FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2007年02月14日[Wed]

サークルKサンクス--スイートブレッド(アップル&チーズ)~Deli Plus Bakery・山崎製~。

サークルKサンクス--スイートブレッド(アップル&チーズ)~Deli Plus Bakery・山崎製~。


サークルKサンクス、地域限定の新作っ!
正解は、Aではなく、B、でしたっ、、。

昨日の、ミニストップの“ハイカカオチョコデニッシュ”で、
ほかの菓子パンとの取捨選択は困難を極める、
と云うことを、さんざ、くどくどと、書きつづってみました。

当初は、“ハイカカオ、、”を目的としてミニストップを訪れたものの、
ほかの、新作ナイス菓子パンたちと出逢ってしまったがために、
独身のこころは乱れ、まさに、“かごめがごめ”のごとく、
4つの菓子パンが独身を取り囲み、ぐるぐると、回っていたのです、、。

「うしろの正~面っ、だ~ぁあれっ(誰)!?」
と、菓子パン自身が、独身の背後で止まってくれればいいのですが、
そうはいかないのが、菓子パンハンティングです。

独身が決意しない限り、延々と菓子パンはまわり続けるわけです。

いちどは、“ハイカカオ、、”を手に取った途端、
ほかの菓子パンが魅力的に見えてきて、
それと交換してみたものの、やはり、
前者のほうも捨て難く思えてくる、
そんな孤独なやり取りを、しばし、繰り返していたのが、
この、優柔不断極まりない、独身です、、。

テストの解答で、はじめAと記入したものの、
後々になって、なんとなくBが正解のような気がしてきて、
Aを消してB、と書き直したものの、終了時間間際になって、
突然、やはりAのような気もしてきて、AとBのどちらにしようと迷ったあげく、
あとに考えついたBにしてみたのですが、結局正解はAで、
(嗚呼、やっぱし、消さなければよかったぁっ!)
と、激しい後悔の念にかられる、と云うことは人の常、
と、昨日も書きましたが、昨日の独身は、A、B、C、Dの解答で、
さんざ、悩んでしまったわけです。

しかし、結局は、初志貫徹と云うモットーのため、
“ハイカカオ、、”を購入することにしたわけです。

ところが、そんな、己のモットーが災いしたのか、
独身の期待を見事、裏切ってくれたのが、“ハイカカオ、、”だったのです、、。

カカオ度もハイ、ならば、
独身のがっくし度もハイってもんです、、。

これには、流石の桜塚やっくんでなくなって、
「がっかりだよっ!!」
と、激高するってもんです。

と云うわけで、二者択一、もしくは、複数択一のとき、
いったい、どういったこころ持ち(?)で選定すればいいのか、
しばし、独身は迷い続けるであろうことを感じたわけです。

さて、迷い悩んだとしても、ナイス菓子パンが世に溢れている限り、
独身の菓子パンハンティングは線路のごとく、続いていくのです。

さて、毎週火曜日が恒例となった、各コンビニの新作チェックですが、
その結果、この日の狩猟所は、サークルKサンクスに決定です。

独身が射止めんとする菓子パンは、すばり、
“極みのクリームパン”です。

なにやら、こだわりにこだわったクリームパンらしく、
同時に、チョコクリームも発売されるようです。

ここ最近、ずっとチョコ系の菓子パンが続いていたので、
ここら辺で、シンプル、もくしは、定番でも頂きたいと云う気分も相成って、
サークルKサンクスの“極み、、”に決定されたわけです。

と云うわけで、さっそくハンティングの準備を整え、
いさ、サークルKサ.へと向かいます。

お店に到着すると、なにやら、お店の前に、
プラスティックのような板やらが立てかけられています。

どうやら、お店を営業しつつ、
店内を修理している様子です。

愛チャリを修理材料の前に置き、
さっそく入店すると、どうやら、修理している個所は、
菓子パンコーナーがある、お店のいちばん奥~の壁のようです。

そのまま独身が菓子パンコーナーへと向かうと、
ひとりの作業員さんが壁になにかを打ち付け、
そして、もうひとりの人が、床に座り込み、
なにやら作業をしています。

ちょうど、ひとりの女性のお客が、
菓子パンコーナーで菓子パンの選定作業をしているので、
座り込みの作業員さんと、そのお客で、
独身は菓子パンコーナーの通路を通過することが困難と判断し、
くるっときびすを返し、手前のお菓子コーナーを通り、迂回して、
菓子パンコーナーへと向かいます。

