FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2007年01月22日[Mon]

Pasco--サンドロール カスタードプリン。

Pasco--サンドロール カスタードプリン。


Pascoの“サンドロールシリーズ”の“カスタードプリン”!
この独身、いささか“サンドロール”を見くびっておりました、、。

♪誰だっ、誰だっ、誰だ~~~ぁっ!
 空の上から落とす奴~~っ、
 し~ろ(白)~と、く~~ぅろ(黒)~のっ(じゃじゃじゃっ!)
 鳥の○~~~~~んっ!!♪

白いつばさを持つガッチャマン、なのかはわかりませんが、
この日、独身に“あるいちぶつ”を空のかなたから与えてくれたは、
白い、かは定かではありませんが、つばさを持つ、憎きあんちくしょうです。

大寒のこの日、独身はいつものように、
菓子パン求め、愛チャリを漕ぎ、市内を疾走中です。

今年は暖冬とは云え、流石に大寒ともなると、
ぐっと身も凍るような、冷え性には我慢ならぬ寒さです。

寒さ堪えて編むがセーターならば、
この独身は、寒さ堪えて愛チャリを漕ぐのであります。

しかし、大寒と云う日に限って、
なかなかナイス菓子パンは見つかりません、、。

♪さがしものはなんですか~ぁ、
 見つけにくいものですか~ぁ、
 ス~パ~Mも、100円ショップ、
 ファミマも行けど、見つからないのに、
 まだまだ探す気ですか~ぁ、
 それよりも北、目指しませんか~~ぁ、
 北のほうへっ、北のほうへっ、
 行ってみたいと思いませんか~~ぁ♪

と云うわけで、3軒のお店に立ち寄っても、
どれもいまいち、独身めがねはかちっとフォーカスしません。

ファミマに至っては、まだお食事時前だと云うに、
菓子パンコーナーの棚には、半分以上も空きスペースがあるではありませんか。

たしか、北のほうにある別のファミマも、
週末に訪れたら、棚が空き空き状態だったことがあったのですが、
まさか、独身がいつも利用しているこのファミマまで、
週末空き空き大作戦(?)を実行しているとは、
思いもしないことであります。

“あたなとコンビニ、ファミリーマート”のはずが、
これでは、ファミマほうから“あなたとコンビニ”を拒否されているかのようです。

と云うわけで、ファミマから軽く拒否された独身がつぎに向かうことにしたのが、
北のほうにあるショッピングセンターです。

ファミマもショッピングセンターも、
どちらもそんなに遠くないのですが、
両者は、独身宅を中心として、南と北に位置しているので、
ファミマからショッピングセンターのコースとなると、
いささか距離が遠くなってしまいます。

と云うことは当然、ショッピングセンターまでの所要時間は、
自宅からのコースよりも倍以上もかかってしまうわけで、
この大寒のもと、冷気にさらされるお肌への負担と云うのも、
同様に、いつもよりも大きくなってしまうわけです。

そんなことを考えると、菓子パンハンティングへ向かうことが、
いささかオックウに感じてしまうのが、この怠慢独身なのであります。

そんな、独身の怠慢っぷりに神が激怒したのか、
ショッピングセンターへ向かう道の途中、
独身に悲劇が降ってきたのです、、。

独身が愛チャリを順調なペースで漕いでいると、
前方に、路肩停車しているタクシーが視界に入ってきます。

(嗚呼、こんな狭い道に止まっちゃぁ、
 迷惑千万だよっ。)

タクシーの後方から、車がやって来るのが見えたので、
タクシーの前で、独身は一旦停止です。

そして、車がタクシーを追い越したと同時に、
独身はふたたび愛チャリを漕ぎ出します。

どうも、独身はタクシーと相性が悪いらしく、
過去、何度もタクシーにブッこまれそうになると云う、
軽く危険な目に遭わされているのであります。

(まったくっ、最近のタクシーは、
 マナーが悪い運転手ばっかしだっ!)

と、タクシーにこころ内で悪態をついていると、
独身の両ひざに、ぱすっ!と、何かが当たる感触がしたのです。

ふと、視線を両ひざにおろしてみると、
なっなんと、そこにはっ、、!

白と黒の、鳥からの“おみや(土産)”が付着しているではありませんかっ、、。

(嗚呼っ、、!!“運”がついた~~ぁっ!!)

