FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2007年06月01日[Fri]

ヤマザキ--ランチパック 渋皮マロン。

ヤマザキ--ランチパック 渋皮マロン。


ランチパック、“オビラジR”とのコラボッ!
“紀香さん”より、“ひろみ郷”が主役かっ、、!

♪ん毎週、ん毎週、もっくよう(木曜)“オレンジ”の~っ、
 パンが特売~、2割引っかれっるよっ!
 この日も~、独身、パンのハンティング~ッ、
 目っ指して~ぇ、チャリを漕ぎ出した~の~さ~ぁっ、

 はじめて買うのは、“オビラジ(R)”の~ぉっ、
 共同開発、新作さ~ぁっ、
 “渋皮マロン”は、高いから~ぁ、
 定価そのまま、買っうこっと出来ないっ!(じゃんっ!)、

 “オレンジ”割引き、期待して~ぇ、
 た~ぁな(棚)を見るけどぉ、見っつからないよっ!!♪

“泳げたいやきくん”が、店のおじさんとケンカして、
海に逃げ込むなら、この日の独身は、“渋皮マロン”をハンティング出来ずに、
“オレンジのスーパー”から、立ち去ろうとしています、、。

数ヶ月前の深夜のこと、です。

いつものように、独身は、深夜にネットサーフィンをしているのですが、
ふと、テレビから、“ランチパック”の話題が、左から流れてくることに気付きます。

独身がネットをしているときは、テレビは云わば、BGM的な存在に過ぎず、
注目することはありません。

よって、いろいろな番組にチャンネルを合わせていても、
それに集中することなく、“右に受け流す”のが、常です。

しかし、ランチパックも大好きな、食いしん坊の独身は、
パソコンの左に位置しているテレビから“ランチパック”、
と云う単語が聞こえてきた瞬間、そのまま左、ならぬ、
“右に受け流す”ことなく、左耳で受け止めたのですっ。

(なぬっ!“ランチパック”だとぉっ!)

パソコンの画面から、左のテレビに視線を移すと、
何気なくつけていた番組は、TBS系の“オビラジR”です。

独身は別段、“オリラジ”ファンでもないので、
TBS系にチャンネルを合わせていたのは、まったくの偶然です。

しかし、“ランチパック”と耳にして、思わずテレビの画面にガッつくと、
そこには、ヤマザキの担当の男性が登場し、“オビラジ”と番組で、
ランチパックの新作を開発する、と云う企画が持ち上がっているではありませんかっ。

これは、“ランチパック”好きの独身としては、
なんともナイスな話題ですっ。

数種類のスイーツ系とお惣菜系の具がある中から、
その日は、4種ほどが絞られていて、最終的に、
“モンブラン”と“ナポリタン”が決定されたようです。

(“モンブラン”とは、なんともステキな響きではないかっ!)
と、独身もこの決定に大賛成です。

それからと云うもの、毎週“オビラジR”をチェックし、
いつ、商品化されるものかと、ずっとこころ待ちにしていたのです。

それが、先週の月曜日のこと、これまた偶然、
TBS系の情報番組を右に受け流していると、
ふたたび、“ランチパック”とことばが、左から聞こえてきます。

(おっ!“オビラジR”のコラボのことかっ!)

と、左にあるテレビにガッつくと、なっんと、
発売が、来週の29日の火曜日に決まったと、
アナウンサーの女性が宣伝しているではありませなかっ!