すると、迂回して到着した独身を、
座り込みの作業員は、がっ!と顔を上げ、
ちろっと独身とチラ見、もしくは、ガン見です。

なにか、独身の行動がお気に触ったとでも云うのでしょうか、、。

お食事時前の、混雑する時間帯に、
わざわざ、修理作業を頼まなくてもいいのに、
と、軽くお店の責任者にツッコんでしまう独身です。

さて、迂回と云う、タイムロス(?)をしたものの、
ここからが、ハンティングの開始です。

(“極み、、”はどこだろう~。)
と、棚を捜索していると、“極み、、”よりも先に、
独身めがねにフォーカスする菓子パンがひとつっ!!

それが、この“スイートブレッド(アップル&チーズ)”です。

一方の“極み、、”は、“スイート、、”の左隣りにでんっ!と、
陳列され、なにやら、ポスターのようなものも掲げられ、
この“極み、、”がいかに、サークルKサ.のいちおし商品なのか、
と云う様がひしひしと伝わってきます。

しかし、この日の目的としていた“極み、、”よりも先に、
この“スイート、、”に出逢ってしまったのです。

しかも、“地域限定”ときました、、。

新しもの好きの独身ではありますが、
地域限定とか、期間限定と云う文字にも、
めっぽう弱いのが、この独身です。

さらに、“アップル&チーズ”と云う、
ありがちだけど、最強コンビとも云える組み合わせに、
益々、独身の視床下部は、ぐいぐいと、惹かれていきます。

この組み合わせは、まさに、
“チャゲ&飛鳥”を超越するくらいの、ナイスコンビネーションです(?)。

♪な~ぁんどぉ(何度)も~喰うよ~ぉ、
 ど~くしん(独身)、た~ぁしかにっ(確かに)、
 アップルチーズ(*字余り)、あ~い(愛)し~ぃ、てる~~ぅ♪

これには、流石のチャゲさんも飛鳥さんも、
迷わずに、SAY YE~~S、と云ってしまうってもんです(?)。

しかし、ここで迷ってしまうのが、
この独身です、、。

当初の目的である“極みのクリームパン”も、
サイトで一目ぼれしただけあって、と~っても魅力的です。

袋が透明ではないので、中身が確認出来ないのが難ですが、
説明書きを読む限り、ちょっとそこいらのクリームパンとは一線を画しているようで、
それが、独身を魅了して止まない要因となっているわけです。

と、ふと、ここで独身はあることに気付きます、、。

(こっ、これでは、昨日の二の舞になってしまうっ、、!)

これでは、昨日のミニストップ、
“ハイカカオ、、”と同じではありませんかっ、、!

