FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2007年03月03日[Sat]

Pasco--きなこもちあんぱん。

Pasco--きなこもちあんぱん。


Pascoの今月の新作っ!
ものすんごい、身を清められた感じです、、。

つい先日、初詣で三島大社を訪れたと思ったら、
気付けばもう、弥生です。

2月は、“走るように過ぎ去る”と云われていますが、
いったい、どのくらいの速度で走ったんだ、と、
軽くツッコミを入れたくなるくらい、あっと云う間でした。

こんなに時の経過を早く感じるのは、
独身がそれだけ年を重ねたと云う証拠で、
こどものころの1年と、いまの1年では、
時間的には同じ1年でも、自身が感じる時間は、
明らかにいまのほうが早いわけです。

昨年、あれほど独身の菓子パン生活を支えてくれたスーパーFですが、
Fに革命が起きて、独身の狩猟所のリストから外されて、
あっと云う間に3ヶ月が経過しました。

Fは、毎週木曜日にパンの2割引きを行なっているスーパーです。

いま現在、独身の狩猟所であるACの3割に比べれば、
ACのほうが圧倒的にハンティングに適したお店と云えます。

しかし、かつてのFでは、毎月、
さまざまな菓子パンメーカーの新作菓子パンが、
まさに、“動かざること山のごとし”、ででんっと積まれていたのです。

菓子パンの棚だけではおさまり切らないので、
棚の前には、幅約1.5Mの白いワゴンを設置し、
それでもまだ足りないので、その周囲に、仕入れに使われる、
茶色の箱を数個積んで、そのいちばん上にも菓子パンを並べると云う、
なんとも菓子パンに情熱的な売り方を見せ付けてくれているわけです。

これら、すべてが新作と云うわけではありませんが、
白いワゴンと周囲の箱は、たいていが新作が積まれていたのです。

3割引きのACと、菓子パンの数で比較すると、
Fのほうが圧倒的に情熱的なので、2割にも関わらず、
独身はずっと、Fの2割引きをひいきしていたわけです。

ACとFが、近所、もしくは、同じルートにあればいいのですが、
まったくの真逆に位置しているので、ACからFへ行くとなると、
愛チャリにして、およそ、20分はかかってしまうのです。

もし、Fへ行って、ナイス菓子パンが見つからないと云う事態に陥った場合、
これは、まさに、死活問題になってしまうわけです。

FからACまで、20分かけて愛チャリで行くと云うことは、
それだけ、ペダルを漕ぐ情熱が必要となってきます。

つまり、20分連続で、情熱はフル回転と云うわけです。

ACにつくころには、
軽く、2~3歳は老け込んでしまうのです、、。

これが、こどものころの20分であれば、
なんともない20分で済みます。

しかし、この年の20分連続して情熱を継続する行為は、
なんでもないでは、済まされません。

まさに、
♪なんでもないよ~ぉな時間、
 老け込んでしまうと思う~っ♪
ってやつです。

FからACまでの“ロード”は、13章ではおさまりきらないくらいの、
酷で辛いドラマが満載と云うわけです(?)。

しかし、ありがたいことに、Fへ行っても、
ほぼ毎週、ナイス菓子パンに困ったことは、ありませんでした。

なので、FからACへ越えると云う、年増を増長させるような事態には、
なんとか陥られずにいられたのです。

それが、Fに突然の変化が起きたのは、
今年に入ってからのことです。

その数日前まで、独身は変わらず、
Fで菓子パンハンティングを行なっていたと云うに、
戌年からイノシシ年になった途端、Fの菓子パンコーナーから、
すっかり新作菓子パンが消えていたのです、、。

はじめは、年が明けたばかりだから、
まだ、本格的に菓子パンの仕入れが行なわれていないものと思っていたのですが、
翌週、そして、翌月、Fへ訪れても、状況にまったく変化はありません、、。