(おおっ!!いよいよ来週かぁ!
 たのしみだなぁっ。)

どうやら、当初は“モンブラン”だったのが、
“渋皮マロン”と最終決定された模様です。

いずれにせよ、マロン系のランチパックは(おそらく)初なので、
いったい、どんなものになるのか、どきどきするってもんですっ。

1週間ほど、期待心で待ちわび、ようやっと、
発売日の29日を迎えます。

と、ここで、ずっとたのしみにしていたのだから、
早々に、“渋皮マロン”をハンティングするために、
捜索活動を開始しているところです。

しかし、独身には、なかなかそうすることが出来ない、
とある事情があるのです、、。

それは、毎週木曜に行なわれる、
“オレンジのスーパー”のパン2割引きです、、。

“おんなじ菓子パンなら、1円でもお安いものを”
をモットーとしている独身にとって、この2割引きは、
欠かすことの出来ない、無二の存在と云えます。

しかし、皮肉なことに、この割引きが、
独身を悩ませる種となっているわけです、、。

この“オレンジ”では、最近、
情熱的にランチパックを仕入れています。

先日頂いた、“チョコクリーム”も、
“オレンジ”でハンティングしたのですが、
2割引きと云うことで、定価126円が、
お買い得の、100円で購入しています。

“ランチパック”は、ほかの菓子パンより、
質が一線を画しているので、量の割には、
いささかお高いお値段設定です。

しかし、質とお味を鑑みれば、少々高額でも、
左、ではなく、正面から受け止めてしまうってもんです。

それでもやはり、特売大好き独身さんとしては、
より、お安く買い求めたいのが本音なわけです。

と云うわけで、独身が“ランチパック”をハンティングするときは、
ほとんどが“オレンジ”の割引き日と決めています。

ところが、今回の“渋皮マロン”だけは、
いささかおはなしが別、です。

なぜなら、独身は数ヶ月も前から、
この“渋皮マロン”の進行を見守り、そして、
商品化されることを、ずっと待ちわびていたのです。

それを先週、ようやっと発売日が決定したと偶然情報番組で観て、
うきうき度が溢れんばかりに、満載になったのです。

この情熱的な期待を、29日の発売日を迎え、
どう、押さえ込めと云うのでしょう。

これには、流石の“谷亮子選手”だって、
独身から、押さえ込みで1本取ることは、不可能でしょう(?)。

しかし、ここで情熱的な己を落ち着かせ、
冷静に思考してみます。

ようやっと、発売日がめぐってきたとは云え、
あと2日待てば、“オレンジ”の2割引きはやって来るのです。

もう2日、ぐっと忍耐すれば、2割引で購入出来るのです。

と云うわけで、いますぐハンティングしたいと云う満載のこころ持ちを、
7割くらいに押さえ込み、その日は、ファミマの新作を捜索するため、
北のファミマを訪問です。

すると、菓子パンコーナーに到着した独身の目に、
いちばんはじめに飛び込んできた菓子パンは、
皮肉なことに、ファミマの菓子パン、ではなく、
なっなんと、独身が耐えると決めた、“渋皮マロン”ではありませんかっ、、。

(うおっ!こっ、これが、“渋皮マロン”かぁっ!!)

まさか、いきなり“渋皮マロン”と遭遇するとは思わなかったので、
この偶然(?)には、独身、軽く驚愕です。

と、“渋皮マロン”を熱いまなざしで見つめていると、
左、ではなく、右に見知らぬ男性が、独身の横に、
ぴたっと陣取って(?)いるでは、ありませんか、、。

(うおっ!なんだこいつっ!)

独身、ふたたび軽く驚愕です。

どうやら、この男性も、“渋皮マロン”に興味津津の模様ですが、
なにも、ぴったし横にピットインしなくてもいいってもんです、、。

と云うわけで、男性が菓子パンコーナーから立ち去るまで、
しばし、ほかのパンを見る振りをする独身。

すると、男性はすぐにほかのコーナーへ移動し、
ふたたび、独身は“渋皮マロン”と対峙します。

遭遇するまでは、ぐぐっと購入をこらえていたのですが、
やはり、実物を目の当たりにすると、左に受け流すわけには、
いきません、、。

そこで、ちろっと袋の裏を見ると、バーコードのところに、
“YK1500”とプリントされていることに気付きます。

これは、この菓子パンが、税抜き150円であることを意味している、
と、先日、当ブログを読んでくださっているかたから、メールで教えて頂きました。

するって~ぇと~ぉ、税込みにすると、
157円になります、、。

(うおっ!!ひゃっ、157円かよっ、、!)