どうやら、この空のかなたから、
この独身にいちぶつを喰らわせたは、
白いつばさのガッチャマン、ではなく、
ふつ~の鳥さん、のようです、、。

先日、Pascoの“運がアップル蒸しパン”を頂き、
これで運でもあがるといいなぁ、などと思っていましたが、
まさか、その“運”が、この“運”だと云うのでしょうか、、。

もしくは、独身の怠慢っぷりに、神が鳥に化身し、
一発喝っ!でも、喰らわせたとでも云うのでしょうか、、。

もし、あのとき、タクシーがあんな風に狭い通りに停車していなかったら、
独身は“運”とガチンコせずに済んだのです。

ほんの数秒、タクシーの前で停まったがために、
独身は空のかなたからの“おみや”と出遭ってしまったのです、、。

あの日、あのとき、あの場所で、
タクに出逢わなかったら、ジーンズはいつまでも、
こ綺麗なジーンズのまま、だったのです、、。

これが、“落下物は突然に”です、、。

この日の独身は、菓子パンのみのために外出しているので、
不幸にも、所持しているものはお財布のみ、です、、。

よって、この“運”を取り去るためのティッシュは、
持ち合わせていません、、。

これが街中だったら、無料でティッシュを配っているおねえさんを発見し、
ティッシュ目的だと悟られぬよう、何気なく、おねえさんに近づき、
ささっと、ティッシュをもらうのですが、残念ながら、
ここは至ってふつうの、閑静な住宅街です、、。

よって、いま、独身は帰宅するまでのあいだ、
“運”まみれで市内を疾走しなければならないと云う、
軽いバツゲームをひとり、実行させられているわけです、、。

信号で一時停止しているときを見計らい、
お財布に入っている本屋さんのレシートで、
“運”をささっと拭いてみようと試みたものの、
これまた不幸にも、“運”はさらさらの水っぽい状態なので、
じんわりと、ジーンズに染み込み、もはや、ティッシュをもっても、
“運”を処理することは、不可能です、、。

その後、“運”とともに、ショッピングセンターを訪れ、
この“サンドロール カスタードプリン”を手に取り、
大寒の冷風と“運”とともに、ショッピングセンターを去った、
そんな独身の週末なのでありました、、。

Pasco--サンドロール カスタードプリン。


と云うわけで、Pascoの“サンドロール カスタードプリン”です。

“サンドロールシリーズ”はいままで、
メープル&ネオマーガリン”、
ブルーベリー&ミルク”を頂いたのですが、
どこのスーパーでも、よく見かけるのが、この“サンドロール”です。

たいがい、特売されていることが多いのも“サンドロール”と云うこともあり、
なぜだか、“サンドロール”を敬遠していたようが気がします。

これは、松井選手が甲子園のとき、
全打席で敬遠を喰らったのとは、いささか事情が異なります。

松井選手の場合、あまりにも凄いバッターなため、
相手チームの監督は、ピッチャーに敬遠の指示を出したわけです。

しかし、“サンドロール”の場合、
お安くてよく見掛ける、なじみの菓子パンなので、
敬遠を喰らうようなバッターでは、ありません。

4番バッターと云うよりは、最終バッターと云った感じです。

しかし、独身はいままで、
ほとんどの“サンドロール”を敬遠してきました。

それは、どこかこころ内で、
“サンドロール”を見くびっていたのだと思います。

しかし、この“サンドロール”は、松井選手のような、
一発大ホームランではないものの、
元ジャイアンツの0番、川合選手のような、
バンドと守備に優れた菓子パンだったのですっ。

と云うわけで、“カスタードプリン”の打順が巡って来たところで、
さっそく、生地から頂いてみたいと思います。

生地は、みっちし、ぎっしりとした、
濃密生地ですっ。

人口密度で云ったら、東京都並みです(?)。

ひとくち頂いた瞬間、独身はこの食感に驚愕ですっ!

これはいきなり、初球からバンドを成功させられた、
そんな感じがしますっ。

かなりっ、ものすご~~く、キメが細やかですっ。

まるで、しなやかな絹の布のごとく、
ふんわり、さらさら、すべすべですっ!

口当たりも、かなり繊細で、
こんなに細やかで舌触りのいい生地は、
いまだかつてあったか、と云うくらい、
かなり上質な生地ですっ、、!

