FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2007年01月06日[Sat]

ファミリーマート--しっとりロールケーキ(メープル)~こだわりパン工房・山崎製)。

ファミリーマート--しっとりロールケーキ(メープル)~こだわりパン工房・山崎製)。


ファミマ、今週の新作っ!
NHKも、思わす困惑、、?

お菓子・デザートランキング。
新サイトで続きを読む。
(ぬっ、ぬをっ、、!?“145円”っ!!?)

この独身、いささかうっかりなところがあると思っていましたが、
この日ばかりは、流石の伊佐坂先生も、いささかとは云い難いってもんです、、。

世間ではお正月休みがおわり、仕事はじめを迎えるならば、
この独身に至っては、菓子パンはじめを迎えるってもんです。

年末と3が日のあいだ外出していた独身ですが、
ようやっと帰宅したと云うことで、この日から、
今年の菓子パン生活をはじめたわけです。

初菓子パンと云うことで、ここは景気よく(?)、
いつにも増して、最高の菓子パンを買ってやろうじゃね~かっ!
と、江戸っ子風情でいつもの愛チャリにまたぎ、
独身が向かった先は、“あっなたとっコンビニッファッミリ~マ~トッ!”です。

なぜ、独身がファミマを選択したかと云うと、
それは、“ハイジフェア”を行なっているからであります。

この独身、のっぽパン好きだけではなく、
ハイジ好きも自称しておりまして、
欧州在住時には、スイスまで独り旅をしたくらいです。

スイスまでハイジに逢いに行くならば、
近場のファミマへ行かずして、ハイジ好きである資格などないってもんです。

と云うわけで、寒空の中、
くっきりはっきり映える富士山をながめつつ、
今年もたくさんのナイス菓子パンと出逢えますように、
と軽く拝み、ファミマに到着です。

凍える両手を、ハエのごとく、すりすりしながら入店し、
ハイジフェアの商品の捜索に入るわけですが、
残念ながら、この日は全商品がそろってなく、
独身が欲してたものも、未発売と云うことが後に判明したのです、、。

これには、流石の仮屋崎さんだって、
こんなうっかりっぷりは発揮しませんよっ(?)。

ここは気持ちを入れ替えて、
本命の菓子パンのチェックに入ろうではないか、
と云うことで、菓子パンコーナーへと向かうわけですが、
そこで独身めがねがフォーカスしたのが、
この“しっとりロールケーキ(メープル)”です。

実はこの独身、あまりロールケーキは好きではないのですが、
大好きなメープルと来れば、はなしも胃も“ベルバラ”ではなく、
別腹ってもんですっ。

と云うわけで、なんら迷うことなく、
この“しっとりロールケーキ(メープル)”に決定ですっ。

菓子パンはじめから、
こんなにスムーズに菓子パンの購入を即決出来ただなんて、
これはなかなか幸先がいいってもんですっ。

しかしっ、、!

このときの独身は、ナイス菓子パンとの出逢いを早々に済ませたことで、
ある大事なことを怠っていることに、気付かずにいたのです、、。

“しっとりロールケーキ(メープル)”を手に取り、
早速レジへと清算に行く独身。

それをレジの店員さんは受け取り、
Rain、ではなく、ピッと、バーコードを読み取ります。
(*Rainは韓国の歌手で、韓国名は“ピ”です、、。)

そして、店員さんは独身にこう、告げます。

145円になります。」

(ぬっ、ぬをっ、、!?“145円”っ!!?)