いまのいままで、157円の菓子パンを購入したことはございません、、。

独身の中で、いちばんお高いハンティングと云えば、
BAGEL&BAGELの147円です。

しかし、B&Bの場合は、菓子パンではなくベーグルで、
独身にとっては、イレギュラー的存在です。

云わば、スペシャルです。

菓子パン大好きな独身ですが、このBAGEL&BAGELでは、
毎月、限定のベーグルが発売されると云うことで、
限定ものも大好きな独身にとっては、イレギュラーでも、
うかうか見逃すことは出来ません。

と云うわけで、菓子パンの147円はかなり痛手ですが、
ベーグルに関しては、独身のお財布も、“メタボ”よろしく、
多少はたるたるになる、と云うわけです。

ところがっ、、。

この“渋皮マロン”ときたら、ベーグルの147円をさくっと超越する、
157円です、、。

ふだんから、いささかお高いお値段の“ランチパック”とは云え、
この157円には、割引き大好きな独身にとって、くらくらのめまいもの、です、、。

これには、流石の“高田純次さん”だって、
おおきなお目目を、ぐるぐるっと高速回転させてしまうってもんです、、(?)。

もし、バーコードに書かれている“1500”の意味を知らなければ、
独身は、ちゅうちょすることなく、この“渋皮マロン”を手につかみ、
レジへと直行していることでしょう。

そして、店員さんから、
「157円になります。」
と、残酷(?)にも告げられ、“高田純次さん”よろしく、
目を回転させていることでしょう、、(?)。

と云うわけで、“渋皮マロン”の実物を目にした瞬間、
押さえ込みされていた、情熱的なこころ持ちは、
押さえ込み返しを外しにかかったのですが、
157円と云う現実を知り、ふたたび、技をかけられています、、。

これは、“古賀選手”と“小川選手”級の、
情熱的な試合模様です、、(?)。

いま現在の“小川選手”なら、ハッスルハッスルで、
己を鼓舞して、157円を叩きのめしていることでしょう(??)。

そんな、両選手の戦いは、157円と云うお値段が、
独身のハンティング心に押さえ込み1本で勝利し、
その日は、新作の“レアチーズクリームサンド”を購入したのです。

ところが、神と云うのは、皮肉にも、
人類につぎつぎに試練を与えてくださるようです、、。

“渋皮マロン”と、しばしのお別れをした翌日、
今度は、北のローソンで、ふたたび、“渋皮マロン”と再会です、、。

こころ持ちを、ぐぐっとこらえたのは、
つい24時間ほど前のことなのに、またもや、
独身に試練のときがめぐってきたようです、、。

これには、流石の“欽ちゃん”だって、
24時間テレビでマラソンに挑戦してしまうってもんです(?)。

しかし、
(明日になれば、“オレンジ”で2割で買えるっ。)
と、己をマインドコントロールして、
こころを落ち着かせます。

そして、ようやっと、“オレンジ”の2割の日を迎えます。

♪愛チャリのギアが重いけど、
“マロン”たのしみ、こっころ(心)が弾むっ!♪
と云うことで、“たいやきくん”よろしく、
さわやかな風をきもちよく感じながら、
“オレンジ”へとまい進です。

(もしかしたら、“渋皮マロン”はないのではないか、、。)
と、いささか不安な感情もふつふつと湧いてきますが、
“西田ひかるさん”よろしく、
♪あるあるっるっるっ!“マロ~ン”あるっ!♪
と、己を鼓舞しつつ、“オレンジ”に到着です。

