FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2007年05月24日[Thu]

サークルKサンクス--メープルフラワー~まごころ仕込み おいしい生活・フジパン~。

サークルKサンクス--メープルフラワー~まごころ仕込み おいしい生活・フジパン~。


サークルKサンクスの新ブランドッ!
奥歯に牛肉のスジがっ、、。

一見すると、無駄で無益なことでも、
実は、そのことが、のちに役に立ったり、
または、糧となることは、往々にしてあることです。

この日の独身は、この“メープルフラワー”を購入するため、
はじめて訪れる、南のサークルKサンクスに向かっています。

実は、独身の生活圏内には、ありがたいんだか、
無駄なんだか、至近距離に2軒ものサークルK.が存在しています。

これが、まったく異なるコンビニ同士なら、
まだライバル心メラメラで、切磋琢磨して、
お客の争奪戦を繰り広げられます。

しかし、おんなじコンビニとなると、
仲間でありながら、営業成績を競わなければならないと云う、
生き残りをかけた、まさに、骨肉の争いとなってしまうのでは、
と、年増心(?)ながら、勝手に心配してしまいます。

独身は、別段、どちらかの店舗をひいきしているわけでもなく、
外出ついでであれば、愛チャリで2分ほどの店舗を利用するし、
自宅から直でハンティングに行くとすれば、愛チャリで1分の店舗を利用します。

そこでもし、ターゲットとしている菓子パンがなければ、
どちらかの店舗に移動して、ハンティングを再開させることが出来ます。

そう云った点では、2軒もあることは、ありがたいのですが、
最近、両者はあまり情熱的に菓子パンを仕入れていないので、
独身としては、いささか不便な思いをしているのであります、、。

サークルK.は、いままでの“Deli Plus Bakery”から、
“おいしいパン生活”に一新して、ここ静岡では、
先週から店頭に登場しています。

独身は、そのことをまったく知らず、ふと、
久々にサークルK.を訪れてみたところ、
そこには、見慣れぬブランドの菓子パンが陳列されていた、
と云うわけです。

それが、先日頂いた、“みるくとみるく”です。

サークルK.としては、気合満載でリニューアルしたものと思われるのですが、
いままでの“Deli、、”と、さほど変わっていないような感は、否めません。

それどころか、独身がハンティングした、愛チャリで2分のサークルK.では、
リニューアルの盛り上がりがまったく見受けられない、空席ばかりが目立つ、
なんとも哀愁の漂う菓子パンコーナーだったのです、、。

元“アニマル偵団”の“おさるさん”は、“数子ちゃん”に屈折して(?)、
“モンキッキ”に改名し、あっちこっちで活躍しているようですが、
一方の“コアラさん”は、“ハッピハッピ”にしてみても、
“モンキッキさん”のような、パワー溢れる活動は、残念ながら見受けられません。

2分のサークルK.も、“元コアラさん”のように、
ブランドを一新しても、さっぱり盛り上がりのかける雰囲気が漂っていた、
と云うわけです。

リニューアルしてからは、1分のサークルK.には、
いまだハンティングに行っていませんが、先日、
ごまブレッド”を購入したときも、2分の雰囲気よろしく、
隙間風が吹いているのでは、と云うくらい、さみしい一角と化していたのです。

近所に2軒もあるのに、2軒ともこのようなありさまだと、
流石の“ハニカミ王子”だって、そうそう、はにかんでいられないってもんです(?)。

あまりにも、さみしい菓子パンコーナーのために、
きっと、こころの支えとなってくれる女性を求めてしまうのでしょう(??)。

と云うわけで、情熱的な菓子パンハンターとしては、
見事なチップインバーディー、ではなく、おいしくお口にインするため(?)、
ここらで、新たなサークルK.の店舗を開拓する必要があるようです。

そこで、独身の海馬は、行動範囲内で、
ほかにも何軒か存在する店舗をリストアップします。

その中で、いちばん近くにある新店舗は、
愛チャリで5分ほど南に行ったところにあることを思い出します。

そこは、東南のローソンに行く途中、ふと、
何度か、看板を見かけたような記憶があるのですが、
いかんせん、その当時は、サークルK.は近所の2軒と決めていたので、
別段、強くデータに留めることはしなかったのです。

