FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2007年01月11日[Thu]

ヤマザキ--ランチパック ミルククリーム。

ヤマザキ--ランチパック ミルククリーム。


ランチパックの新作っ!
独身、ミラクルおこす、、?

お菓子・デザートランキング。
新サイトで続きを読む。
(うおっ、、!こっ、これはミラクルだっ、、!!)

正月早々、松坂選手が挙式を行なった三島大社で、
独身がひいたおみくじは、なんとも微妙な“小吉”でした。

と云うことは、たいした幸運はないけれど、
たまにはいいことあるんじゃない、
そんな1年が、独身の2007年と云うわけです、、。

まあ、占いも数子ちゃんの占いも、たいして信じていないので、
たとえ小吉と云う微妙なおみくじを引き当てたとしても、
さほど気に病むことでは、ありません。

毎年、西宮神社で行なわれる“福男”だって、
たいしていいことはなかったと云っているくらいですから、この独身に至っても、
このおみくじで1年が大きく左右されることはないってもんです。

ぺぺっと軽く、おみくじを結び付ける場所に巻きつけておわりです。

しかし、“小吉”をひいてから10日後のこの日、
この独身に“大吉”とも云えるミラクルがやって来たのですっ、、。

昨日、ローソンの“ふんわりもち入り 苺&ホイップ”と云うナイス菓子パンを頂き、
久々の狂喜乱舞にわいた1日だったことは、記憶に新しいことです。

この“ふんわり、、”との出逢いは、まさに、
幸運とも云うべき出逢いと云えます。

それからまだ1日しか経過していないと云うのに、
この独身に、ふたたび幸運、いや、ミラクルがおきたのですっ、、。

この日の独身は、いつものように、
どこでこの日の菓子パンを購入するか、
朝からお店選びにあたまを悩ませています。

昨日、“ふんわりもち入りパン、、”を購入する際、
ほかの菓子パンも購入することを検討したのですが、
結局、“ふんわり、、”ひとつのみで、
その日の菓子パンハンティングは終了したわけです。

それならば、今度こそ、その菓子パンを求め、
ふたたびローソンへ行けばいいのですが、
連日、同じコンビニやメーカーの菓子パンを頂くとなると、
ネタ的にかぶってしまう恐れがあるので、
“菓子パンは笑い”をモットーとしている独身にとっては、
これはなるべくなら避けたいことなのであります。

と云うわけで、玄関を開ける直前まで、
連日ローソンへ行くか、それとも、別のお店に行くか、
さんざ悩んだのですが、結局、独身の愛チャリは、
ローソンとは別の方向へハンドルを切ったわけです。

(今日は、ショッピングセンターにでも行くか~。)
と、目的先をショッピングセンターに定め、
寒空に軽く凍えながら、いつものように愛チャリを漕ぐ独身ですが、
その途中にあるサークルKサンクスが視界に入ってくると、
(あっ、サークルKに寄ってみようっ。)
と、突然の目的地変更を決定したのです。

別段、サークルKサンクスに買いたい菓子パンがあるわけではないのですが、
サークルKに寄ってみて、ナイス菓子パンがなければ、
そのままショッピングセンターへ行こうと云う考えです。

しかし、この気まぐれとも云える突然の行動が、
これから訪れるミラクルに繋がるとは、
このときの独身は、思いもしなかったのですっ、、。

サークルKに入店し、そのまま菓子パンコーナーへと直行すると、
食事時前と云うこともあり、棚には虫食いのごとく、
空きスペースが点々としています。

その中で、今週の新作の苺の蒸しパンがひとつだけ残っていたのですが、
昨日の“ふんわり、、”のときほど、独身の視床下部は反応しません。

と、ふと、視線をななめ下のほうに向けると、
そこには、“ランチパック ミルククリーム”に独身めがねはフォーカスです。

そして、棚に貼られていたプレートには、
新商品 137円”と書かれていることに気付きます。

(こっ、これはっ、、!!!)

その瞬間、独身はかがめていたからだを起こし、
競歩にも似た速度で、猪突猛進よろしく、出口を目指しています。

そして、愛チャリにふたたびまたがり、
ハンドルをショッピングセンター、ではなく、
まったく逆の方向へ向けています。

スーパーMへ行かなければっ、、!!)

