FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2007年04月06日[Fri]

ヤマザキ--ランチパック アップルシナモン。

ヤマザキ--ランチパック アップルシナモン。


ヤマザキのランチパックの新作っ!
たった1杯で“ひろみ郷”、、?

♪おさいふ抱えた独身っ、チ~ャリ~漕い~でっ、
 菓子パンっ、3割っ、お得~なおみ~せ(店)へっ、
 独身うかれてる~~ぅっ、わくっわくっとうかれてる~~ぅっ、
 る~るる、るるっる~~ぅっ、
 今日~~はお店越え~~~っ♪

“サザエさん”が、いい天気の中、
お魚くわえたドラねこを追いかけるなら、
この独身は、ナイス菓子パンを追い求め、
覚悟の“お店越え”を決行しております、、。

この日は、某スーパーの、菓子パン3割引きの日です。

この毎週のパン割引き日が、
毎日の独身の菓子パン生活を支えてくれていると云うわけです。

昨日、木村屋の“クランベリー&チーズクリーム”と云う、
とってもナイスな菓子パンを頂いたのですが、
この“クランベリー、、”と出逢うまで、独身は実に、
3つの菓子パンと浮気をしていたのですっ、、。

まさに、“3年前の浮気”ならぬ、
“4個目の浮気”で、“クランベリー、、”と出逢ったわけです。

4つの菓子パンの中で、最も独身のこころをぐいっと魅了してくれたのが、
“クランベリー、、”だった、と云うこともあるのですが、
お値段のことも浮気をした理由のひとつでもあります。

“クランベリー、、”を購入したお店では、
毎日、なにかしらの菓子パンを特売しているのですが、
昨日、独身が浮気をした4つの菓子パンたちは、
別段、特売されていたと云うわけでは、ありません。

そのほかは、たいてい1割引きされているのですが、
木村屋の菓子パンに関しては、いわゆる“おつとめ品”でない限り、
割引きされることはなく、定価で販売されています。

どれもこれも、さくっと手が伸びてしまう、
ひとめ惚れしてしまうナイス菓子パンでしたが、
木村屋以外のものは、勢いそのままに購入してしまうと、
後々、損をしてしまう恐れがあるのです。

独身の菓子パンハンティング圏内には、
2軒、パン割引き日を設けているお店が存在します。

1軒が3割引で、もう1軒が2割引きです。

と云うことは、同じ菓子パンでも、割引きのお店では、
もっとお安く、お得なお値段で購入出来るのです。

このことを軽く無視して、貪欲そのままに、
ほかのお店で購入すると、数日後には、
(嗚呼っ!割引き日まで、なんで待てなかったんだっ、、!)
と、己の愚かさと、食いしん坊っぷりに、
激しく後悔し、嘆くことは確実です。

とくに、その月の新作が発売されたばかりのこの時期は、
数多なナイス菓子パンが登場すると云うこともあり、興奮のあまり、
思わず我を忘れ、新作菓子パンにガッついてしまうことがあるのです。

そうすると、割引きのお店で、
同じ菓子パンがお安く売られている現状を目の当たりにして、
“近藤マッチ”に、
♪お~ろ~か~ぁ、も~ぉの(愚か者)~よっ♪
と、呆れられると云うわけです(?)。

これには、流石の“ひろみ郷”だって、
♪あ~ら~ら~、あ~らっ、損したんだ~ぁろうか~~ぁ♪
と、その“ゴールドフィンガー”で、
思わず、損した分の差額を電卓で計算してしまうってもんです(?)。

と云うわけで、とくに新しい月と云うのは、
よくよく、割引きのお店のことを考慮して、
ほかのお店で菓子パンハンティングを行なわなければ、ならないのです。

昨日の場合、まさに、勢いそのままに、
ナイス菓子パンたちにガッついたしまいましたが、
独身の脳裏には、やはり、割引きのことがあったと云うことで、
結局、最終的に、割引きはされない、木村屋の“クランベリー、、”に落ち着いたわけです。

