FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2007年06月26日[Tue]

神戸屋--牛乳むし 3個入り。

神戸屋--牛乳むし 3個入り。


神戸屋、今月の新作っ!
“黄門さま”っ、それは禁句、ですっ、、。

♪こっの日~ぃ、こっの日~ぃ、どっくしん(独身)は~~ぁ、
 いっつもの愛チャリ、またが~ぁって~~ぇ、
 “緑のス~パ~”、行ってみ~ぃれば~~ぁ、
 “牛~乳~むっし”と~ぉ、さっいかっい(再会)だ~~ぁ♪

“浦島太郎さん”が、助けたカメに連れられて、
竜宮城へと行ってみるならば、この日の独身は、
神戸屋の“牛乳むし”を助けるため(?)、“緑のスーパー”へと向かっています。

昨日の独身は、さんざんな目に遭ったうえ、
無粋菓子パンをハンティングしてしまうと云う、
不幸がいちどに集合した1日でした、、。

週末と云うこともあり、特売菓子パンがあると予想して、
“イトーヨーカドー”を訪れてみたものの、そこに現れたのは、
菓子パンではなく、ケーキバイキングだったのです、、。

それだけでなく、レジで清算を終えた独身に向かい、
うしろに並んでいたおばちゃんが、がらがらカートを勢いよくブッこんだことで、
独身の右アキレス腱にガチンコし、かなりのヒットポイントを喰らったのです、、。

その後、相次いで3軒のお店でターゲットと遭遇出来ず、
あっちこっち走りまわった結果、昨日頂いた、ヤマザキの、
“Bagel!ウォルナッツ&メープル”にたどり着いたわけですが、
大好きな菓子パンのはずが、その菓子パンが、実は、
この日いちばんの不幸だったのです、、。

これには、流石の“長さん”だって、
「不幸だよっ!全員、集合っ!」
とは、云えないってもんです、、(?)。

“全員集合”なら、
♪ちゃっちゃっちゃっ、ちゃっちゃらちゃっちゃっ、、♪
で、そそくさと、舞台交替をすることが出来ます。

しかし、そう、容易には気分を変えられないのが、
人ってもんです、、。

人生のうちで、遭遇する不幸の量が決まっているならば、
一生かけて、ちまちまっとやって来るのがいいのか、はたもや、
ある一定期間、どばっとまとまってやって来るのがいいのか、
独身にはわかりかねる問題です、、。

ただ云えるのは、己の行動から発生する不幸なら甘受出来ますが、
他人から頂く不幸は、まさに、ごめんくっさ~ぁ、ってもんです。

昨日の“Bagel!、、”は、
独身のハンティングする目がなかったことによる不幸です。

よって、これを黙って甘受し、また、経験として、
今後の菓子パンハンティングに活かすことが、
不幸なハンティングを繰り返さないことに繋がります。

しかし、昨日の独身の行動を振り返ってみると、
“Bagel!、、”が不幸のもとだったのではなく、この“牛乳むし”が、
“Bagel!、、”へと遭遇してしまう要因となっていたのです、、。

“ヨーカドー”で痛手を喰らったあと、
独身は、“緑のスーパー”へと移動したのですが、
そのとき、実は、この“牛乳むし”との出逢いを果たしているのです。

なんともシンプルで愛らしい蒸しパンに、
すっかり魅了された独身ですが、ふと、袋に貼られたシールに注目すると、
そこには、“冷やすともっとおいしい♪”と書かれていることに気付きます。

夏の蒸しパンと云えば、
冷やして頂くことを推薦しているものを多く見かけます。

独身は、別段、推薦されなくとも、夏の蒸しパンは、
冷凍庫で急速に冷やすことを常としています。

一方で、冬の蒸しパンは、
レンジで軽くチンすることを常としています。

蒸しパンほど、季節を感じる菓子パンはありません。

しかし、冷凍庫で冷やす、もしくは、レンジでチンには、
ある種の不幸もはらんでいることがあるのです、、。

それは、急に環境が変わったことで、
生地の風味が失われてしまうと云う事態が発生する可能性があるのです、、。

まさに、幸、不幸が表裏一体となっているのが、
蒸しパンです。

しかし、冷やすことを推薦していると云うことは、メーカー側としては、
この方法のほうが、常温よりももっとおいしく頂くことが出来る、
と云うことを意味しているのです。

