FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2007年03月11日[Sun]

木村屋--オレンジ&チーズクリーム。

木村屋--オレンジ&チーズクリーム。


木村屋、今月の新作っ!
“ツンデレ”は、なし、よ、、?

♪あし~た(明日)がぁある~さっ、明日がある~ぅ、
 とし~ま(年増)おんなにパンがあるっ、
 いつ~かぁき~ぃっと、いつ~かぁき~ぃっと、
 シ~ルは裏だろお~~~っ♪

昨日、独身はようねっと、念願だったファミマの“マシュマホワイト”を頂き、
非常に満足、満腹な1日を送ることが出来ました。

そんな日は、その日のハンティングをじっくりと振り返り、
(なかなか、独身もナイス菓子パンを見抜く目が養ってきたったもんだなっ。)
と、自己陶酔の世界にとっぷりと浸るのです。

独身の菓子パンハンティングは、たいてい、
“1日1菓子パン”と決まっているので、
その日の分の菓子パンしか、購入しません。

これが、スーパーの3割引きなどの場合は、
まとめ買いをすることもありますが、
コンビニにおいては、まとめ買いと云う行為は、
いっさいありません。

と云うわけで、この日も、“マシュマホワイト”を買い、
菓子パンハンティングはおわり、と思ったのですが、
ファミマを後にして、独身は、別のお店へと向かっています。

なにか、ほかの買い物でもするわけではなく、
もうひとつの菓子パンをふたたびハンティングするためであります。

“1日1菓子パン”と決めているのに、なぜ、
この日の独身は、2こめの菓子パンを買い求めようとしているのでしょうか。

それは、翌日のお天気のため、です。

天気予報によると、
翌日は雨と予想されています。

雨の中での菓子パンハンティングとは、
なんとも厄介極まりありません。

独身のストレートの髪は、湿気によって、
すっかりごわごわになり、それが風力によって、
より、ごわごわ度は増し、気付いたときには、
“メドゥーサ”よろしく、軽く、あたまからヘビがのぞいていたりするのです(?)。

しかも、独身のお肌は、いささか敏感なため、
湿気と服の摩擦によって、太ももちゃんに、
極度の痒みが発生するのです。

そのため、雨の中の菓子パンハンティングは、
テンションも情熱も、すっかり急降下してしまうのであります。

いくら、大好きな菓子パンのためとは云え、
ヘビと痒みには、流石のdesireも、まっ逆さまに落ちていくってもんです。

と云うわけで、独身の菓子パンハンティングには、
天候の変化が大きく影響してくるのです。

そのため、ファミマを出たあと、独身は、
翌日に頂くための菓子パンを求め、
すぐ近くのショッピングセンターへと、
愛チャリで向かっているわけです。

(この日の特売の菓子パンはなにがあるかなっ。)