菓子パンコーナーが視界に入り、
1歩、1歩、接近するにつれ、独身のこころは、
どきどきと、うきうきが高まってきます。

そして、菓子パンコーナーに到着し、
いつも、ランチパックが置かれている棚を見上げると、
そこには、なっなんとっ、、。

“渋皮マロン”は、ありません、、。

お惣菜ランチがある箱のほうにも、視線を移しても、
独身めがねは、“渋皮マロン”にフォーカスしてくれません、、。

どうやら、“西田ひかるさん”の応援ソング(?)をもっても、
“渋皮マロン”との、3日連続遭遇、とは、いかないようです、、。

それどころか、目新しい菓子パンにも、
出逢ずじまいです、、。

やはり、5月最終日ともなると、新作にお目にかかる確率も、
安倍さんの支持率のごとく、ぐぐっと低くなってしまうようです、、。

と云うわけで、位置消沈で、なにもハンティングすることなく、
“オレンジ”を立ち去ります。

そこで、ほかにも“ランチパック”が仕入れられているお店を、
ささっと脳内でリストアップします。

“オレンジ”以外では、“イトーヨーカドー”と、
“黄色のお店”、“オカンのお店”があるのですが、
“オレンジ”からは、“ヨーカドー”がいちばん近いと云うことで、
つぎのハンティング先は、“ヨーカドー”に決定です。

ここでふと、前回、“ヨーカドー”でハンティングした、
メープル&マーガリン”を思い返します。

そこではたしか、1割引きの118円で購入していたと思われます。

と云うことは、“オレンジ”よりも、
10円ほど損をしてしまうことになります、、。

しかし、来週まで、“オレンジ”を待つことは、
もはや、独身には不可能です。

これは、クラウチングスタートの、“よ~い、どん!”の、
“よ~い”で、腰を浮かせたまま、“どん!”を1週間待つようなものです(?)。

この“よ~い、どん!”は、体育の授業などでは、
“よ~い”と“どん!”のあいだには、ほとんど間髪入れないことがほとんどです。

しかし、これが陸上の世界となると、
スターターは、ランナーが浮かせた腰が、
全員、ぴたっと静止するを、数秒、見極めているのです。

よって、ほんとうの“よ~い、どん!”は、
“よ~い、、(3~4秒くらい)、、どん!”くらいのタイミングになるわけです。

この、“、、”は、ランナーにしてみれば、
実に長く、酷な時間に感じるのです、、。

浮かせた腰だって、流石にぷるぷるってなるわけです、、。

これを、1週間味わうことになるなんて、
もはや、ランナーを卒業した独身には、不可能です、、。

と云うか、来週に“渋皮マロン”が仕入れられているとは、
限りません。

それを思えば、1割引きでも、定価よりはマシってもんです。

と云うわけで、つぎこそ、遭遇出きることを、今度こそ信じ、
“ヨーカドー”にまい進です。

すると、独身の期待通り、“ヨーカドー”の菓子パンコーナーには、
どさどさっと、数多の“渋皮マロン”が積まれていますっ。

(やっと再会出来たよ、、。)

安堵で、すっかりちからがへよへよっとしますが、
この、情熱的な数の“渋皮マロン”を見ると、独身の情熱度も、
一気にFまで、針が右へぴんっと受け流す(?)ってもんですっ。

先日、ファミマとローソンで見かけたときは、
双方とも、2個しか仕入れられていませんでした。

これは、生地のコンディションを比較検討すると云う、
選定作業を常とする独身にとって、あまりいい条件とは云えません。

やはり、5個くらいないと、美しい国、ではなく、
美しい生地とは、なかなか遭遇出来ません。

それとは裏腹に、“ヨーカドー”では、
30個以上もの“渋皮マロン”が盛られていますっ。

と云うわけで、さっそく消費期限からチェックして、
生地と袋にも、しかと目を光らせ、最終決定をくだします。

と、ここで、肝心のお値段を確認しなければなりません。

この“渋皮マロン”が置かれているのは、棚のいちばん下なので、
いささか、お値段のちっちゃい電光掲示板が見え辛くなっています。

そこで、クラウチングスタートよろしく、
腰をくっと曲げて、お値段を確かめます。

独身めがねは、3ケタの数字にピントを合わせ、
それを、独身の眼球を通して、脳がキャッチします。

そこには、明らかに、
157円と表示されています、、。

(、、てっ、定価かよっ、、。)

これには、流石の独身の情熱を示す針も、
ひゅんっと、左に受け流すってもんです、、。

これでは、29日の発売日に、ファミマで購入していても、
ここで購入しても、おんなじです、、。

と云うか、お値段がおんなじなら、
ファミマで買うできだったのです、、。

なんのために、独身は2日も、
“渋皮マロン”を受け流していたのでしょうか、、。

もう、こうなったら、半ばやけっぱちです。

定価であろうと、157円の高額であろうと、
お構いなく、ハンティングしてやろうではありませんかっ!!