と云うわけで、スーパーFは、
独身の菓子パンハンティングのリストから除外されてしまったと云うわけです。

これが、自民党の、いわゆる“郵政造反議員”なら、
あっさり復党が認められているところですが、
この独身に至っては、そのように、態度を一変させるような、
中途半端なことは、しません。

と云うわけで、Fに代わり、ここ最近は、
ACの3割引きが、独身の菓子パン生活の支えとなっているわけです。

以前のACは、あまり菓子パンに対し、
情熱的ではありませんでした。

独身の生きる情熱の素、“のっぽパン”ですら、
あって“クリーム”くらいでした。

しかし、ここ半年ほど前から、
徐々に菓子パンの種類も増えはじめ、
“のっぽパン”に至っては、その期間に発売されている全種類が、
どの菓子パンよりも多く、ででんっと置かれているのですっ。

ようやっと、スーパーACにも、
独身の“のっぽパン”に対する情熱が、理解されたと云うわけです(?)。

さて、昨日は、今月の“のっぽパン”の新作、
レーズン”を情熱的に頂きました。

あまりに情熱が満載だったため、
ふたたび、総文字数が1万文字を超えてしまいました、、。

自身では、せいぜい、7千くらいだろうと推測していましたが、
1万の数字を見て、思わず、独身めがねのレンズが外れそうになりました、、。

“千の風になって”ならぬ、
“万の文字になって”ってもんです。

さすがに、万を越えるとなると、
疲労度も、それなりに比例します。

これが“ドラクエ”だったら、“べホマ”でも唱えれば、
ヒットポイントは満タンになるのですが、
残念ながら、“プリンセス天功”でない限り(?)、
そんなミラクルは起こりません。

と云うわけで、独身が出来ることがあるとすれば、
“やくそう”の代わりとなる、ナイス菓子パンを喰らうことくらいです。

と云うわけで、この日は、“レーズンのっぽ”と共に、
ACで購入した、Pascoの“きなこもちあんぱん”で、
1万文字越えの疲れを癒そうではありませんかっ。

それにしても、この“きなこもちあんぱん”、、。

ものすんごく、見覚えがあるような気がするのは、
独身だけでしょうか。

ACの店頭で、この“きなこもちあんぱん”を見掛けた瞬間、
独身の海馬は、即座にある菓子パンのデータを取り出します。

それは、ファミマの“チロルチョコパン きなこもち”です。

まさに、
♪ちょ~と1年前に~、ファミマで買ったパン~♪
ってやつです。

昨年の3月、ファミマから発売された“チロルチョコパン”の中に、
この“きなこもちあんぱん”によく似た、“きなこもち”が含まれていたのです。

双方を比較すると、かなり酷似しています。

袋の色も、商品名の文字の形も、
うりふたつってやつです。

この“きなこもちあんぱん”を、独身めがねがフォーカスしたとき、
思わず、この光景はデジャヴかと思ったくらいです。

と、ふと、ここで、独身の海馬は、
別のデータを取り出します。

それは、昨年頂いた、サークルKサンクスの、
安倍川餅風あんぱん(餅入り)”です。

これは、静岡限定として発売されていたものですが、
きなこ、あんこ、おもちと云う素材は、まさに、
この“きなこもちあんぱん”と同じです。

と云うわけで、さっそく、パソコンのデータをチェックしてみると、
“安倍川、、”は“敷島”、またの名を“Pasco”でした。

同じネタを、3度繰り返すことを、
お笑い用語では、“天丼”と云うそうです。

と云うことは、つまり、
独身は3つ目となる“きなこもち”使用の菓子パンを喰らうと云うことで、
まさに、“天丼”となるわけです。

果して、この“きなこもちあんぱん”は、
笑えるネタなのか、笑えないネタなのか、
さっそく頂いてみたいと思います。

Pasco--きなこもちあんぱん。


つぶあんとお餅を包み、
 きなこクリームを入れました
。”

