FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2007年01月24日[Wed]

Pasco--板チョコサンドパン。

Pasco--板チョコサンドパン。


Pascoの今月の新作っ!
ミルクがきいてますっ。

(これっ、おいしそう~っ!
 でも、今日はもう、ほかの菓子パンを買ったから、
 これはまた明日、買いに来よう。)

と思うときもあれば、

(ん~~っ、、。
 すごい食べたいっ!ってほどではないんだけど、
 ちょっと気になるかも、、。
 でも、なんとなく、今日は食べる気しないかも、、。)

と、その場での購入をあきらめたり、
別の菓子パンを選択することは、菓子パン生活において、
往々にしてあることです。

前者の場合、翌日にふたたび同じお店に行くと、
昨日、見たばかりの菓子パンは、なぜか姿を消していたりします。

後者の場合、前者よりも食べたいと云う情熱がいささか弱いので、
翌日になると、たいてい、その存在を忘れていたりします。

しかし、皮肉なことに、後者に限って、
その菓子パンと再会する確率、もしくは、
再会するまでの日数が短かったりするのです。

実は、この“板チョコサンドパン”とは、
先週、スーパーMではじめての出逢いをすでに果しております。

そのときは、いちど手にしたものの、
なんとなく、チョコを食べたい気分ではなかったので、
ふたたび菓子パンコーナーの棚に戻し、
同じくPascoの“運気がアップル蒸しパン”を選択したわけです。

いちおうの興味を持って、
“板チョコサンドパン”の購入を検討したのですが、
強い興味があったわけではなかったので、
独身の海馬に、この“板チョコ、、”が“つぎに購入したい候補”として、
インプットされることはなかったのです。

はじめての出逢いから6日後のこの日、
独身は近所のショッピングセンターにいます。

ここのショッピングセンターは、
日替わりで特売する菓子パンが売られるわけですが、
この日は、週にいちどの98円大特売日と云うことで、
独身も勇んで菓子パンハンティングに訪れることにしたわけです。

早くも、バレンタインのチョコがでんっ!と並ぶ特設コーナーを横切り、
独身はチョコよりも、菓子パンへと一直線です。

菓子パンコーナーの手前にある、
98円特売の菓子パンが詰まれているワゴンが視界に入るなり、
独身のこころは、うきうき、わくわくですっ。

♪あんまり、うきうきしないで~ぇっ、
 独身、心臓、60~っ、
 ときどき、不整脈がある~っ、
 独身、内臓、年増よっ!♪

10代のころに精密検査をした結果、
60代の心拍だと云われた独身の心臓は、
ときどき、どきゅんっ!と、ふいに不整脈を起こすのであります。

こんなときは、ラムちゃんにでも電気ショックを喰らうべきなのでしょうが(?)、
幸いにも、独身の心臓は、いまのところ、大きな問題もなく、
順調に血液を全身に送り出しているようです。

さて、うきうきしながら、
(今日はどんな菓子パンがあるんだろう~っ!)
と、駆け出したい気持ちを抑え、早足で特設コーナーへと向かいます。

すると、独身めがねは、先週フォーカスしていた菓子パンに、
ふたたびフォーカスしたのです。

それがこの、“板チョコサンドパン”です。

つい6日前、スーパーMで出逢い、
いちどは手にしたものの、そのまま棚に戻され、
その後、独身の記憶からほぼ、データが失われかけていた、
この“板チョコサンドパン”が、こうしていま、
ふたたび独身の目の前に存在しているのです。

(あっ、また“板チョコサンドパン”だ~っ。)

“また買いに来よう”と思っていた菓子パンを、
幸運にも、再会出来たときの喜びは大きいものです。

しかし、この“板チョコ、、”のように、
“今日はいいやっ。”とスルーした菓子パンとの再会は、
別段、喜びと云うものは、ありません。

お正月の3が日、朝から晩まで、
ず~っと細木数子ちゃんが各テレビ局にはびこっているのを観て、
(嗚呼、また数子ちゃん、出てるよ、、。)
と云う、半ば、飽き飽きしたきもちが湧いてきたものですが、
こういった菓子パンとの出逢いも、数子ちゃんに対する感情と、
ある意味、似ていると云えるのかも、しれません。