と、“ごきげんよう”のサイコロよろしく、
“小堺さん”に負けないくらいに、鼻の穴をふくらませ、
軽く競歩で、菓子パンコーナーへと直行です。

すると、独身の視界に入って来たのは、
“ふつう”の菓子パンではなく、6つ入りの蒸しパンです。

これはいわゆる、“ファミリーパック”ようの菓子パンであり、
ただの独身おんなには、無関係な菓子パンです、、。

別段、独身であっても購入可能なのですが、
いかんせん、独身なため、到底、独りでは食べきれず、
生地に“青いイナズマ”を発生させてしまうことは、目に見えています。

そして、“青いイナズマ”に責められるのがオチです(?)。

そんな“ファミリーパック”に、流石の独身も、容易に、
“ピカチュウ”ではなく、“ゲッチュッ!”することは、出来ません。

と云うわけで、残念ながら、この日の特売には、
独身の視床下部すら“おととい来やがれっ!”の門前払いを喰らったわけです。

これには、流石の“森進一さん”だって、
作詞家の先生に“トラヤ”のお菓子を玄関前に置いてくるってもんです(?)。

特売がダメなら、ほかの菓子パンを探すしかありません。

と、ここでふと、独身は、
今月の木村屋の菓子パンを店頭でチェックしていないことに気付きます。

独身の生活圏内には、木村屋の菓子パンを仕入れているのは、
このショッピングセンターと、スーパーCの2軒です。

ナイスタイミングとばかり、くるっときびすを返し、
木村屋の棚へと向かうわけですが、残念ながら、
今月の新作は、ひとつしか置かれていません、、。

ショッピングセンターとCを比較すると、
圧倒的に、Cのほうが多くの種類を仕入れています。

ショッピングセンターはと云うと、
種類は多いのですが、定番の“あんぱん”や、
“メロンパン”などばかりで、新作に関しては、
その月のものがひとつかふたつ、あるのみです。

いくら、主役の“アンパンマン”だって、
ず~っと出っぱなしでは、飽きられてしまうってもんです(?)。

“食パンマン”“カレーパンマン”に加え、
“メロンパンナちゃん”やらを登場させたり、
また、ときには、“ドリアン女王”などと云う、
異種なキャラクターによって、より、“アンパンマン”の世界が広がるわけです。

いくら、“ドリアン女王”が“アンパンマン”に登場したからと云って、
菓子パンの世界では、あの臭いドリアンは、それこそ、
“ごめんくっさ~ぁっ!”ってもんです。

毎日、毎日、あんぱんばかりを作っている“マスオさん”、
ではなく、“ジャムおじさん”だって、たまには、
新しい菓子パンのひとつでも、作りたくもなることでしょう(?)。

と云うわけで、木村屋の新作を求め、
独身は次なるお店、スーパーCへと向かいます。

しかし、Cと云えば、レジ袋有料化のお店なので、
菓子パンひとつのみ、となると、当然、
店名のシールをぺたっと貼られることは、確実です。

“貼られたら、はがせばいいじゃん、ホトトギス”
とは、そう、容易にいかないのが、Cです。

いかんせん、シールの粘着力が強いのと、
ぺろっとはがしている途中、シールが2分化されてしまうので、
まさに、ニ度手間になってしまうのです。

出来ることなら、なんとかして、
シールから菓子パンを守りたいのですが、
独身とCとの攻防戦は、いまのところ、圧倒的に、
Cの勝率が高いのです、、。

ここ最近では、もう、シールのことは半ば諦めているので、
あとは、いかにして、2分化しないように、綺麗にはがすかが、
独身に与えられた使命となっているわけです。

覚悟を決め、Cへと入店し、木村屋の棚へと着くと、
今月の新作が4種ほど、陳列されています。

(どれにするかなっ。)

と、これまた、“ごきげんよう”よろしく、
小鼻をふくらませ、4種の選定作業へと入ります。

すると、店内のBGMが、
“明日がある”であることに気付きます。

と、その次の瞬間、独身の背後で、BGMに合わせ、
♪ふふ~ぅふっ、ふふふふっ、ふふふふふっ♪
と、陽気に鼻歌を歌うおばさまの声が聞こえてきます。

おばさまのハミングで、すっかり、独身の脳内でも、
一斉に“明日がある”の大合唱です。

“ごきげんよう”から、元東京都知事です(?)。

すっかり、おばさまに洗脳(?)されてしまいましたが、
菓子パンの選定作業に集中しなければ、なりません。

4種の新作のうち、独身の興味を惹いたのは、
“宇治抹茶ホイップあんぱん”と、この“オレンジ&チーズクリーム”です。

お茶所の静岡県民としては、お茶系の菓子パンときたら、
無視するわけにはいきません。

とくに、“宇治抹茶”の場合、
軽いライバル心を燃やしてしまうってもんです。

宇治の菓子パンやお菓子は、日本中にはびこっているのに、
静岡茶のものが少ないのは、いただけないってもんです。

そんなこんなで、抹茶ものには、いち早く、
視床下部が反応してしまう、哀しい性の持ち主の独身ですが、
やはり、両者を比べると、抹茶のほうに、より、魅力を感じてしまいます。