人間の場合、何年目であろうと、浮気は許されないってもんですが、
独身の場合、菓子パンの浮気は何個目であろうと、さくっと許される問題です。

まさに、“一夫多妻”ならぬ、
“一独身、多菓子パン”です(?)。

さて、この日は、その割引きの日、です。

すでに上記したように、独身のハンティング圏内には、
2軒の割引きのお店があるのですが、この日は、
3割引きのお店へと、いつもの愛チャリで向かっています。

昨年までは、主に2割引きのほうでハンティングをしていたのですが、
今年に入ってから、まったくと云っていいほど、
新作菓子パンが仕入れられなくなった、と云うこともあり、
ここ最近はずっと、3割引きのほうにお世話になっていたわけです。

2割と3割では、3割のほうがお得なのですが、
3割のお店は、2割に比べ、あまり新作に情熱的ではない、
と云うこともあり、2割が主なハンティング場となっていたのです。

しかし、その肝心な2割までもが、新作に怠惰的になってきてしまったことで、
ここ最近の独身は、あまり新作との出逢いに恵まれることは、ありませんでした、、。

それでもなんとか、3割のお店でハンティングを行なっていたわけですが、
先週あたりから、また、新作菓子パンが見られなくなってきたのです、、。

そのときは、月末と云うこともあり、
あまり目新しい菓子パンがなくても仕方ないのかな、
と思い、翌週、つまり、卯月になるのを楽しみに待つことにしたわけです。

そんなわけで、待ちに待った卯月初の3割引き日と云うことで、
この日の独身は、いつも以上に、うきうきショッピングですっ。

昨日のお店で出逢った、3つの浮気の菓子パンたちのうち、
いずれかがきっと、この3割のお店で再会出来るに違いありません。

お店の駐輪場に愛チャリを停め、“サザエさん”のごとく、
♪る~るる、るるっる~~ぅっ♪
と、気分はスキップで、入店ですっ。

(さぁっ、今月の新作はあるかなっ!♪
と、菓子パンコーナーに到着した独身の視界に入って来た菓子パンは、
まず、先日頂いた、“ぬまづ茶のっぽパン”です。

先日購入したお店では、たった3本しかなく、
よりよい生地の状態のものを選択することが困難で、
不本意ながら、あまりかたちのよくないものを、
選択せざるを得なかったわけです、、。

しかも、袋の上のほうには、ちろっとお茶色のクリームが付着していて、
いわゆる、“クリーム漏れ”が発生していたのです、、。

これは、“のっぽパン”たちが、お店に仕入れられるまでのあいだ、
“おしくらまんぢゅう”をしたことによる、血と涙と汗のようなものです(?)。

これが、ほかの菓子パンなら、喰らいたい食欲をぐっと抑えて、
別のお店に移動するか、別の日にまたハンティングに来るのですが、
新作の“のっぽパン”となると、独身の食いしん坊っぷりは、
猪突猛進、誰も止めることは、出来ません。

まさに、止まることを知らない“まぐろ”のごとく、です(?)。

これには、思わず“渡哲也さん”だって、
「マグロッ!」
と、この独身を呆れて、船上から見つめていることでしょう(??)。

一方、この3割のお店では、ほかの新作にはあまり情熱的ではないものの、
“のっぽパン”に関しては、ほぼ全種類を、しかも大量に仕入れていると云う、
なんとも“のっぽパン”に理解のある、熱狂的な(?)のっぽ好きを見せ付けてくれています。

先月の“レーズンのっぽ”の場合、
偶然、この3割引きの日と、発売日が重なったため、
とってもお得に、そして、数多な“レーズンのっぽ”の中から、
最もコンディションのよいものを、取捨選択することが出来たのです。

それが、今月は重ならなかったと云うことで、
やむを得ず、たった3本の中での選定作業となったわけです。

そして、いま、この3割のお店では、
“ぬまづ茶のっぽ”が、いつものように、
てんこ盛りに陳列されています、、。

この光景を目の当たりにして、思わず、
(嗚呼、“のっぽ好き”が災いするとは、
 なんとも皮肉な世の中だなぁ、、。)
と、“渡さん”よろしく、己に呆れている独身、
最近の悩みは、眼球疲労、、。

さて、“マグロ”を狙う“渡さん”のごとく、
独身も、新作菓子パンを狙い、棚を見渡すわけですが、
“マグロ”と云うのは、そうそう、容易に釣り上げられるほど、
単純な相手ではありません。

