FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2007年03月14日[Wed]

フジパン--ミッフィー 白いクリームパン。

フジパン--ミッフィー 白いクリームパン。


フジパン、今月の新作っ!
なっんて太っ腹なミッフィーッ!

♪バカにしないっでよ~ぉっ!
 もっさりの~、せいよ~ぉっ、

 これ~は昨日の、独~身のセリフ、
 ホイップ乳臭っ、生地はもさもさっ、
 クッキ~ごりご~り、猪~木だなんて~~ぇっ、

 ファミマ、いったい、なんのパンだったの~っ、
 独身だって、独身だって、アゴが疲労~っ♪

出来ることならば、“百恵さん”のごとく(?)、
プレイバックッ!プレイバックッ!して、
あの菓子パンの購入をやめていたいところです、、。

“あの菓子パン”とは、昨日頂いた、
ファミマの“クッキーチョコクリーム”です。

新しもの好きの独身としては、先週発売されたものを、
今週になって購入するのは、いささかためらいがありましたが、
先週、ファミマのサイトの更新でチェックして以来、
ずっと気になっていた菓子パンでもあります。

あと1日待てば、ファミマから今週の新作が発売されるにも関わらず、
独身は、“クッキーチョコクリーム”に向かって、独身まっしぐらで、
強風の中、愛チャリで走り出してしまったのです。

菓子パンのためとなれば、ノンストップのまぐろのごとく、
誰もこの独身を止めることは、不可能です。

そんな、独身の貪欲なまでの菓子パン好きが災いしたのか、
この日の独身は、“クッキーチョコクリーム”の購入を、
激しく後悔するのであります、、。

“クッキーチョコ、、”の疲労から数時間経ち、
独身は、毎週恒例の、各コンビニの新作情報をチェックします。

(嗚呼、今日の“クッキーチョコ、、”は、
 見た目とは裏腹な菓子パンだったなぁ、、。)

などと、思いをめぐらせながら、ファミマのサイトを開くと、
そこにはさっそく、新作菓子パンが数種、掲載されています。

と、ここで、独身めがねは、
ある菓子パンの名前にフォーカスします。

それは、今週発売の“クッキーサンド(チョコクリーム)”です。

(、、ん?これは、独身が昨日頂いた、
 先週発売の“クッキーチョコクリーム”では?)

深夜と云うこともあり、独身めがねも、
そろそろ“おねむ”の時間なのでしょうか。

よ~く、その下の実物の画像を見ると、
やはり、“クッキーチョコクリーム”とは、
まるっきり、姿かたちは異なっています。

“クッキーチョコクリーム”が円形なのに対し、
今週のものは、ロングタイプです。

しかし、そのまた下の説明書きを読んでみると、
まるっきり、とまではいきませんが、ほとんど、
先週の“クッキーチョコクリーム”と酷似しているではありませんかっ、、!

(おうっ、、!これは独身っ、フライングではないかっ!!)

フライング、と云うか、
タイミングが悪いってもんです、、。

どうせ、似たような菓子パンならば、
新しもの好きとしては、今週の新作を購入したかったところです、、。

まさに、
♪あ~の日、あ~のとき、あ~のフ~ァミマ、
 “クッキ~、、”を買わなか~ぁったら~ぁあっ、
 独身はっ、今週のっ、新作喰らってっ、いたっ♪
ってもんです、、。

“ラブストーリーは突然”ですが、コンビニの新作は、
独身が昨日“クッキーチョコクリーム”でごりごりしていたときには、すでに、
発売が決定され、出荷されるのをスタンバイしていたのです、、。

あと1日、ファミマ行きを待っていれば、
いやっ、別のお店で菓子パンハンティングをしていれば、
いやっ、、せめて、“ケロロ軍曹”の誘惑そのままに、
“ケロロ”の菓子パンを喰らっていれば、まだ、今週の新作を、
なんの迷いもなく購入していたことでしょう、、。