と云うわけで、2つ手にして、
見比べていた“オレンジ、、”のほうを棚に戻し、
“宇治抹茶、、”に決定、と思いきや、独身の足は、
そのままレジへと向かう気配は、ありません。

“宇治抹茶、、”も魅力的ですが、抹茶あんぱん、
もしくは、抹茶とあんこの菓子パンは、いままで、
何度も頂いてきている組み合わせです。

これを考えると、“オレンジ&チーズクリーム”と云う、
そうそう見かけない菓子パンを試してみたくなるのが、
新しもの好きの独身です。

日常では、“石橋”の端から端まで叩いて渡る独身ですが、
菓子パンにおいては、あまり保守的でいることは、いささか無粋ってもんです。

独身おんななら、せめて、情熱的で、
アグレッシブな独身でいたいものです。

と云うわけで、手にしていた“宇治抹茶、、”を元に戻し、
いちど手放した“オレンジ&チーズクリーム”を手にして、
いざっ、レジの店員さんとの勝負の時間ですっ。

空いているレジを見つけ、レジ台へと“オレンジ、、”を置くわけですが、
マジでレジ置く1秒前に、袋が表になっていることに気付きます。

(ここで、唐突にぺろっと、袋を裏に引っくり返せば、
 店員さんはなにか気付いてくれるだろか、、。)
と、淡い期待を抱いたのです。

レジのおねえさんが、“オレンジ、、”に手を伸ばそうとするのと同時に、
独身は、“オレンジ、、”の袋を180℃、急回転させます。

(ふふっ、これなら、店員さんも、袋の裏面を上にしたままの状態で、
 シールを貼ることを訊ねてくるだろうっ。)

「かかってこいやぁっ!」
と、高田延彦さんよろしく、臨戦体制に入るってもんです。

すると、おおかたの予想通り、店員さんは、
「シールでよろしいでしょうか。」
と、訊いて来ます。

ここで、当然、独身は、
「はい。」
と云うわけですが、ここからが、ほんとうの勝負です。

店員さんの手元を見ると、独身が裏にしたままの状態を保っています。

(おっ、そのまま、そこにシールを貼るんだ、ジョーッ!(?))。

と、次の瞬間、店員さんは、裏に貼る、のではなく、
ぺろっと袋を表に引っくり返し、表にシールをぺたっと、貼ります、、。

これには、流石の独身も、引っくり返ってしまうってもんです、、。

覚悟していたこととは云え、やはり、敗北を喫し、
辛酸をなめると云うのは、間違えてお塩をなめてしまうくらい、
酷なことであります。

かれこれ、何連敗かはわかりませんが、いまは懐かし、
連敗ひん馬の“ハルウララ”よりは、まだマシなことは、確かです。

同じ“ハル(貼る)”とは云え、流石に、“リンダさん”のごとく、
♪うらら~うらら~♪
とは、いきません、、。

♪シ~ルがぁある~さっ、シ~ルあるぅ、
 C~ぃ、のシ~ルにゃぁ、粘りあるっ、
 いつ~かぁきぃっと、いつ~かぁきぃっと、
 はが~してくれるだろ~~ぉっ♪

いや、はがすのは、独身の務め、です、、。

木村屋--オレンジ&チーズクリーム。


木村屋伝統の酒種風味の生地でチーズクリームを包み、
 焼き上げた後にオレンジジャムを入れました
。”

と云うわけで、木村屋の今月の新作、
“オレンジ&チーズクリーム
”です。

翌日が雨、と云うことで、
前日にこの“オレンジ、、”を購入しておいたわけですが、
翌朝になったら、天気予報は一変し、“晴れ”になっているではありませんか、、。

前日、菓子パンハンティングに出掛ける直前までは、
しかと、“雨”になっていたはずが、わずか1日で、
天気予報とは、こんなに風に変わってしまうものなのでしょうか、、。

雨が降っていれば、
(嗚呼、前日にハンティングしておいて、よかったなぁっ。)
と、天気予報に感謝するってもんです。

しかし、それが一変するとなると、
(なんだよっ!なんのために前日に購入したのか、わからないじゃないかっ。)
と、軽く“良純さん”にでも苦情のひとつでも云いたくなるってもんです。