何日もずっと、ナイス“マグロ”に出逢えないことだってあるわけです。

新作菓子パンだって、己が望んだところで、
そのお店で出逢えるとは限りません。

いままさに、独身は、“その状況の中”にいるのです、、。

つまり、“のっぽパン”以外の新作菓子パンが、
ひとつもない、のです、、。

端から端まで、上から下まで、すべての棚を見渡しても、
新作は見つかりません、、。

反対側の、食パンのほうを見ても、当然ながら、
新作菓子パンは、皆無です、、。

と、ここで、冷凍食品前に強引に(?)置かれた、
菓子パン用のテーブルに移動するのですが、
そこにも一切、新作は置かれていません、、。

これには、流石の“やっくん”だって、
♪ナイ、ナイ、ナイッ!新さ~く(作)ないっ!
 ナイ、ナイ、ナイッ!情ね~つ(熱)ないっ!
 ナイ、ナイ、ナイッ!“マ~グロ”釣れな~ぁい~~っ♪
と、嘆き哀しんでいることでしょう(?)。

いくら、“もっくん”が(?)、
♪じたばったするっなよっ!(じゃ~じゃっ)♪
と、独身を落ち着かせようとしても、
この状況を目の当たりにして、とても冷静ではいられません、、。

と、ここでふと、独身の脳裏に、
あるお店のことが浮かびます。

それは、いままで通っていた、2割引きのお店です。

偶然なのか、ここの3割と2割のお店は、
同じ曜日にパン割引きを行なっています。

菓子パンハンターとしては、両方のお店を見比べてから、
ハンティングに移りたいってもんですが、
そう、容易には出来ない事情ってもんがあるのです。

それは、この3割と2割のお店は、まったくの逆方向、
3割が南で、2割が北のほうに位置しているので、
3割から2割越えをするとなると、
それ相当の時間と体力を要するわけです、、。

(嗚呼、ナイス菓子パンがないから、
 じゃあ、2割のほうに行くかぁ。)

と、さくっとハンティング場を変更することは出来ないのです、、。

“清水の舞台”から、よじ降りる覚悟(?)を持って臨まなければ、
3割から2割越えは、体力的にも、精神的にも、かなりの負担が掛かるわけです。

とりあえず、新作菓子パンがないと云うことで、
3割のお店をあとにするわけですが、出入り口付近に設置されている時計を見ると、
ハンティングの時間内に、なんとかギリギリ、2割越えをすることが出来るようです。

ここで、しばし、“考える人”のごとく、
軽く眉間にしわを寄せ、このあとのハンティングについて、
熟考します。

そして、その結果、独身は決意しました。

以前、1度だけ実行したことがあるのですが、
数ヶ月ぶりに、3割から2割越えをしようではないかっ、と、、。

そうと決まったら、あとは、
情熱的に愛チャリを漕ぐしか、ありません。

もう、なにも考えず、ひたすらまっすぐに前進するしかありません。

昨日まで、思わず洗濯物が落下してしまうほど、
強い風が吹いていましたが、この日はどうやら、
穏やかな1日のようです。

風の激しい抵抗に遭うこともなく、
ハムスターのごとく、順調に愛チャリのベダルは回転しています。

そして、ようやっと2割引きのお店に到着ですっ、、。

あまりにも情熱的に漕いで来たので、
到着するなり、軽く脱力してしまいました、、。

お店に入ると、菓子パンコーナーに収まり切れなかったのか、
レジ前にも、菓子パンの箱が積まれています。

それを見ると、疲れもぶをっと、吹き飛ぶってもんです。

そこには、数日前に別のお店で見かけていた、
フジパンの“りんごのパン”と“いちごのパン”があります。

とりあえず、菓子パンコーナーへと向かうと、
以前のように、新作菓子パンがあっちこっちにてんこ盛りされているでは、
ありませんかっ!

2割越えした甲斐があるってもんですっ。

しかも、昨日のお店で見かけていた菓子パンも、
数種類、仕入れられています。

やはり、ぐっと購入したいきもちをこらえてよかったですっ。

そんな中、“ランチパック”が置かれている棚を見ると、
そこには、昨日、独身が3個目の浮気をした、
“アップルシナモン”が陳列されているではありませんかっ!