目的の菓子パンを求めて店頭に行ったものの、
ほかのナイス菓子パンに目移りしてしまい、取捨選択に苦悩する、、。

これは、まさに、昨日の行動の繰り返しです、、。

なにかの因果なのか、それとも、これは輪廻転生の一種なのか(?)、
独身はいま、昨日とまったく同じことを繰り返そうとしているのですっ、、。

“かごめかごめ”だって、ここまでぐるぐる、ぐるぐる、
同じ行動を繰り返し、回ったら、目までぐるぐるになってしまいます。

流石の、自らのしっぽを追って、ぐるぐると回転するワンコだって、
そろそろ止めどきだな、と己の行動の虚しさに気付くってもんです(?)。

と云うわけで、独身もそろそろ、学習しなければなりません、、。

昨日までの独身は、初志貫徹と云うモットーのもと、
AとBの選択では、当初、選んだAにする、と云う行動を取ってきました。

しかし、先週の、ファミマの“ナッツショコラ”と、
昨日の“ハイカカオ、、”で、ツーストライク、と云うことで、
もう、あとがありません。

あと1回で、三振、バッターアウト、です(?)。

ここら辺で、ただ、バットを振るのではなく、
バンドの体勢でも取って、ピッチャーの不意打ちを狙うと云った、
小技を効かせる必要があります。

その小技を使い、独身は、当初の“極み、、”ではなく、
この“スイートブレッド(アップル&チーズ)”を選択することに決定です。

それでもやはり、いささか“極み、、”の存在が気になりはしますが、
そこは、高校サッカーのごとく、
♪ふっりっむく(振り向く)なよっ、振り向くなよ~~~ぉ、
 独身っ、意思弱いっ、“スイート、、”に決められても~~ぉ、
 独身っ、いっし(意思)よわっい(弱い)~~っ♪
と、己に喝っ!を入れるってもんです。

と云うわけで、独身はこの“スイート、、”を手に取り、
二度と振り向くことなく、でも、ちろっとお菓子コーナーをのぞいて、
そのままレジへと向かったのでありました、、。

サークルKサンクス--スイートブレッド(アップル&チーズ)~Deli Plus Bakery・山崎製~。


カットしたリンゴとサワークリームを、
 甘~い生地でサンドしました
。”

と云うわけで、サークルKサンクスの今週の新作、
“スイートブレッド(アップル&チーズ)
”です。

この“スイート、、”は、地域限定らしいのですが、
いったい、どこまでの地域で販売されているのか、
独身にはわかりかねます。

まあ、おそらく、東海地方限定なのでは、
と推測されます。

以前も、静岡限定と云うことで、
“安倍川餅風あんぱん(餅入り)”が発売されていたことがありました。

“安倍川餅、、”のほうは、静岡限定らしい菓子パンだったのですが、
今回の“スイート、、”は、静岡らしくもなければ、
東海地方らしさも、ほとんどありません。

しかも、りんごとチーズと云う組み合わせも、
ときどき見かける、云わば、おなじみの組み合わせなので、
その辺も、限定っぽさはありません。

しかし、その“限定”と云う文句にも惹かれ、
この“スイート、、”を購入したことは、否定出来ません。

まあ、おいしければ、なんでもいいってやつです。

さて、この“スイート、、”ですが、
地域限定と云うスペシャルな菓子パンなら、
お値段もいささか、いやっ、だいぶ、スペシャルです、、。

137円と云うのは、独身の菓子パンハンティングにおいて、
かなりの高額な獲物です、、。

アジを釣るつもりが、思いがけず、鯛を釣ってしまった、
そんな感じでしょうか(?)。

もしくは、冬物のセール品を購入するつもりが、
思わず、春の新作を買ってしまった、そんな感じでしょうか(??)。

いずれにせよ、昨今のコンビニの菓子パンは、
お値段設定が厳しい模様です。

コンビニが、この独身に高額と云うムチを使うなら、
こちらとしては、ツッコミと云うムチで、対抗するほか、ありません。

と云うわけで、“ハンムラビ法典”よろしく、
“目には目を”、と云うことで、さっそく、
いつも以上に厳しい基準で頂きたいと思います。

まず、生地ですが、カップケーキ、もしくは、
マフィンのように、下半分くらいまでの高さのカップが敷かれています。

菓子パンにも、どきとき、このようなカップが見受けられますが、
その代表的なものとしては、蒸しパンがあげられます。

蒸しパンの場合、カップと云うか、ペーパーがぺろぺろ、
へなへなの、薄い紙なので、生地からはがすとき、
生地の状態によっては、慎重にはがさないと、
多くの生地が、ペーパー側に持っていかれます。

一方で、この“スイート、、”のような、
厚紙のごとく、硬いカップの場合、
いちど、カップの一ヶ所をぺろっとはがすと、
そこから、ぼぼぼぼっ、と、スムーズにカップからはがれていってくれるわけです。

