FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2007年01月17日[Wed]

ローソン--けしの実ナッツ~とっておき宣言・山崎製~。

ローソン--けしの実ナッツ~とっておき宣言・山崎製~。


ローソン、今週の新作っ!
真夏のような、デニッシュパンです。

(ん、、?なんか、違うぞ、、。)

思い描いていた印象と、
実際に目の当たりにしたときの印象と云うのは、
往々にして、異なるものです。

毎週火曜日は、各コンビニで新商品が発売される、
週1回のうきうきデイです。

タモさんのごとく、うきうき気分で、
あっちこっち、そっちこっち、コンビニのサイトをチェックするのが、
独身の火曜日の習慣となっています。

これはまさに、“火サス”です。
(“火”曜日に、“サ”イトをチェック、“す”る独身。)

♪ジャッッ、ジャッッ、ジャ~~~ンッ!♪

と云うわけで、まずはじめに、独身がチェックしたのが、
ローソンのサイトです。

さっそく菓子パンの文字をクリックすると、
そこには、今週の菓子パンが2種、アップされていることに気付きます。

この瞬間と云うのが、毎回どきどきするわけです。

なぜなら、クリックした瞬間、
新商品が興味、関心をかきたてられるような菓子パンなのか、
もしくは、まったく視床下部を刺激するような菓子パンではないのか、
その2つにわけられるからであります。

前者の場合、
(おうっ!○○の菓子パンかぁっ!
 これは絶対に買いでしょ~っ!)
と、視床下部が狂気乱舞すると同時に、
早くその菓子パンに出逢いたいと云う、
焦りにも似たきもちがわいてくるのです。

しかし、後者だった場合、
(な~ぁんだ。今週の新作はたいしたことなさそうだな、、。)
と、己好みの菓子パンでないことに、
いささかがっくしし、落胆するのであります。

毎週、毎週、独身好みの菓子パンであってくれれば、
それに越したことはありません。

しかし、そうそう、思い通りにはならないのが、
世の常です。

♪ん毎週、ん毎週、菓っ子パン、乱舞する~っ、
 ものばかりなく~、嫌になっちゃうよっ♪

これには、流石の“たいやきくん”だって、
嘆き哀しんで、海へダイブするってもんです(?)。

哀川翔さんだって、哀しみのあまり、
思わず“ゼブラーマン”に変身してしまうってもんです(??)。

まさに、白か黒かのごとく、
クリックひとつで、運命が2分されてしまうわけです。

しかしっ、、!
今週のローソンは、いままでとはいささか異なります。

先週の火曜日、いつものようにローソンのサイトにアクセスすると、
そこには、“ふんわりもち入りパン 苺&ホイップ”が、
たいやきくん”のごとく、独身の視界に逃げ込む、
ではなく、飛び込んできました。

その瞬間、独身の視床下部は狂喜乱舞し、
脳内会議によって、即、この“ふんわり、、”を購入することが決定されたのです。

いままでの菓子パン生活の中で、
ここまで即決された菓子パンと云うのは、
そうそうあるものではありません。

と云うわけで、いつも以上にローソンでうきうきショッピングし、
実際に頂いてみても、脳内会議で即決されたことに、
なんら間違いもなかったことを、確認したのであります。

そんなわけで、先週、“ふんわり、、”と云う、
ナイス菓子パンが発売されたばかりなので、
流石に、2週連続で即決されるような、
興味をそそられる菓子パンはないだろうと、
半ばあきらめのような気持ちで、今週もローソンのサイトにアクセスしたわけです。

するとっ、、。

デジャヴのごとく、独身の視床下部は、
ある菓子パンに、ふたたび狂喜乱舞したのですっ、、!

それがこの、“けしの実ナッツ”です。

(この“けしの実ナッツ”は、
 あのとき食べた、あのパンにそっくりだっ、、。)

独身の胸裏には、懐かしい光景が浮かんでいます。

それはかつて、独身が欧州に住んでいたとき、
毎日のように、ハマッて食べていた、
ナッツのでんでん虫パン”と“けしの実のでんでん虫パン”です。

“でんでん虫”とは、まさに“かたつむり”のことで、
デニッシュ生地を、ぐるぐる巻いてある生地に、
甘く味付けしたナッツを細かくしたもの、
もしくは、甘くしたけしの実が巻き込まれている、
お安くて、と~ってもおいしいデニッシュパンのことです。

このローソンの“けしの実ナッツ”の場合、
ぐるぐるが2つ連結していますが、
独身が大好きだった“でんでん虫パン”は、
1つのぐるぐるです。

しかし、見た目は“でんでん虫パン”とうりふたつですっ。

“でんでん虫パン”の場合、ナッツとけしは別々ですが、
この“けしの実ナッツ”は、けしとナッツがダブルで入っているのですっ。

これは、“でんでん虫パン”を2つ一緒に頂くようなものですっ。

これがまさに、“一石二鳥”ならぬ、
一パンニ味”ってもんですっ。

これには、流石のルパン三世だって、不二家ではなく、
不二子ちゃんどころか、この“けしの実ナッツ”にぞっこんってもんです(?)。

銭形のおっちゃんだって、ルパンどころか、
この“けしの実ナッツ”を逮捕したくなるってもんです(??)。

と云うわけで、ローソンはこの独身に、
2週連続で狂喜乱舞させてくれたと云うわけです。

うきうきの気持ちそのまま、寒空の中、
いつもの愛チャリで近所のローソンへ向かう独身、
前方で“くわえたばこ”をするおっさんの副流煙に、
思わず呼吸を止め、眉間にしわを寄せる、齢20余。