と云うわけで、Pascoの今月の新作、
“きなこもちあんぱん”です。

昨年の、ファミマの“チロルチョコパン きなこもち”の袋は、
完全に不透明だったので、中身を外から確認することは出来ませんでした。

一方、今回の“きなこもちあんぱん”の場合は、
ちらっと、中央付近が透けています。

これが、いわゆる“チラリズム”ってやつです(?)。

しかし、透明の部分をよく見てみると、
なにやら、白いふつふつが水玉模様に入れられていることに気付きます。

はじめ、このふつふつを見たとき、思わず、
(うわっ、なんか、生地が白い点々になってる~っ。)
と、いささか奇怪に写ったのですが、
これは、生地が白いのではなく、袋が白いと云うことに、
しばらくしてから判明したわけです。

このふつふつがないほうが、見た目もすっきりしていいと思うのですが、
これも、完全に生地を見せまいとする、一種の“チラリズム”なのでしょうか。

水玉模様は、海部元総理のネクタイくらいにして頂きたいものです(?)。

さて、チラリズムで、さんざ、想像を膨らませたところで、
袋を開封し、生地を取り出します。

(あ、かたちも“チロルチョコパン きなこもち”だ、、。)

(ほぼ)正方形、そして、大きさと云って、
まさに、“きなこもち”の再来です。

まさか、そのことを隠そうとして、
袋をチラリズムにしたとでも云うのでしょうか(?)。

“黒子”並みのチラリズムです(?)。

生地の食感ですが、まず、
表面はとってもすべすべとしています。

これは、お粉をはたいたときのすべすべとは、
いささか異なったすべすべです。

ハリハリとした、硬さから来る、すべすべです。

この感触が表面にある場合、たいてい、
内側の生地は、ぱっさり、もっさりとしている確立が高いです。

と云うわけで、頂く前から、いささかイヤな予感がしますが、
実際に頂いてみると、ぱっさりよりもまず、
がっしりとした噛み応えがあることに気付きます。

キメは粗めなので、生地密度が高いことによる、噛み応えとは異なり、
生地の繊維(?)のようなものの、ひとつひとつが硬いことによるがっしりです。

ぱっさりと云うか、水分不足で、ごわごわっとしていて、
あまり口当たりはよろしくありません。

ハードタイプのボディタオルみたいです(?)。

洋服で云ったら、綿ではなく、アクリルとか、
そのあたりの化学繊維と云った感じです。

冬の乾燥時期には、静電気の“ばちばちくん”が登場しそうな、
そんなごわごわっぷりです。

たしか、“チロルチョコパン きなこもち”も、
こんな感じの生地だったように記憶しています。

さすが、“天丼”です。

しかし、ネタの使いまわしと云うことは、
新しくない、進化していないと云うことを意味します。

これが、“天丼”の恐ろしいところです。

さて、生地の“繊維”ですが、繊維のあいだには、
わりと、細かい気泡がたくさん確認出来ます。

がしがしの噛み応えがあるのに、どこか、
ふかふかと云うか、しょわしょわとした空気を感じるのは、
この気泡によるものだと思われます。

ところが、繊維が硬いがために、
がっしりの硬い生地になってしまっていると云うわけです。

お味のほうは、いい意味で、
すっきりとしています。

ツッコンで云えば、あまり味気がありません。

甘味はまったくなく、
風味は、軽く、小麦がふわっと香るくらいです。

あまりにも味気ないパンだと、その反動からか、
思いっきりジャムとかバターをたっぷり、
てんこ盛りに塗ってしまいたくなります。

しかし、“プリンセス天功”の場合、
どこだかとの契約で、体型、体重を変えることが不可能なので、
ジャム、バターのてんこ盛りは、断念せざるを得ないことでしょう(?)。