これには、流石の東京都知事も、
目をぱちくりさせて、驚愕するってもんですっ(?)。

繊細なキメなのですが、生地はむっちりとしていて、
ぐぐっと云う、噛み応えがありますっ。

それなのに、どこかふんわり、
ほんわりとしたやわらかさも兼ね備えているのです。

これが、武蔵の目指さんとする“二刀流”です(?)。

生地のお味は、じゅわっじゅわっと、
ジューシーな甘味が染み出てくるようですっ。

もぐもぐすればするほど、クレッシェンドのごとく、
甘味が強まります。

♪生~地がぁっ、すべ~てさぁ~あ、
 いま~こそぉっ、喰ら~ぁうよぉぉっ♪

いや、“フォルテシモ”ではなく、“クレッシェンド”です。

この甘味は、とってもまろやかで、
ミルクのような、深いコクがあります。

生地だけでも、十分においしく頂けるくらいですっ。

それに加え、生地の表面のお焦げが、
甘香ばしさをかもし出して、生地の甘味と相成って、
それが生地の旨みとなって、この独身の味覚をぎゅんぎゅん、
刺激してやみませんっ。

“ハウンドドッグ”は、残念ながら、
メンバー間で仲違いをしてしまっているようですが、
この生地の質、甘味、旨みは、まさに、
三位一体となって、うつくしいハーモニーを奏でていますっ。

Pasco--サンドロール カスタードプリン。


生地の中には、カスタードクリームと、
カラメルが入っています。

カラメルは、じゅるじゅるの、とろんとろんで、
まるで、独身の大好きな、3つで100円の、
チープなプリンのカラメルをほうふつとさせますっ。

プッチンプリンのような、リッチ、リッチャー、リッチェストの、
リッチとリッチャーのあいだくらいのプリンは、
カラメルがもっと黒っぽくて、こんなに艶々とはしていません。

しかし、3つで100円級の、リッチにはなれないプリンは、
異様にてかてかとしていて、ぷるぷるとしています。

しかし、独身にしてみれば、このリッチになれないてかてかっぷりが、
なんとも哀愁を誘うのであります。

この独身、、。

かつて、キャビアと呼ばれる品物を口にして、
その日の深夜、激しく胃がキャビアを拒否したことがあるくらい、
リッチェストの品物には、ある意味、アレルギー反応をおこすのであります。

