FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2007年03月16日[Fri]

BAGEL&BAGEL--15穀。

BAGEL&BAGEL--15穀。


初、BAGEL&BAGEL!
昨日の静岡PARCOオープンで買って来ましたっ。

♪も~っ、い~くつ寝~る~と~~ぉ、
 は~つ(初)ベ~ェグ~~ゥルッ(ベーグル)!
 パルコのオープン、じゅ~ご(15)日~、
 独身、ベーグル、買いましょう~、
 は~~ぁや~くぅ行~け~行~け、ど~く~し~ん(独身)さ~~ぁん♪

思い起こせば昨年3月、静岡の中心地にあった“西武”が撤退し、
そのあとにParcoが来ると聞き、それはもう、
たいへんたのしみにして待っておりました。

当初は、2007年の秋オープンと云っていたような気がするのですが、
撤退から1年、ようやっとオープン致しましたっ。

数ヶ月前までは、ずっと建物に囲いのようなものが設置されていて、
まったく外観がわかりませんでしたが、独身が3月初旬に偵察に行ったときには、
すっかり囲いも取れ、いよいよだな~ぁと、周辺商店街も、
なんだか明るい雰囲気になっているような感じでした。

洋服屋さんや雑貨屋さんはもちろんですが、
独身がいちばんたのしみにしていたのは、食品売り場ですっ。

ここ数年、静岡も都市開発が進んで、
すっかりこ洒落たお店が増えてきましたが、
Parcoは、とくに、いままでにない、
都会チック(?)なお店がどんっと入ると云うことで、
食いしん坊の独身は、先週あたりから、折込広告を眺めながら、
(嗚呼、これが喰いたいっ、これも喰いたいっ、
 全部喰いたいっ、、!)
と、果てしなく、貪欲な情熱をおさえることが出来ずにいました。

実は、13日にプレオープンしていたのですが、
これは、Parcoカードを作った人限定と云うことで、
独身は、クレジットカードを作るのは好きではないので、
泣く泣く、ローカルの情報番組で様子を観ていたのであります。

すると、なっなんとっ。

独身が最もたのしみにしている、
BAGEL&BAGEL”が紹介されているではありませんかっ。

(おうっ!これだよ、これっ!!)

いままで、たくさんのブロガーさんのレポを拝見させて頂いて、ずっと、
(食べてみたいなぁ、、。)
と、憧憬の念を抱いていたのであります。

それが、とうとう、ここ、静岡にも出店されると云うことで、
それはもう、独りで歓喜満載だったわけです。

と云うわけで、この日の独身は、
午前中に時間を作り、せっせと愛チャリでParco方面へと向かいます。

初日と云うことで、おそらく、お店の前には列が出来て、
愛チャリを停める場所はないだろうと推測し、
近くの郵便局前に勝手に駐輪です。

愛チャリにカギをかけ、信号待ちをしていると、
なにやら、プラカードを持った人が見えて来ます。

どうやら、信号を渡った先が、最後列のようです。

と云うことは、軽く、
150Mは列が出来ていることを意味しています、、。

列は覚悟していましたが、まさか、20分前着で、
ここまで並んでいるとは、この独身、いささか世の中をナメておりました、、。

くもり空の中、凍える指先をハエのようにこすりながら待つこと、
約25分、、。

ようやっと、列が動き出しましたっ。

オープニングイベントには、“長谷川理恵さん”と、
フジテレビの元アナウンサー、“チノパン”こと、
静岡出身の“千野志麻さん”さんがトークショーをしていたのですが、
早く目的のお店に行かねばっ!との思いから、
おふたりを見る余裕はありなせん。

そそくさと店内に入り、エレベーターに乗り、
地下、ではなく、3Fの“PeachJohn”へ。

Parcoが来る、と聞いたとき、まずはじめに思いついたのは、
PeachJohnは絶対に入るっ!)
と、軽く確信していたのですが、独身の予想通り、
PeachJohnは静岡発出店ですっ。