と云うわけで、記憶がぼんやりあいまいなまま、
この日のハンティングに出発です。

と、その前に、独身のお財布には、すっかり“野口先生”も、
はたもや、“諭吉先生”も不在なため、道の途中にある某金融機関で、
“野口先生”を呼び寄せる必要があります。

流石、恩師から頂いた留学費用を、
出発前にざくっと呑み代に費やしてしまうだけあって、
“野口先生”は、すぐにふらっと、お財布から出て行ってしまうようです(?)。

某金融機関の建物内に入り、ATMの前に一歩足を踏み出すと、
独身と同時に、窓口のほうから、女性が登場です。

どうやら、その女性もATMを目指しているようですが、
フェミニスト(?)な独身は、さくっと女性に譲ります。

と云うか、同時に登場したとは云え、女性のほうが、
微妙~にATMに近いと云うことで、独身は2番手に徹した方がいいと、
瞬時に判断したまでです。

独身の順番がめぐってきて、数人の“野口先生”にお越し頂き、
ようやっと、新サークルK.へと出発です。

とは云え、明確な位置を把握していないので、
東へ曲がればいいのか、はたもや、西に曲がればいいのか、
決定打がないってもんです、、。

そう云えば昨日、“ずんだ蒸しぱん”をハンティングするため、
新たなローソンを訪れるときも、Y字の分かれ道で、
どちらを選択するのか、迷ったばかりです、、。

昨日の場合、勘で右を選択してみた結果、
見事、目的地に到着したこともあり、この日も、
勘に頼ってみようと云う魂胆です。

とりあえず、東のほうに曲がり、
ひたすらまっすぐに進みます。

(そろそろ、赤い看板が見えてくるはずなんだけどなぁ、、。)
と、いささか己の勘に疑い心を抱きつつも、
東へとまい進します。

すると、独身の視界に、たまに訪れるファミマの看板が入ってきます。

(あれっ、ここのファミマの近くだったかなぁ、、。)
益々、疑い度は深まります、、。

そのままファミマを過ぎると、今度は、
おおきな交差点へと差し掛かります。

どうやら、独身は道を誤っていたようです、、。

と云うわけで、とりあえず、交差点を右に曲がり、
その先の角をふたたび右に曲がり、某金融機関の方向へと戻ることにします。

無駄足、はなはだしいってもんです、、。

こんなことなら、出発前に、しかと検索して、
正確な位置を確かめてるべきでした、、。

軽く己をいましめつつ、来た方向に戻ると、
独身の視界に、今度は、Kの文字が入ってきます。

(あっ、あった。)

偶然に曲がった道の先に、
独身の求めていたサークルK.が、突然、登場です。

ここで、偶然の遭遇に軽く歓喜し、ふと、
周辺を見渡してみると、さきほど訪れた、
某金融機関を出て、東か西か、どちらへ曲がるのか、
悩んでいた交差点が見えるではありませんか、、。

と云うことは、あのとき、東と西で迷ったことは、
まったくの無意味だったのです、、。

なぜなら、某金融機関から、南のサークルK.は、
東にも、西にも曲がらず、そのまままっすぐに進めば、
わずか30秒ほどで、到着することが出来たのです、、。

それが、昨日の勘が当ったことに調子づき、
またもや勘で、適当に東に曲がったばかりに、
倍以上の、およそ7、8分ほど時間をかけてしまったと云うわけです、、。

しかし、失敗や過ちは、必ずしも無駄であるとは、
限りません。

無駄なようなことでも、なにかしら、いい影響だったり、
いい経験として、己にプラスされるのです。

この日、独身は、新しく訪れるお店に向かうときは、
事前に、しかと検索するべき、と云うことをいまさらながら、
学習しました、、。

それに、無駄に愛チャリを漕いだことで、
きっと、独身のセクシー太もも(!!)は、
ビリーズブートキャンプ”よろしく、ハードに鍛えられたことでしょう(?)。

どうやら、独身は、“ビリーズブートキャンプ”への入隊は、
さくっと免除されるようです(??)。

サークルKサンクス--メープルフラワー~まごころ仕込み おいしい生活・フジパン~。


メープル風味豊かなデニッシュです。”

