FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2007年01月13日[Sat]

ローソン--こだわり特撰 ミックス苺ジャムパン~とっておき宣言・山崎製~。

ローソン--こだわり特撰 ミックス苺ジャムパン~とっておき宣言・山崎製~。


ローソン、今週の新作の“こだわり特撰シリーズ”!
すっきりさっぱりあっさりジャムパンですっ。

お菓子・デザートランキング。
新サイトで続きを読む。
♪菓子パンは~ぁ、歩いてこないっ、
 だ~ぁから愛チャリ漕ぐんだね~っ、
 いっちにち(1日)1っ個っ、
 み~っか(3日)で3個っ、
 パ~ァンを選んで、レジ並っぶ~っ♪

菓子パン大好きな独身は、(約)365日、
菓子パン求め、日々、愛チャリを漕ぐ生活を送っております。

ひと漕ぎ、前に進んでは、ときに、ナイス菓子パンが見つからず、
ひた漕ぎもさん漕ぎも、元の道を戻ることもあります。

それが、独身にとっての“365漕ぎのマーチ”です。

こんな独身を、
♪お~ろ~か~ぁ、も~~ぉの(愚か者)~よっ♪
と、マッチが非難したとしても、
大好きなものに対しては、猪木さんのごとく、
バカになれっ!”ってもんです。

と云うわけで、昨日の独身は、
スーパーFからスーパーACと云う、
過酷な長距離移動をしたため、
流石の元ランナーの体力をもっても、
いささかへとへとにくたびれてしまったのです、、。

もし、へとへとになったとしても、
それがナイス菓子パンのためなら、
キャンディ・キャンディのごとく、
へとへとだって気にしないわってもんです。

しかし、運悪く、独身好みの菓子パンではなかった場合、
まさに、骨折り損のくだびれもうけってやつです、、。

そして、さんざ骨を折ったのにも関わらず、
もうけたのは、くだびれと云う疲労だけだったのが、
昨日頂いたPascoの“合格だっ茶”と云うわけです。

これには流石の独身も、体力的にも精神的にも、
疲労困憊です。

せっかくの休日に、うきうきしながら電車で多摩動物園に行ったのに、
月曜の休園日だった、そんな感じのがっくし感と酷似しています。
(実話。)

たのしみにしていた動物園を目の前にして、
かたく門は閉ざされていると云う現実を、
そう容易に受け入れられることでは、ありません。

軽く門でも揺すって、開園を懇願したとしても、中の動物だって、
たまには人間からの視線から解放されたい日だってあることでしょう。

同様に(?)、へとへとになって、ようやっと購入した菓子パンが、
己好みの菓子パンではなかった、と云う現実を、
そう容易には受け入れられないのが、この独身です。

日々、頂く菓子パンは、すべてナイス菓子パンであって欲しいと願っても、
ひとそれぞれ、味覚に違いがあるように、すべての菓子パンが、
万人に受け入れられるとは、限りません。

♪いっちにち(1日)1個っ、み~っか(3日)で3個っ、
 さ~んこ(3個)喰らって、ひとつボツ~~♪

ときに、2歩さがりながら、日々、前進して行くのが人生なら、
3個喰らって、ひとつ、ボツ的菓子パンに出逢うのが、菓子パン生活です。

どんな菓子パンにも寛容であり、
それすら笑いにして、数多な菓子パンをたのしみたいのが、
この独身と云うわけです。

♪菓子パンッ、食べって、うきうきイーティングッ!
 あっちこっち、そっちこっち、いいっパ~ンッ♪

 ハウッ、ドゥユ~、ドゥ~、菓子パンいか~ぁがっ、
 菓子パン食べ~ぇたら、ま~んぷく(満腹)にっ、

 甘いパ~ンでも~、いいっともっお~っ、
 ぱ~ぁっさり生地もっ、いいっともっお~っ、
 いいっとも~ぉ、いいっとも~っ、
 いいっトゥ~モ~ロ~~ッ♪

「袋、切った?」
「いえ、これからです。」

ローソン--こだわり特撰 ミックス苺ジャムパン~とっておき宣言・山崎製~。


9種の苺と木苺をミックスし、それぞれの良さを引き出した
 芳醇な味わいのジャムをしっとり生地で包みました
。”

と云うわけで、ローソンの今週の新作、
“こだわり特撰 ミックス苺ジャムパン
”です。

この“こだわり特撰シリーズ”は、いままでに、
こだわり特撰 ジャムパン”、
こだわり りんごジャムパン”、
こだわり特撰 ブルーベリー”を頂きました。

はじめて“こだわり特撰シリーズ”をローソンの店頭で見かけたとき、
お値段の高さに、思わず購入をためらったことは、否定出来ません。

いちどはスルーした“ジャムパン”でしたが、
そのとき横にいた店員さんたちの、
「“こだわり特撰ジャムパン”ってどうだった?」
「嗚呼、結構あっさりしていて、よかったよ。」
と云う会話があたまにずっと残っていたわけです。