エレベーターを降り、さっそく店へ行くと、
前には、たくさんのお花が飾られていて、
“倖田來未さん”、“吉川ひなのさん”、
“岩堀せりさん”、入口右側には、“浜崎あゆみさん”のお花があります。

“倖田來未さん”と“浜崎あゆみさん”のお花が、
ものすご~く、離れて置かれているのですが、
これは、独身の邪推ってやつでしょうか、、。

それはさておき、もしかして、PJモデルの人が来ていたり、
なんて軽く期待していましたが、そんなことなありませんでした、、。

それどころか、お店の前には、
黒のスーツを来た複数の男女のスタッフが立っていて、
ちょっと物々しいと云うか、軽い威圧(?)感を放っています、、。

ともあれ、あらかじめ、通販用の雑誌で書いたいものをチェックしていたので、
すんなりと買い物を終え、お店を出ると、出入り口に黒いテープがはられています。

いつもの独身の菓子パンハンティングなら、
袋に店名のシールを貼られることが常ですが、
まさか、お店の入口にはられるとは、思いもしないことです。

(うおっ!?ここは出口じゃないのかっ、、。)
と、軽くきょろきょろしていると、
入口に立っている店員さんがテープをはがし、
「ありがとうございました~。」
と、入口を開けてくれます。

どうやら、独身が買い物をしているあいだに行列が出来て、
入場制限がされているようです。

あと数分で、独身も制限されるところでした。

しかし、60代くらいの女性もPJでお買い物していたので、
独身が年増だからと云って、その辺で制限されることは、ないようです(?)。

さて、オープニングのノベルティーももらったことだし、
次は、第2の目的の、“BAGEL&BAGEL”へ行きますっ。

3Fからエレベーターで地下に下り、
いちばんはじめに目の前に現れたのは、
“モチクリーム”です。

プレオープンのとき、ローカル情報番組でも紹介されていた影響なのか、
ずらっと行列が出来ています。

どうやら、アイスではないのに、ひやっとした食感のスイーツらしく、
色とりどりの“モチクリーム”がうつくしく陳列されています。

しかし、この日の独身は、
“モチクリーム”がお目あてでは、ありません。

そのまま右へ曲がると、ついに、“B&B”が見えてきますっ。

まだ、お客は10人未満で、
商品もずっしりと並べられています。

あれこれと、数多種類がある中で、
先日、PACALERさんにオススメして頂いた、
“15穀”をまっさきにつかみますっ。

と、ここで、独身は、“今月のベーグル”なる、
“苺チョコ”を探すのですが、どこを見ても、
“苺チョコ”はありません。

(あれっ?マンスリーはどこだっ、、。)

そこで、お店の上にあるメニュー表を見てみるわけですが、
これは、店内で頂く用のメニューで、ベーグル用ではありません、、。

そうこうしているうちに、徐々にお客も増えはじめ、
狭いお店は、軽く混雑してきます。

ここで、お店の人にでも訊いてみようと思ったのですが、
静岡限定の“ベーグル6個とトートバッグセット”をお客さんに勧めている最中で、
お店の中の店員さんも、会計などでせわしなくしています、、。

(まあ、近いんだから、また来ればいいさっ、、。)