お財布から、小銭を用意していた独身の指先は思わずその動きを止め、
視線はレジスターへと向けられます、、。

そこには、紛れもなく“145円”と表示されています、、。

いくら、独身めがねが、いささか指紋で汚れていようとも、
145円と云う数字には、かわりありません、、。

この独身、菓子パンを購入する際に、
かならずと云っていいほど行なっていた、
お値段チェックを忘れていたのです、、。

これは、ピーコさんがうっかりファションチェックを忘れ、
フジテレビアナウンサーの境鶴丸さんに見とれていたようなものですよっ(?)。

これが、菓子パンの平均的なお値段の100円前後なら、
別段、驚きはしません。

しかし、145円と云う高額には、
流石のヒルマン監督だって、
信じられな~ぁいっ!」
と、驚愕するしかないでしょう(?)。

独身が菓子パン生活をはじめ、早1年半が経過しますが、
ここまで高額な菓子パンははじめてかもしれません、、。

昨年末、浅田真央選手が世界最高得点を記録したならば、
この独身は、菓子パン生活最高金額を記録したってもんです、、。

もし、レジへ持っていく前に、お値段をしかとチェックしていたとしても、
おそらく、この“しっとりロールケーキ(メープル)”の購入を決めていたでしょう。

しかし、事前に覚悟を決めるのと、そうでないのでは、
145円と云う高額を許容する仕方も異なるってもんです、、。

これは、3・2・1・バンジーッ!と掛け声なしに、
いきなり背中をポンッ!と押され、落下するようなものです(?)。

もしくは、事前連絡なしに、
某女優さんに過去の付き合いの一切を暴露されるようなものです(??)。

なにも知らなかった側にとっては、
“案外、○○だった”などと書かれ、
(ええっ、そっそこまで書くのかっ、、!)
と、驚愕どころの騒ぎではないでしょう。

この“しっとり、、”だって、レジで145円と告げられ、
(ええっ、そっそこまでお値段するのかっ、、!)
と、こちらも驚愕どころの騒ぎではないってもんです、、。

しかし、明石屋さんまさんが、
あれこれと暴露されたにも関わらず、
それを自虐ネタにしてしまうなら、
この独身もさんまさんを見習い、ネタにしようではありませんか。

やはり、“菓子パンは笑い”をモットーとするならば、
学ぶべきは、笑いの重鎮にありってもんですっ。

と云うわけで早速、
今年はじめの菓子パンで笑ってみようと思います。
(菓子パンと云うか、正式には洋生菓子ですが、、。)

ファミリーマート--しっとりロールケーキ(メープル)~こだわりパン工房・山崎製)。


メープル風味のしっとりした生地で、
 口溶けの良いメープルホイップクリームと
 メープルジャムを巻き込みました
。”

と云うわけで、今週のファミマの新作、
“しっとりロールケーキ(メープル)
”です。

すでに上記しましたが、
この“しっとり、、”は145円の高額です。

なぜ、ここまでお高いのか、考えてみました。

別段、生地が大きいわけでもないし、
ものすご~く、凝った作りでもありません。

では、なぜここまで高額なのか、
それは、プラスチックのトレーに一因があると思われます。

袋を開けるまで気付かなかったのですが、
この“しっとり、、”は、生地を保護するため、
シルクハットを逆さにしたような、
円形に凹んだトレーに入れられています。

そして、中央のクリームが袋の内側にぺっとりと付かないよう、
ちいさな透明のシートが付けられています。

このトレーとシートによって、外からの衝撃と、
袋へのクリーム付着から完全に保護されていると云うわけです。

首相並みのSP付きと云うわけです(?)。

Gacktさんで云うならば、
巨体の外国人SPを付けるようなものです(??)。

Gacktさんの場合、なぜそこまでSPに護衛してもらうのか、
理解し難いものがありますが、この“しっとり、、”の場合、
ケーキと云うやわらかい存在ゆえ、このようなトレーが必要なのでしょう。