「そんなに新作を食べたいなら、食べればいいじゃん。」

とお思いになるかもしれませんが、
昨日の独身評価を見て頂ければおわかりの通り、
“クッキーチョコクリーム”は、独身の期待とは裏腹に、
なんとも無粋な菓子パンだったのです、、。

もしかしたら、今週の新作は一転して、
ナイス菓子パンなのかも、しれません。

しかし、これがいま、世間をふたたび賑わせている、あの、
“石原真理子さん”風に云うところの、
“Traumaトラウマ”ってやつです。
(*“ラ”にアクセントで、お願いします。)

ごりごりによるアゴ疲労、そして、後味の悪いホイップ、
そして、全体的にまとまりのないお味に、
すっかり、独身は意気消沈してしまったのです。

その数時間後、まさか、同じくファミマから、
似たような菓子パンが発表されようとは、
このときの独身は、思いもしなかったことなのであります。

いくら菓子パン好きでも、ラブレターを30枚、
ではなく、昨日のTraumaそのままに、2日連続、
ファミマの似たような菓子パンを喰らう気力はありません、、。

新作の“クッキーサンド(チョコクリーム)”のほかにも、
“栗入りのつぶあんぱん”も発売されるようで、
こちらも、独身の関心を惹いたわけですが、
“クッキーチョコクリーム”の“Trauma”は、
ファミマと云う存在すら、独身にためらいを与えてしまったのです。

これが、“石原真理子さん”の云うところの、
“いろんな不幸が重なって起きたこと”なのでしょうか、、(?)。

と云うわけで、この日の独身は、
コンビニ、ではなく、近所のショッピングセンターへと向かっています。

毎週火曜日は、98円の特売日と云うことで、
いつもよりも多く、菓子パンが特売されるのです。

さっそく菓子パンコーナーへと向かうと、やはり、
特売日と云うだけあって、多くの人が菓子パンの特売ワゴンに群がっています。

人の群れをぬうように、独身も特売ワゴンに近づくわけですが、
どうやら、ワゴン周辺に群がっている中には、別段、
菓子パンに興味があるわけではなく、いわゆる、
“井戸端会議”ってやつをしている人たちが、数組いるではありませんか、、。

ただでさえ、特売日で人が多いと云うに、
菓子パンのワゴンの前に立ち尽くしてもらっては、
独身のハンティングに支障をきたすってもんです。

いまだ、“独身”の独身おんなにとって、
“井戸端会議”の重要性はわかりかねますが、
どうせするなら、買い物をしながら、とか、
センター内のベンチとか、フードコートとか、
いろいろな手段があるはずです。

