FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2007年01月25日[Thu]

ミニストップ--ふんわりチーズクリーム~穂・敷島製~。

ミニストップ--ふんわりチーズクリーム~穂・敷島製~。


ミニストップ、今週の新作っ!
一点集中型、です、、。

♪どおしてっ、ど~ぉしてっ、サ~ァクルK~、
 菓子パン、少ない~ん~だ~ぁろ~ぉ、
 食事ま~え(前)だ~と~ぉ、云うのに~~ぃっ♪

と、なんどリフレインしたとしても、
目の前の現状を、この独身が変えられる術は、ありません。

ここ最近の独身は、
気付けばPascoの菓子パンばかりを頂いています。

偶然、独身の視床下部が反応した菓子パンがPasco製であっただけで、
別段、意図的にPasco製を選択しているわけでは、ありません。

本来なら、幅広く、いろいろなメーカーの菓子パンを頂きたいのですが、
今月の各菓子パンの新作は、いささかいつもよりも意気消沈気味に思えてなりません。

もっと探せば、ナイス菓子パンがあるのかもしれませんが、
独身がふだん訪れているお店やスーパーなどでは、
なかなか今月の新作とは、お目にかけられずにいます。

各メーカーのサイトでチェックして、
(あっ、これはおいしそう~っ!
 絶対に食べたいっ!!)
と、思い、あちこちお店で探すわけですが、今月は、
そんな独身の情熱は、いささか空回り、三振の状態が続いているわけです、、。

野球ならば、監督に2軍への降格を告げられるところですが、
独身の菓子パン生活において、三振続きでも、
バッドを振り続けなければなりません。

それが、独身が己に課した、
菓子パンハンターとしてのおきて、なのであります。

そんな、Pascoの連続、新作菓子パンの三振を払拭するがため、
ここは、最近訪れていないコンビニにでも、行ってみようではないか、
と、まず、独身は近所のサークルKサンクスへと向かうことにしたのです。

サークルKに到着し、さっそく菓子パンコーナーへと直行するわけですが、
独身の視界に入って来たのは、大好きな菓子パン、ではなく、
掃除機、です、、。

菓子パンの棚の前に、でんっ!と、
掃除機が置かれているではありませんか、、。

これはおそらく、店員さんのお掃除途中、
ほかの仕事のため、一時、掃除機をそのままに置いておいたものと考えられます。

そんなことは気にせずに、さっそく菓子パンの選定に入るわけですが、
独身の視界に入って来たのは、数多の菓子パンたち、ではなく、
空白だらけの、菓子パンコーナーです、、。

棚を見渡してみると、実に半分以上が空きスペースです、、。

時計を見ると、これからお食事時がはじまると云うに、
この空白っぷりは、いったいどういうことなんでしょうか、、。

この独身が、いささかフライングしてしまったとでも云うのでしょうか、、。

それとも、目の前にある掃除機で、
菓子パンを吸い込んでしまったとでも云うのでしょうか。
(いや、それはない。)

ひさびさに訪れたサークルKだと云うに、
独身には、菓子パンを選択する権利すら、与えられていないようです。

と、菓子パンコーナーでしばし茫然としていると、
店員さんがやって来て、置いてある掃除機にスイッチを入れ、
ふたたび掃除をはじめています。

んが~が~っ!と、掃除機は独身目掛け、
ごみを吸いつつ、至近距離から軽く突進(?)して来ます。

(嗚呼、なるほど。
 これは、独身に“どけ”と云う、
 店員さんの暗黙の要求なのだろう、、。)

