FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2007年05月23日[Wed]

ローソン--すんだ蒸しぱん~とっておき宣言・山崎製~。

ローソン--すんだ蒸しぱん~とっておき宣言・山崎製~。


ローソン、今週の新作っ!
一昨年の、あの菓子パン、ふたたびかっ、、。

♪ん毎日っ、ん毎日っ、菓っ子パンハンティング~~ッ、
 火曜、コンビニ、サイトチェックだよっ、
 今週、ロ~ソン、ナッイス新作の~~ぉ、
 “ずんだ蒸~し”ぃ、独身、魅了さっれたのっさ~~ぁっ、

 はじめて向かうはぁ、“モトヤ町”(仮名)~~ぉ、
 と~~ぉってもぉどっきどき、するもんだ~~ぁ、
 いささか遠方、あるけれど~~ぉ、
 “ずんだ、、”喰らうぜっ、こっころ(心)が弾むっ!!(じゃんっ!)

 独身菓子パン、ひとつだけ~~ぇ、
 レ~~ジの店員、困惑顔だぁよっ!!♪

“泳げたいやきくん”が、はじめての海にこころを弾ませるなら、
この日の独身は、3週連続の、ローソンのナイス菓子パンに、
こころ躍らせているてもんですっ。

ここのところのローソンの新作菓子パンは、
“イチロー選手”の、連続盗塁記録のごとく、
独身を魅了してくれるナイス菓子パンを発売しています。

2週前は、“キャラメルバナナシューブレッド”、
先週は、“ハスカップ&ミルククリームデニッシュ”が、
独身を見事、誘惑してくれました。

このほかにも、数種類のナイス新作が勢ぞろいしていたこともあり、
いつも以上に、選定作業が困難なものになりました。

選択肢が多いと云うことは、よろこばしいことではありますが、
同時に、ひとつに絞りきれずに、わたわたと戸惑ってしまうことも、
確かです。

ここ数週間のローソンは、まさに、独身を嬉嬉とさせ、
また、困惑させてくれているわけです。

そして、今週は、この“ずんだ蒸しぱん”が登場し、
見事、3週連続、独身のこころをがっつしと、つかんだのです。

さて、独身の生活圏には、東南と北西のローソンがあります。

いつもなら、東南を使用しているのですが、
この日は、ほかの用事のため、“モトヤ町(仮名)”へ遠征することもあり、
その近辺のローソンを利用するため、いつもの愛チャリで出発です。

まずは、別件の仕事をやっつけるため、
目的地の“馬町(仮名)”方向へとまい進です。

その途中、Y字の分かれ道があるのですが、
いかんせん、このY字から、“馬町”へ向かうのは久々なので、
右へ行けばいいのか、はたもや、左へ行けばいいのか、
すっかり海馬がデータを紛失してしまったようです、、。

独身は、特技が“Y字バランス”ですが、
まさか、テストの解答に悩み、えんぴつを転がすかのごとく、
どちらかの足をあげて、よろけた方向に行く、などと云うことは、
こっぱずかしくて、出来やしません、、。

そのむかし、横浜中華街の“萬珍楼”で購入した、
おみや(土産)用の肉まんを、横浜線の電車内で、
うっかり転がしてしまったことがありましたが、
まさか、公衆の面前で、己の特技をご披露するなど、
独身の評判(??)も、げれげれと地に転げ落ちるってもんです、、。

と云うわけで、ここは己の勘に頼るほか、ありません。

とは云え、右を選ぼうとすれば、左のような気もするし、
左へ向かおうとすれば、右のような気もくるわけです、、。

この心理は、菓子パンの取捨選択に酷似しています。

つまり、Aの菓子パンを選ぼうとすると、
Bが魅力的に感じ、逆に、Bを手に取ると、
Aがより魅力的に感じてしまうわけです。

これは云わゆる、“隣りの芝生は青く見える”ってやつです。

ちなみに、独身のお隣りさんちには、芝生ははえていませんが(?)、
独身宅の裏にある木には、しいたけがはえるよう、菌が仕込まれています(??)。

しかし、芝生、ではなく、信号が青になる前に、
Yのうち、どちらへ行くのか、決定しなければなりません。

前回、このY字から“馬町”へ向かうのに、
どちらの道を選択したのか、必死になって海馬がデータを捜索しています。

そして、海馬は、最終決定を下す前頭葉に、
以下の解答を寄せました。

「“だぶん”、右じゃない、、?」

精密機械だって、ときに怠慢になるときがあるわけで、
独身の海馬だって、ときに開き直ることだったあるわけです。

と云うわけで、不確実な決定ではありますが、
とりあえず、右を選択してみることにします。

そのまま、右の道を北へまっすぐに進むこと数分、
見覚えのある建物が、ちらほらと見えてきます。

なんとなく、この選択は間違いだったのでは、
と云う不安心が、この日の気温のごとく、
じわじわと上昇してきますが、それでも、“猪木さん”の曰く、
「その一歩が、道となるっ。バカヤロ~~ッ!!」
ってもんです(?)。