その数日後には、独身は“ジャムパン”をお口にしていたのです。

軽く店員さんに“刷り込み”(?)され、
130円と云う、高額ジャムパンを思わす購入してしまったわけですが、
高値なだけあって、なかなかのナイス菓子パンっぷりを発揮してくれたのです。

それ以来、独身は“こだわり特撰シリーズ”が発売されるたび、
せっせと喰らっているわけですが、この4つ目の“ミックス苺ジャムパン”になって、
130円が135円に値上がりしていることに、気付いたのです、、。

10,000円と10,005円では、大差がないと思うのですが、
130円と135円となると、5円以上の差額に感じてしまうのは、
独身だけでしょうか、、。

やはりこれは、5と云う数字は、
四捨五入でつぎの位にあげられてしまうと云う、
哀しい運命の数字なので(?)、そのように感じてしまうのでしょうか。
(いや、それは違う。)

ほんとうは、(確か)身長167cmだけど、
四捨五入で(?)171cmと偽って公表していた、
自称、和泉流20世宗家、和泉元彌さんの心理と同じと云えるのでしょうか。
(いや、それも違う。)

いずれにせよ、5円も値上がりしたと云うことは、
それなりに、お味、質ともに、前回より向上していると信じたいと思います。

♪し~んじ~る(信じる)こ~と~さ~ぁっ、
 か~な~ら~ずっ、特撰ジャムを喰う~~っ♪

タモさん「袋、切った?」
独身「はい、切りました。」

と云うことで、さっそく袋を切って、
軽く袋を揺すり、生地を取り出してみようとするのですが、
生地はなかなか姿を現しません。

いくら、“みかん星人”が現る、と云っても(?)、
この生地は、そう容易には現れません。

通常なら、横すべりで生地は袋から出てくるのですが、
この生地に至っては、表面が袋の内側にひっついているので、
生地がななめになって、傾いて出てこようとしています。

逆子ならぬ、斜生地です(?)。
ものすごい、難産です(??)。

“案ずるより産むがやすし”と云うことで(?)、
手で生地をぐっとつかんで、引っ張り出してみると、
生地の表面には、ジャムがぺっとりと付着していることがわかります。

これは、ジャムを生地の上部からぶっこんだことを示していますが、
ここまでジャムが外部に漏れていると云うことは、
そうとうな量のジャムが入れられていることが推測出来ます。

“切ったらすごいんですっ”的なジャムパンなのでしょう(?)。

“切ったらすごい”なんて、
桃太郎くらいなもんです(??)。

「ひと~~ぉつっ!!」
あ、それは“桃太郎侍”でした。

さて、生地の食感ですが、とってもがっしりとしていて、
ほぐほぐと云う噛み応えがある生地です。

ぐぐっと、キメが詰まっていて、
ぎっしり、どっしり、濃密です。

おしょうゆで云ったら、薄口ではなく、
濃い口と云った感じです(?)。

人間で云ったら、しょうゆ顔よりソース顔です(??)。

犬種で云ったら、ドーベルマンよりブルドッグと云った感じです(???)。
(“ソース”なだけに、、。)

袋には“しっとり生地で、、”と書かれているのですが、
まあ、しっとりと云えばしっとりなのかもしれませんが、
自信を持ってしっとりだ、とは云い難いしっとりっぷりです。

と云うのも、キメがいささか粗めで、もそもそと云うか、
ごわごわとして、舌触りがあまりよろしくないので、
そのごわごわが、しっとり感を軽減させるゆえんとなっているのです。

ほんとうは背が高いほうなのに、相方が190cm以上あるがために、
すっかり小柄だと思われている、“コブクロ”の“コブ”のほうの人みたいです(?)。

真実は、往々にして、他人には伝わりにくいものなのでしょうか。

がんばれっ、“コブ”としっとり生地っ!!(?)。
(“コブ”のほうのご本名がわかりませんで、すみません、、。)

生地のお味ですが、ふんわりとした、
やさしい甘味がするお味です。

ミルクのような、まろやかな甘味が、
もぐもぐすればするほど、じゅわじゅわとやって来ます。

甘味と云っても、がんがん、ずんずん、
ロックンロール的な強さがあるわけでは、ありません。

いわゆる、永ちゃんの、
♪あ~まみ(甘味)だせっ!(は~ぁはっ!)♪
的な、甘さではありません(?)。

♪は~~~ぁるばる~~、来るぜぇ甘味が~~ぁ♪
と云う、さぶちゃん的な甘味です(??)。

あくまで、生地の風味を損なわない程度の、
ほんわり、ふんわりとした、軽やかな甘味です。

♪ミルク~~ゥ、は、まろやかにっ♪

これには流石の“ペコちゃん”も、
首を振って納得していることでしょう。

いや、ペコちゃんも、いまはそれどころではないか、、。

さて、前回頂いた“ブルーベリー”は、
マーガリン生地と説明されています。

今回の“ミックス苺ジャム”は、そのような説明はありませんので、
ブルーベリー”のような、マーガリン生地であるかは、わかりません。

しかし、実際に頂いてみても、マーガリンのお味はまったくしません。

ブルーベリー”のときは、せっかくのベリーの風味が、
マーガリンによっていささか邪魔されていたので、この“ミックス苺ジャム”も、
“雪印”ではなく、マーガリンの“二の舞”ではと心配していましたが、
マーガリンの存在は皆無です。