しかし、独身はそれでも、
この“板チョコ、、”を買いました。

そして、独身は3が日、
ずっと数子ちゃんの番組を観ていました、、。

なぜなら、Mで見たときは、この“板チョコ、、”は、
118円で売られていましたが、このショッピングセンターでは、
特売の98円です。

なぜなら、数子ちゃんの場合は、ほかに観る番組がなかったので、
暇つぶしに、観ていたに過ぎません。

再会した菓子パンが、お安く売られているときたら、
これは買わないわけには、いきませんっ。

もしかしたら、この独身に食べられたいがために、
ショッピングセンターで、98円と云う安値で、
独身を待ち受けていたのかも、しれません(?)。

これはもう、偶然ではなく、必然的な出逢いと云えます。

そして、チャンネルをかえる度に、
数子ちゃんと出逢ってしまったのは、
必然ではなく、完全に偶然と云えます。

♪あんまり、テレビに出ないで~ぇっ、
 数ちゃん、このごろ出まくり~、
 ときどき、予言がはずれる~っ、
 だいだ(ひかるさん)の離婚は的中っ!♪

数子ちゃんを怒らせたら、ラムちゃんのごとく、
ツノがはえるので、そうそう、助言に逆らうことは、
避けたほうがよろしいようです。

そんな感じで(?)、この必然の出逢いの運命に逆らうことなく、
独身は“板チョコサンドパン”を頂きたいと思います。

Pasco--板チョコサンドパン。


と云うわけで、Pascoの新作、
“板チョコサンドパン
”です。

この“板チョコ、、”の生地は、あらかじめ、
3つの切れ目が入っているようで、手でもちぎりやすくなっています。

しかし、独身は頂く前に、ふと、考えました。

それは、生地は切れやすくなっていても、
中に板チョコがあるかぎり、完全にはちぎれないのではないか、と。

これがスター錦野だったら、
♪中に~ぃ、板チョコが~ぁ、あ~る限~ぃり~~ぃ、
 生地~とチョコ、生地~とチョコ、2つで~ぇ、ひと~ぉつ~~っ♪
と、歌っていることでしょう(?)。

独身は、このブログのために、
ナイフで半分にカットしたのですが、
もし、手でちぎっていたとしたら、おそらく、
板チョコは割れることなく、生地の2/3のほうに奪われ、
結果、はじめの1/3の生地は、
板チョコなしで頂くはめになっていたことでしょう。

もしくは、ちからずくで、
板チョコを生地と一緒に割ったとしても、
そのときの圧力で、中のクリームがうにゅっ!と、
生地からあふれ出てしまうことは、避けられないことと推測します。

これは、ハンバーガーを頂いていて、
がぶっ!と喰らいついたときの圧力で、
だんだんマヨネーズが生地から漏れ出し、
気付いたら、手がマヨだらけだった、
そんなときのがっくし感と酷似しています。

もしくは、三角にカットされたピザを頂いていて、
生地が具の重みに耐えられず、
ぺこっ!と、生地が“おじぎ”をした結果、
具がぺとっ!と、下に垂れてしまった、
そんなときのがっくし感とも酷似しています。

そんながっくし感を味わいたくないならば、
生地をあえてちぎらず、そのままかぶりつくのが賢明かと思われます。

しかし、この生地はハンバーガーのごとく、
生地が上下に分かれているので、
必然的に、クリームが生地からはみ出てしまうことは、
避けられません。

いずれにせよ、ブルマの“はみパン”と、
上下セパレト型の菓子パンの“はみクリ”は、
避けて通れぬ“さだめ”なのかも、しれません(?)。

あ、そう云えば、お正月の数子ちゃんの番組で、
数子ちゃんの胸元から、レースの下着がちろっとはみ出ていたのですが、
あれは避けられなかったのでしょうか、、。

さて、生地からちろっとはみ出ている板チョコを気にしつつ、
さっそく生地を頂きたいと思います。

まず、袋を開けると、
チョコの甘い香りがふわっと鼻腔を刺激します。

この、袋を開けた瞬間の香りと、
焼き立てのパンの香りと云うのは、
まさに、至福のときと云えますっ。

思わず、鼻の穴をおっぴろげて、
なんどもくんくんして、香りを吸い込んでしまうのが、
この独身です。

生地を見る限り、キメが粗めなので、
ぽそぽそしているのかと思いきや、
実際に頂いてみると、適度なしっとり感があります。

完全なしっとりではありませんが、
気になるほどのぽっそり感があるわけではないので、
このくらいのしっとりは許容範囲です。

キメが粗いと云うか、気泡がふつふつあるので、
生地はとってもふんわりとしていて、軽やかです。

分厚い生地なのに、まったくずっしり感がないのは、
この気泡によるふんわり感のためだと思われます。

♪生地に~ぃ、ふつふつが~ぁ、あ~る限~ぃり~~っ♪

これには、流石のスター錦野も、
このふんわりっぷりに、思わず、
♪愛して~る~~ぅ、ほんとに~~っ♪
と、ぞっこんとなってしまうことでしょう(?)。

生地にはふんわり感があるのですが、
ぶ厚い生地なので、どこか噛み応えのような食感もあります。

この厚みは、ふんわりと噛み応えの、
2つの食感を演出するためのものなのでしょうか。

生地のお味ですが、ほんわり、ふんわり、
やさしいココア味です。

苦味があるココアでもなければ、甘味のあるココアでもありません。

いい意味でシンプル、ツッコんで云えば、
薄味、味気なし、です。

お粉、ココア、イースト、油分、塩、お水のみの、
基本的な生地、と云った感じです。

どうやら、この“板チョコ、、”は、
中のクリームと板チョコが主役なようです。

Pasco--板チョコサンドパン。


ショッピングセンターで、この“板チョコ、、”を見たとき、
袋の写真のホイップクリームが、いささか薄目だったので、
きっと、実物も少量なんだろうなぁ、と思っていましたが、
上の生地をぱかっとはずしてみると、意外や意外、
ホイップはたっぷりと入っていることがわかります。