もうこれ以上、受け流すのはごめんくっさ~ぁ、ってもんです。

もしかして、“ひろみ郷”だったら、
♪あわてないっでっ、どく~しん(独身)、サン~バッ(?)!♪
と、先日の“紀香さん”よろしく、独身を応援しつつ、
あわてずに、購入を考え直すように説得するのかも、しれません(?)。

しかし、流石の“ひろみ郷”だって、独身同様、
数ヶ月もの前から、“オビラジR”で、この企画を見守っていたなら、
♪渋皮マロンは、きれいさ~~ぁ♪
と、“恋する紀香は、きれいさ”ならぬ、
“渋皮マロン”に首ったけってもんです(??)。

と云うわけで、独身はこの日、菓子パンに対し、
最高金額となる157円をねん出(?)することを決意しますっ!

“ランチパック”の棚にぶら下がっている、
ランチパックタオルプレゼント”の応募はがきを1枚引っこ抜き、
この決意が揺らがないうちに、しかと気を強気に持って、レジへと突入ですっ。

そして、レシートで、すっかり“メタボ”になったお財布から、
200円を登場させ、157円を犠牲にして(!)、
“渋皮マロン”をハンティングですっ。

独身を、ここまでやけっぱちにしてくれたのだから、
この“渋皮マロン”には、そのほかの菓子パン、と云うか、
いままで過去に頂いた、すべての菓子パンよりも、
飛び抜けて優れていてもらわなければ、なりませんっ。

それが、“出逢いは、億千万の胸騒ぎ”を独身にさせてくれた
“渋皮マロン”の務めってもんですっ。

ヤマザキ--ランチパック 渋皮マロン。


TBSテレビ「オビラジR」と共同開発した「ランチパック」です。
 渋皮入りのマロンあんとマロンホイップをサンドしました。”

と云うわけで、ランチパックの新作、
“オビラジR”とのコラボ、“渋皮マロン
”です。

ランチパックと云えば、過去、
バニラヨーグルト”、
ピーナッツ”、
ブルーベリー&チーズクリーム”、
女峰苺ジャム&マーガリン”、
ハム&チーズ”、
いちご&ホイップ”、
チョコレートクリーム”、
キナコモチ”、
キャラメルクリーム&ホイップ”、
ホワイトムースチョコ”、
ムースチョコクリーム”、
モカホイップ&カラメルラテ”、
小倉&マーガリン”、
レアチーズ風味クリーム&ホイップ”、
アップルフロマージュ”、
コーヒークリーム”、
チョコクリーム GABA入り”、
ランチパック 黒豆ココア入りクリーム”、
ミルククリーム”、
クリーム コラーゲン入り”、
キナコモチ(京都銘菓おたべ)”、
桜風味もち つぶあん”、
抹茶&小倉 森半抹茶のクリーム使用”、
アップルシナモン”、
メープル&マーガリン”、
チョコクリーム”を頂きました。

29日の発売当日、独身は“オレンジのスーパー”の2割引きに、
すっかりこころをとらわれて、この“渋皮マロン”を見つけたにも関わらず、
ささっと、左へ受け流してしまいました、、。