独身のあたまには、Mのことしかありません。

なにかにとり憑かれたかのごとく、
一心不乱に、Mへと愛チャリを漕いでいます。

なぜ、独身は唐突にスーパーMへ行くことにしたのか。

♪ちょ~ど1週間前に~(たぶん、、)、 ス~パ~M行った昼~、
 ランチパックの“ミルク”、独身出逢ってたのさ~、
 なんでもないよ~な出逢い、幸運だったと思う~っ、
 なんでもないスル~で~もっ、ミラクル繋がるスル~~ッ♪

1週間ほど前、スーパーMに菓子パンを買いに来たとき、
実は、このランチパックの“ミルククリーム”と出逢っていたのです。

しかし、このときの独身は、大好きなランチにも関わらず、
スルーしていたのです。

と云うのも、ランチパックと云うのは、
数多、種類が存在しているので、一体どれが新作なのか、
見極めることは困難です。

(あっ!これ、見たことないランチだ~ぁっ。)
と思っても、ずいぶん前から販売されていることが判明した、
と云うことは過去、多々あることです。

そのため、“ミルククリーム”を発見したときも、
新作菓子パンを優先したい独身は、
新作かどうかわからない“ミルククリーム”を、
あとまわしすることにしたのです。

しかしっ、、!

実はこれも、この日におこるミラクルに繋がっていたとは、
もちろん、独身の知る由では、ありません。

そんなこんなで、サークルKサンクスで、“ミルククリーム”を発見し、
“新商品 137円”と見た瞬間、独身はスーパーMで、
同じ“ミルククリーム”が売られていたことを思い出したのです。

それで、唐突にMへと方向転換をしたと云うわけです。

Mに到着し、さっそく“ミルククリーム”を求め、
一目散に菓子パンコーナーへと向かうわけですが、
その前に、独身の視界に入って来たのは、
菓子パンコーナーの前に置かれた、特売のワゴンです。

そこには、独身が愛するのっぽパンと共に、
ランチパックも数種類、置かれています。

ランチパックが特売されているときは、
たいてい、“ピーナッツ”などの定番であることがほとんどです。

なので、ランチパックが特売ワゴンに並べられていても、
(どうせ、“ミルククリーム”はないでしょっ。)
と、そのままワゴンを通り過ぎようとしたところ、、。

独身めがねは、レンズの端っこで、
水色ラインのランチパック”を、しかと、とらえていたのですっ、、!

(、、あっ、“ミルククリーム”だ。)

このときの独身は、まだ冷静です。

ただ、ふたたび“ミルククリーム”と、
無事に出逢えたことに安堵しています。

そして、そのまま視線をお値段が書かれた黄色い張り紙に向けると、、、。

ランチパック 各88円。”

(、、、、。)
(、、、、、、、、、。)

(ミッ、、、、ミラクルだぁっ!!)

過去、何度かランチパックの安売りに遭遇したことはありましたが、
せいぜい、110円とか、120円くらいがいいところです。

たしか、前回、独身がMでこの“ミルククリーム”を見たときは、
120円ほどでした。

そっ、それが、この日の特売では、
100円すら切って、88円の超安値と来ましたっ、、。

人は、興奮を超越すると、
わりと冷静でいられるものかもしれません。

昨日のローソンの“ふんわりもち入りパン、、”を、
ローソンの新着情報で見たときは、
名前からしてナイス菓子パンな“ふんわり、、”に、
独身の視床下部は、狂喜乱舞しました。

しかし、このときの独身は、
あまりのミラクルに、いささか茫然としていたのです、、。

1週間前のスーパーMでスルーして、
この日、ローソンでほかの菓子パンを購入することをやめ、
ショッピングセンターに行くはずが、その途中のサークルKに寄り、
“ミルククリーム”が新商品であることを知り、
そして、ふたたびのMで、88円の特売の“ミルククリーム”と再会したのですっ、、。

いくつもの偶然が重なり、この日のミラクルに繋がった、
と云うわけです。

実は、Mに着く直前、
(明日はFの菓子パン2割引だから、
 もしかしたら、“ミルククリーム”があるかもしれない、、。)
と、一瞬、Fで購入したほうがお徳かもしれない、
と云う考えが脳裏をよぎったのです。