いい意味で、独身の予想を裏切ってくれていますっ。

ホイップは、とってもほわほわとしていて、
空気感があります。

7分立ての一歩手前、と云った感じで、
適度なゆるゆる感もあります。

量がたっぷりなのに、もったり、ぽってりとした重みを感じないのは、
ホイップの空気感によるものだと思われます。

少々、ぬめっと感があるのですが、
お口の中で、ふわっと軽やかに溶けていくので、
口当たりは、わりとすっきりとしています。

別れから十数年経って、
どろどろの恋愛模様を暴露する某女優のような、
後味べっとりタイプのクリームでは、ありません(?)。

お味のほうは、甘味も控え目で、
わりとすっきりとしていているので、
濃厚チョコでは、ありません。

しかし、ミルクのコクがしっかりとしているので、
すっきりながら、どこかずんっ!とした、
強さがあるホイップになっています。

チョコ対ミルクの割合は、半々か、
ミルク少し多めと云った印象で、
チョコのどぅんっ!とした攻撃性はなく、
ミルクのまろやかさとやわらかさのほうが強めです。

どこか、ほわほわとしていて、
和やか~な印象を持つ、山口もえさんのようなホイップのお味です。

Pasco--板チョコサンドパン。


上の生地をぱかっとはずしてみると、
中の板チョコは、結構なちいさめなチョコであることがわかります、、。

これは、レストラン前のサンプルを見て、
エビフライを注文したら、実物はサンプルよりもはるかにちいさかった、
そんながっくし感と酷似しています。

もしくは、はじめてTMレボレボの実物で観たら、
テレビで観るより、はるかに小柄だった、
そんな意外さとも酷似しています。
(実話。)

なるべくなら、生地と板チョコの幅と、
レストランのサンプルと実物の大きさは、
同じであって欲しいと願うのは、
独身おんなのわがままなのでしょうか、、。

板チョコは、さほど厚みがあるわけでもないのですが、
ものすごく、存在感があります。

ぱりぱり、ぼりぼりの、硬めのチョコです。

こういった菓子パンに入った板チョコは、
ぱりぱり感があっても、周囲がわずかにぐにっとしていることがあるのですが、
この板チョコに至っては、かなりのぼりぼりっぷりです。

音で例えたら、木琴のような、乾いた感じのするチョコです。

これは、おそらく、生地を手でちぎろうとしても、
そう、容易にはチョコまで割ることは出来ないでしょう。

やはり、そのままちぎらずに、
ぱくっと喰らいつくのが賢明のようです。

Pasco--板チョコサンドパン。


板チョコのお味は、ミルクチョコなのですが、
ホイップクリームのようなミルク濃厚では、ありません。

しかし、まろやかなミルク感があるチョコで、
ごくシンプルなミルクチョコです。

やはり、適度な厚みがある板チョコなので、
生地とホイップと相成ると、ずんっ!としたアクセントがあります。

生地もホイップも、すっきり、あっさりとしているので、
板チョコのアクセントが加わると、全体のお味がぐんっ!と引き締まります。

おそらく、ホイップだけだったら、
物足りなさを感じていたかも、しれません。

チョコがあることで、ほんわりとした生地とホイップに、
強さがつけたしされるわけです。

これが、
♪ほ~んわ~りとぉ、ふ~んわ~りとぉ、
 チョコ~のつ~よ~さ(強さ)と~~ぉ♪
ってやつです(?)。

with t.komuroの場合、どこかt.komuroが目立っていた感がありましたが、
この“板チョコサンドパン”の場合、板チョコが目立っていながらも、
生地のふんわりとホイップのミルクのコクが、
板チョコを引き立てているようでもあります。

チョコが引き締めている陰で、
ホイップとミルクチョコのミルクのコクによって、
全体をまとめられている、そんな、陰のちからを感じさせるお味です。

云わば、ミルクは大御所、家康です。

隠居したとは云え、隠居先から幕府の実権を握っていた、
そんな家康的な存在が、ミルクと云うわけです。

♪チョコに~ぃ、ミルクコク~、あ~る限~ぃり~~ぃ♪

これには、流石のスター錦野も、
この菓子パンに、スター(★)4つ、
あげたくなることでしょう(?)。


購入価格:98円。

栄養成分表示(1個当り):
エネルギー:421kcаl
たんぱく質:8.4g
脂質:16.3g
炭水化物:60.1g
ナトリウム:264mg

独身評価:★★★★☆
スポンサーサイト





タグ:
スレッドテーマ: 菓子パン,グルメ

HOME

トラックバックURL


トラックバック

板チョコ from 板チョコを...
デザート#食事のデザート''dessert''は本稿で記述。#''desert''は砂漠を意味する英語。----デザートとは、主食の後に出す果物、菓子、アイスクリームなどのことをいう。近年では、スイーツと呼ぶ傾向にある。:''dessert'' (デセール)からなまった言葉のようで、意味は「追 ,,,Read More

Pasco--おとうふクリームパン。  | home |  ミニストップ--ふんわりチーズクリーム~穂・敷島製~。