しかも、カップが厚いがゆえ、生地からはがしたあとも、
そのままお皿代わりとして、使用出来るのです。

これが、リサイクルってやつです(?)。

さて、この生地の構造ですが、
まず、カップに生地をぽんっ!とおいて、
その中央に、りんごとサワークリームを置きます。

そして、最後に、生地とりんご、サワークリームを被せるように、
上の生地を乗っけて焼いたように推測されます。

その名残(?)として、生地の上部分をめくってみると、
そのままぺろ~んと、上の生地と下の生地が分離されるわけです。

しかも、カップの外側の側面には、
オーブンで焼かれた時の熱で、上の生地がでろ~んとカップに垂れ、
そのままカップに張り付いた状態で残っているのです。

独身は、こういう端っこに残ったような部分が大好きだったりします。

アイスやヨーグルトに至っては、
フタ側に張り付いたものをスプーンでかりかりして頂くし、
たい焼きに至っては、メイン部分より、
周囲のかりかりのほうがよっぽど旨いように思えます。

この、カップに張り付いた生地も、
もちろん、あとからダイレクトに喰らいついて、
残さず頂いたことは、云う間でもありません。

これが、リサイクルってやつです(?)。

さて、どうでもいいネタが続いたところで、
本題ですが、生地は、と~ってもやんわりとして、
ふにふにです。

それでいて、生地に気泡がたくさんあって、
空気感満載で、ふんわりと軽やかです。

ふんわり、と云うか、ふかふかで、
お日さまのもとで、ふかふかになったお布団のようでもあります。

ふんわり、ふかふかと云うと、
乾燥している生地があったりするのですが、
この生地の場合、適度なしっとり感があるので、
そのしっとりが、この生地をふにふにの、
やわらかい食感にしているゆえんとなっていると思われます。

この生地の質は、あまり菓子パンっぽい感じがなく、
まるで、カップケーキを頂いているような、軽い錯覚に陥ります。

しかし、袋の裏の原材料を見ると、
そこにはしかと、“名称/菓子パン”と表記されています。

よって、この生地は明らかに菓子パンであり、
決して、洋菓子ではありません。

しかし、パンのような、強力粉っぽさがなく、
ケーキの薄力粉のような軽やかさがあるので、
やはり、菓子パンっぽさがないように思えてなりません。

カップケーキ以上、菓子パン未満と云った感じでしょうか(?)。

もしくは、人間になりきれない(?)、
妖怪人間のようなものでしょうか(??)。

♪パッン~~、に隠れてぇ生きるっ、
 生地質、カ~ァップゥ、ケ~キ、なのさっ♪

妖怪人間ネタは、いささか古いですが、
これは、なかなか新鮮な感じのする生地です。

生地のお味ですが、ふんわり、まろやかなたまご風味がします。

やさしいたまご風味なんですが、実は、
濃厚なたまごっぷりも感じさせられます。

つまり、濃厚でありながら、
強さを感じさせないお味になっているわけです。

合気道のごとく、ちからで相手をねじ伏せるのではなく、
相手のちからを利用して攻撃する、そんな感じのするたまごっぷりです(?)。

一方の、上の表面の生地ですが、
下のふかふかとはうらはらに、少々、ぺっとりとしています。

お味は、お砂糖のじゅわじゅわ~っとする甘味があります。

カステラ(もしくは、カステ~ラ)の上の、
じゅわじゅわに焦げた部分に似たお味がします。

下の生地は、ふんわり、たまごの甘味で、
上のぺっとり生地は、じゅわじゅわのお砂糖です。

2種の、異なる甘味ではありますが、決して強過ぎることなく、
と~っても懐かしい感じのする甘味で、これまた、
カップケーキをほうふつとさせる生地のお味になっています。