しかし、独身はFではなく、Mを選んだのです。

云わばこれも、偶然のひとつなのかも、
しれませんっ、、。

こんなミラクル、流石のミラクル真央ちゃんだって、
そうそう、おこすことは出来ません(?)。

いや、真央ちゃんの場合、ミラクルと云うより、
本人の努力によるものです。

しかし、独身の場合、真央ちゃんのような努力など、
一切していない、怠慢至極の独身です。

ただ、情熱的に菓子パンを喰らっているだけの独身おんなです。

そんな独身がおこしたこのミラクルは、
本当のミラクルと云えるのかも、しれません。

まさに、長嶋さんの云うところの、
メイク・ミラクル”ってやつですっ(?)。

こんなミラクルが、新年早々、おきてしまっていいのでしょうか、、。

もしかして、独身がひいたおみくじの“小吉”の、
“たまにはいいことあるかもね”の“たまに”が、
この日、訪れたと云うのでしょうか。

だとしたら、この先、
独身には“いいこと”はほとんどないのかも、しれません、、。

とくにいいことはなかった、とほとんどが云っている“福男”も、
同様に、この日に今年すべての運を使い果たしてしまったのかも、
しれません、、。

♪ど~くしん(独身)、しあ~わせっ、あれ~~~っ♪

とりあえず、この日おきたミラクルに“乾杯”でもして、
今後の幸運でも祈りたいと思います、、。

ヤマザキ--ランチパック ミルククリーム。


北海道十勝産牛乳入りのミルククリームをサンドしました。”

と云うわけで、ランチパックの新作、
“ミルククリーム”です。

バニラヨーグルト”、
ピーナッツ”、
ブルーベリー&チーズクリーム”、
女峰苺ジャム&マーガリン”、
ハム&チーズ”、
いちご&ホイップ”、
チョコレートクリーム”、
キナコモチ”、
キャラメルクリーム&ホイップ”、
ホワイトムースチョコ”、
ムースチョコクリーム”、
モカホイップ&カラメルラテ”、
小倉&マーガリン”、
レアチーズ風味クリーム&ホイップ”、
アップルフロマージュ”、
コーヒークリーム”、
チョコクリーム GABA入り”、
ヤマサキ--ランチパック 黒豆ココア入りクリーム”を頂きました。

“ミルククリーム”と云うと、ほかの菓子パンにもよくある、
云わば、定番中の定番です。

独身が愛する“のっぽパン”で云ったら、
レギュラーの“牛乳”です。

それが、ランチパックと云う、
長年販売されている菓子パンにも関わらず、
この次期に新商品として発売されるとは、
とっても意外な感じがします。

いちばんはじめに、スーパーMでこの“ミルククリーム”に出逢ったとき、
ランチパックなんだから、“ミルククリーム”は以前からあったんだろう、
くらいに思っていたことは、否めません。