あまりにも、至近距離で掃除をはじめられたので、
流石の独身も、菓子パンの選定を早々に中断し、
そのままサークルKをあとにしたわけです、、。

まあ、店員さんがお掃除をはじめなくとも、
独身は早々に別のお店へと向かっていることでしょう。

そう云えば、数週間前の週末も、
2軒のファミリーマートで、食事時前にも関わらず、
菓子パンの棚が空白だらけだったと云うことが、
何度かありました。

いずれも、いままでのファミマには、なかった現象です。

菓子パンメーカーの新作に空振りが続くなら、
コンビニもならって(?)、この独身に三振を喰らわせようとしているのでしょうか、、。

だとしたら、松坂投手並みの、
もの凄い豪腕ピッチャーであることが伺えます(?)。

相手が松坂投手なら、この独身も早々に諦めますが、
菓子パンとなれば、諦めるわけには、いきません。

己が納得するまで、寒かろうと、
道路工事で迂回しなければならなくとも、
独身は南船北馬するのであります。

さて、サークルKで掃除機に軽く追い出された独身ですが、
つぎに向かうは、ミニストップです。

いままでの菓子パン生活の中で、
ミニストップの菓子パンを頂いたのは、
たったの3回、です。

この回数からして、
独身がほとんどミニストップを訪れていないことがわかります。

と云うか、月に3、4回程度は行くには行くのですが、
たいてい、独身好みの菓子パンとは、めぐり逢えずにいるわけです。

ナイス菓子パンがあったとしても、
それはたいてい、ミニストップのオリジナルではなく、
菓子パンメーカーの菓子パンだったりするので、
割引されているほかのお店やスーパーに、同じものを探しに行ってしまうのです。

そんな、決して相性がいいとは云えないミニストップですが、
この日、独身が久々に訪れてみると、さきほどのサークルKとは大違い、
菓子パンが棚にずっしりと並んでいるでは、ありませんかっ。

こういった光景こそ、
この独身にうきうき気分にさせてくれるってもんですっ。

しかも、今週の新作は、この“ふんわりチーズクリーム”を含め、
ほかにも数点、ナイス菓子パンがそろっているでは、ありませんかっ。

不振が続いている今月の各菓子パンメーカーにおいて、
このような、ナイス菓子パンの選択に迷うのは、
ほんとうに久々のことであります。

今月はずっと、
(嗚呼、いったいどこにナイス菓子パンがあるんだ、、。)
と、その日に訪れるお店の選択から悩んでいたのですが、
こういった、
(どっちの菓子パンを買おうっ!)
と云う、わくわくの悩みは、今月はほとんどなかったことです。

そんな中、この日、独身が選んだのが、
この“ふんわりチーズクリーム”です。

ほかに、いちごとチョコの2つの菓子パンが候補にあがったのですが、
チョコは昨日、Pascoの“板チョコサンドパン”を頂いたばかりで、
いちごは、今月はよく見かける素材と云うことで、
この“ふんわりチーズクリーム”が当選したわけです。

宮城県の選挙の場合、7万票以上の差があったようですが、
ミニストップ、今週の新作菓子パンの選挙(?)では、
ぎりぎりまで、接戦が繰り広げられた模様です。

しかしっ、、。

久々のわくわく菓子パン選びに浮かれている独身ではありますが、
このあと、淋しいチーズクリームを味わうことになるとは、
このときは知る由もなかったのです、、。

ミニストップ--ふんわりチーズクリーム~穂・敷島製~。


ふんわりしたパンで、
 コクのあるチーズクリームを包みました
。”

と云うわけで、今週のミニストップの新作、
ふんわりチーズクリーム”です。

前回、ミニストップの菓子パンを頂いたのは、
昨年8月の、“杏仁豆腐蒸しパン”です。

あまりにも、ミニストップの菓子パンを頂く頻度が少ないので、
独身の海馬は、あまりミニストップの印象が強くインプットされていません。

と云うわけで、この“ふんわり、、”を購入するとき、
たしか、以前に同じようなチーズの菓子パンを頂いた気がして、
思わず、“かぶって”いないかと、一抹の不安がよぎったことは、
否定出来ません。