これには、流石のジャムおじさんもバタ子さんも、
がっかりで、肩を落としていることでしょう(??)。

♪なにが生地~のし~あわせ~、
 な~にを塗って~、よ~ろこぶっ、
 わからない~ま~ま~喰らう~、
 そ~んなの~は~い~~やだっ♪

無味の生地を喰らうほど、イヤなことは、ありません。

Pasco--きなこもちあんぱん。


生地を半分にカットしてみると、
中から、でぷんっと、たわわなきなこクリームが、
いまにも垂れそうな勢いで、お目見えです。

スーパーACで、この“きなこもちあんぱん”を手にしたとき、
ずしんっとした重みがあると感じましたが、こんなにでっぷりと、
きなこ、あんこ、お餅が入っていると云うわけです。

まず、きなこクリームですが、見た目、とろとろとしているので、
ゆるやかなクリームと思いきや、その実体は、
とってももったりとしていて、ぽってりとした重みがあります。

それでいて、まったり、ねっとりとしているので、
お口の中で、べとっと張り付きます。

なんとも、見た目とは裏腹な、
ベビー級のクリームです。

まるで、酔っ払っていて、足元ふらふらにみせかけておいて、
そのふらふらの隙に、すかさず相手に一撃を喰らわせる“酔拳”のようです(?)。

つまり、見た目で相手を判断すると、
痛い目に遭うと云うわけです。

独身の“酔拳”の場合、ふらふらに見せかけておいて、
ばたっと、その場に寝込んでしまうと云う技を使います(?)。

そして、相手に担がせると云う攻撃を喰らわせます(??)。

この攻撃によって、相手は、主に腰にダメージを受け、
最終的には、全身に重みによる疲労が蓄積されるわけです。

なんとも恐ろしい技です、、(???)。

さて、クリームのお味ですが、
これはもう、とんでもないことになっていますっ、、。

ぺろっとお口にした瞬間、“あるもの”によって、
まさに、“モハメド・アリ”のごとく、ハチのように刺されます。

それは、“塩気”ですっ、、。

じゅわっと、どころか、ずどんっ!と云う、
かなり強烈な塩分による刺激を、舌べろの全面で喰らいます、、。

これはまるで、お砂糖かお塩か、どちらか確かめるために、
ぺろっとなめてみたところ、それがお塩で、しかも、
勢いあまって、多量にお口に含んでしまったため、
舌べろの味覚中枢は、パニックを起してしまった、
そんな感じの塩気っぷりです、、。