と、その先に視線を向けると、
独身の目指している目的地の駐車場が登場ですっ。

どうやら、独身の海馬の開き直りは、
功を奏した(?)ようです。

なんとか、道を誤ることなく、“馬町”の目的地に到着です。

ささっと、用事を済ませ、次なる菓子パンハンティングのため、
“馬町”から“モトヤ町”へと移動です。

出発前、ローソンのサイトで、
“モトヤ町”の店舗の場所をちろっと調べていたのですが、
いかんせん、はじめて訪れる場所なので、どの道を行けばいいのか、
明確なデータは持ち合わせていません。

あたりをキョロキョロしながら、おおきな通りを北へまい進していると、
右に曲がる狭い路地の先に、青色のライン発見です。

(おっとっ!あれは、ローソンラインではないかっ!)

発見したときは、微妙~にオーバーランしてしまったので、
愛チャリを急停止させ、うしろに軽くバックして、
右の路地へと曲がります。

すると、この先をまっすぐに進むと、
独身が頻繁に通過する交差点であることが判明です。

いつもと異なる道から向かうと、見慣れた光景も、
いささか違った雰囲気に見えてくるってもんです。

さて、この“モトヤ町”のローソンは、
何度か前を通ったことがあるのですが、
実際に入店するのは、今回がはじめてです。

はじめてのお店と云うのは、どんな雰囲気のお店で、
どんなものが置かれているのか、まったくの無知なので、
お店へ入るその1歩が、軽い不安で、どきどきしてしまいます。

コンビニも、同じとは云え、店舗が異なると、
雰囲気もがらっと違って見えてきます。

今回の“モトヤ町”のローソンは、
独身がよく利用する東南よりも、半分くらいの広さで、
いささか窮屈な感じを受けます。

そこに、店員さん2名がいそいそと商品陳列をして、
1名が、レジでスタンバイしています。

そして、そこに独身がたった独りのお客として、
入店します。

はじめてのお店で、たった独りと云うのは、
相当、居心地が悪いものがあります、、。

これには、流石の“ひとりの象さん”だって、
くもの巣にかかってしまうってもんです(?)。

はじめてのおつかい、ではなく、“モトヤ町”のローソンにどきどきして、
誰もお客のいない店内にどきどきして、“泳げたいやきくん”以上に、
独身のこころは、違う意味で弾んでしまいます、、。