♪かもね、か~ぁもね、ケ~キか~ぁもねっ、
 たぶん、菓子パン、だよ~ねっ♪

薬師丸やっくんが云っているように(?)、
“100%菓子パンかもね”です。

サークルKサンクス--スイートブレッド(アップル&チーズ)~Deli Plus Bakery・山崎製~。


生地の中には、1cm角ほどにカットされたりんごと、
サワークリームが入れられています。

りんごは、しゃりしゃりの食感が残っていて、
ほどよく、やわらかく煮られています。

煮りんごと云うと、蜜で甘~く煮付けられたものが多かったりするのですが、
このりんごの場合、余計な甘味と云うのはほとんど感じられません。

りんごの、そのままの風味がよく活きていて、
さわやかな酸味がじゅわっとお口に広がります。

完全には熟していない、
ちょっと若さが残るりんごと云った印象です。

松坂慶子さん、と云うより、
松嶋菜々子さんと云った感じでしょうか(?)。

一方のサワークリームですが、しゃりしゃりのりんごとは相反し、
もったり、ぼっぷりとしていて、重みのあるクリームです。

ねっとり感もあるのですが、お口の中で、
いつまでも、執拗に張り付くのではなく、
ぱくっとした瞬間、上顎あたりにぺとっと張り付くのですが、
生地とよくなじむので、まったく不快感はありません。

もったり、ねっとりなのに、どこか、
キレの良さを感じさせるサワークリームです。

サークルKサンクス--スイートブレッド(アップル&チーズ)~Deli Plus Bakery・山崎製~。


サワークリームのお味ですが、
はじめに酸味がするのかと思いきや、
たまごのような、まろやかな甘味を感じます。

そのあと、ほどよい酸味がふわっとして、
じゅわ~と云う、濃厚なコクがやって来ます。

いい意味で、サワークリームっぽくないと云うか、
たまごがよく効いていて、とっても丸いお味がするクリームになっています。

これが、りんごと相成ると、
まず、クリームのもったりとした、濃厚なコクが来て、
そのあいだをかき分けるように、りんごのじゅわっとする酸味と、
ほどよい甘さがやって来ます。

それらが、生地のふんわりとした、まろやかなたまご風味と、
表面の、じゅわじゅわのお砂糖の甘味とも相成って、
ひとつのハーモニーが完成するわけです。

生地のたまごと、クリームのたまごが、
両者を繋いでいるような感じがします。

ムチを使うとしたら、りんごの量が少ない感は否めませんが、
全体的に、と~っても懐かしい甘味、たまご風味がして、
シンプルな旨みがあるお味になっていますっ。

137円らしい、高級感溢れるお味、
と云うわけでは、ありませんが、
ひとつ、ひとつのお味、質が丁寧に作られていて、
それらがしかと、活きているように思います。

シンプルゆえ、ごまかしのきかないのが、
この“スイートブレッド”と云った印象です。

大きさ的には、てのひら大なので、
さほど、大きな菓子パンでは、ありません。

それと、りんごの少なさ、高級感のなさをかんがみると、
やはり、137円と云うお値段設定に、腑に落ちない感は、否めません。

丁寧な作りではありますが、全体的な印象として、
110円台が適当ではないか、と思うのは、
わがまま独身おんなゆえ、なのでしょうか。

それでも、当初の目的であった、“極みのクリームパン”ではなく、
この“スイートブレッド”を選択したことに、
昨日の“ハイカカオ、、”のような後悔の念は、まったくありません。

やはり、バンドと云う小技を効かせた甲斐がありました。

あやうく、三振になるところでしたが、
なんとか、ぎりぎり、内野安打で出塁出来ましたっ、、。

でも、“極み、、”もやはり気になるので、
後日、購入したいと思います。

と云うか、“極み、、”を選んでいたとしても、
この“スイート、、”も気になって購入していると思います。

それが、輪廻転生ってやつです(?)。


販売価格:137円。

栄養成分表示(1包装当り):
熱量:293kcаl
たんぱく質:6.4g
脂質:9.9g
炭水化物:44.6g
ナトリウム:250mg

独身評価:★★★★☆
スポンサーサイト





タグ:
スレッドテーマ: 菓子パン,グルメ

HOME

トラックバックURL


トラックバック

ミニストップ--ハイカカオチョコデニッシュ~穂・敷島製~。  | home |  デイリーヤマザキ--ふわふわプリン風味パン~グルメモア~。