ようやっと、非常識極まりないおっさんから解放され、
ローソンへと入店し、菓子パンコーナーへと直行すると、
ますはじめに独身の視界に入って来たのが、
先週頂いた“ふんわりもち入りパン 苺&ホイップ”です。

先週の新作と云うのに、いちばん目立つ場所である、
上の棚にごぞっと陳列されています。

(おやっ、、?これは先週の新作だぞ、、。
 “けしの実ナッツ”はないのか、、?)

独身の胸のうちは、急な不安にかられています、、。

いくら新作だからと云っても、仕入れ担当の店員さんの気分次第で、
仕入れられるものが異なってくると云うことなのでしょうか、、。

しかし、視線を上の棚から左ななめ下にうつすと、
そこにはしかと、“けしの実ナッツ”が陳列されています。

(嗚呼、よかったっ、、。
 ここでなかったら、別のローソンへ行くことになっていたよ、、。)

独身、ひと安心です。

この近所のローソンで見つからなければ、
ここから愛チャリで約5分ほど東にある別のローソンまで、
行かなければなりません。

5分など、すぐ近くのようにも思えるのですが、
この寒空の中の5分と云うのは、あたたかい時期の5分とは、
感覚的に、長さに差があるのです。

なんとか、寒空の5分は回避されたわけですが、
安堵したところで、じっくり“けしの実ナッツ”を見てみると、
なんだか、サイトで見たときの感動がわいてきません。

(見た目の印象と違って、
 なんか“すっきり”している感じ、、。)

独身が欧州時代に頂いていた“でんでん虫パン”は、
生地の上に、もっとナッツ、けしがてんこもりで乗っかっていて、
甘いシロップみたいなものが、てかてかとしていています。

しかし、この“けしの実ナッツ”は、
“でんでん虫パン”と違い、見た目、すっきりとしています。

ローソンのサイトでこの“けしの実ナッツ”を見たとき、
ぐるぐるのかたちから、独身が勝手に懐かしの“でんでん虫パン”を連想したので、
“けしの実ナッツ”に文句を云える筋合いはありません。

“けしの実ナッツ”にしてみれば、
♪連想しないっでよ~ぉっ、そっちの~、せいよ~ぉ♪
と、百恵さんの流し目よろしく、この独身を責めたてることでしょう(?)。

そうです、、。

“けしの実ナッツ”をサイトで見て、
勝手に“でんでん虫パン”をプレイバックしたのは、独身です。

しかし、せっかく懐かしの“でんでん虫パン”に似た菓子パンを頂けるのだから、
見た目がいささか異なっていようとも、頂いてみようではありませんか。

♪見た目の様子が違えども~ぉ、
 パンは似てるぜっ、こっころ(心)がはっずっむ(弾む)っ!♪

と云うわけで、“たいやきくん”のこころのごとく、
弾むきもちで、この“けしの実ナッツ”を頂きたいと思います。

ローソン--けしの実ナッツ~とっておき宣言・山崎製~。


香ばしいケシとナッツ サクサクデニッシュ。”

と云うわけで、今週のローソンの新作、
“けしの実ナッツ
”です。

この“けしの実ナッツ”のように、
生地の上にトッピングが乗っかっている場合、
思わず、量がたくさんあるものを選んでしまいます。

同じお値段なら、より量の多いものを、
これが菓子パン生活に身をおく者のさだめであります(?)。

これが、さだまさしさんの云うところの、
“とっておき、、”ではなく、“菓子パン宣言”ってもんです(??)。

♪おまえを口に、もぐもぐする前に、
 確かめておきたい、ことがいくつかあるっ、
 かなり細かいっ、基準になるがっ、
 これが独身のっ、こだわりだからぁ♪

と云うわけで、けしの量も、生地のかたちも、
独身の基準によって、見事クリアしたのが、
この“けしの実ナッツ”です。

さっそく、“でんでん虫パン”の哀愁よろしく、
生地を頂きたいと思います。

生地は、と~ってもがしがしとしていて、
がっしりとした、いい歯応えがありますっ。

袋には、“サクサクデニッシュ”と書かれていますが、
サクサクと云うような、軽やかな食感ではありません。

サクサクを超越した、がしがしです。

1枚1枚の層が、それぞれしっかりとしているので、
これが1つの生地となったとき、このがしがし感がかもし出されると云うわけです。

これが、毛利元就の云うところの、
3本の矢”ならぬ、“数枚の層”ってもんです(?)。

♪YAH~~~、YAH~YAH~~、YAH~、YAH~YAH~YAH~~、
 い~まから、そいつを、いまから~、そいつを~ぉ、
 喰らいにぃ行こうか~~~ぁぁ♪

いや、もう喰らっています(?)。

がしがし、しゃくしゃくの生地ではありますが、
層と層のあいだの空間によって、ふんわりとした食感も兼ね備えています。

がしがしなのに、どこか軽やかさを感じさせられるのは、
この空間のふんわりによるものだと思われます。

ローソン--けしの実ナッツ~とっておき宣言・山崎製~。


生地のお味は、香ばしい、デニッシュらしい風味がします。

デニッシュと云うと、手に持ったとき、
指先がバターの油分でぺとぺとになってしまうのですが、
この生地は、バターくささもなく、ぺとぺともないので、
非常にすっきり、あっさりとした口当たりです。