やはり、“良純さん”ではなく、
“森田さん”に聞いてみたほうがよかったのでしょうか(?)。

それとも、“テレシーズ”、、。
(*ローカル局のマスコットです。)

いやっ!
やはり、“ソーセージおじさん”がいちばんでしょうっ。

まあ、“晴れ”が“雨”になるよりはマシなので、
ここらで、怒りは鎮めておいて、さっそく、
生地から頂いてみたいと思います。

まず、生地をちぎってみると、
ちぎったさきから、ほわほわっ、ふかふかっと、
細やかにちぎれていくさまが、指先から伝わってきます。

これが、数多の菓子パンの場合、
ごわごわっ、しゃしゃっ、としていることが多く、
時に、生地がカスとなって、テーブルに軽く散乱することもあるのです。

しかし、木村屋の“酒種”の生地には、
そういった粗雑さは、いっさいありません。

頂く前から、木村屋の生地の実力がひしひしと伝わります。

実際に生地を頂いてみると、と~ってもむっちりとしていて、
ぐいぐいっと云う、やわらかな弾力がありますっ。

かなりみっちりとしていて、生地濃度は蜜です。

“おしくらまんぢゅう”のごとく、
ぎゅうぎゅう、ぎっしりと詰まっている生地です。

ぎゅうぎゅうだからと云って、
決して、硬いわけでは、ありません。

これが、お弁当に入れるごはんの場合、
あまりにもぎゅうぎゅうだと、お箸が入らないよ、
と云うくらい、ごはんの粒同士は、硬く、結束してしまいます。

そして、“悟飯”と“トランクス”の場合、
“フュージョン”することによって、ふたりのパワーが結束すると云うわけです(?)。

“ごはん”と“悟飯”には、気を付けたいものです(??)。

生地の弾力を楽しむかのごとく、
むにむにっと、じっくりもぐもぐを繰り返すと、
生地から、じゅわじゅわっと、旨みが染み出てきますっ。

まるで、ダムが決壊するかのごとく、
生地をもぐもぐすると、じゅわっと、一気に旨みがあふれ出てきます。

これが、生地にしっとり、
じっとり感を生み出しているものと考えられます。

ミルクのような、ふんわりとした、やさしい甘味がありつつ、
まろやかなコクもあります。

幾分か、甘味とコクがおさまっていた、と思うと、
今度はすかさず、日本酒のような香りがふわっとやって来ます。

“酔拳”にやられるなら、
せめて、日本酒でやられたいものです(?)。

いや、もう、日本酒の一気はやりたくありません、、(??)。

生地のみを頂いていても、
じゅうぶんにおいしゅうございますっ。

木村屋--オレンジ&チーズクリーム。


生地の中には、チーズクリームとオレンジジャムが入っています。

まず、チーズクリームからですが、
とってももったり、と云うか、ぶってり、ぼってりとしていて、
ヘビーなクリームです。

ぶにぶにっとしていて、クリーミーさは、皆無です。

固形のプロセスチーズを、
すり鉢などで情熱的にすりすりして練ったような感じの口当たりです。

クリーム状にはなっていますが、
どこか、プロセスチーズの、つるつるっとした感触が残っている感じです。

ぺろっと頂くと、プロセスチーズ特有の、
あの、上顎に引っ付くべったり感があります。

もはや、“キンキンとケロンパ”夫婦のべったりっぷりとは、
比較出来ないくらいです(?)。

“大助・花子師匠”っと云った感じでしょうか(??)。

菓子パンに使用されているチーズクリームと云うと、
レアチーズケーキなどに使われるクリームチーズであることがほとんどです。

そう思って、このチーズクリームに喰らいつくと、
“ケロンパ”と“花子師匠”からの、
ノンストップの早口攻撃(?)を喰らいます(??)。

クリームチーズのような、クリーミーなお味では、ありません。

給食でよく出される、固形のプロセスチーズのお味がします。

独身の小、中学校の場合、動物チーズで、