このトレーとシートと云うSPが、
145円のうちの幾らかを占めているわけです。

まあ、云ってもそんなに費用がかかっているわけではないと思うので、
トレーとシートは独禁法に触れてはいないことが予想されます(?)。

このお値段は、材料にかけられていることを期待しつつ、
早速、生地を頂きたいと思います。

まず、袋を開けて、香ってくる匂いを確認します。

メープルと云うと、とろ~んとした濃厚な香りがぷんぷんしてくるものですが、
この生地に至っては、メープルのメの字も感じられません。

残念ながら、“め組の人”ではないようです(?)。

これには、流石のさとう珠緒さんだって、
新年早々から、
「も~~ぉっ!ぷんぷんっ!!」
と、怒り噴騰ってもんです(?)。

これはメープルではなく、コーヒーと云うか、
モカロールケーキのような香りがします。

しかし、実際に頂いてみなければ、
本質はわからないってもんです。

生地の食感ですが、と~っても木目が細やかで、
なめらか、繊細ですっ。

生地の1つ1つの細胞が細やかで、
粒子がさらさら、と云った感じです。

ふんわり、ほわほわとしていて、
口あたりはかなり軽やかです。

しかし、“しっとりロールケーキ”と名乗るほど、
しっとりは感じられません

かと云って、ぱっさりしているわけでもないのですが、
しっとりは、いささか誇張しているのではないでしょうか。

これは、“忍者ハットリくん”が、
ハットリくんと名乗っておきながら、
実はまったく異なる名前だった、
そんな感じのしっとりっぷりです(?)。

♪ねだ~ん(値段)こ~え(越え)~、驚~愕で~ぇ、
 独身、“しっとり”買ってきた~ぁ、
 独身さんが~ぁ、買ってきた~~ぁっ♪

これには、流石のハットリくんだって、
山を越え、谷を越え、ファミマへやって来る気も失せるってもんです(?)。

この生地は、しっとりと云うよりかは、
ふんわりのほうが適切と思われます。

なので、しっとりでないからと云って、
この生地自体が否定されるような食感ではありません。

流石高額だけはある、と思わせるような、
ふんわり、繊細な生地です。

生地のお味は、ほんわりとした苦味のような風味がします。

これが“メープル”と云われれば、
そんな感じもしないでもないのですが、
“モカ風味”と云われれば、これまた疑う余地もありません。

昨年の紅白で、DJ OZMAさんの女性バックダンサーを観て、
(これは、、、“書いた”んだよなぁ、きっと、、。
 でも、ほんものと云われれば、そんな感じする、、。)
と、無言で画面を凝視しながら、自問自答してしまった、
そんな感じのお味です(?)。

DJ OZMAさんの場合、NHKに苦情が相次いだようですが、
この生地のお味の場合、はっきりとした“メープル”とは云えませんが、
別段、お味に問題があるわけでは、ありません。

そして、このお味の感想は独身の独断と偏見によるものなので、
(メープルのお味がするよっ!)
と思われても、苦情のコメントは受け付けませんので、
よろしくお願い申しアゲ♂アゲ(!)ます。

はじめは、軽やかな苦味がふわっとお口で広がるのですが、
あとから、まろやかな甘味が遅れてやって来ます。

とってもやさしい甘味と云うか、
丸みがある甘味です。

お味も食感同様、“メープル”と名乗るほどのものではありませんが、
やはり、高額であることが実感出来る、上品な風味です。

ファミリーマート--しっとりロールケーキ(メープル)~こだわりパン工房・山崎製)。


生地には、メープル風味のホイップと、
メープルジャム
が巻き込まれています。

“巻き込まれている”と云うと、
なにか、東海林のり子さんが登場しそうな感じがします。

「今日、メープルホイップとジャムが、
 生地によって巻き込まれると云う事件が発生しました。」

その、巻き込まれたホイップとジャムですが、
関係で云ったら、圧倒的にホイップの勝ちです。

ジャムは、ホイップに遠慮しているかのごとく、
数か所に点在しているだけです。

どうやら、ほんとうに巻き込まれたのは、
ホイップによって巻き込まれたジャムのようです(?)。

ホイップですが、かなり硬めで9分立て以上
と云った感じです。

ほわほわの空気感はなく、
濃密で、どっぷ~んとした、重みのあるクリームです。

口当りはつるつるとしていて、
ぬるぬる、ではないのですが、お口にしたとき、
ぺっと~んと、上顎にひっつきます。

このぺっと~んは、いちど舌べろで拭ったくらいで、
解消されるぺっと~んでは、ありません。

いわゆる、“地獄の一歩手前までついて行く”的な、
ぺっと~んっぷりです。

いくら、美川憲一さんが、
♪いいえ、わったしは、さそり座のおんな~ぁ♪
と、云ったところで、“さそりの星は一途な星よ~”、
のごとく、“いのち、いのち、いのち掛け”で上顎に引っ付きます(?)。

それが、美川さんの“さそり座のおんな”であり(??)、
その、いのち掛けのホイップを喰らってしまうのが、
“さそり座のおんな”の、この独身なのであります。

従って、あなたが“遊びのつもり”でこのホイップを喰らうと、
“地獄の果てまでついて行く”ことは、否定し難い事実です(???)。

もし、“地獄の果て”を喰らってしまった場合、
“お気の済むまで、笑うがいいわ~”のとおり、
軽く己を笑ってみてください。

これが、“笑ってゆるして”です。
(あ、それはアッコさんか、、。)