せめて、表情だけでも冷静を保ちつつ、いちばん奥に進み、
菓子パンコーナーに到着です。

やはり、店舗自体が狭いこともあり、
それぞれのコーナーの棚も、かなり小ぶりです。

(もしかしたら、新作はないのでは、、。)
と、軽く心配していたのですが、2番目の棚を見ると、
そこには、新作の“ずんだ蒸しぱん”が5つほど、
陳列されています。

ひと通り、5つすべての消費期限と生地のコンディションをチェックし、
よりたくさん、枝豆がぶつぶつと見えるものを選択します。

やはり、同じ菓子パンなら、
より多く、トッピングが盛られているものを選びたいものです。

早々に菓子パンハンティングを済ませ、
ここで独身は、別のものの捜索を開始です。

それは、ここ最近、ローソンを訪れるたびに探している、
チロルチョコの“プレミアムカップ”と“塩バニラ”です。

いままで、東南、北西、そして北のローソンを訪れても、
3軒とも、ターゲットとは遭遇出来ず、3振におわっています。

これには、流石の“イチロー選手”だって、
3振を喰らわされた“松坂投手”を、思わずにらみつけてしまうってもんです、、(?)。

と云うわけで、はじめて訪れる、この“モトヤ町”のローソンに、
4度目のハンティングを挑んでみたわけです。

と、お菓子コーナーに接近すると、
狭い通路に、ひとりの店員さんが商品陳列の作業を行なっています。

いつもの東南なら、通路のあいだに余裕があるので、
店員さんがいても、さくっと後ろを通ることが出来ます。

しかし、ここの店舗は、ひとひとりがめいいっぱいなので、
お菓子コーナーに侵入することが出来ません、、。

ここは、いちどお菓子コーナーを離れて、
しばし様子を見ることにするわけですが、
そう簡単には、陳列作業は終了しない模様です、、。

仕方がないので、店員さんのお邪魔にならないよう、
コーナーの手前から、遠目でチロルチョコを捜索です。

しかし、独身はめがね矯正をしているとは云え、
正確な許容範囲は、せいぜい、半径1.5M程度に過ぎません、、。

その先は、モザイクよろしく、もやもやっとしか見えません。

そこで、目をこらして、なんとか焦点を合わせるわけですが、
残念ながら、ここでも、独身めがねは、
チロルチョコをフォーカスしてくれません、、。

どうやら、と云うか、またしても、
独身はストライクを取られてしまいました、、。

と云うわけで、この“ずんだ蒸しぱん”のみを持ち、
レジへと清算に行きます。

店員さんは、ぴっとバーコードをレジに通し、
独身にお値段を告げます。

と、独身がお財布から120円を捜索していると、
店員さんは、いささか困惑したような表情で、
「袋はぁ、、ご利用になりますか、、。」
と、訊ねてきます。

その表情からは、
(この人、菓子パンひとつだけしか購入しないのか、、。
 こういうときは、袋に入れるべきなのか、それとも、
 そのままでいいのか、どっちなんだろう、、。)
と、読み取ることが出来ます。

この日の独身は、お財布ひとつ程度しか入らない、
超小バッグをななめ掛けにしているので、菓子パンをブッこむことは、
不可能です。

まあ、完全に不可能と云うわけではないのですが、
強引にねじ込んでしまうと、生地が圧迫されて、
凹んでしまうことは、明確です。

と云うわけで、店員さんに袋に入れてもらうため、
お願いするわけですが、あまりにも、店員さんが困惑の表情をするので、
思わず、独身もつられて、
「嗚呼っ、はっ、はいっ、、。お願いしますっ、、。」
と、軽く困惑して、ドモってしまいます、、。

独身にしてみれば、
(そんなに、菓子パンひとつだけ購入することは、
 困惑されることなんだろうか、、。)
と、なにか、悪いことでもしたかのような、
バツの悪いこころ持ちです、、。

この日は、はじめての“モトヤ町”のローソンで、
軽い緊張のどきどきと、居心地の悪いどきどきと、
そして、バツの悪いどきどきで、すっかり、
妙~に、こころが弾む思いをしてしまいました、、。

まあ、“たいやききん”のように、お店のおじさんとケンカして、
海、ではなく、道に逃げ込まなかっただけ、マシってもんです(?)。

あ、そう云えば、数ヶ月前、近所のローソンの非礼店員にご立腹して、
怒り満載でお店を飛び出たことがありました。

今回は、ご立腹はしませんでしたが、生活圏内でもないし、
不案内な地域と云うことで、この“モトヤ町”のローソンには、
ハンティングに訪れることは、ないでしょう。

ローソン--すんだ蒸しぱん~とっておき宣言・山崎製~。


ずんだ餡を練りこみました。”

と云うわけで、今週のローソンの新作、
“ずんだ蒸しぱん
”です。

ここのところ、バナナ系や抹茶系の菓子パンが続きましたが、
そんな中、貸しパン界では、いささか珍種(?)の、
ずんだあん使用の菓子パンが登場です。

ずんだあんの菓子パンと云えば、一昨年の11月、
サークルKサンクスから、“ずんだあん&ホイップ”が発売されています。

その当時は、はじめてのずんだの菓子パンに、
どきどき、わくわくして頂いたのですが、
その期待に応えるかのごとく、ずんだのお味が濃厚で、
お豆はごろごろ、ごりごりで、独身を大満足させてくれたことは、
いまだ、海馬が記憶しています。

あまりにもナイス菓子パンだったので、
期間限定販売の最終日に、もういちどハンティングしようと、
近所のサークルK.を訪れたのですが、最終日だからなのか、
菓子パンの棚から、“ずんだあん&ホイップ”は、すっかり姿を消していたのです、、。