と云うわけで、サークルKサンクスの新ブランド、
“メープルフラワー
”です。

さて、いささか無駄足を踏んでしまった独身ですが、
無事、なんとか南のサークルK.に到着です。

はじめて訪れる店舗は、独身の近所の2軒と、
広さ的には、さほど変わりはありません。

しかし、菓子パンコーナーを見ると、
2軒とはまったく様子が異なり、数多の菓子パンが、
ぎゅうぎゅうに陳列されているではありませんかっ。

あれほど、2軒のほうでは、さみしい空席が目立っていましたが、
新店舗では、満員御礼よろしく、上から下まで、
棚には菓子パンがてんこ盛りです。

これには、流石の“朝青龍”だって、空席に憤慨して、
お座布団を蹴ってしまうなどと云う、愚行に出なくても済むってもんです(?)。

この行為には、お座布団運んで十数年の“山田くん”だって、
嘆き哀しんでいることでしょう、、(??)。

“山田くん”の心情は、察するに余りあります、、。

しかし、“山田くん”も、南のサークルK.の現状を目の当たりにすれば、
きっと、こころ癒されることでしょう(???)。

と云うわけで、サークルK.の、
てんこ盛りの菓子パンを久々に見て、
独身も、テンション上昇です。

ここで、2段目の棚を見ると、この日のターゲットである、
この“メープルフラワー”が5つほど、陳列されています。

嬉嬉として手に取ると、見た目とは裏腹に、
なかなか、ずっしりとした、ヘビー級の菓子パンであることが伝わってきます。

重みが横綱級なら、脂肪量も、なかなかの横綱級です、、。

菓子パン大好き独身さんとは云え、
一定の脂肪量、炭水化物量の範囲は、しかと決めています。

やはり、年増ゆえ、最近流行りの(?)“メタボなんとか”とやらに、
注意を払う必要があります。

いままでも、ナイス菓子パンだと思って、
ねこまっしぐらよろしく、ガッついた菓子パンが、
驚愕の脂肪量であったり、炭水化物量の場合は、
なくなく、諦めるよう、己にムチを入れたことがあります。

この“メープルフラワー”は、脂肪が26.5gもあると云うことで、
さくっと甘受するには、それなりの勇気が要るってもんです。

そこで、とりあえず、“メープルフラワー”を元に戻して、
ほかの菓子パンを捜索します。

その中で、粒あんぱん入りのあんぱんと、
スティック状のチョコが入ったデニッシュが、
第2ターゲットとして、立候補します。

このふたつは、別段、めずらし感溢れる菓子パンではありませんが、
お値段もお安いし、シンプルなおいしさを秘めている印象を受けます。

なんとか、己を説得し、高脂肪の“メープル、、”を断念するよう、
努めるわけですが、大好きなメープルとなると、やはり、
独身の視床下部も、そうそう云うことをきいてはくれません。

