FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2007年03月15日[Thu]

サークルKサンクス--シナモンロール~Deli Plus Bakery・山崎製~。

サークルKサンクス--シナモンロール~Deli Plus Bakery・山崎製~。


サークルKサンクス、今週の新作っ!

シナモンは、どこから、、。

♪たったひと~りの~店っ、入店~した~んだ~、
 あの~パンきぃっと~ぉ、食べ~たいんだ~ぁと~ぉ♪

ゴスペラーズ”は、5人で“ゴスペラーズ”ですが、
独身は、“独身”なので、その名の通り、ひとり身、です。

しかし、この日の菓子パンハンティングほど、
孤独を感じたことはない、と云うくらい、
いささか寂しい、と云うか、困惑しております、、。

流石、気象庁の桜開花予想が8日も外れていたように、
この日も、なかなか冷たい風が吹く陽気です。

♪あんまり、いそいそしないで~ぇ、
 今年の桜はまだまだ~ぁ♪
と、年中、寒そうな格好をしている“ラムちゃん”だって、
気象庁のミスには、流石に電気ショックのごとく、
ショックを受けていることでしょう(?)。

この独身だって、
(ほ~ぉ、静岡がいちばんはじめに開花するのか~ぁ。)
と、こころ内でわくわくしていたことは、確かです。

菓子パン界では、桜の菓子パンで満開ですが、
静岡の桜は、まだつぼみの段階のようです。

と云うわけで、しばし、桜はおあずけになってしまったわけですが、
独身の菓子パンハンティングは、相変わらず、10分咲きのごとく、
情熱満開です。

この日の独身の狩猟所は、近所のサークルKサンクスです。

サークルK.は、もっとも近い場所で、
愛チャリで50秒くらいのところに位置しています。

まさに、目と鼻の先ってやつです。

ところが、愛チャリで1分半ほど行ったところにも、
同じく、サークルK.があるのです。

しかも、同じ通り沿い、です。

それどころか、独身の生活圏内には、
気付けば、サークルK.があっちこっちに存在しているのです。

ABCD包囲網”ではなく、“K包囲網”です(?)。

もしかしたら、バレエダンサー、“熊川哲也さん”の、
Kバレエカンパニー”かもしれません。
(いや、それはない。)

と云うわけで、サークルK.には事欠かない独身ですが、

すぐ近所には、ここのサークルK.だけではなく、ローソンもあって、
どちらかと云うと、ローソンに軍配があがっていると云った模様です。

そう云えば、ここ最近、
サークルK.の菓子パンを頂いていないことにふと気付き、
この日の狩猟所をサークルK.に決定したわけですが、
独身が愛チャリで駐車場に侵入すると、広い駐車場には、
1台の車もなければ、自転車も停められていません。

(と云うことは、もしや、お客は誰もないのか、、。)

と、ちろっと、店内をのぞいてみると、
やはり、お客がいる様子はありません。

誰もいない店内にひとり入ると云う行為ほど、
気まずいものは、ありません、、。

これがコンビニに限らず、洋服屋さんや雑貨屋さんなどでも、
たったひとりで店員さんと対峙するのは、かなりのどきどき感をおぼえます、、。

(うわっ、しまったっ、、。
 愛チャリ、停めちゃったよ、、。)

気付いたときには、すでに、独身はお店の前に、
愛チャリを停止させています。

せめて、愛チャリを停める前に、
くるっときびすを返せば、別のお店へ変更することも可能です。

しかし、すでにお店の前に停止してしまったいま、
ここでいきなり方向転換し、サークルK.の敷地から逃げるように去るとなると、
かなり怪しい人物に写ってしまうこと、間違いなし、です。