と云うわけで、ここは、特売ワゴンを見るのは諦め、
その手前にある、菓子パンの棚へときびすを返します。

と云うのも、特売菓子パンは、ワゴンだけでなく、
通常の棚にも数点、置かれているのです。

ワゴンのほうが、積まれている数が圧倒的に多いので、
よりよい生地のコンディションを選択するには、
ワゴンでハンティングすることが好ましいところです。

しかし、この日のような、非常事態の場合、
通常の棚で選定作業をすると云う方法もあるわけです。

賢い菓子パンハンターには、その辺の臨機応変っぷりが肝要です。

まず、いちばんはじめに、独身の視界に入って来たのは、
この“ミッフィー 白いクリームパン”です。

これは、今月に入ってから、ここのショッピングセンターで、
何度か目にしている菓子パンです。

ずっと気になっていたのですが、別の菓子パンを優先していたので、
購入がだいぶ後回しにされていたと云う、いささか不運(?)な1品です。

と、ここで、お値段の札を確認するわけですが、
この日の特売とは関係なく、この“ミッフィー、、”は、
今月中はずっと、98円と云う、わりとお得なお値段設定です。

この“ミッフィー、、”同様、キャラクターものと云えば、
先日、ヤマザキの“おもちパイ 桜風味あん”を頂きました。

“おもち、、”の場合、ミニーが描かれていたわけですが、
今月のヤマザキからは、ディズニーの菓子パンが数種、
発売されているようです。

ヤマザキと云えば、過去、何度かディズニーの菓子パンを製造している、
ディズニー好きのメーカーです(?)。

この独身、前回ディズニーランドに行ったのは、
まだ、“春の学割チケット”が買えた年齢のときです。

愛チャリと、車の運転は情熱的でも、テーマパークの乗り物となると、
めっきり消極的になってしまうのが、この独身です。

前回は、かなり己に闘魂を注入し、
“スプラッシュ・マウンテン”に乗れたのが精一杯です、、。

あれ以上の乗り物となると、
猪木さんの闘魂では、不可能です、、。

“アニマル浜口さん”並みの気合が必要なのかも、しれません(?)。

そんなわけで、そこそこディズニーは好きなんですが、
なかなか足が情熱的に向かわないのが、現状です。

ディズニーランドに行けないのなら、せめてでも、
ディズニーの菓子パンでも喰らおうではないか、
と、思ったわけではありませんが(!)、
おもち入りのパイ、と云った点が独身の関心を惹き、
購入に至ったわけです。

しかし、てのひらにすっぽりとおさまるくらいの、
ちっちゃい菓子パンにも関わらず、そのお値段は、
108円と云う、高額菓子パンです、、。

独身が購入したのは、毎週木曜日に、
パン3割引きを行なっているスーパーACなので、
108円は、定価から3割引きされたお値段です、、。

いったい、ミニーはどれだけの“取り分”をもらっているのか、
いっそ、訊ねてみたいところですが、ミニーのことだから、
いつものように、手を口に当てて、ステキな笑顔を見せてくれるだけなのでしょう、、。

そんな、ミニーですら、“裏事情”を知り得ないであろう、
ヤマザキの高額菓子パンですが、一方の、この“ミッフィー”の菓子パンは、
98円と云う、とってもお手頃なお値段です。

その辺の、お安い事情をミッフィーに訊いても、
お口にバッテンがついている(?)ミッフィーでは、
返答することは、不可能です。

おそらく、フジパンから硬く口止めされているのでしょう(??)。

しかし、98円と云うお安いお値段なら、
ミッフィーの誘惑にだまされたとしても、ミニーの“おもちパイ、、”と、
ファミマの“クッキーチョコクリーム”の裏腹っぷりに比べれれば、
まだ甘受出来るってもんです。

と云うわけで、この“ミッフィー 白いクリームパン”を手に取り、
ちらっとお菓子コーナーに寄り、“チョコボール”の新作、
“スイートコーン”と共に、特売で混雑するレジへと並び、
静岡の桜はまだフライングの、寒空の中、
この日のハンティングを終えたのでありました。

フジパン--ミッフィー 白いクリームパン。


やさしい口当たりのカスタードクリームを包み焼き上げた白生地のパンに、
 さらになめらかな口どけのカスタードクリームを入れました。
 カスタードをしっかりと味わえるシンプルなパンです
。”

と云うわけで、フジパンの今月の新作、
“ミッフィー 白いクリームパン
”です。

“シンプルなパン、、”と云うわりには、
なんとも説明書きが長い菓子パンですが、要約すると、
“口当たりのいいカスタードを包んで焼き、
 そこに、なめらかなカスタードを注入したクリームパン”、
と云うことです。

つまり、“はじめカスター、あとカスター”と云うわけです(?)。

クリームパンと云うと、
ここ最近、めっきりご無沙汰の菓子パンです。

“毎日喰らいたいくらい好き!”
と云うまでではありませんが、あんぱんとクリームパンだったら、
“だんじぇん、アコム”ではなく、断然、クリームパンです。

“アンパンマン”だったら、断然、“ホラーマン”です。

“ジャムおじさん”の努力のなにもあったもんじゃない、
と、軽く“アンパンマン”から“アンパンチ”を喰らいそうですが、
どうせ喰らうなら、クリームパンを喰らいたいものです。