“ランチパック”と云うと、だいたい1つのお値段が、
130円前後です。

昨日のお店では、たしか127円くらいだったように記憶しているのですが、
ここでは2割引きと云うことで、なっなんと、95円ですっ。

かつて、“ミルククリーム”を88円と云う、
破格菜お値段で特売していたスーパーがありましたが、
“ランチパック”の100円切りと云うのは、
軽い革命のようなものです。

と云うわけで、独身の期待通り、この2割のお店で、
“アップルシナモン”と再会ですっ。

ほかにも、Pascoの新作を購入し、
この日のハンティングを精一杯に果たしたのでありました。

しかしっ、、!

“帰宅するまでが遠足”ならば、
“頂くまでが、菓子パンハンティング”です。

このあと、独身に待ち受けている試練とはいったい、、。

ヤマザキ--ランチパック アップルシナモン。


シナモン風味のりんごフィリングをサンドしました。”

と云うわけで、“ランチパック”の新作、
“アップルシナモン
”です。

ランチパックと云えば、過去、
バニラヨーグルト”、
ピーナッツ”、
ブルーベリー&チーズクリーム”、
女峰苺ジャム&マーガリン”、
ハム&チーズ”、
いちご&ホイップ”、
チョコレートクリーム”、
キナコモチ”、
キャラメルクリーム&ホイップ”、
ホワイトムースチョコ”、
ムースチョコクリーム”、
モカホイップ&カラメルラテ”、
小倉&マーガリン”、
レアチーズ風味クリーム&ホイップ”、
アップルフロマージュ”、
コーヒークリーム”、
チョコクリーム GABA入り”、
ヤマサキ--ランチパック 黒豆ココア入りクリーム”、
ミルククリーム”、
クリーム コラーゲン入り”、
キナコモチ(京都銘菓おたべ)”、
桜風味もち つぶあん”、
抹茶&小倉 森半抹茶のクリーム使用”を頂きました。

この“アップルシナモン”は、おそらく“ランチパック”の新作だと思われますが、
りんごとシナモンと云うのは、よくある、定番の組み合わせです。

実は、独身は、りんご、そしてシナモンは、
あまり好きではありません。

りんごのあの、えぐみっぽい風味があまり好きになれず、
シナモンも、粉っぽい香り(?)が得意ではありません。

なので、
「りんご、むいたよ~。」
と、云われても、決まって、
「いらない。」
と、返事します。

おそらく、“継母”が魔女に変そうして、
7つの山を越え、独身のもとにやって来たとしても、
独身は決して、“継母”に騙されることは、ありません(?)。

シナモンは、とくにドーナッツは、
必ず、匂いを嗅いで、シナモンでないことを確認してから、
選ぶようにしています。

さらに、これがアップルパイとなると、
りんごのぐにっとした、腰抜けの食感と、
パイ生地のざくっとした硬さが、どうも不釣り相な気がして、
頂く気にはなれません。

しかし、菓子パンに入っている“りんごとシナモン”となると、
なぜかさくっと頂けてしまうから、不思議です。

これは、1匹では弱いくせに、8匹集まって合体すると、
なかなかのモンスターに変身する“ドラクエ”の、
キングスライム”のようなものでしょうか(?)。

もしくは、あの、サングラスがないと、
どうも“タモリさん”らしく見えないのと同じようなものでしょうか(??)。

それとも、いちおう“ねこ”なのに、耳があると、
どうも違和感を覚える“ドラえもん”のようなものでしょうか。
(いや、それは違う。)

と云うわけで、単体では、あまり好きではないりんごとシナモンですが、
これがフュージョンすると、ナイスコンビネーションを見せ付けてくれるわけです。

まあ、よくある組み合わせで、別段、めすらしさもないと云うことで、
ある意味、お味の想像が出来ると云うか、安心して頂けます。

まず、生地から頂いてみると、
相変わらず、むちむちっとして、みっちり、
濃縮されたような噛み応えです。

一時、“ミルククリーム”、“クリーム コラーゲン入り”、
“キナコモチ(京都銘菓おたべ)”、“桜風味もち つぶあん”に、
カステラの下の紙のような、1枚ハリハリっとした、
妙な硬さがあったのですが、前回の“抹茶&小倉 森半抹茶のクリーム使用”から、ふたたび、
以前のむっちり生地に戻っているようです。

