FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2007年01月18日[Thu]

Pasco--運気がアップル蒸しパン。

Pasco--運気がアップル蒸しパン。


Pascoの新作、“合格応援本舗シリーズ”!
引き算を知らない、蒸しパンです、、。

菓子パンとは、一期一会の繰り返しです。

(あっ、この菓子パン、おいしそう~っ。
 でも、今日はもうほかの菓子パンを買ってしまったから、
 またあした、このお店に買いに来ようっとっ。)

と、思っても、翌日、
その菓子パンに再会出来るとは、限りません。

ふたたび同じお店に訪れても、
昨日はあった菓子パンがそこにはなかったと、
云うことも、時としてあるのです。

そんなとき、なぜ、見つけたときに購入しなかったのかと、
己の行動に激しく後悔するのであります。

この独身も、1年以上に渡る菓子パン生活の中で、
幾度となく、ナイス菓子パンとの出逢いを見過ごしでしまった経験があるのです。

♪あ~の日、あ~のとき、あ~の場~ぁ所で、
 き~みを買~わなか~ぁったら~ぁ、
 独身はっ、いつまでもっ、食べれぬ菓子パン、ままっ♪

まさに、ナイス菓子パンとの出逢いは突然、なのです。

そんな後悔の念にさいなまれないよう、
菓子パンとの一期一会の出逢いをたいせつにするのが、
この独身の菓子パン生活におけるモットーなのであります。

さて、そんな一期一会の出逢いとはうらはらに、
こちらが望んでいても、そうそう出逢うことの出来ない菓子パン、
と云うものも存在するわけです。

各菓子パンメーカーで、毎月のはじめに新作菓子パンをチェックして、
(嗚呼、この菓子パンおいしそうっ!)
と、まだ口にすることの出来ぬ菓子パンに思いをはせるわけです。

○○のお店には××メーカーの菓子パンがある、
と云うことをあらかじめ把握していても、
そのお店に□□のパンがあると云う確実性までは把握出来ません。

つまり、コンビニのオリジナルパンでない限り、
個々の菓子パンといつ、どこで出逢うのか、
それはまさに、神のみぞ知るところなのであります。

いくら、
(あの菓子パンが食べたいっ!)
と熱望して地団駄を踏んだとしても、
所詮、石亀は雁にはなれないのです。

よって、いつか出逢えることを想って、
日々の菓子パンハンティングにまい進するしかありません。

そんな、“なかなか出逢えない菓子パン”の中で、
とくに、見つけ出すのが困難なのが、シリーズものの菓子パンです。

この“運気がアップル蒸しパン”は、
“合格応援本舗シリーズ”のひとつで、
そのほかにも、同シリーズの菓子パンは、
計5、6種ほど存在します。

しかし、独身がいままで頂いたのは、
イチゴーかく!パン”と“合格だっ茶”の2つで、
この“運気、、”が3つめです。

イチゴーかく!パン”は、ショッピングセンター、
合格だっ茶”はスーパーAC、そして、
この“運気、、”はスーパーMで購入しています。

それぞれ、別々のお店で購入したわけです。

ショッピングセンターで出逢ったときは、
3種類が特売されていたのですが、その後、
何度かショッピングセンターを訪れても、
合格応援本舗シリーズ”とはひとつも再会出来ていません。

合格だっ茶”の場合、ACの3割引の日にあったのですが、
この1種のみが陳列されていただけです。

そして、この“運気、、”に至っても、
Mでこの1種のみが売られていたのです。

ひとつでも、シリーズものの菓子パンを頂いてしまうと、
全種類購入しなければ気がすまないこの独身にとって、
こんなに歯がゆいことは、ありません。

どうせなら、全種類をぼんっ!と仕入れくれればいいものの、
ひとつひとつ、“不二家”のごとく、“小出し”に購入していくなんて、
菓子パンハンターとして、なかなか狙いを定められないってもんです。

これがリンダさんだったら、
軽く狙い撃ちが出来ることでしょう(?)。

なぜなら、この世はリンダのためにある、からです。(??)。

しかも、このシリーズに至っては、種類が多いので、
いつも以上に、全種制覇は困難を極めます。

まさに、陸上競技の10種競技のごとく、
ありとあらゆるお店を訪れなければ、なりません。

全種制覇するためには、努力だけではなく、
運気も必要となってきます。

と云うわけで、この“運気がアップル蒸しパン”で、
残りの“合格、、シリーズ”と出逢える幸運が、
この独身にめぐってくるよう祈りつつ、頂きたいと想います。

Pasco--運気がアップル蒸しパン。


はちみつ入りの蒸しパンに、
 カスタードクリームとりんごダイスをトッピングしました
。”