その日の深夜、チャンネルをTBS系に合わせていると、
“オビラジR”がはじまり、ふたたび、ヤマザキの男性社員さんが登場しています。

そして、“オリラジ”のふたりと、もうひとりの芸人さんが、
10種ほどある試作品を、つぎつぎに試食していきます。

中には、白と、黄色いクリームの組み合わせや、
黄色と焦げ茶のクリームなど、さまざまな組み合わせがあります。

それを、3人が喰らっていくわけですが、
いかんせん、数多の試作品があるので、食べているうちに、
お味がわからなくなると云う現象に陥っているようです、、。

10種以上もある試作を、すべて食べなければならないと云うのは、
ある意味、アメとムチです。

はじめは、おいしいものをたくさん頂けて、
嬉嬉とするわけですが、やがては、胃袋が満載になるわけです。

そんな中、最終的に、9番目の試作に決定され、
この“渋皮マロン”が発売されたと云うわけです。

独身も、数多ある試作の中で、白と黄色のクリームより、
焦げ茶があったほうが、マロンが濃厚そうだなぁと思っていたので、
この結論には、大賛成ってもんですっ。

やはり、157円と云うお値段からして、
相当、気合が満載であることが予想されます。

と云うことは、このお味にも、
お値段相応の自信があるものと思われます。

独身だって、ある意味、気合でこの157円を受け入れたのだから、
独身の期待に、じゅうぶん過ぎるほど、応えて頂きたいものです。

まずは生地からですが、と~ってもみっちりとしていて、
キメがぴっちりと詰まっていますっ。

むっちりとした、ソフトな弾力があって、
いつも以上に、上質な生地であることがしかと伝わってきますっ。

むっちりとしていながら、はじめに生地に喰らいついたとき、
ほわっとした、軽やかも感じます。

ここ最近の“ランチパック”の生地は、
はりはりっとした、妙な膜のような食感があったりして、
生地の革命がおきていたようですが、この食感は、
以前の通り、上質な生地に戻っています。

キメはかなり細やかで、口当りもかなり繊細で、
なめらかと云うか、やさしいです。

食パンと云うと、たまに、セーターのように、
けばけばっとしたものがあるのですが、
ランチパックに至っては、梅雨のじめじめよろしく、
しっとり度が高いので、冬の乾燥のごとく、けばだちは発生しません。

お味のほうは、生地をぱくっとした瞬間、
生地のまろやかな風味がほわっと、お口に広がります。

そのあと、もぐもぐするたびに、ジューシーな甘味が、
じゅわじゅわっと、染み出てきますっ。

この甘味は、お砂糖などの甘味ではなく、
小麦からやってくる甘味です。

これは、噛めば噛むほど、お米が甘く感じるようなものです。

とっても自然で、やさしい風味でありながら、
うなぎ上りで、旨みが染み出てくると云うわけですっ。

これには、浜松市のマスコットが、
ウナギイヌ”に決定するのにも納得です(?)。

ヤマザキ--ランチパック 渋皮マロン。


生地をカットすると、マロンあんとマロンホイップが登場です。

“オリラジ”が試食していたときは、
クリの食感がする、と云っていたのですが、
よ~くマロンあんを見てみると、細かなぷつぷつの物体が確認出来ます。

そのマロンあん、ですが、ゆるやかで、
てろ~んとした、やわらかなあんです。

もったり、どっしりとした濃密あんと云うより、
若干、さらさら寄りのあんです。

当初は、“渋皮マロン”ではなく、“モンブラン”だったのですが、
モンブランのマロンペーストよりは、ゆるやかな印象です。

むっちりとした弾力のある生地に、
よ~くなじみます。

それだけに、口当りはなめらかで、
たまに白あんにあるような、ざらざら感はありません。

それでいて、ぴとっと、軽やかにお口にまとわりつきます。

クリのぷつぷつですが、これは、いかんせん、
細やか過ぎます、、。

クリの実と云うより、
粒です、、。

粒と云うか、点なので、まったく実の存在感はありません。

どうせ実を入れるなら、しかと食感が感じられるくらいの、
はっきり明確なおおきさにして頂きたいところですが、
それだと、ただでさえ、高額の157円を超越してしまうのでしょうか、、。

