FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2007年02月01日[Thu]

サークルKサンクス--生チョコサンド~Deli Plus Bakery・山崎製~。

サークルKサンクス--生チョコサンド~Deli Plus Bakery・山崎製~。


サークルKサンクス、今週の新作っ!
主役、降板、、?

数多の菓子パンが、世に存在している中で、
いかにナイス菓子パンに出逢えるか、それは、
己の運と、菓子パンを見極める眼にあると思われます。

出来ることならば、観光地のお土産売り場のように、
ひとくち、試食することが出来れば、いわゆる、
購入を後悔するような菓子パンを買わなくて済むわけです。

しかし、それが不可能であるからこそ、
袋から見える生地や、袋の説明書きから、
お味を想像するしか、道はないのです。

しかし、じっくりとひとつの菓子パンと対峙し、
そのものを想像したとしても、残念ながら、
己の目が節穴だった、と云うこともあるわけです。

逆に、なにも考えずに、ぱぱっと購入を決めてしまったものに限って、
予想外においしかった、と云う菓子パンもあったりするのです。

つまり、それだけナイス菓子パンとの出逢いと云うのは、
困難を極めると云うわけです。

先日、独身は各コンビニから発表された、
新作菓子パンをチェックし、その結果、
ファミマの“とろけるショコラパン”に視床下部が反応し、
即、購入したわけです。

その一方で、実は、
このサークルKサンクスの“生チョコサンド”にも興味を持っていたのですが、
“とろける”と云う動詞のひとことが、ファミマを優先させる要因となったのです。

それだけ、“とろけるショコラパン”と云うネーミングに、
インパクトがあった、と云うわけです。

連日、チョコ系の菓子パンが続くことに、
いささか、ためらいがありましたが、
やはり、いちど興味をひかれた菓子パンを、
ほっておくわけには、いきません。

♪チョコレ~ト~、入ってる~、し~ん~さ~く(新作)パ~~ァン、
 視~床~下~部、ひ~か~れ~て、
 買~ぁっち~~ぁゃった~~ぁ♪

これには、流石の異人さんも、
この“生チョコサンド”に惹いてしまうってもんです(?)。

と云うわけで、赤い靴、ではなく、
黒いコンバーズを履いてる独身さんは、さっそく、
赤い看板のあるサークルKサンクスへと向かっています。

菓子パンコーナーに着き、目的である“生チョコサンド”を探すわけですが、
いちばん目立つであろう、上の棚には、先週、もしくは、
それ以前に発売された菓子パンが並んでいます、、。

どうやら、コンビニでは、新作=いちおし商品、
と云うわけでは、ないようです。

と、ここで視線を2段目に移すわけですが、
そこに、なんだか申し訳なさそうに、
この“生チョコサンド”が陳列されているのを、
独身めがねがようやっと、発見したわけです、、。

これは、生徒会長は結構目立つのに、
一方の副会長は、いったい誰か就いているのかわからない、
そんな副会長の哀しき事情と酷似しています(?)。

もしくは、五輪選手に選ばれるだけでもすばらしいことなのに、
サブメンバーと云うだけで、メインメンバーとは相反し、
ほとんど脚光を浴びることがない、そんなサブの事情とも酷使しています(??)。

そんな、北島サブちゃんも、思わずはるばるサークルKに来て、
この“生チョコサンド”をさがしてしまうところですが(?)、
2段目と云う、微妙~な場所にあるわりには、
126円と云う、菓子パンにしては、結構なお値段です。

独身が、迷うことなく購入出来るお値段は、
せいぜい、100円前後です。

これが、120円を超えると、
独身の許容範囲は、ぎりぎりです。

これには、胃もきりきり舞いってもんです(?)。

しかし、お値段がする分、
きっと、素材なんかにこだわりがあるに違いないっ!
と、己を納得させるわけです。

そうでもしなければ、120円超えに負けてしまうのです、、。

これが、もし、驚愕するくらいのナイス菓子パンならば、
120円超えした事実も、思わず忘れてしまいます。

しかし、値段相応には思えない菓子パンだった場合、
これは、己の見極めるちからのなさに、愕然とするってもんです、、。

さて、この“生チョコサンド”は、
買って正解の菓子パンなのか、それとも、
分不相応の菓子パンなのか、さっそく頂いてみたいと思います。

サークルKサンクス--生チョコサンド~Deli Plus Bakery・山崎製~。


と云うわけで、サークルKサンクスの今週の新作、
“生チョコサンド
”です。

外見は、とってもシンプルで、
すっきりとした菓子パンのように思えるのですが、
“生チョコ”と云う響きが、なんとも食欲をそそるポイントとなっています。

いわゆる、“脳あるタカは”ってやつでしょうか(?)。

もしくは、“わたし、脱いだらすごいんですっ”、
的な菓子パンなのでしょうか(??)。

思わず、
「欧米かっ!」
と、ツッコんでしまいそうな、
“Deli Plus Bakery”の“生チョコサンド”ですが、
生地は、むちむちで、ソフトと云うより、
柔軟性のある弾力を持ち合わせています。

外側の“耳”部分は、ハリがあって、
ぐぐっとした噛み応えがあるのですが、
それとは相反し、内側は柔軟です。

外と内側がフュージョンすると、
ぐぐっ!と、むちむちが相成って、
ほぐほぐの、しゃくしゃくで、歯切れがいい生地になるわけです。

2つの食感と、それらが相成った食感が楽しめる生地ですっ。

これが、あの、“あずさ2号”の狩人だったら、
まず、お兄さんの歌声に聞き惚れ、そのつぎに弟さんの歌声、
そして、おふたりのハーモニーに魅了されているところです(?)。