中でも、うさぎさんがいちばんの人気で、
次いで、ワンコが人気チーズでした。

味はどれでもおんなじなのに、なぜか、
みんなから軽く疎まれていたのが(?)、ライオンさんです。

これには、流石の“小堺さん”も“ライオンちゃん”も、
「ごきげんよう、、。」
と云って、虚しく去っていくことでしょう(?)。

酸味とはまた違うのですが、プロセスチーズ特有の、
じわっとしたコクのようなお味がします。

はじめは、まろやかなのに、
徐々にじわっと度は増していきます。

かなり、濃厚なチーズです。

木村屋--オレンジ&チーズクリーム。


オレンジジャムは、とってもじゅるじゅるで、
とろっとろです。

チーズクリームのようなヘビー感は、
ありません。

ゆるやかで、ふるふるです。

時おり、果実のぷつぷつと、
皮のごりごりが感じられます。

オレンジジャムと云うと、皮の苦味と酸味があって、
むかしから、あまり得意ではありません。

給食で出ると、必ず残していたくらいです。

独身が残すものと云ったら、オレンジジャムと納豆、
レーズン(レーズンパンのレーズンをくり抜く)、
そして、動物牛乳くらいでした。

この“動物牛乳”と云うのは、なんてことない、
パックに動物の絵が描かれているだけのものです。

しかし、ここでもいちばん人気はうさぎさんで、
次いでワンコ、そして、最も人気がないのが、
やはり、ライオンさんです、、。

いまごろ、“小堺さん”と“ライオンちゃん”は、
苦虫を噛みつぶしたような顔をしていることでしょう(?)。

ふたりが苦虫を噛みつぶしても、このオレンジジャムからは、
皮の苦味や酸味はほとんどありません。

さらに、ツンッ!とした酸味もありません。

どうやら、このオレンジジャムは、
“ツンデレ”ジャムでは、ないようです(?)。

裏の原材料を見ると、実に、さまざまな材料が、
ジャムとして使用されています。

その代表的なのが、
“バレンシアオレンジ果汁、ネーブルオレンジ、夏みかん”です。

ツンッ!ではなく、ジューシーな甘さを感じると思ったら、
バレンシアとネーブルが入れられているようです。

100%オレンジジュースのような風味でもあります。

ふつうのオレンジジャムよりもずっと甘味があって、
とっても食べやすいですっ。

チーズクリームとオレンジジャムが相成ると、
はじめ、チーズのまったりとしたコクが、舌べろにずんっ!とやって来ます。

そして、そのあとにオレンジジャムの、甘い風味がふわっと、
鼻を駆け抜けていきます。

相性がいい、と云うわけではありませんが、
別々の場所で、それぞれお味を主張していると云った感じです。

しかし、いかんせん、オレンジジャムの量が少ない、です、、。

それでなくとも、チーズがまったりの濃厚なので、
余計に、オレンジが登場するのが、遅れてしまっています。

やっと出番がきたと思ったら、番組終了10秒前で、
ほとんど出る幕ないじゃんよ、と云った感じです。

もっと、チーズと対等なくらい、
オレンジジャムを情熱的に入れて頂きたいです。

あまりにも“花子師匠(チーズ)”の喋りに圧倒され、
すっかりツッコミの機会を失って、いささか、
茫然としている“大助師匠(オレンジジャム)”のようでもあります(?)。

(“キンキンとケロンパ”でもいいです。)

もっと、チーズと対等なくらい、
オレンジジャムを情熱的に入れて頂きたいです。

しかし、“キンキン”も“大助師匠”も、どちらも、
奥さまがたに“ツンデレ(?)”のようです。


購入価格:128円。

栄養成分表示(1個あたり):
エネルギー:386kcаl
たんぱく質:6.3g
脂質:21.4g
炭水化物:42.0g
ナトリウム:102mg

独身評価:★★★☆☆(3.5)
スポンサーサイト





タグ:
スレッドテーマ: 菓子パン,グルメ

HOME