と云うわけで、独身はさっさと諦めて、
“15穀”と、新作らしい“いちじくピーカン”をカゴに入れ、
お会計です。

“PJ”も“B&B”も制覇(?)し、
この日の独身の特別ハンティングは、終了です。

この続きは、後日の“いちじくピーカン”でのアップとなりますので、
乞う、ご期待(?)。

BAGEL&BAGEL--15穀。


カルシウム・食物繊維が豊富で、
 大注目のホワイトソルガム入り。


と云うわけで、独身の初ベーグル、
BAGEL&BAGELの“15穀”です。

すでに上記したように、この“15穀”は、
PACALERさんにオススメして頂いたいっぴんです。

実際に店頭ですべてのベーグルを目の当たりにすると、
どれもこれも、たいへん魅力的で、全部喰らいたい欲求で満載になるってもんです。

しかし、はじめは絶対にこの“15穀”を頂こうと、
ずっと決めていたので、迷うことなく、“15穀”をゲットです。

隣りのお店、“コールドストーンクリーマリー”から、
陽気な店員さんの歌声が聞こえてこようとも、
独身の決意は、揺らぐことはありません(?)。

思わず、“荒川静香さん”も並んで食べたと云う、
魅惑のアイスに、誘惑されそうになっても(!)、
独身は、ベーグルを目的として来たのですっ。

さて、ここ最近、独身は“やずやの16雑穀米”にハマッているので、
この“15穀”も、とっても興味津々なわけです。

いったい、なんの種類の雑穀が入っているのかはわかりませんが、
なにやら、“大注目のホワイトソルガム”が入っているようです。

大注目と云うわりには、いっさい聞いたことのない代物ですが、都会では、
♪このごろ流行りの雑穀米~♪
なのでしょうか(?)。

独身が注目したいのは、“PJ”前の、
“倖田來未さん”と“浜崎あゆみさん”のお花が離れて置かれているのは、
たんなる偶然なのか、と云うことであります。

それ以上、追求するのは、いささか無粋なので、
この辺で、さっそく初ベーグル、“15穀”を頂きたいと思いますっ。

まず、お店で頂いてきたメニューカードの裏によると、
“水平にスライスし、、”
と、書かれています。

しかし、水平にカットするのは、いささか困難そうなので、
ふつうに、垂直にカットしてみましたが、なにか?
(大前春子さん風でお願いします。)

生地にナイフを入れてみると、
ふつうのパン生地とは、明らかに感触が異なっていますっ。

かなりのぐいぐいっぷりで、
ぶいぶいっと云う摩擦を感じます。

流石、都会でぶいぶい云わせているベーグルだけはありますっ(?)。

実際に頂いてみると、
かなり、相当、もんの凄い噛み応えですっ。

もう、噛み応えなんてもんじゃあ、ありません。

歯がぎしぎし、緩むんじゃないか、
と云うくらいの、情熱的な噛み応えっぷりです。

これこそ、抵抗勢力ってもんです(?)。

生地の表面が、もっともぐいぐいっとしていて、
このぐいぐいを突破しなければ、内側の生地にありつけないわけです。

メニューカードには、“しっとり&もちもち”と紹介されていますが、
もちもち、と云うような柔軟性ではなく、
情熱的な弾力のある、むちむち、ぶいぶいです。

ベッドで云えば、ふっかふかっではなく、
がっちがちのマットと云った感じです。

観光先のホテルに到着し、うかれ気分でベッドにダイブしたら、
ふっかふかだと思っていたのに、がっちがちのマットで、
水泳の飛び込みのごとく、思わず、腹撃ちを喰らってしまった、
そんな印象の食感です。

もしくは、体脂肪5%の、
超マッチョメンと云った感じでもあります(?)。

いかんせん、ベーグル初心者なもので、
どんな食感なのか、まったく未知な分野なので、
ふだん通り、貪欲な情熱のまま、生地に喰らいついてしまったわけです、、。

無知って怖いです。

そんな独身の初体験のベーグルは、
むっちむちの食感、と云うわけです。

とにかく、生地と生地との繋がりが、相当頑丈なので、
それを、もぐもぐによって絶とうとすると、
あまりにも情熱的な繋がりに、歯もすっかり疲労困憊状態です、、。

BAGEL&BAGEL--15穀。


生地をよ~く見てみると、なにやら、
黄色いぷつぷつが点在していることに気付きます。

もしや、これが、“大注目のホワイトソルガム”ってやつでしょうか。

ときおり、この黄色いのが、軽くごりごりっとするわけですが、
芯の残ったお米と云った感じのごりごりです。

お味のほうは、まずはじめに、
生地の風味がぶわっとやって来ます。

これもまた、はじめのお味で、もぐもぐしながら、ずっと、
(これは、どう比喩すればいいのか。)
と、考えてしまいます。

黒糖っぽいような感じもしますが、
そこまで香ばしさはありません。

と、ここで、思い浮かんだのが、茶色いお砂糖の、
“三温糖”です。
(もしくは、“和三盆”。)