しかし、PCで確かなデータを確認してみると、
同じような菓子パンではありましたが、
ふんわりレアチーズ”と云う、
レアとノーマルチーズの違いでしたっ、、。

これは、長嶋さんと、
プリティ長嶋さんの違いのようなものです(?)。

もしくは、長州力さんと、
長州小力さんのようなものでしょうか(??)。

それとも、加勢大周さんと、ニセ加勢大周さん、、(???)。

さて、さっそく生地ですが、
その名の通り、まさに、ふんわり感満載な生地です。

と~ってもほわほわ、ふわふわの軽やかですっ。

お日さまの陽日をたっぷり浴びた、
ふかふかのお布団のごとく、あたたかみを感じさせるふかふかっぷりですっ。

ほわほわのクリームには、よく空気感が含まれているものが多いのですが、
生地に空気感を感じるのは、この“ふんわり、、”がはじめてかも、しれません。

さらに生地は、ふんわりだけでなく、
わずかにみっちり感もかねそなえています。

ひとつひとつの生地が、強く結束している、
そんな、生地同士の結びつきのような、みっちり感があります。

そのため、はじめはふんわりとしているのですが、
何度かもぐもぐしていると、やがて生地は、
軽くむっちりとしてくるのです。

フォークボールのような、落ちるボールではなく、
ソフトボールのような、上にぐいんっ!とあがるボールのような生地です。

“ソフト”な、だけに、、。
(!)

しかし、ひとつ、気になる点があるとすれば、
それは、いささか、もそもそとしていることです。

軽やかではありますが、
そのかわり、しっとり感はありません。

これが、“2兎追うものは、1兎も得ず”ってやつでしょうか。

しかし、生地はとっても繊細で、口あたりがいいので、
もそもそでも、お口がくすぐったくなるような、
不快なもそもそでは、ありません。

これが、“もそもそ転じて、ふんわり成る”ってやつでしょうか(?)。

生地のお味ですが、ふんわり、軽いむっちりの食感とは相反し、
と~~てもシンプルです。

小麦のみの、1本勝負っ!と云った感じです。

変化球を知らない“タッチ”の達也のごとく、
ストレートオンリーのピッチャーと云ったお味です。

こういったチーズ系の菓子パンと云うと、
たいてい、生地には塩気があったりするのですが、
塩気もなければ、甘味もない、まるで、笑顔がないと云われた、
ひとむかしの“ウィンク”のごとく、素っ気無い印象のお味です。

いい意味で、ふんわりとした小麦風味、
ツッコんで云えば、味気ねぇ~っ、です。

どうやら、淋しいのは熱帯魚、ではなく、
生地のお味のようです(?)。

♪生~地に、味~ぃ、な~~ぁい~~っ、
 独身~、思~ぉい~をぉ、ジョ~クにしないで~ぇ♪

ミニストップ--ふんわりチーズクリーム~穂・敷島製~。


生地の中には、2種類のチーズが入っています。

上部にちょこっとある白いチーズと、
ぽってりとある黄色いチーズです。

黄色いほうは、カスタードのようにもったりとしていて、
軽くお口にはりつきます。

しかし、なめらかさはあります。

お味は、チーズのじゅわっとした酸味と、
ずんっ!とした、深いコクがあって、濃厚チーズですっ。

チーズクリームと云うと、
レアチーズのような、レモンの酸味があったりするのですが、
このチーズは、レモンと云うより、チーズ本来の酸味です。

はじめに酸味がするのですが、やがて、
ディープインパクトの追い上げのごとく、
コクがじわじわと、酸味を追い掛けて来ます。

このコクは、チーズのコクなのかと思っていたのですが、
なにやら、甘味があって、まろやかさのようなものを感じます。

どうやらこのコクは、たまごによるものだと推測出来ます。

カスタードのような、たまごの卵黄の濃厚さと甘さ、
これが、チーズの酸味と相成って、互いを切磋琢磨、
独身の胃と云うゴールに向かって、味、まっしぐら、と云うわけです。

チーズとカスタード、ひとつでふたつのお味を楽しめる、
そんな、“おすぎとピーコさん”のようなクリームですっ(?)。

あっ、“ザ・たっち”でもいいです。
(“まな・かな”でも、、。)