と云うのも、入口のすぐ前で、店員さんがなにやら、
作業をしている様子が、外から伺えるからです。

店員さんにしてみれば、
(おっ、お客が来たぞっ。)
と、臨戦体勢(?)に入っているのかもしれません。

ガンダム”で云えば、いままさに、
ホワイトベース”から出動しようとしている段階です(?)。

マジで、
アムロッ、行きますっ!」
の5秒前です。

もし、ここで独身がサークルK.への出動を取りやめるとなると、
ブライト館長”からのビンタを喰らうことが、予想出来ます(?)。

すると、そこで独身は、
「ぶったねっ!父さんにも殴られたことないのにっ、、!!」
と、いわゆる、逆ギレするわけです(??)。

しかし、もしこれが“ブライト館長”ではなく、
ダイバスター”の“博士”ならば、独身だって、
びんたを受け入れ、納得するってもんです(???)。

と云うわけで、桜はまだ咲かなくとも、
独身のこころ内では、気まずさ満開、です、、。

ここは覚悟を決めて、思い切ってドアを押すわけですが、
やはり、店内には、お客は独身たったひとり、です、、。

「いらっしゃいませ~、こんにちは~ぁっ!」
と、元気よく店員さんが声をかけてくれます。

いつもなら、ただ、聞き流すだけですが、
気まずさから来る軽い動揺からか、
(あっ、いま、あいさつを返すべきだったのだろうか、、。)
と、店員さんのあいさつを無視してしまったことに、
非常に申し訳のない罪悪感で満開になってしまいます、、。

そう云えば、独身が某国で生活していたときは、
かならず店員さんと、
“こんにちは”と“さよなら”
のあいさつを交わしていたのですが、
日本では、そういった習慣があまりないことに、
あらためて気付きます。

気まずさと罪悪感で、
益々独身は動揺っぷりは上々(?)です。

なっんて小心者の独身っ!

こころ内では動揺でも、表向きはごくふつうのお客を装い(?)、
菓子パンコーナーへと直行です。

すると、もうひとりの店員さんが、
菓子パンの前のお弁当のコーナーで、商品の陳列作業をしています。

(おうっ!こちらにもいらっしゃいましたかっ、、。)

と、云うことは、店員さんと独身、
2:1の対峙となります、、。

それすなわち、気まずい度が2倍になると云うことです、、。

(嗚呼、早くほかのお客来ないかなぁ、、。)

と、菓子パンの選定作業をしていても、
そのことばかりが気になって、なかなか集中することが出来ません。

気付けば、菓子パンではなく、
お惣菜パンの前に立っているではありませんかっ、、。

すると、入口のほうで、なにやら音がして、
お客が入って来たようですっ。

(やったっ!これで独身たったひとりじゃないぞっ。)

と安堵したのもつかの間、次の瞬間、
「お世話になっています~。」
と、店員さんがあいさつしているではありませんか。

(“お世話”、、?)

と、いぶかしげに入口のほうを見てみると、
なんと、入って来たのはお客、ではなく、
郵便局の職員さんで、ただ、店内の郵便物を回収に来ただけのようです、、。

(嗚呼っ、独身のはやとちりかぁっ、、!)