と云うわけで、Pascoの新作、“合格応援本舗シリーズ”の、
“運気がアップル蒸しパン
”です。

この“合格、、シリーズ”は、いままで、
イチゴー!かくパン”、
合格だっ茶”を頂きました。

このシリーズのみならず、各お菓子メーカーからも、
合格祈願ものの限定お菓子が販売されています。

その中で、いま、世間を騒がせている“不二家”の“ミルキー”も、
たしか、紅白バージョンで発売されていたのですが、
まさか、こんな事態になるとは思いもしなかったので、
いまとなっては、限定ついでに購入しておけばよかったと、
軽く後悔しています。

こればっかりは、一期一会の出逢い云々のおはなしでは、ありません。

どうやら、
♪いつかき~っと、ワンダ~ラ~ンドッ♪
とは、“不二家”の経営陣のあたまの中だったのかも、しれません。

この“合格、、シリーズ”でも食べて、
DHAでも摂取したらいかがでしょうと思う独身です。

さて、軽くツッコんでみたところで、
早速、生地を頂いてみたいと思います。

生地は、下のペーパーがぺろっと軽くはがれる、
とぅるとぅるタイプです。

いわゆる、ペーパーに生地がぺとぺとはりついて、
スプーンなどでかりかりかき集めなければならないタイプ、
ではありません。

蒸しパンのペーパーをはがすとき、
いったい、生地はどちらのタイプだろうと、
毎回、どきどきしながらぺろっとめくっていくのですが、
今回のように、ぺろっとはがれるタイプだった場合、
その喜びと云うのは、みかんの皮をむいたとき、
白いべろべろが皮と一緒にはがれたときの喜びと酷似しています。

みかんの場合、皮をむいたあと、
白いべろべろまでむかなければならないと云う、
非常に面倒臭い作業が待ち受けています。

早く食べたいのに、白いべろべろのせいで、
みかんまでの行く手を遮られるわけです。

これは、大好きな韓流スターが目の前にいるのに、
数多のファンによって、手を伸ばしてもスターには届かない、
そんなもどかしさとも酷似しています。

ぺとぺと、ペーパーに生地がひっついてしまう蒸しパンの場合、
なるべく、ペーパーに生地が奪われないよう、
慎重にはがしていかなければなりません。

よって、はがす行為から、実際に生地を頂くまでの時間が、
とぅるんとぅるんタイプより、多く時間を要してしまうわけです。

このもどかしさは、障害物競走で、
なかなかお粉の中のアメを見つけられず、
顔が真っ白になってしまうときのもどかしさと酷似しています(?)。

もしくは、吊るされたあんぱんに、
なかなか喰らいつけないときのイライラとも酷似しています(??)。

♪イライッラ、するっなよっ(ジャ~ジャッ!)、
 紙にぺっとり、つ~くぜっ!♪

なるべくペーパーに生地が“ナイナイシックスティーン”(?)状態にするためには、
時間がかかっても、こころを落ち着かせて、冷静に慎重にはがすことが肝要です。

そんな、とぅるんとぅるんタイプの生地なんですが、
ペーパーをはがした感じでは、ふわふわ、じっとりではなく、
硬いタイプの蒸しパンだと思っていました。

しかし、とぅるとぅるしているのは表面だけで、
内側は、ふわふわと云うか、むすむすとしています。

ぽそぽそぷすぷすとしていて、
舌触りはあまりよろしくありません。

なにやら、強火で蒸し過ぎて、ぽそぽそに水分が飛んでしまった、
そんな感じの生地の状態となっています。

これが“不二家”だったら、
“液体をスプレー”してしまうところですが、
この生地は、まだ消費期限を過ぎてはいません。

よって、むすむすは、元々の生地の質であると考えられます。

むすむすとしているわりには、わりとねっとり感もあるので、
もぐもぐしてごっくんしたあと、上顎あたりに生地が残ります。

むすむすなのに、ねっとりとしているなんて、
ジキルとハイドのような、2面性を持つ蒸しパンです。

もしくは、“鏡のヤヌス”、、?