♪は~ぁっごたえ(歯応え)あ~りの~~っ、
 むちむち生地で~~ぇっ、
 わたしはわたしはあ~の~生地をっ!(ジャンッ!)、
 そ~しゃ~く(咀嚼)し~~~ぃ、まぁす~~~ぅ♪

ナイス菓子パン求め、菓子パンハンターとして、
日々、愛チャリで旅立つのが、この独身です。

生地のお味のほうですが、チョコがマーブル状に折り込まれているので、
見た目からすると、チョコ風味満載のように思えます。

しかし、実際に頂いてみると、チョコはほとんどしません、、。

お口の奥~~~っ、のほうで、
かすかにチョコ風味がするかな~~ぁ、と云った具合です、、。

♪か~ぁすかに、ふんっ、チョコ~っぽい~~っ♪

これには、流石の静香さんも、
無言になってしまうってもんです(?)。

軽い甘味がするのですが、これがチョコなのか、
はたもや、プレーンのほうの生地の甘味なのか、
よくわかりません、、。

アメを使えば、やさしいお味なのですが、
ムチを使うならば、味気なし、と云った感じです。

なんか、材料入れ忘れましたか、
と、訊ねたくなるような、そんな物足りなさがある生地です、、。

これがお味噌汁だったら、
出汁を取り忘れたお味と云った感じです。

もしくは、これがチャーハンだったら、
塩、胡椒なし?と云った感じです。

さらには、これが某捏造番組だったら、
証拠根拠なし?と云った感じです(?)。

サークルKサンクス--生チョコサンド~Deli Plus Bakery・山崎製~。


中の生チョコですが、その様を確認しようと、
2枚重なっている生地を、ぺろっとはがしてみるわけですが、
その途中で、ふたたび生地を閉じてしまいました、、。

その真相はのちほど、、。

生チョコですが、ミルクチョコと云った印象で、
とってもまろやかな甘味があります。

昨日の“とろけるショコラパン”のチョコは、
もっと、カカオ濃厚だったのですが、
こちらのチョコは、ミルクの甘味のほうが強めです。

しかし、チョコがいささか、ぷすぷすとしています、、。

口あたりが悪いわけではないのですが、
なにか、水分が飛んでしまい、なめらかさが失われてしまった、
そんな、真冬の乾燥肌のような状態です、、。

生地に、ほとんどチョコ風味がなかったので、
この生チョコがあることで、ようやっと、
これがチョコパンであることを実感するわけですが、
それは、この“生チョコサンド”を頂いている始終、
実感出来ることでは、ありません、、。

と云うのも、この生チョコ、
いかんせん、量が少な過ぎ、です、、。

中央部分に、ぺっ!と、軽くチョコを乗っけた、
そんな感じの、チョコの量です、、。

生地の量に対し、チョコの量はわずか、
5%と云った印象です、、。

これには、思わず、
「消費税かっ!」
と、ツッコみたくなるってもんです。

この量は、おそらく、スプーンにして、
約、小さじ1半、だと思われます。

これには思わず、生地をぺろっとめくって、
確認する手も、ふたたび閉じてしまうってもんですっ。

♪手~先~を閉~じて~、生~地を~喰ら~うよ~ぉ、
 ちょこっとし~か、チ~ョコない~~~~~ぃいっ♪

これには、流石の平井堅さんも、
このチョコの少量っぷりに、
瞳を閉じて、嘆き哀しむってもんです(?)。

少量なうえに、中央部分にしかないので、
ここを食べ終えてしまえば、虚しさ満載の生地オンリーです、、。

この虚無感を、なんとか解消せんと、
トースターで軽くチンしてみました。

サークルKサンクス--生チョコサンド~Deli Plus Bakery・山崎製~。


すると、水分ぷすぷすの生チョコは、
情熱的にチンされたことで、とろとろになっています。

チョコの甘味もアップして、ここでようやっと、
チョコらしくなったようです。

生地のほうは、サクサクになったものの、
むちむち感はそのままで、また新たな食感が生まれています。

しかしっ、生地にチョコが復活することは、ありません、、。

生チョコのように、味が強くなることを期待していたのですが、
どうやら、それは期待はずれにおわったようです、、。

これはまるで、主役がいないドラマのようです、、。

以前、押尾学さんと、ともさかりえさんのドラマを観ていて、
てっきし、ともさかさんが主役だと思いきや、実は、
押尾さんが主役だったことが後に判明したことがあったのですが、
そんな感じで、主役であるチョコより、生地のほうが、
印象が強くなってきます、、。

その生地のほうも、ほとんどチョコ感なしの、
味気なしの生地です、、。

もう、この菓子パンの主旨もわからんってもんですっ。

このお味で、126円はないだろうっ!
これが、独身のこたえです、、。

これこそ、分不相応ってやつです。

どうやら、独身の菓子パンを見極めるちからは、
まだまだ、鍛錬が必要と云えるようです、、。


販売価格:126円。

栄養成分表示(1包装当り):
熱量:368kcаl
たんぱく質:7.3g
脂質:17.2g
炭水化物:46.1g
ナトリウム:280mg

独身評価:★☆☆☆☆(1.5)
スポンサーサイト





タグ:
スレッドテーマ: 菓子パン,グルメ

HOME

トラックバックURL


トラックバック

ファミリーマート--とろけるショコラパン~こだわりパン工房・山崎製~。  | home |  のっぽパン--はちみつ(2月発売・期間限定)。