しかし、最近はクリームパンを見ると、
いささか、“Trauma”のような不安の感情が湧いてきて、
なかなか手を出せずにいる独身です。

と云うのも、昨今のクリームパンと云うと、
やたら、変に高級志向と云うか、
ちょいと、いままでのカスタードを超えてやれ、
みたいな根性(?)が裏目に出て、
奇怪な風味のクリームパンに成り上がってしまっている(?)ものが、
菓子パン界にはびこっているのです。

洋食レストランでは、
“たまごにはじまって、たまごに終わる(確かそんな感じ、、。)”
と云うことばがあるくらい、たまご料理はかんたんなようで、
実は難しい素材、らしいです。

おそらく、お菓子の世界においても、
カスタードは、基本でありながら、
もっとも困難で重要な存在なのでは、と勝手に思っています。

そんなカスタードクリームに、
変な根性を見せつけようとするばかりに(?)、
“りかちゃん人形”のような風味を放つ、
奇妙なものが出来上がってしまっているわけです。

どうやら、プレイバック!プレイバック!しなければならないのは、
高級志向気味のカスタードなのかも、しれません。

“帰れ、ソレントへ”ではなく、
“帰れ、基本クリームへ”ってもんです。

と云うわけで、クリームパンを頂くのは、
ほんとうに久方ぶりとなるわけで、
いささか不安なこころ持ちであることは、
否定出来ません。

しかし、“シンプルなパン、、”と云うくだりとミッフィーを信じ、
このクリームパンに再チャレンジしてみたいと思います。

まず、白生地からですが、
と~ってもしっとりとしていて、
むちむちの、柔軟性がありますっ。

それでいて、ふにふにで、ふかふかの柔軟性がありますっ。

はじめ、生地をお口に入れたときは、
ふかふかの軽やかさが感じるのですが、
つぎにもぐもぐっとした瞬間、
ふかふかから、むちむちへと変化するのですっ。

いまは懐かし、“太陽とシスコムーン”で云えば、
途中で、“T&Cボンバー”に改名するようなものです(?)。

生地をちぎった感じでは、
もっと、もそもそとして、
キメが粗いのかと思っていたのですが、
まったくそんなことは、ありませんっ。

ほとんどの菓子パンは、ちぎって頂くと、
多少なりとも、クズが落ちたりするのですが、
この白生地からは、まったくと云っていいほど、
クズが発生しません。

それだけ、生地がしっとりとして、
ひとつにまとまっているものと考えられます。

お味は、バターのようないい風味がぶわっとお口に香って来ますっ。

さらに、もぐもぐすればするほど、
それが生地のジューシーさと相成って、
じゅわじゅわっと云う、旨みへとなるわけですっ。

生地だけでも、じゅうぶんおいしゅうございます。

フジパン--ミッフィー 白いクリームパン。


中には、口当たりのいいカスタードと、
なめらかなカスタードの2種が入っています。

よ~くカスタードを見ると、
下のほうに軽くオレンジがかったクリームがあって、
上に黄色いクリームが確認出来ます。

下のオレンジが、口当たりのいいカスタードで、
上の黄色が、なめらかなカスタードと云うわけです。

まず、上のなめらかカスタードですが、
と~ってもとろっとろで、ゆるゆるなクリームです。

とっぷりとしていて、うっかりすると、
ぽとっと垂れてしまいそうなくらい、ゆるゆるなので、
思わず、お行儀が悪いと知りつつも、ずずっと、
クリームをすすってしまいます。