白糖以上、黒糖未満、そんな感じでしょうか。

そんな感じの風味と、雑穀の風味が、
ふわっと、かろやかにお口に広がるわけです。

さらに、ぐいぐいの生地を、情熱的にもぐもぐすると、
じゅわじゅわっと甘味が染み出てきますっ。

これは、ふつうのパン生地の甘味とは異なり、
小麦から染み出ているような、とっても自然な甘味がしますっ。

しかも、もぐもぐすればするほど、
甘味もじゅわじゅわと、クレッシェンドで出て来ます。

すっかり疲労困憊の歯、ですが、
“苦”のあとには、甘味と云う“楽”が待っていたわけですっ。

♪ベ~ェグル、苦のあ~と~、ら~く(楽)あ~る~さ~~ぁ♪

これが、“黄門さま”の云うところの(?)、
“人生、楽ありゃ、苦もあるさ”ってやつです。

もしくは、マラソンで云うところの、
“ランナーズハイ”ってやつでしょうか。
(いや、違う。)

“Qちゃん”に云わせれば、
「とっても楽しいもぐもぐでしたっ。」
ってやつかも、しれません(??)。

とってもシンプルで、あっさりながら、
生地の旨みがじゅわじゅわな“15穀”ですが、
これは、あらゆるトッピングが合うお味だと思います。

ジャム、バター、チーズ、はちみち、メイプル、
などなど、なんでも相性が良さそうです。

その中でも、もっともベストカッポー(カップル)なのは、
チーズではないかと、勝手に推測します。

今回は、ベーグル初、と云うことで、
あえてなにもつけずに頂きましたが、
生地のふんわりとした雑穀風味と、
チーズの濃厚なコクが相成ると、おそらく、
とってもナイスなハーモニーが奏でられると思います。

メニューカードには、おいしく頂く方法として、
“トースターで軽く焼くのが一般的、、”
と書かれています。

しかし、PACALERさんに、
“もちもちの食感を活かすため、
 トースターより、レンジでチンのほうがオススメ”
と、アドバイス頂いたので、
さっそく、残り半分を20秒ほど、チンしてみました。

すると、ぐいぐいの、むちむちの超弾力系の食感に、
ふんわりとした、やわらかさがうまれ、
歯への抵抗勢力のない、むちむちになっていますっ。

なるほど、このむちむちを、
トースターでかりかりに焼いてしまってはもったいないです。

お味のほうも、焼きたてと云った感じの、
ほんわり感が生まれ、常温とはまたひと味違う感じになっていますっ。

ほんわりの温かさが、生地の旨みをアップさせて、
さらに甘味は、まろやかさを帯びて、益々じゅわじゅわです。

これは、チンしたほうが“だんじぇん、アコム”
ではなく、断然、食べ易いです。

しかし、全部頂いたあと、風味よりもなによりも、
残っていたのは、アゴの疲労、です、、。

アゴ、と云うか、こめかみ辺りの付け根に、
じ~~ん、と云う、重い痛みが残っています、、。

どうやら、初ベーグルからの、独身に対する“洗礼”のようです、、。

これには、流石の“レッドソックス”の“松坂投手”だって、
2本のホームランで痛手を負うってもんです(?)。

これからは、1/3ほどを常温で頂き、
あとは、チンして、ほんわりとさせて頂きたいと思います。

それが、この日の、独身のParco戦利品(?)です。


販売価格:147円。

カロリー:231kcаl/100g

独身評価:★★★★☆
スポンサーサイト





タグ:
スレッドテーマ: ベーグル,グルメ

HOME

トラックバックURL


トラックバック

静岡PARCOオープン!  | home |  Pasco--いちごミルクパン。