生地のお味は、はちみつのじゅんわり、とろ~り、
まったり~とした甘味がぶわっと生地から染み出てくるようですっ。

はちみつ、満載ですっ。

むすむすなのに、ねっとり感があるのは、
はちみつがゆえんとなっているのでしょう。

ほにゃらら入りの生地と云うのは、
たいてい、ふんわり、軽く、お口の奥~のほうから、
風味がやって来ることが多いのですが、
このはちみつは、ハチのように刺す
そんな攻撃的な強さがあります。

その中でも、やんわりと、ほんわりと、
たまごのまろやかでやさしい風味を感じます。

あくまで、生地の主役ははちみつであり、
たまごははちみつを支える裏方さんである、
と云うことをしかとわきまえているようです。

これには、流石の松方弘樹さんも、
汗をふきふきして、関心していることでしょう(?)。

はちみつと云うと、そのままで頂いたあと、
お口の中にどろんどろんの液体がまったりと残ってるのですが、
この生地を頂いたあとも、なんだかはちみつのまったりが、
お口にはりついているような感覚が残ります。

まるで、はちみつをなめているようであります。

それくらい、生地におけるはちみつ度が高い
と云うことなのでしょうか。

Pasco--運気がアップル蒸しパン。


トッピングされているりんごは、
しゃりしゃりの食感が残っています。

それでいて、やわらかく、甘~く煮られています。

ゆっくり、ことこと煮たと云うより、
強火でがんがん煮た、そんな感じのりんごっぷりです。

りんごの甘さがぎゅぎゅっと凝縮されたような、
じゅわっとした強い甘味があります。

りんごのさわやかな酸味などは、まったくの皆無です。

酸味が入る余地など、いっさいないと云うくらい、
甘味は濃厚です。

これもある意味、攻撃的な甘味と云えます。

Pasco--運気がアップル蒸しパン。


生地の上には、白いクリームがぺぺっと、
乗っかっています。

頂いていたときは、
(これはいったいなんだろう。)
と思っていたのですが、その実体は、
カスタードクリームのようです。

カスタードクリームと云うと、
たまごによる黄色が特徴的ですが、
このクリームは、黄色ではなく、白です。

故に、頂いたとき、このクリームはカスタードではなく、
ミルククリームだと勘違いしてしまいました。

人は、食べ物を視覚的に認識せずに頂くと、
味覚的に、その食べ物のお味をはっきりと認識することはなかなか出来ません。

このクリームの場合、“カスタードクリーム”だと事前に知らなかった場合、
実際にはカスタードとは、わからないのかもしれません。

それくらい、カスタードは存在感が薄いのです。

生地に、軽くぺぺっと乗っかっているだけなので、
量的に、とっても少ないのです。

よって、このクリームにおける生地へのお味の影響は、
まったくもって、皆無です。

また、生地のはちみつ度がかなり高いので、
益々、カスタードの出る幕は、ありません。

♪いつものよおっ~ぉに、幕~ぅが開ぁき~ぃ♪
とは、いかないようです。

ドラマのエキストラのほうが、
まだ存在感があるのかもしれません。

もしくは、ペ様や林屋ぺーさんのほうが、
存在感ありありってもんです(?)。

♪あるあるっるっるぅっ、味~があるっ、
 かな~り甘~味ぃ、ある~~ぅ♪

それが、はちみつです。

これには、流石の西田ひかるさんだって、
愛、ではなく、甘味あるって歌いたくなるってもんです(?)。

これでは、裏方にもなれない、
ただ存在するだけの、カスタードクリームです。

これには、流石の松方弘樹さんも、
ハンカチでふきふきして、涙をぬぐっていることでしょう(?)。

さて、生地のはちみつと、りんごの甘味には、
ハチのように刺す、のごとく、攻撃的な強さがあります。

そんな両者が相成ると、益々攻撃性は強まります。

よって、ずっしり、どっしりとした、
重みのある甘い蒸しパンとなっているわけです。

まるで、延々と甘味が加算されていくかのごとく、
じゅわじゅわと、甘味が生地とりんごから染み出てきます、、。

りんごにさわやなか酸味があれば、
生地のはちみつが強くても、酸味によって甘味は引き算されて、
ちょうどよくなると思うのですが、どうやらこの蒸しパンは、
引き算を知らない蒸しパンのようです、、。

“運気”と云うより、強気が“アップル”してしまう、
そんな蒸しパンです、、。

受験には、ある意味、運気に加え、
強気も肝要なのかもしれません。

~“合格応援本舗シリーズ”~
イチゴー!かくパン
合格だっ茶


購入価格:118円。

栄養成分表示(1個当り):
エネルギー:348kcаl
たんぱく質:5.7g
脂質:10.5g
炭水化物:57.6g
ナトリウム:160mg
DHA:46mg

独身評価:★★★☆☆
スポンサーサイト





タグ:

HOME

トラックバックURL


トラックバック

ローソン--けしの実ナッツ~とっておき宣言・山崎製~。  | home |  のっぽパン--ノーマル(技能五輪国際大会告知・11/21まで)。