ローソン--こだわり特撰 ミックス苺ジャムパン~とっておき宣言・山崎製~。


中のジャムですが、と~ってもたっぷり入っていて、
たわわですっ。

たぷんたぷんで、ぷるんぷるんですっ。

プーチン、ではなく、
プッチンプリンといい勝負ですっ。

チャップリンには、負けているかもしれません(?)。

あまりのたぷんたぷんっぷりに、
思わずジャムを頂いているとき、ジュルッと、
音を立てて吸ってしまいます、、。

これがおそば屋さんだったら、
おそばを食べているのだと誤魔化すことが出来るのですが、
流石におそば屋さんに入って、ジャムパンを持ち込んで頂くわけには、
いきません。(?)

よって、気になる異性の前で、思わずこのジャムを吸ってしまった場合、
鼻でもズズッと吸って、鼻汁を吸ったのだと弁解してみてください。

もしくは、
「血~ぃ、吸うたろか~~ぁ。」
と、寛平さんよろしく、逆で誤魔化してください。

この行動は、決して“隠ぺい”のうちには入らないので、
堂々と、誤魔化しちゃってください(?)。

ジャムはかなりのみずみずしさで、
とっぷり、じゅるじゅる、とろとろですっ。

みずみずしいからと云って、
決して水っぽいわけでは、ありません。

とってもジューシーで、果汁たっぷり感なみずみずしさですっ。

もう、弾けんばかりのジューシーっぷりに、
元長野県知事のマスコット、“ヤッシー”もびっくりです(?)。

懐かしの“のりピー語”で云うところの、
「マンモス、うれピー」ってやつです(??)。

ローソン--こだわり特撰 ミックス苺ジャムパン~とっておき宣言・山崎製~。


量もたっぷりで、とろとろ、たるたるなジャムなので、
食べ進んで、生地の量が減ってくると、
ジャムが重力によって、たるたると垂れようとしてきます。

これが、“食べるほど、ジャムの垂れる、ジャムパンかな”です(?)。

なるべく、食べ終わりは生地とジャムが同量になるよう、
ジャムをじゅるじゅる調整しながら頂いてください。

これが、巧みの技ってやつです(?)。

お味のほうは、と~ってもすっきりさっぱりあっさりで、
かなり甘さは控え目です。

「お控えなすってっ!」
と云ったところで、すでに甘味は控えています(?)。

万年控え選手です(?)。

袋には、“低糖度ジャム使用”と書かれていますが、
どれだけ低いんだよっ!と云うくらい、まったくもって、
お砂糖などの甘味はありません

はじめは、イチゴのすっきりとした風味がするのですが、
やがて、木苺の、いささかつんっとした風味がやって来ます。

そして、両者が相成ったところで、
酸味が舌べろにつんつん、ぴりぴりと軽い刺激を与えます。

これが流行りの“ツンデレ”です(?)。

9種類の苺と木苺をミックス、、”と云うことで、
どれだけ種類を混ぜたんだ、と思わずツッコんでしまいたくなりますが、
イチゴと木苺の関係は、至ってフェアです。

たとえ、イチゴが5種で木苺が4種だとしても、
お味的には平等です。

人も食べ物も、種類や派が異なると、
往々にして、争いがおこるものです。

しかし、このイチゴと木苺は、
両者、それぞれのいい個性が、それぞれに主張しています。

しかし、独身は、過度に甘いもの(人工的に)は得意ではないので、
このくらいの、甘さがないくらいがちょうどいいのですが、
甘いもの好きのかたには、物足りないのかもしれません。

ただ、素材そのものの風味が味わえるのは確かです。

お正月明けの、“七草粥”的な、ジャムの量は“ズバッと!”、
でも、お味は“すっきり”と頂けると思います。

これは、“朝”からでも、どんどん食べられる菓子パンです。

「生地、切った?」

もちろん、お昼やすみにうきうきイーティング、
でも“いいとも!”、です。


販売価格:135円。

栄養成分表示(1包装当り):
熱量:308kcаl
たんぱく質:5.8g
脂質:9.8g
炭水化物:49.1g
ナトリウム:230mg

独身評価:★★★★☆
スポンサーサイト





タグ:

HOME

トラックバックURL


トラックバック

Pasco--合格だっ茶。  | home |  木村屋--カフェロール。