いささか、がっくしと落ち込むわけですが、
こうして、独身がいつものように、じっくりと菓子パンを見極め、
選定していると、店員さんの目が気になってきます、、。

店員さんとしては、いつ、独身が清算でレジに来てもいいように、
“ホワイトベース”ならぬ、レジの中で、
出動準備体勢に入っているのかも、しれません。

ここで、ナイス菓子パンがないと決定付け、
なにも買わずにお店をあとにするとなると、
気まずさは満開を超越し、軽く弾けるってもんです、、。

ナイス菓子パンにフォーカスする独身めがねにも、
いつも以上のプレッシャーがかかってきます、、。

独身が、たったひとりでこんなことを妄想し、
こころ内であたふたとしていても、おそらく店員さんは、
変わらずにふだん通りの作業をしているに過ぎないのでしょう。

ある意味、独身の“ひとり相撲”です、、。

これには、流石の“朝青龍”だって、
黒星2連続に喫するってもんです(?)。

と、そんな阿呆な思考をめぐらせていると、
独身めがねは、今週の新作の“シナモンロール”にフォーカスです。

なかなかシンプルな菓子パンのようです。

菓子パン笑い”をモットーとしている独身にしてみれば、
あれこれと中にクリームやらが入っていたりするほうが、
よりツッコミどころを見つけやすいってもんです。

しかし、この気まずい“ひとり相撲”が、
“サークルK.場所”で繰り広げられている中、
そんなこだわりを固持している場合では、ありません。

たまには、“つっぱり”だけでなく、
下手投げ”や“上手投げ”などの技も使分けるのが、
賢い菓子パンハンターと云えます。

そして、ときに“猫だまし”と云う奇襲技(?)も使うのが、
笑いの菓子パンハンティングです。

と云うわけで、そそくさとレジへ向かい、
清算を済ませるわけですが、そのあいだも、
誰ひとりとして、お客が入ってくる様子はありません、、。

結局、店員さんと独身の2:1の対峙で終わったわけです、、。

♪サークルK.~、にさ~ぁいきん(最近)っ、
 来な~ぁくっ、なぁったの~は~ぁっ、
 ほんとうに~、食べたいっ、菓子~パンッ、
 なか~ぁったから~~ぁっ♪

こんなに近所にサークルK.があるのに、
なんとも皮肉なことです。

サークルKサンクス--シナモンロール~Deli Plus Bakery・山崎製~。


しっとりとやわらかな生地にシナモンが香る生地を巻き込んで焼き上げ、
 ホワイトアイシングとメープルシュガーアイシングで
 おしゃれにデコレートして仕上げました
。”

と云うわけで、サークルK.サンクスの今週の新作、
“シナモンロール
”です。

(はて、この菓子パンは、いったい、どんな菓子パンなんだろう、、。)

と、この“シナモンロール”を店頭で見つけたとき、
独身は疑問に思ったわけです。

いつもなら、袋に書かれている説明書きを読んで、
選定の基準のひとつとします。

しかし、たいてい、サークルK.の菓子パンには、
そのような説明が書かれていないので、
シナモンロール”だけでは、この菓子パン全体のお味が推測出来ません。

もし、ここに“ドラゴンボール”の戦闘能力を測る機械があるなら、
さくっと確認出来るのですが(?)、“サイヤ人”ではない、
ただの独身おんなは、そんなハイテク(?)な代物など、持ち合わせていません。

あるものと云えば、老化によるシミと小じわくらいです(!)。

そして、
♪つっかもう~ぜっ!ドラゴンボ~ルッ!♪
ではなく、

♪つっかめるぜっ!お腹のに~く(肉)がっ!♪
ってもんです(!!)。

さて、軽く脱線したところで、はなしを戻しますが、
前回、“スイートブレッド(アップル&チーズ)”を購入したときは、
今回とは別の店舗だったのですが、菓子パンの棚に、
説明書きの札が貼られていたので、それを参考にして、
選定作業を行なったわけです。

しかし、このサークルK.には、そういった札の1枚もないので、
己の妄想を満開にするしか、ありません。

と、ふと、“シナモンロール”を頂く直前、
サークルK.サイトの、菓子パンのページを開いて、
どんな菓子パンか確認しようとも思ったのですが、
すでに開封してしまった菓子パンを目の前にして、
もはや、独身の貪欲な情熱を止めることは、不可能です。