すぐ近くにある、もう1軒の店舗も、遠方の店舗にも、
愛チャリで向かったのですが、残念ながら、再会することは、
かないませんでした、、。

独身が、ふたたび同じ菓子パンをハンティングするなど、
“のっぽパン”以外では、希有なことです。

それほど、ずんだあん使用の菓子パンに、
“亀田興毅選手”のごとく、衝撃的なパンチョを喰らってしまったのです。

それから、数ヵ月後、同じ枝豆使用の、
ヤマザキの“薄皮 うぐいすあんぱん”を頂いたのですが、
これは、“ずんだあん&ホイップ”とは相反し、
うぐいす風味が白あん風味に抹殺されていると云う、
なんとも残念な結果に終わったのです。

と云うわけで、“ずんだあん&ホイップ”は、
独身に衝撃を与えるだけ与えて、幻の生き物、
“ネッシー”のごとく(?)、過去の菓子パンと化してしまったのです。

そんな中、いつものように、コンビニの新作チェックを行うため、
まずはローソンのサイトから開いてみると、独身の眼球に飛び込んできたのが、
この“ずんだ蒸しぱん”と云うわけです。

画像と文字を見た瞬間、独身の海馬は、
スライドショーのごとく、いままでの過去の菓子パンを振り返り、
ばしっと、“ずんだあん&ホイップ”のデータを取り出します。

いまのいままで、すっかり忘れていたデータですが、
条件反射のごとく、ささっと、データ復活です。

ここのところ、ローソンはナイス新作を次々に登場させているだけあって、
この“ずんだ蒸しぱん”にも、情熱的な期待を寄せてしまいます。

と云うわけで、食いしん坊よろしく、
さっそくガッついてみたいと思います。

ローソン--すんだ蒸しぱん~とっておき宣言・山崎製~。


一見すると、生地は淡い萌黄色で、
つるつるっとしています。

蒸しパンと云うと、ほんわり、ふかふかなタイプと、
つるっつる、ぶいぶいの、むちむちタイプがあります。

つるつるタイプの代表的な蒸しパンと云えば、
もちもち生地が大好きな、Pascoの“もちっと。シリーズ”があげられます。

この“ずんだ蒸しぱん”も、
もちっと。シリーズ”と同じタイプかと思いきや、、。

ローソン--すんだ蒸しぱん~とっておき宣言・山崎製~。


カットしてみると、つるつる、ほんわりの、
2タイプの生地がガチンコしていることが判明です。

これこそ、“一石二鳥”ってやつでしょうか(?)。
(それを云うなら、“いちどで2度おいしい”、、?)

いまのいままで、数多の蒸しパンを頂いてきましたが、
2タイプがランデブーしたものは、これがはじめてですっ。

これには、いい意味で、こころが弾むってもんです。

まずは、下のほわほわタイプの生地ですが、
たまごの、ふかふかっとした、やわらかさがありつつ、
みっちりとした、キメの細やかさもあります。

かなりしっとりとしているので、お口の中で、
まるで、パズルのピースが合うかのごとく、
ぴっとりと密着します。

細かな空気がたくさん入っているので、
みっちりの中にも、軽やかさも兼ね備えています。

手でちぎってみると、ほろほろ~ぉっと、
生地がほぐれていきます。

しかし、決して弱い生地と云うわけでは、ありません。

実際、ふかふか蒸しパンでも、
生地のカスがぼろぼろと崩壊してくることは、
まったくもってありません。

ほわほわ生地の、
いいところをすべて持ち合わせている印象ですっ。

世界中で人気のある、あらゆるキャラクターを集合させた、
某国の“パクリ遊園地”のようです。
(このネタも、そろそろ飽きましたか、、。)

お味のほうですが、たまごのまろやかな甘味があって、
ほんわりとした、やさしくて、あたたかみのある風味です。

しかし、肝心のずんだ風味ですが、
お口の奥~~のほうで、かすかに感じる程度です、、。

たまごのほんわり風味のほうが強いので、
主役であるずんだは、すっかりメインを奪われ、
いささか弱気になって、たまごに丸め込まれているかのようです、、。

まるで、“星の王子さま”の中で、
うわばみが、象さんを飲み込んでしまったかのごとく、です。

つまり、小が大を喰う合併のように、
サブがメインを喰ってしまっていると云うわけです、、。

生地のお味としては、シンプルながら、
しかとしたたまご風味がきいているので、
別段、問題はないと云ったらない、のですが、
これが、“ずんだあんを練り込んだ生地”となると、
このままでは、さくっと甘受することは、出来かねます。

あなたは、“シャネル”だと思って購入したバッグが、
実は、“チャンネル”であることがわかったら、どうしますか?