ハリハリになってしまったときは、
あの、上質な生地でおなじみの“ランチパック”に、
いったい、どんな構造改革が行なわれたのかと、
今後の“ランチパック”の行き先に、いささか不安を覚えました。

しかし、“抹茶&小倉 森半抹茶のクリーム使用”を頂いたことで、
その不安は、すっかり一蹴されました。

キメは、細やかで、繊細で、舌触りもとっても優しいです。

木村屋の“ふんわりサンド”のような、
けばけばっとした感じも一切なく、さわさわっとして、
ホテルなどの、ふんわり仕上げのタオルのような、ふんわり心地です。

これが本当の“ふんわりサンド”です。

ふんわりでもないのに、“ふんわり”を名乗ってしまうのは、
皇族でもないのに、“有栖川宮”をさくっと名乗ってしまうようなものですっ(?)。

もしくは、本当は26歳なのに、
23歳と年齢詐称をしてしまうようなものです(??)。

まあ、後者の場合、さほど大きな問題でもなく、
アイドルにはよくあることなので、別段、騒ぐことでもないと思います。

しかし、ふんわりでないのに“ふんわり”と名乗ったり、
“有栖川宮”を勝手に名乗って、詐欺を働くようなヤカラは、
“セーラームーン”におしおきされてしまえばいいのですっ(?)。

おんなじような菓子パンとして、
“ランチパック”にも失礼ってもんです。

さて、そんな独身を毎回うならせて止まない“ランチパック”の生地ですが、
実は、半分にカットしたとき、ぐいぐいっとした、妙な硬さと云うか、
生地の抵抗があったのです。

それで思わず、
(もしや、ハリハリの生地では、、。)
と、心配していたのですが、
ふたつある内の、ひとつの生地の中央付近が、
少しハリハリっとしています。

“ビックリマンチョコ”に、たまにシールが2枚入っているように、
たまに、こういう生地が出来てしまうこともあるのでしょうか。

まあ、以前のような、カステラの紙のようなハリハリとまではいっていないので、
甘受することにします。

生地のお味ですが、こちらも相変わらず、
ふわっといい小麦風味がお口に広がって、
じゅ~っと、生地の旨みが染み出てきますっ。

これが“ランチパック”の極みってもんです。

シンプル故に、ごまかしの効かないと云った感じで、
生地作りの基本と云うか、お料理で云えば、
簡単なようで、実はお料理の基本中の基本と云われている、
たまご焼のようなものでしょうか(?)。

まあ、単純なものほど、
その人の技が如実に現れてしまうと云うことです、、。

ヤマザキ--ランチパック アップルシナモン。


生地の中には、りんごフィリングに、
茶色のぷつぷつのシナモンが満載に入れられています。

りんごの果肉も、ごろごろっとてんこ盛りで、
しゃりしゃりっと、ちょうどいい硬さが残って、
しゃっきりの食感をはなっています。

これが、アップルパイのように、
ぐにっ、ぐぬをっと、腰抜けのやわらかさだと、
ダイバスター”の“博士”のように、思わず、
「ばっかも~~ぉんっ!」
と、ビンタを喰らわせてしまいたくなる、と云うわけです(?)。

そこに、とろっとろのジャム(?)が相成っているわけですが、
ジャムと云うほど、ねばりがあるわけでもなく、
かと云って、さらさらなわけでも、ありません。

かろやじゃな、じゅるじゅる感があって、
生地にかぷっと喰らいつくと、その圧力によって、
思わず、生地の隙間から、とぷっと、溢れ出て来てしまいます。

最近、とろっとろで、さらさら気味の、
カスタードクリーム入りのクリームパンを見かけますが、
こういったタイプの菓子パンは、なかなか頂くのに苦労します、、。

さらさら故に、ちぎって頂けないし、
かぷっと、直接喰らいつくと、上下の口唇による圧力で、
両端から、ぬをんっと溢れ出て来てしまうと云うわけです。

そうすると、“ぺこちゃんのほっぺ”のごとく(?)、
ほっぺにクリームなどがぺっとりと付着したり、
そのまま下に落下して、嗚呼もったいない!と云うハメになるのです。