マジでさらさら5秒前、と云った感じのゆるやかさです。

流石、“なめらかなカスタード”なだけあって、
とろんっとしていて、確かになめらかです。

お口の中で、すっととけていきます。

お味のほうは、とってもクリーミーで、
たまごのまろやかさがあります。

まるで、カスタードプリンのようなお味です。

これは、独身の大好きな、“3つで100円”のチープなプリンではなく、
1つ100~120円くらいの、ちょっとお高め(独身にとって)
のプリンと云った感じです。

いささか、と云うか、結構な甘味があるのですが、
とっても懐かしい甘味と云うか、
(このくらいの甘さがいいのよね。)
と、思わず甘受してしまう甘味です。

独身は、あまりに過度な甘い物を頂くと、
胃に入る前に、食道が激しく侵入を拒否するのですが、
このカスタードは、拒否されることなく、
胃へと、まっすぐ走り抜けていきます。

♪胃~ぶくぅろ(袋)の中を、走り抜けてく、
 なめらかカスタ~!♪

これには、流石の“百恵さん”ではなく、食道が、
“ちょ~っと待ってっ、プレイバック!プレイバック!”
と云っても、カスタードを誰も止めることは、出来ません(?)。

フジパン--ミッフィー 白いクリームパン。


一方の、下の口当たりのいいカスタードですが、
上のとろとろとは相反し、とってももったりとしていて、
硬めのクリームです。

割と、水分が少なめで、
ぶにぶにとした弾力のようなものがあります。

ねっとりとしたねばりがないので、
その分、キレがいい、と云うか、ぺっとり感はありません。

そう云った意味で、
“口当たりのいい”カスタードと云えるのかもしれません。

しかし、口当たりがいいのは、上のとろとろのほうで、
こちらのもったりは、ほどよい弾力と云うか、まったり感があります。

よって、勝手に訂正させてもらうとすれば、
“なめらかで、口当たりのいい、とろとろクリームと、
 ぶにぶにの弾力で、まったりとしたクリーム”
が適切ではと思いますが、その辺のところ、
ミッフィーさんにでも伺ってみたいってもんです。

お味のほうは、こちらも甘味が強めですが、
とろとろとは、いささか風味は異なっているようです。

とろとろは、たまごのなめらかさがあって、
プリンのようなお味がするのですが、
こちらのもったりは、若干、バニラっぽい香りがして、
“これがカスタードクリーム!”と云った印象の風味です。

どちらかと云うと、とろとろのほうが独身の好みのお味ですが、
もったりも、そう、悪くはありません。

両者が相成ると、まず、とろとろのクリームがお口全体をとろっと占拠し、
すすっと、溶けていったと思いきや、そこにすかさず、もったりのクリームが、
「よっこらせっ。」
と云わんばかりに、まったりとやって来ます。

流石、2種のクリームがあるだけあって、
なかなか濃厚なクリームです。

両者とも、じゅわっとした甘味が強いので、
もう少し、甘味を控えるか、どちらかをすっきり風味にして頂きたいところです。

しかし、このお値段で、このお味、そして、
この上質な白生地なら、なんら文句、不平は云えません。

先日の“おもちパイ 桜風味あん”とは異なり、
ミッフィーはかなり太っ腹なようです(?)。

まさに、ミッフィーのごとく、
お口にバッテンでもつけて(?)しまうってもんです。

生地は白生地ですが、なんだか、
むかしなじみの、懐かしいクリームパンと云った印象ですっ。

ここ最近の、ケッタイなクリームパンのために、
いささか“Trauma”を抱いていた独身でしたが、
勇気100倍!で、この“ミッフィー 白いクリームパン”を頂いて、
ほんとうによかったと思いますっ。

これでまた、クリームパンになんのためらいもなく購入出来るってもんです。

♪そおだっ!恐れないで、カスタ~のために、
 パンと、勇気だけ~がぁ、と~もだちさぁっ♪

それにしても、“パンと勇気だけ”って、
ちょっと淋しくはありませんか、、。


購入価格:98円。

栄養成分値(製品1個当りの標準値):
エネルギー:360kcаl
たんぱく質:6.6g
脂質:17.1g
炭水化物:44.9g
ナトリウム:242mg
食塩相当量:0.6g

独身評価:★★★★☆
スポンサーサイト





タグ:
スレッドテーマ: 菓子パン,グルメ

HOME