ホイップのお味ですが、メープルよりも、
ミルクのほうが圧倒的に強いです。

遠くから、石焼きイモのおっちゃんの掛け声が聞こえてくるかのごとく、
遠くのほうで、メープルが風味を放っている、そんな弱々しさを感じさせられます。

もしくは、演歌歌手のかたが、歌の終了後、
マイクを通さずに、おじぎをしながら、
「ありがとうございました。」
と、観客にお礼を云う、そんな感じのメープルです。

つまり、お礼を云っているのは云っているのだけれど、
実際には聞こえないように、このメープルも、
かすかにメープルが香っているのだけれど、
実際にはミルクに負け、さほどお味がしない、
そんな演歌を感じされられるメープルです。

♪あ~の~ぉ、消~えそ~ぉでぇ、
 か~すかな~ぁ、メ~プル風味の~~ぉ♪

これには、流石の玉置浩二さんだって、某女優に過去を暴露されて、
思わずお顔が“ワインレッド”に染まるってもんです(?)。

ホイップは、ミルク風味が濃厚ならば、
甘味も強めです。

ぬる~んとした甘さで、ずっしりとした重みがあります。

口当たりもお味も、まったくと云っていいほど、
袋の説明にある“口溶けの良い、、”とは、云い難いです。

溶けるどころか、しばらくのあいだ上顎にひっつくし、
甘味だって、メープルを押しのけて、終始、お口の中を占領します。

これは、バラエティ番組で、“クドい”でおなじみ、
ルー大柴さんのクドさっぷりを、終始、
見せ付けられているようなものです(?)。

いくら、ルーさんが、
「ミーとトゥギャザーしなぁい?」
と、云ったところで、ルーさんとこのホイップとは、
トゥギャザーしたくはないってもんです。

ファミリーマート--しっとりロールケーキ(メープル)~こだわりパン工房・山崎製)。


一方のメープルジャムですが、
あまりにも少量なため、しかとジャムを確認することが出来ません、、。

もっと、生地の端から端まで、“金太郎アメ”のごとく、
ジャムが入れられているかと思いきや、
ほんとうに、点々と、ぶつぶつと入れられているだけ、です、、。

それでもなんとか、メープルジャムのみを頂いてみるわけですが、
ジャム、と云うか、水分がなくなって、グミ化する1歩手前のジャム
と云った感じです。

ジャムと云うほど、とろとろ感もみずみずしさもありません。

硬めのホイップによって、
水分が浸透力で吸収されてしまったのでしょうか。(?)

しかし、このメープルジャムは、
全体的に存在感は皆無です。

ウォーリーをさがせ!”のごとく、
このジャムのお味をお口の中で見つけ出すのは、
困難です。

よって、ジャムがグミと化していることは、
気にするような問題ではありません。

ただ、“ウォーリー”なだけなジャムです。

全体的に、メープルを感じる前に、
ホイップのミルクと甘味が押せ押せ状態なので、
このロールケーキがメープルであることは、
ほとんど感じられません。

生地の風味自体も、メープルなのかモカなのか、はっきりしないし、
ホイップも、メープル風味はミルクに完敗しているし、
ジャムに至っては、“ウォーリー”です。

頂いたあと、
(これって、メープルだよね、、。
 でも、メープルじゃないと云われば、そんな気もする、、。)
と、DJ OZMAさんの時と同様、自問自答したくなるお味です。

生地自他は、お味、質共にいいのですが、
いかんせん、ホイップが強烈過ぎます、、。

ボディスーツの女性バックダンサーのごとく、
印象が強烈です。

これでは、145円と云う高額のお値段設定は、
許容し難いってもんです。

NHKにしてみても、
DJ OZMAさんのパフォーマンスは許容し難い問題でしょう。

おそらく、十数年前の紅白で、
とんねるずがしばらく出入り禁止になってように、
DJ OZMAさんも、しばらくNHKに出演出来ないことが予想されます。

よって、この“しっとりロールケーキ(メープル)”が、
しばらくどころか、今後、独身のお口に入ることはないでしょう。


販売価格:145円。

栄養成分表示(1個当り):
エネルギー:347kcаl
たんぱく質:4.5g
脂質:17.6g
炭水化物:42.6g
ナトリウム:230mg

独身評価:★★☆☆☆
スポンサーサイト





タグ:

HOME

トラックバックURL


トラックバック

三島大社へ行ってきました。  | home |  のっぽパン--りんご(1月発売・期間限定)。