またあるときには、ホテルの高級中華をご馳走になり、
その日の深夜、激しく胃腸が中華を拒否したことで、
リッチェストとの相性の悪さが露呈したのであります。

所詮、リッチェストのお食事は、
ヒルトン姉妹か叶姉妹あたりが頂くものであり、
独身のような庶民は、3つで100円のプリンがお似合いなのであります。

さて、“カスタードプリン”のカラメルですが、
見た目は薄っぽく見えますが、お味はかなり濃厚ですっ。

とろ~んとした、強い甘味とコクがあるのですが、
これがまた、チープでいい哀愁をかもし出しています。

これは益々、3つで100円プリンのカラメルを連想させるってもんですっ。

♪3っつ並んでチープッ(チープッ)、
 3っつ100円、チープッ(チープッ)、
 甘味強くてチープッ(チープッ)、
 安いプリン味っ!♪

これには、流石の“だんご3兄弟”もヒルトン姉妹も叶姉妹も、
一同そろって、チープと連呼したくなることでしょう(?)。

Pasco--サンドロール カスタードプリン。


一方のカスタードですが、
こちらはカラメルのぷるぷるっぷりとは相反し、
とってもまったり、ねっとり、もったりとした、
ヘビーなクリームです。

いちどお口にしたら、ごっくんしても、
しばらくは上あごに引っ付いている、
そんなまったりっぷりを発揮してくれています。

これは、流石の猪木さんをもっても、
回避出来るまったりでは、ありません(?)。

しかし、生地ががっしり、むっちりとした噛み応えがあるので、
このくらいのねっとり系でなければ、生地とは対峙することが出来ません。

クリームと生地とは、ときに仲間でもあり、
ライバルでもあるのです。

今日の仲間は明日の敵、
これが戦国の世であり、菓子パンの世でもあるわけです(?)。

お味のほうは、カラメル同様、甘味が強いカスタードです。

しかし、これもまた、嫌味がある甘さではなく、
哀愁漂う、懐かしい甘味なので、まったくクドさは感じません。

たまごも濃厚で、全体のお味も、
まったり、もったりとして、ヘビーです。

しかし、これもまた、敵対的な重みではなく、
生地の甘味、コクとも、非常にいい関係を保っていますっ。

Pasco--サンドロール カスタードプリン。


この“サンドロール”のようなコッペパンは、
縦に切れ込みが入ったものと、横に切れ込みが入ったものが存在します。

横型コッペの場合、ぱくっと生地に喰らいついたときの圧力で、
クリームがべろんと、生地一面に広がります。

よって、生地のどこから頂いても、
ほぼ平等に、クリームにありつけるわけです。

しかし、このような縦型コッペの場合、
横に比べ、生地に面する幅が狭いので、
生地の端っこから喰らった場合、
クリームにたどり着けず、お口の中は生地のみ、
と云う、かなしさ溢れる事態に陥ることが往々にしてあるのです。

三角おむすびと、菓子パンを頂いていて、
中味にたどり着けないときほど、むなしく、
また、かなしいことは、ありません、、。

これは、引出しを整理していて、
奥~のほうからおとしだまの袋を発見し、
(やった~ぁっ!)
と思って袋を中味を見てみたら、
中になにも入っていなかった、
そんながっくし感と酷似しています。
(実話。)

もしくは、むかしハマッて収集していた“チョコエッグ”の動物シリーズで、
3、4回連続して“ゴールデンレトリーバー”が出たときのがっくし感とも酷似しています。
(実話。)

しかし、この“サンドロール”の生地の場合、
生地だけでも十分おいしく頂けるほどの旨みがあるので、
別段、カスタードとカラメルにありつけなくとも、
なんら不満はありません。

むしろ、生地、そしてクリーム+生地の、
2つのお味をたのしめるくらいです。

これは、いちどに2度、アニメを楽しめる、
夏休みのこども映画のようなものです(?)。

さらに、クリームはいささか量が少なめなのですが、
カラメルもカスタードも、双方お味が濃い~ので、
お味的には、まったく生地には負けていません。

ほどんとの菓子パンと云うのは、たいがい、
中のクリームがメインになっていまうのですが、
この“サンドロール”の場合、生地もクリームも、
至って平等な間柄です。

はじめ、生地の表面の甘香ばしさがして、
そのあと、カラメルとカスタードの濃厚なお味がもったりとやって来て、
最後に、生地のじゅわじゅわ甘いコクがサブちゃんのごとく、
トリをしめるわけです。

つまり、菓子パン全体が活きているのですっ。

モーニング娘。のように、メインとサブにわかれているわけではなく、
全員がメインをはっているのが、この“サンドロール”と云うわけです。

“サンド”だよっ、全員集合っ!と云った感じです(?)。

どうやら、この日、独身についた“運”は、
この“カスタードプリン”と云う“運”にめぐり逢う、
前兆だったのかも、しれません。

しかし、この独身、いささか、
この“サンドロールシリーズ”を見くびっておりました、、。

洋服のセールでも、棚にきれいに並べなれているのではなく、
ワゴンにてんこ山になっていると、どうも、見る気が失せてしまいがちです。

この“サンドロールシリーズ”もたいてい、
お目にかかるときは、山のように詰まれた特売であることが多いので、
どうも、近寄り難くなってしまうことは、否定出来ません。

そんな勝手なイメージを己の中で膨らませてしまっていたので、
この“カスタードプリン”を手にしたときも、
一瞬、購入をちゅうしょしてしまったわけですが、
“プリン”と云う文字にひかれ、結局は足をレジへと向かわせたのです。

しかし、勝手な妄想は、真実を見る目さえ、
盲目とさせてしまうようです。

どうやら、独身のめがねは、
“色めがね”だったのかもしれません、、。

“色めがね”は、野村サッチーくらいにして頂きたいです(?)。

と云うわけで、この日、“カスタードプリン”を頂いたことで、
独身めがねは、綺麗に一掃されました。

これからの独身は、いかなる状態の菓子パンにも、
澄んだレンズを通して、吟味、選定したいと思います。


購入価格:92円。

栄養成分表示(1本当り):
エネルギー:344kcаl
たんぱく質:7.0g
脂質:9.7g
炭水化物:57.1g
ナトリウム:167mg

独身評価:★★★★★
スポンサーサイト





タグ:
スレッドテーマ: 菓子パン,グルメ

HOME

トラックバックURL


トラックバック

ヤマザキ--薄皮 よもぎつぶあんぱん(春季限定)。  | home |  Pasco--おとうふクリームパン。