン--ふんわり黒バナナ蒸し。  | home |  Pasco--誠チョコレートパン。