気象庁が、桜の開花予想を遅らせたとしても、
独身は、菓子パンに喰らいつくことを、遅らせることは出来ません。

と云うわけで、何も知らぬまま、
このまま“シナモンロール”と対峙していいものか、
いささか迷いはありますが、さっそく頂いてみたいと思います。

まず、袋を開けて、生地を取り出すと、シナモンの香りと、
じゅわっと何かが焦げたような香ばしい匂いが漂ってきます。

数年くらい前までは、シナモンのこの、
と云うか、お香っぽい匂いが苦手で、
シナモン使用のドーナッツやお菓子は、

まったくと云っていいほど、お口にしていなかったのですが、
ここ最近は、すっかり味覚が変わったためか、
シナモンが割と平気になっているようです。

生地には、シナモンが巻き込まれていると云うことで、
おそらく、こげ茶色に層になっているものがシナモンと思われます。

生地の食感は、と~ってもしゃくしゃくっとしていて、
キレがいいですっ。

ふだんの菓子パンなら、ナイフでカットするとき、
ふわふわっ、ふにふにっとすることが多いのですが、
この生地は、そんな軽やかな感触はありません。

さくさくに近いしゃくしゃくで、
ひとたびナイフを入れると、そのまま、すすっと、
スムーズにナイスが下まで刺さっていきます。

とにかく、キレがいいです。

頂いてみても、ほぐほぐっとした噛み応えがあって、
しゃっきり感のある食感です。

お野菜で例えれば、時間が経って、しなしなになったレタスではなく、
取立てで、しゃっきりとした、ぱりぱりとしたレタスと云った感じです。

もしくは、冬の乾燥で、
すっかりぱりぱりに乾いてしまった洗濯物と云った感じでしょうか。、

さらには、乾燥と老化で、すっかり潤い度が低下し、
ぱりぱりのお肌になってしまった、独身のお肌ででしょうか(!)。

そんな、しゃくしゃくの生地ではありますが、
お口に入れた瞬間、多少、ぱっさりと云うか、
ハリハリっとした硬さのようなものを感じます。

しかし、層によるふんわり感があって、
もぐもぐするたびに、むっちり、しっとりになります。

これはおそらく、
シナモンペーストが折り込まれているゆえのことだと推測されます。

これには、流石の“川島なお美さん”も、
愛犬“シナモン
”にべろべろしてしまうってもんです(?)。

生地にシナモンが折り込まれているとは云っても、
アイシング以外の生地を頂いても、ほとんどシナモン風味はしてきません

軽く、ほんわりとする程度で、
川島なお美さん”が、思わずべろべろしたくなるような、
そんなシナモンでは、ありません(?)。

頂いている段階では、独身は、この生地に折り込まれているものが、
いったい何なのか、知らないわけで、ここでぺろっと袋を裏返し、
原材料を確認してみます。

ひと通り見てみると、後方のほうに、
カラメル、、”と書かれていることに気付きます。

と云うわけで、この茶色いペーストがカラメルで、
白い生地の部分に、シナモンペーストが混ぜ込まれているのかも、
と、軽くはやとちりをしてしまったわけです。

(嗚呼、カラメルかぁ。
 だから、あまりシナモンが満開じゃないんだ。)

と、勝手に納得する独身、
今朝も鼻詰まりで目が覚める。

とくに、甘味と云った風味もないので、
すっきり、と云うか、甘味のないデニッシュと云った感じです。

サークルKサンクス--シナモンロール~Deli Plus Bakery・山崎製~。


上のアイシングですが、
白と肌色っぽいものの2種がかかっています。

ここで独身は、おそくら、白がふつうのお砂糖風味で、
肌色がシナモン風味だと推測するわけです。

アイシングは、軽くぽりぽりっとしていて、
お砂糖のしゃりしゃりの食感があります。

菓子パンに乗っているアイシングと云うと、
ぺっとりとしていて、軽く溶けていることが多々あります。

なかには、袋にべっとりと付着している曲者もいたりします。

しかし、このアイシングは、まったくぺっとりともしていないし、
溶けてもいません。

袋を見てみても、アイシングがまったく付着していません。

まるで、ポッキーのチョコのように、
ぽきぽき
で、とっても食べやすいです。

生地だけでは、ほとんど甘味がありませんでしたが、
流石、2種のアイシングが乗っかっているだけあって、
じゅわっと濃厚な甘味がしますっ。

このアイシングで、生地全体の甘味をまかなっている
と云った感じです。

さらに、アイシングがお口の中で溶けると、
それが、生地にしっとり感を与えるわけです。

生地とアイシングの、どちらがメインかわかりませんが、
かなりアイシングの影響が大きいことは、確かです。

こんなにたくさん乗っているので、
(もしや、かなり甘いのでは、、。)
と、いささか危惧していましたが、
生地に甘味がない分、これくらいがちょうどいいってもんです。