いちど噛み付いたら離さないスッポンのごとく、
“メープル、、”に喰らいついています。

この貪欲な視床下部には、流石の前頭葉だって、
強制的に黙らせることは、不可能です。

と云うことで、この日、独身は、26.5gの脂肪を受け入れ、
早々にでも、“ビリーズブートキャンプ”に入隊しようと思います、、(?)。

“ビリーさん”にお世話になる前に、まずは、
“メープルフラワー”を頂きたいと思います。

生地を一見すると、表面がてかてかと、
軽く輝いています。

このてかてかっぷりは、“ドラえもん”と、
“東国原知事”といい勝負です(?)。

おそらく、生地が焼きあがったあと、
甘いお汁が、ハケでささっと塗られたことが伺えます。

見た目てかてか、そして、どっしりとした重みと云うことは、
甘味がじゅわじゅわで、脂肪のぎとぎとも満載なのでは、
と、いささか、己の選択に不安をおぼえます、、。

と、ここでふと、袋の裏を見ると、
製造元が“フジパン”と書かれています。

いままで、コンビニ菓子パンと云うと、
敷島か山崎、神戸屋しか頂いたことがないので、
フジパンは、今回がはじめてとなります。

そう云えば、いままで頂いたフジパンの中に、
メープルフレンチ”と云うものがありました。

角切りにされた食パンが山盛りにされて、
そこに、じゅわじゅわのメープルが染み込んでいると云った菓子パンです。

なかなかメープルが濃厚だったのですが、
じゅわじゅわを超越し、軽くぎとぎととしていたように記憶しています。

それを思うと、この“メープルフラワー”も、
甘味が過度なのでは、と疑ってしまいます。

しかし、実際に頂いてみると、予想とは裏腹に、
案外、すっきりとしていることがわかります。

生地の食感は、もっと、がっしり、ずっしりとして、
どっしりとした噛み応えがあると思いきや、
と~ってもふにふにっと云うか、ぷにぷにっとした、
柔軟な生地です。

かなりのしっとり感が、よ~く生地となじんでいて、
ぴっとりとした、密着してくるようなしっとりです。

デニッシュと云うと、しゃくしゃくっとした食感があるものが多いのですが、
これは、ほぐほぐっとした、歯切れのいい生地です。

軽くもぐっとしただけで、生地はほんぐりと噛み切れてしまいます。

包丁を研いだら、トマトがすんなりと切れるようになった、
そんな感じの歯切れのよさです(?)。

それゆえ、デニッシュと云うわりには、
デニッシュらしい食感がありません。

生地の層の空気感もあまりないし、
層のはりはりっとした感じもありません。

しかし、こういったふにふにのデニッシュも、
なかなか新鮮味があって、もぐもぐしていたたのしいってもんですっ。

お味もたいせつですが、やはり、
食感や口あたりもたのしみたいものです。

サークルKサンクス--メープルフラワー~まごころ仕込み おいしい生活・フジパン~。


生地をカットすると、黄色い層が、
ぐに~んと、生地の中を浮遊しています。

一見すると、これは生焼けのようにも見えます、、。

生地のお味は、デニッシュのいい香ばしさと、
たまごのような、まろやかなコクがあって、風味豊かです。

デニッシュに、このようなたまごのような風味が感じられるのは、
めずらしいのではと思われます。

これもまた、新鮮味があって、たのしいってもんですっ。

主役であるメープルですが、デニッシュの香ばしさにまぎれるようにして、
奥~のほうから、ちょこちょこと風味をのぞかしている感じです。

濃厚なメープルと云うか、軽やかなメープルです。

と云うか、ふつうのお砂糖の甘味と云っても、
疑われないような気もします、、。

むしろ、三温糖っぽい風味のように感じます。

メープルフレンチ”が、じゅわじゅわ濃厚だっただけに、
このあっさりメープルには、いささか虚をつかれた感じです。

しかし、ヘビーなぎとぎと感もないし、
メープルの、ねっとりとしたじゅくじゅく感もないので、
クドさもなく、あっさり、すっきりとしています。

袋にあるような、“メープル風味豊か、、”と云うより、
“デニッシュの香ばしさと風味豊か”と云った印象です。

サークルKサンクス--メープルフラワー~まごころ仕込み おいしい生活・フジパン~。


さて、生焼けのように見える、黄色い層ですが、
心配したような、生焼けっぷりは、いっさい感じません。

みっちりとキメが詰まっているので、実際に生焼けかなとも思うのですが、
しっとり、ぴっとりとした密着感があるので、生焼けであっても、
おそらく気付かずに、生地になじんでいるのでは、と勝手に想像します。

全体的には、いい意味でデニッシュらしくない、
ふにふにっとした、柔軟な食感で、新種のデニッシュ登場と云った感じです。

肝心なメープル風味は、あまりしませんが、
デニッシュの香ばしさと、たまご風味がよく活きていて、
表面がてかてかしているわりには、あっさりとした甘味で、
まったく重みを感じません。

そういった意味では、なかなか満足のいく菓子パンですが、
“メープルフラワー”としては、不満がないと云ったら、
ウソになります、、。

おいしいけど、こころの端っこに引っ掛かるものがある、
と云った感じです。

もしくは、歯をしゃかしゃか磨いたのに、
奥歯に牛肉のスジがまだ挟まっていた、
そんな感じでもあります(?)。

さらには、“ビリーズブートキャンプ”に入隊したのに、
激しい筋肉痛で、翌日はまったく動くことが出来ない、
そんな感じでしょうか(??)。

なんとも惜しい、“メープルフラワー”です。

これには、流石の“朝青龍”だって、
惜しいあまり、お座布団を蹴ってしまうってもんです(?)。

そして、そのお座布団を、
“山田くん”がお片づけしてくれるのでしょう(??)。


販売価格:130円。

栄養成分表示(1包装当り):
熱量:459kcаl
たんぱく質:6.6g
脂質:26.5g
炭水化物:48.5g
ナトリウム:240mg

独身評価:★★★☆☆
スポンサーサイト





タグ:
スレッドテーマ: 菓子パン,グルメ

HOME