実の存在感は薄くとも、お味のほうは、
なかなかの存在感ですっ。

流石、“渋皮”なだけあって、いいクリの渋味を感じます。

と云うか、思わずお口がぎゅっとなるような渋さではなく、
渋味の、強気な雰囲気が取れて、やさしい渋味になっています。

かなりマロン度が濃厚で、
どしっとしたインパクトが感じられますっ。

しかし、それと同様、甘味もなかなかのどっしり感があります、、。

マロン風味を邪魔しているわけではないのですが、
“トムとジェリー”のごとく、仲良くケンカしています。

ケンカと云うより、いいライバル関係と云った感じでしょうか。

しかし、どちらかと云うと、
甘味が若干、優位に立っているようです、、。

昨日の“ひろみ郷”が甘味で、“紀香さん”がマロンです。

つまり、主役よりも、若干目立っているのが甘味で、
いささか圧倒されて、とまどっている節のあるのが、マロンです。

これには、流石の“紀香さん”だって、
♪あわてないっでっ、およ~め(嫁)っ、サン~バッ!♪
と云われたって、軽くあわてるってもんです、、(?)。

ヤマザキ--ランチパック 渋皮マロン。


一方のマロンホイップですが、とってももふもふっとしていて、
空気感満載です。

と云うか、水分がすっかり失われている感があって、
いささか、ぷすぷすっとしています。

9分立て以上、10分立て未満と云った雰囲気です。

そのためか、空気感があるのにも関わらず、
どこか、ぼふっとした重みを感じます。

お味のほうは、ミルクの甘味が効いたマロンです。

そのむかし、まだ独身が菓子パン生活に入る前、
ヤマザキの“マロン&マロン”にハマり、ダイエーに買出しに行くたびに、
甘味満載で、思わず食道が拒否反応を起こしてしまうとわかっていつつ、
手が伸びてしまうと云う、魔の誘惑にとらわれていたことがありました。

このホイップは、まさに、
その“マロン&マロン”をほうふつとさせるお味です。

マロン風味もしかとしているのですが、それ以上に、
ホイップの、ミルクの甘味をのしっと重く感じます。

これが、マロンあんと相成ると、まず、
マロンホイップがもふもふっと、お口を覆って、
そのあと、マロンあんがぴっとりと張り付いてきます。

マロンあんの、どしっとしたクリと、
ホイップの、ミルキーなクリがガチンコして、
なかなか濃厚で、強気のあるクリです。

はじめから、さいごまで、渋味がお口に残っています。

この渋味がなかなかの仕事をしているので、
若干、ホイップがなくてもいいかなぁとも思うのですが、
あんだけだと、どっしりとし過ぎているので、ホイップの、
ミルキーっぷりが、どっしりあんをやさしく包んでいる感じです。

しかし、それよりも、あんとホイップの甘味のほうが、
もっと強気な姿勢を見せ付けています、、。

ホイップに、ミルキーな甘味があるのだから、あんは、
甘味をほとんど排除させて、もっとすっきり風味にしたほうがよいのでは、
と思われます。

もしくは、“ザッハートルテ”のように、
甘味を抑えるため、甘味のないホイップを加えたほうが、
もっとクリ風味がさわやかに活きてくると思われます。

しかし、流石、157円の高額なだけあって、
クリ度は満載です。

あんとホイップの量の対等で、たっぷりと詰め込まれています。

半ば、やけっぱちで、定価で購入してしまいましたが、
まあ、本音を云えば、147円くらいが妥当な感もしますが、
どうやら、独身を後悔させてくれるような“渋皮マロン”ではないようですっ。

しかし、次回ハンティングするとしたら、定価のお店は左に受け流して、
“オレンジのスーパー”の2割引で購入することでしょう。

ランチパック 渋皮マロンのサイト

ランチパックのタオルが当たるキャンペーン


購入価格:157円。

栄養成分表示(1個当り):
熱量:151kcаl
たんぱく質:3.2g
脂質:3.2g
炭水化物:27.3g
ナトリウム:140mg

独身評価:★★★★☆
スポンサーサイト





タグ:
スレッドテーマ: 菓子パン,グルメ

HOME