♪探しものはなんですか~、
 生地に甘味ないですか~、
 シナモン風味、カラメル甘味、
 もぐもぐしても見つからないのに♪

どうやら、独身の探しものは、
生地の上に乗っかっているようです。

サークルKサンクス--シナモンロール~Deli Plus Bakery・山崎製~。


生地だけでは、ほとんどシナモン風味がしませんでしたが、
アイシングと一緒に頂くと、もの凄い勢いで、シナモンが突進してきますっ。

突進してくると思いきや、そのままの勢いで、
お鼻にぶわっと駆け抜けていきますっ。

シナモン使用の食べ物、と云ったら、
ミスド”のシナモンのドーナッツくらいしか頂いたことがありませんが、
こんなに情熱的なシナモンをお口にするのは、これがはじめてです。

このシナモンは、“ミスド”のシナモンとはいささか異なり、
なんだか、和っぽい香りと風味がします。

シナモンと云えば、シナモンなんですが、
和菓子のおまんぢゅうの皮のようなお味がします。
(白あんが入っているタイプのおまんぢゅう。)

そのむかし、独身の祖父母は、お菓子屋さんを営んでいたので、
お店には、こういった和の香りがぷんぷんしていたことを思い出します。

これには、流石の“さとう珠緒さん”だって、
「も~~ぉっ!ぷんぷんっ!」
と、怒り心頭になることは、ないでしょう(?)。

サークルKサンクス--シナモンロール~Deli Plus Bakery・山崎製~。


シナモンロール”と云うシンプルな名前だけあって、
とってもシナモン満開です。

生地の食感もしゃくしゃくで、
アイシングもぽきぽきの、いい食感で、
“シナモン以外のほかのお味はなく”、
シンプル至極な菓子パンなのに、旨みは満載です。

と、“シナモンロール”に大満足したところで、
サークルK.のサイトを開き、この菓子パンの正体を確認するわけですが、
ここで独身、軽く目が点、になります、、。

と云うのも、サイトの説明には、
“しっとりとやわらかな生地にシナモンが香る生地を巻き込んで焼き上げ、
 ホワイトアイシングとメープルシュガーアイシングで、、。”
と、書かれています。



ホワイトアイシングとメープルシュガーアイシング”、、。

(って、シナモンだと思っていた肌色のアイシングは、
 “メープルシュガー”だったのか~~ぁっ、、!)

独身のあたまの中には、“シナモン”と云う文字しかなかったので、
てっきり、アイシングはシナモンだと思い込んでいました、、。

それが、シナモンではなく、メープルだったなんて、
はやとちりも甚だしいってもんです、、。

しかし、すべてを胃におさめたいま、
お味を振り返ってみても、あれはどう考えても、
メープルではなく、シナモンです。

川島なお美さん”も、思わずぺろぺろしたくなるくらいの、
シナモン満載です。

それに、袋の原材料を見ても、
“メープルシュガー”と云う記述はありません。

その代わり(?)、“ココア”と云う、
まったく予想だにしなかった文字が確認出来ます、、。

ではいったい、シナモンはどこに存在していると云うのでしょうか、、。

やはり、生地に折り込まれている茶色い層が、
シナモンなのでしょうか。

しかし、あれだけのお味でシナモンと云われても、
川島さん”の“シナモン”だって、納得出来ないってもんです(?)。

どうやら、“猫だまし”を喰らわせたのは、独身ではなく、
この“シナモンロール”だったようです。

しかし、シナモン満開と思っておいしく頂いたのだから、
別段、文句はありません。

ただ、文句があるとすれば、
ミスで桜の開花予想を7日も早めて発表した気象庁にあるってもんです。

独身がはやとちりでも、気象庁に至っては、
おそまつくんなミスってやつのようです。


販売価格:126円。

栄養成分表示(1包装当り):
熱量:330kcаl
たんぱく質:6.8g
脂質:12.2g
炭水化物:48.2g
ナトリウム:250mg

独身評価:★★★★☆(4.5)

スポンサーサイト





タグ:
スレッドテーマ: 菓子パン,グルメ

HOME

トラックバックURL


トラックバック

フジパン--ミッフィー 白いクリームパン。  | home |  静岡PARCOオープン!