ミニストップ--ふんわりチーズクリーム~穂・敷島製~。


一方の、白いチースのほうですが、
こちらは、あまりにも量が少ないので、
お味、食感共に、ほとんど確かめることが不可能でした、、。

唯一、わかったことは、
黄色いクリームのような、はりつくようなねっとり、
ではなく、みっちりとした、ぼってり感のある、
硬いクリームである、と云うことです。

お味は、はっきりとはわかりませんが、
酸味がない、ふつうのチーズのような感じがしますが、
定かではありません。

この量で、この“ふんわりチーズクリーム”として、
いったい、なにがお出来になると云うのでしょう。

これには、流石の万俵家の執事、相子さんだって、
「あなたになにがお出来になってっ?」
と、この白いチーズを見下し、そう、ののしることでしょう(?)。

阪神銀行が、金融再編の波に飲み込まれるなら、
この白いチーズは、黄色いチーズに飲み込まれるってもんです。

“ウォーリーをさがせ”で云ったら、
この白チーズはウォーリーです。

中のクリームに注目することなく、
そのまま食べ進んでいたら、おそらく、
この白チーズに気づくことはないでしょう。

♪あの~ぉ、消~えそ~ぉで~ぇ、少~ぉ量~ぉな~ぁ、
 白いチ~ズの~~ぉ♪

あの燃えそうなワインレッドのごとく(?)、
あるならあるで、もっと量的にもお味的にも、
存在感を出して頂きたいです。

もしくは、こんなに少ないなら、いっそ、
消えそうなワインレッドのごとく(?)、
なくなってしまえばいいのですっ。

白と黄色いチーズで比較したら、
黄色のほうが圧倒的に量が多いので、
結果的に、お味も黄色の圧勝です。

一見すると、クリームはぽってり、
たくさん入っているように感じるのですが、
一点集中型で、生地の中央に、丸く、ぼてっとあるだけ、です。

おにぎりで云ったら、梅干です。

全体に梅干があるのではなく、
中央にちょこっと梅干があるようなものです。

いくら、チーズの酸味があるからと云って、
これでは、梅干食べてスッパマンも、変身出来きやしませんよっ(?)!

生地とクリームが相成るかしょは、濃厚クリームが生地に圧勝ですが、
クリームの部分が過ぎてしまうと、あとは生地オンリーです。

まるで、あんこが入っていないたいやきのしっぽを食べているようです。

いやっ、たいやきのほうが、
よっぽど生地に味があるってもんですっ。

この“ふんわり、、”の生地は、すでに上記したように、
質素と云うか、素っ気無い小麦のみのお味です。

よって、濃厚チーズクリームが過ぎれば、
あとは虚しさ満載の生地が待ち受けているわけです、、。

♪チーズ is over~、
 さみしいけれど~、おわりにしよう~、
 生地があるから~ぁ~っ♪

いや、Love is overでも、
チーズだけは、おわりにしたくはありませんっ、、(?)。

せっかく、おいしいクリームだと云うに、
量的に少ないと云う理由だけで、自らの首を締めているようなものです。

なんてマゾ的なクリームなんでしょう、、。

♪やっ、めっ、てっ!マゾクリ~ムッ!
 とっ、めっ、てっ!マゾクリ~ムッ!
 量が~~ぁ、量が~~ぁ、少なっくなる~~っ
 (少なっくなる~~ぅ)♪

ロマンティックどころか、
ロンリネスが止まらないってもんです(?)。

どうやら、ほんとうに淋しいのは、
生地のお味ではなく、このチーズクリームなのかも、しれません。


販売価格:105円。

栄養成分表示(1個当り):
エネルギー:286kcаl
たんぱく質:5.9g
脂質:13.1g
炭水化物:36.0g
ナトリウム:210mg

独身評価:★★★☆☆
スポンサーサイト





タグ:
スレッドテーマ: 菓子パン,グルメ

HOME

トラックバックURL


トラックバック

Pasco--板チョコサンドパン。  | home |  ヤマザキ--なめらかダブルジャムパン。