真夏の南の島のような、からっとすっきり晴れた天気、
そんな感じのデニッシュ生地です。
(南の島には行ったことはありませんが、、。)

そのすっきり、あっさりとした、香ばしい風味に、
お砂糖のじゅわっとした甘味がやってきます。

はじめ、この甘味は、生地自体のお味かと思っていましたが、
生地の甘味ではなく、甘く味付けされたナッツによるもの、
と云うことに気付きます。

生地自体には甘味はなく、非常にすっきりとしていて、
そこに、甘く味付けしたナッツが折り込まれていると云うわけです。

お砂糖の甘味と、生地とはまた異なる、ナッツの香ばしさが、
あっさりとした生地に旨みを加えています。

これには、流石のみのさんも、
この生地を“ズバッと!”喰らっても、
すっきり”と頂くことが出来るでしょう(?)。

ローソン--けしの実ナッツ~とっておき宣言・山崎製~。


ナッツは、わりとちいさめなので、
カリカリの食感は、ほとんど楽しむことは、出来ません。

さらに、量的にも多いわけでないので、
さほど、ナッツ風味を感じるわけではありません

けしの実に至っては、見た目たくさんあるのですが、
生地ががしがしなので、軽くぷつぷつと食感がする程度です。

デニッシュ生地、ナッツと甘味と、ときどきけしの実
そんな感じでしょうか(?)。

これはやはり、独身が大好きだった“でんでん虫パン”のお味とは、
いささか異なっているようです、、。

“でんでん虫パン”の場合、もっとナッツのぶつぶつが大きいので、
かりかりの食感が楽しめるし、量もたくさんあるので、
ナッツの香ばしさが満載です。

さらに、ナッツに味付けされた甘味も適度にあるので、
デニッシュの香ばしさと甘味が仲良く共存しています。

しかし、この“けしの実ナッツ”の場合、
生地が非常にあっさり、すっきりとしているだけでなく、
ナッツも甘味もけしの実も、すっきりとしているのです、、。

生地はいいけれど、ナッツや甘味まですっきりするとは、
これには、流石のまっさん(さだまさしさん)だって、
関白亭主よろしく、激高するってもんです(?)。

“けしの実ナッツッ、頂いたあとに~、
 云っておきたいっ、ことがいくつかある~、
 かなり細かい、指摘になるがっ、
 わがまま独身っ、故の細かさ~ぁ♪

もう少し、あと少し、ナッツと甘味を多くして頂きたいと願うのは、
わがまま独身おんな故、なのでしょうか、、。

このナッツと甘味のもの足りなさは、
ドラマのものすごくいいところで、CMに入ってしまった、
そんな感じのもどかしさと酷似しています。

もしくは、床に落としてしまった消しゴムを拾うと手を伸ばしてみたものの、
あと数センチのところで、指が届かない、そんなもどかしさとも酷似しています。

ドラマの場合、数分待てば、
その先のストーリーをふたたび楽しむことが出来ますが、
この“けしの実ナッツ”の場合、食べ進んだとしても、
お味に変化はありません。

と云うか、生地の周囲にはナッツが折り困れていないので、
食べ方によっては、最後が生地オンリーになってしまうのです、、。

これでは、
おわりよろしくなければ、すべてよろしくない”ってもんです、、。

やはり、この21世紀の時代、
“とっておき”に“関白宣言”をしてしまうような菓子パンは、
世に受け入れられないと云うのでしょうか、、(?)。

この生地のお味では、“たんぱく宣言”になってしまいます。

独身が、この“けしの実ナッツ”に頂いていた感情も、
たんぱくよろしく、いささか淡く消え去っています、、。


販売価格:120円。

栄養成分表示(1包装当り):
熱量:319kcаl
たんぱく質:6.4g
脂質:19.4g
炭水化物:29.6g
ナトリウム:180mg

独身評価:★★★☆☆
スポンサーサイト





タグ:
スレッドテーマ: 菓子パン,グルメ

HOME

トラックバックURL


トラックバック

ローソン from ミナミの日記
ローソン・寺内町2丁目店)・NSGスクエア店)ローソン(LAWSON)は、日本のコンビニエンスストアである。元々のミルクショップローソンはアメリカ合衆国|アメリカ・オ ,,,Read More

神戸屋--さくらむし。  | home |  Pasco--運気がアップル蒸しパン。