もしくは、“シャネルズ”だと思ったら、
“ラッツ&スター”であることがわかったら、どうしますか?
(いや、同じグループです。)

やはり、ずんだあんと云うからには、
ずんだを満喫出来る生地であって頂きたいものです。

これは、上のつるつる生地に期待するしか、ないようです。

ローソン--すんだ蒸しぱん~とっておき宣言・山崎製~。


つるつる生地は、ねっとり、むっちりとしていて、
ぶいぶいの弾力があります。

ねばりのない、艶やかなおもちみたいな食感です。

もぐもぐしていると、やがて、
ねちねちっとしてきます。

これが、下のほわほわ生地と相成ると、
ぶいぶいと、ふかふかがフュージョンして、
むにむにっとした、柔軟な生地になります。

下の生地には、もともとしっとりによるぴっとり感があるので、
上のつるつる生地が、相反する生地とは云え、相性はとってもいいです。

はじめの印象としては、上のぶいぶいが強いのですが、
下のほわほわが合わさることで、ぶいぶいから、
ぷにぷにになるわけです。

これは、なかなかのナイスアイディアですっ。

お味のほうは、あとからえんどう豆の、
いい青豆くさい風味が香ってきます。

ときより、お豆がこりこりっとするのですが、
思ったほど、こりこり満載と云うわけではなく、
(あれっ、いま、こりこりした、よな、、。)
程度です、、。

(あっ!いまっ、黒ねこが前を横切ったっ!
 10歩、下がらなければっ!)
そんな感じです(?)。
(この日の実話。)

肝心のずんだ風味ですが、こちらも残念ながら、
独身の期待通りとは、いかないようです、、。

つるつる生地をぶいぶいっと頂くと、
じゅわじゅわっと、艶やかなおもち風の風味と甘味がやって来ます。

そのあと、かなり遅れをとって、ずんだ風味がのこのこと登場です、、。

これが、下の生地と相成ると、つやつやのおもち風味と、
まろやかなたまご風味が先行して、またしても、
ずんだ風味は、遅れをとっています、、。

マラソンで云えば、先頭集団と、ビリの集団のようなものです、、。

と云うわけで、ここはずんだの復活を期待して、
レンジで20秒ほど、チンしてみることにします。

すると、上のつるつる生地は、ぶいぶいから、
ぷに~~んとした柔軟になり、下のほわほわは、
ふんわり感がアップして、たまごのまろやかさもやさしくなっています。

しかし、お味に関しては、復活するどころか、
益々、つるつる生地の甘味が強くなって、
ずんだが、まるっきり弱々しくなっています、、。

これは、ずんだにしてみれば、
“ちいさな親切、おおきなお世話”ってやつだったのかも、
しれません、、。

もしくは、ありがた迷惑、、。

こういった、つるつるタイプの蒸しパンは、
暑い季節は、冷やして頂くとおいしいのですが、
これもやはり、温めるのではなく、冷やしたほうがよかったのでしょうか、、。

今回、この“ずんだ蒸しぱん”は、
“足りてる?食物繊維シリーズ”のうちの1品として、
期間限定で販売されているようです。

日本人は、いささか食物繊維が不足しているようで、
そのことを、ご心配して頂くのはうれしいことです。

しかし、食物繊維不足を気にする前に、
すんだ風味不足を気にかけて頂きたいものです、、。

これには、流石の“氷川きよしさん”だって、
♪ずんっ!ずんっずんっ、ずんだどこっ(き・よ・しっ!)♪
と、ずんだを捜索してしまうってもんです(?)。

やはり、サークルK.の“ずんだあん&ホイップ”の印象が強いだけに、
この“ずんだ蒸しぱん”にも、過度な期待を寄せてしまいました、、。

3週連続、ナイス新作が登場と思っていたのですが、
どうやら、3週目は安打とはいかなかったようです。

♪3週目~~ぇの“ずんだ”くら~いっ、
 おいしくし~てよ~~ぉ♪

3週目と云うことで、そろそろローソンから、
ほかのコンビニに浮気する頃なのかも、しれません、、。


販売価格:120円。

栄養成分表示(1包装当り):
エネルギー:312kcаl
たんぱく質:5.8g
脂質:9.6g
炭水化物:50.5g
ナトリウム:260mg
食物繊維:11g

独身評価:★★☆☆☆(2.5)
スポンサーサイト





タグ:
スレッドテーマ: 菓子パン,グルメ

HOME