それが、はじめのときにそのままスルーしたゆえんのひとつでもあります。

♪はじめて~の~、スル~ゥ、“ミルク”スル~~ゥ♪

これには、流石の“コロ助”だって、
コロッケを食べている場合ではないってもんです(?)。

せめて、メンチカツくらいにしておいて頂きたいです(??)。

さて、ミラクルな出逢いを噛みしめるかのごとく、
しかと、この“ミルククリーム”を味わいたいと思います。

まずは生地からですが、生地の端っこをちぎってみると、
なにやら、いつものランチパックの生地とは、異なる感触が指に伝わってきます。

いつもなら、ふわふわ感、むちむち感、じっとり感が伝わってくるのですが、
今回の“ミルククリーム”の生地は、いささか、ぱっさりとしているようです。

これは、ランチパックにしては、めずらしいことです。

実際に頂いてみても、
ぱっさりとしていることは、否めません。

生地をお口にした瞬間、むっちり、じっとり感を楽しめるはずが、
この生地は、ぱっさり感が先行し、しばしもぐもぐすることで、
ようやっと、むっちり感がやって来ます。

ぱっさりがあるためか、はじめ、いつもにはない、
生地が微妙に硬いことによる、噛み応えを感じます。

これは、たまたま独身が選んだものが、
コンディションが悪いだけなのでしょうか。

だとすれば、ミラクルの直後だけに、
さっそく、“楽は苦の種”の種が芽吹いてしまったのでしょうか、、。

これが、黄門さまの云うところの(?)、
♪じ~~んせいっ(人生)、楽ありゃ、苦~~っもあっるっさ~~ぁっ♪
ってやつでしょうか、、。

しかし、“弘法も筆のあやまり”と云います。

いつも上質なランチパックの生地だって、
たまには、ぱっさり生地なこともあるってもんです。

それが、“小吉”の“たまにはいいことあるかもね”、
の、“たまに”なのです(?)。

生地のお味は、こちらは相変わらず、と~ってもシンプルです。

ほかの余分な同じは一切なく、
小麦の旨み、生地のいい風味が広がります。

これが、中のクリームを引き立てているわけです。

クリームを邪魔することなく、ただ、
クリームのために、素朴な生地であり続けているのです。

これが、生地による“内助の功”ってやつです。

ランチパックの生地の、食パンの極みとも云える、
上質さに、毎度、感心させられます。
(今回は、“猿も木から、、”ですが、、。)

ヤマザキ--ランチパック ミルククリーム。


中のクリームですが、とろとろ、やわらかで、
ゆるめな硬さです。

しかし、実際にぺろっとしてみると、とろとろが、実は、
まったり、とっぷりクリームであることがわかります。

クリームが濃縮された感じです。

見た目はとろとろなのに、
まったりと、お口の中にはりつきます。

しかし、いつまでもねばり強くはりついているわけでは、
ありません。

まったりクリームはやがて、とろっと、なめらかに溶けていきます。

つまり、
♪ま~ったりだけどぉ、ねばりではないっ♪
ってやつです。

これには、流石に懐かしの“やまかつウインク”も、
このクリームに“さよならだけど、さよならじゃない”、
と、2個3個、食べたくなること、間違いなしでしょう(?)。

ヤマザキ--ランチパック ミルククリーム。


お味のほうは、お口にした瞬間、
と~ってもすっきりとしたミルク風味であることがわかります。

ミルク味は濃厚で、ミルクの自然の甘味がして、
ほかの余分なお味は一切ない、と云った感じですっ。

このクリームに、ミルクのみの旨みのすべてが凝縮されている、
そんな印象です。

さらには、とっても深いコクが、
まるで、クリームチーズをほうふつとさせますっ。

かと云って、ただミルク濃厚なだけでは、ありません。

クリームとして、まろやかで、
クリーミーななめらかさも、兼ね備えているのですっ。

濃厚なのに、クドくなく、すっきりしているのは、
甘味がかなり控え目なのと、ミルクのお味を邪魔するような、
余分なお味がないからと考えられます。

これには思わず、生地のぱっさり感など忘れ、
夢中になってクリームに喰らいついてしまいますっ。

これが、
“喉もと過ぎれば、ぱっさり忘れる”ってやつです(?)。

もしくは、
“旨いなら、忘れてしまえ、ぱっさりを”ってもんです(??)。

これには、流石の波田陽区さんだって、
この“ミルククリーム”をぱっさり斬ることは出来ないでしょう(???)。

さて、今回独身は、偶然と云う偶然が何度も重なり、
ランチパックを88円で購入すると云うミラクルをおこしました。

やはり、ふだんは高値のランチパックと云うことで、
定価より50円近くもお安く購入出来たことは、
独身にとって、今年1番の幸運と云ってもいいのかも、しれません。

もし、いちばんはじめにスーパーMで、
この“ミルククリーム”を120円(くらい)で購入し、
この日、88円の特売が行なわれていることを知ったら、
かなりショックを受けていたこと、間違いなしです。

それが、同じ菓子パンなら、1円でもお安いものを探し求める、
貪欲なまでに、菓子パンへのこだわりを持つ独身なのです。

しかし、大好きな菓子パンとは云え、
菓子パンで今年の幸運を使い果たしてしまうのは、
いささか複雑な心境でもあります、、。

それが、しょせん、“小吉”どまりの、
小心者の独身なのです。


購入価格:88円。

栄養成分表示(1個当り):
熱量:141kcаl
たんぱく質:3.8g
脂質:4.1g
炭水化物:22.1g
ナトリウム:150mg

独身評価:★★★★☆
スポンサーサイト





タグ:
スレッドテーマ: 菓子パン,グルメ

HOME

トラックバックURL


トラックバック

ローソン--ふんわりもち入りパン 苺&ホイップ~とっておき宣言・山崎製~。  | home |  Pasco--合格だっ茶。