これが、固形状のものなら、いわゆる“3秒ルール”によって、
落ちたものを救出することが可能なのですが、
クリームなどの液状の場合、“3秒ルール”どころか、
液状故、そっくりそのまま、すくうことが出来ないので、
余計にもったいない感が満載になってしまうわけです。

よって、さらさらのクリーム、および、ジャム系の菓子パンは、
最善の注意をもって、臨みたいところです。

幸いに、独身はこのりんごフィリングを垂らすことなく、
頂くことが出来ました。

お口の端っこには、つきましたが、、。

ヤマザキ--ランチパック アップルシナモン。


お味のほうは、りんごの果肉のしゃりしゃりが、
じゅわっと、軽やかな酸味をはなっています。

そこに、シナモンのいい香りがぶわっと、
お口全体に広がって、りんごの酸味を包み込み、
最後に、シナモンがお口に残ります。

とろとろの部分は、結構な甘味があって、
でろ~んと、酸味とシナモンに覆い被さるかのごとく、
なかなかの強豪っぷりを見せ付けています。

水あめっぽい、と云うか、多量にお砂糖を入れて煮詰められた、
と云った感じで、思わず、酸味もシナモンも、ひるんでしまっています。

せっかく、じゅっとした、いいじゅっぱさがあるのに、
とろとろの甘味部分が、邪魔をしているような感がします。

昨日の、木村屋の“クランベリー&チーズクリーム”の場合、
クランベリーフィリングが甘味控え目で、とってもさわやか、
すっきりといていて、クランベリーそのままの風味が活きていました。

そんなクランベリーフィリングとは相反し、
このりんごフィリングは、かなり強引な甘味で、
“ジャイアン”っぷりを発揮しているようです。

甘味が“ジャイアン”なら、
りんごのじゅっぱさは、“スネ夫”と云った感じでしょうか(?)。

じゃあ、シナモンは、
“ジャイ子”、、(??)。

“ランチパック”と云えば、生地の周囲がプレスされて、
2枚の食パンが合体しています。

と、ここでふと、このプレス部分をめりっとはがし、
中身を直接確認してみると、、。

(サジ、1杯かよっ、、!!)
独身、驚愕と云うか、落胆です、、。

なぜなら、真ん中付近に、ほんの大さじ1杯程度しか、
りんごフィリングが入れられていないのです、、。

“ランチパック”と云うと、端っこにまではなくても、
まあまあ、全体的に行き渡っていることが多いのですが、
この“アップルシナモン”は、軽く1杯程度、ぺぺっと入れてみたよ、
みたいな印象です、、。

これでは、端っこどころの騒ぎでは、ありませんよっ!!

四角い生地には、白い部分ばかりが目立ち、
哀愁をかもしだしています、、。

“ひろみ郷”に云わせれば、
“よろしく哀愁”ってもんです(?)。

こんな哀愁など、よろしくされてもちっともうれしくありませんよっ!!

毎回、上質っぷりに納得させられる“ランチパック”ですが、
これには、独身、嘆くばかりであります、、。

まあ、95円と云う、お安いお値段で購入出来たからいいものの、
昨日のお店で、127円(確か)で買っていたら、
軽く激高していたかもしれません。

しかも、この日は3割のお店から2割越えと云う、
大仕事(?)を成し遂げているのです。

2割越えしたからには、
独身の疲労を癒してくれる菓子パンであって頂きたいものです。

♪独身怒ってる~~ぅっ、1杯で怒ってる~~ぅっ、
 る~るる、るるっる~~ぅっ、
 今日~も“ひろみ郷”~~ぉ♪(?)


購入価格:95円。

栄養成分表示(1個当り):
熱量:124kcаl
たんぱく質:2.5g
脂質:1.4g
炭水化物:25.4g
ナトリウム:110mg

独身評価:★★★☆☆
スポンサーサイト





タグ:
スレッドテーマ: 菓子パン,グルメ

HOME