チロルチョコパン きなこもち”と、見た目を比較すると、
こちらのほうが、やけに黄色味をおびていることがわかります。

これを見て、さぞ、きなこが濃厚だと勇んでクリームを喰らってみたら、
濃厚なのは、きなこよりも、塩気だったと云うわけです、、。

独身は、お餅と云ったら、いそべ焼きよりも、
きなこ派ですが、きなこと云ったら、
きなこの甘味を引き立てる、軽やかなお塩がポイントです。

これが、ある一定量を越えると、
きなこがお塩によって、抹殺されてしまうわけです。

まさに、このお塩は、きなこを抹殺と云うか、
秒殺しています、、。

確かに、見た目の色が濃いように、
クリームのきなこ度もかなり高いものがあります。

100%以上の、120%と云った感じです。

しかし、その120%すら越えているのが、
ずどんっ!としたお塩です、、。

もぐもぐからごっくんまで、すべての工程において、
お塩がお口全体を占めています、、。

まさに、“侵略すること、火のごとし”ってやつです、、。

これは、“ビル・ゲイツさん”も驚愕の、
独禁法違反です(?)。

相手を油断させる“酔拳”どころの騒ぎではありませんっ、、。

蝶のようには舞わず、イノシシのごとく突進し、
ハチのように舌を刺す、そんなきなこクリームです、、。

Pasco--きなこもちあんぱん。


あまりにも、きなこの衝撃が強いので、
ここは、お餅にでも、癒しを求めたいと思います。

お餅は、正確に云えば、ぎゅう肥です。

とっても艶々としていて、
もっちり、むっちり、ぷにぷにです。

お餅のような、ぶいぶい云わせるような弾力とは異なり、
柔軟な弾力があります。

キレのよいぷにぷにです。

しかし、残念ながら、端っこに激しく片寄っているので、
平等に、お餅を頂くことが、出来ません。

♪なにが君~の~か~なしみ~、
 な~にがあって~、か~なしむっ♪

それは、このお餅のように、
クリームなどが端っこに片寄ることです。

相撲で云えば、あと数センチで、寄りきりで黒星になるところを、
なんとかぎりぎりまで踏ん張っていると云った感じです(?)。

もしくは、激しい遠心力で、
洗濯物が端っこに寄ってしまう、洗濯機のようなものです(??)。

さて、いちばん下にあるあんこですが、
これは、つぶあんです。

水分が少なめで、もったり、ぽってりとした、
密度の高いつぶあんです。

お豆もぶつぶつと入っていて、それはさぞ、
あんこ濃厚だろう、と思いきや、、。

♪さがしものはなんですか~、
 見つかりにくいものですか~、
 きなこの中も、お餅の中も、
 探したけれど、見つからないのに、

 まだまだ喰らう気ですか~、
 それよりももう、諦めませんか~、
 塩の味を~、塩の味を~、
 甘受したいと思いませんか~♪

あまりにも、きなこクリームの塩気が強烈なため、
あんこの甘味、風味、すべてが抹殺されています、、。

舌の奥~のほうで、かろうじて、
なんとなく、あんこの甘味のようなものを感じるのですが、
それもつかの間、速攻、きなこのお塩によって、舌べろは占領されます、、。

唯一、お豆のぶつぶつの食感がするくらいで、
あとは、すべて、きなこのされるがまま、です、、。

それでも、なんとかして、あんこを確かめようと試みるのですが、
そんな努力ですら、きなこは嘲笑っているわけです、、。

きなこのお塩、満載、と云うより、
満載を超越し、独占状態です、、。

“東国原知事、独占密着取材”より、かなりの独占密着っぷりです、、。

しかも、ごっくんしたあとも、しばし、
このお塩の風味が舌べろに残っているのです、、。

お塩による呪縛、です、、。

この呪縛から逃れようと、熱いお茶でも入れようと、
ポットを見てみると、なっなんとっ!!

温度設定が、85℃になっているではありませんか、、。

ふだんは、98℃なのに、なぜゆえ、こんなときに限って、
85℃になっているのでしょうか、、。

再沸騰させる余裕はないので、仕方なく、
85℃のお湯でお茶を淹れるわけですが、
情熱的ではない、ぬるいいお茶なんて、
ちっともお塩を払拭出来ませんよっ!!

思わず、ぬるいお茶で、くちゅくちゅ、ぺっ!と、
軽くうがいをしてしまいました、、。

こんな行為、年増の独身だから出来ることであって、
若いお嬢さんたちは、ふつうにお水でうがいしてください。

そう云えば、“安倍川、、”のきなこ、あんこ、
お餅のバランスは、とっても平等で、均等でしたが、
この“きなこもちあんぱん”は、“きなこもちあんぱん”ではなく、
“きなこぱん ときどきお餅”です、、。

あんこに至っては、
完全に除外されています、、。

まさに、“造反議員”状態です(?)。

どうやら、この政党では、
復党は認められていないようです、、。

そんな政党に、独身は立ち向かってみたわけですが、
圧倒的にきなこの影響は強く、残念ながら、
独身のちから(?)を持っても、政権を奪うことは、かないませんでした、、。

そして、きなこの影響は、頂いたとも、
胃痛となって、独身を苦しめるのでありました、、。


購入価格:110円。

栄養成分表示(1個当り):
エネルギー:419kcаl
たんぱく質:8.1g
脂質:13.3g
炭水化物:66.8g
ナトリウム:238mg

独身評価:★★☆☆☆
スポンサーサイト





タグ:
スレッドテーマ: 菓子パン,グルメ

HOME

トラックバックURL


トラックバック

のっぽパン--レーズン(3月発売・期間限定)。  | home |  静岡PARCOを偵察。