それをシカトして、常温のまま頂くとなると、
蒸しパンの本来の実力を把握出来ないまま、
胃によって消化されてしまうことになります。

これは、動物園に行って、“キリン”を見ないまま、
そそくさと帰ってしまうようなものです(?)。

もしくは、“ディズニーランド”に行って、
“ミッキーさん”に逢わないまま、早々に帰ってしまうようなものです(??)。

と云うわけで、冷やすことを推薦されている以上、
冷やさすに頂かないわけには、いきません。

しかし、昨日の独身は、諸事情により、
冷凍庫を使用出来る状況にいるのか、ハンティングのときには、
判断が出来なかったのです、、。

つまり、冷やして頂くことが出来るのか、
確信が持てなかったのです、、。

と云うわけで、うしろ髪をつかまれるような思いでしたが、
泣く泣く、“牛乳むし”と一時の別れをしたわけです。

そのあとは、“オカンのスーパー”と100円ショップで、
見事、ストライクを喰らい、結果、“Bagel!、、”と云う、
不幸満載の無粋菓子パンをハンティングすると云う、
ある意味、過ちを犯してしまったのです、、。

もし、その前に“牛乳むし”をハンティングしていれば、
独身は不幸をお口にすることはありませんでした、、。

“人の不幸は、蜜の味”と云いますが、その反対は、
“己の不幸は、苦い味”ってもんです、、。

そんな、痛い思いと、苦い思いをした昨日の独身ですが、
“Bagel!、、”へと走らせてしまった要因となった“牛乳むし”を、
この日こそ、ハンティングですっ。

これで、“Bagel!、、”がチャラになるわけではありませんが、
失敗ハンティングだっただけに、せめて、己のハンティングする目が、
まだ衰えていないと、この“牛乳むし”に証明して頂きたいものです。

と云うわけで、くもり空で、涼やかな空気が漂う中、
独身は“緑のスーパー”へとまい進です。

と、その前に、“無印良品”に寄って、
まとめ買いをしなければ、なりません。

なぜ、まとめ買いかと云えば、ネット会員特典の、
10%オフのクーポンの期限が、この日までだからであります。

独身は、“無印”の無添加化粧水を愛用していることもあって、
10%オフ期間に、決まって購入しています。

そこは、特売大好き独身さんなだけはあるってもんです。

菓子パンなどの食料だけでなく、洋服や雑貨など、
ありとあらゆる特売が大好物です。

と云うわけで、まずは“無印”に向かい、化粧水とボディミルク、
そして、200円の靴下をハンティングです。

とくに靴下とボディミルクは、10%オフに加え、
お値段がぐぐっと下げられているのですっ。

靴下のお値段のところには、2枚ほどお値段のシールが貼られているのですが、
1枚はがすと300円、その下をはがすと、500円と表示されていることがわかります。
(自宅ではがしました。)

と云うことは、300円も値下げされていると云うわけですっ。

そこに、10%も値引きされるのだから、
相当お得なところに、独身は遭遇したことになりますっ。

なんて幸運な出逢いでしょうっ。

一方のボディミルクも、お値段の下に、
靴下同様、シールが貼られていることがわかります。

そこで、元のお値段を見るわけですが、そこには、
800円と記載されています。

しかし、シールには500円と書かれていますっ。

と云うことは、300円もお得なうえに、
また、10%もお得な思いをしてしまうと云うになりますっ。

なっんて、幸運な出逢いでしょうかっ。

と云うわけで、昨日の不幸とは一転、
幸運続きの独身ですっ。

くもり空とは裏腹に、
すっかり独身はふんふんっ気分満載ですっ。

このままの浮かれ気分で、“緑のスーパー”へと移動します。

この日は、会員ポイントが2倍になるらしく、
いつも以上に、店内はにぎわっているようです。

そんな中、菓子パンたったひとつで参戦するとなると、
いささかこころ苦しい念がありますが、昨日、さんざ空振りを喰らっただけに、
今度こそ、“牛乳むし”を確実にハンティングしたいところです。

早々に菓子パンコーナーに到着すると、さっそく、
昨日出逢ったばかりの“牛乳むし”と再会です。

菓子パンは、お店によっては、ある一定期間を過ぎると、
商品入れ替えによって、姿を消してしまうことがあります。

よって、ナイス菓子パンにも関わらず、後回しにすると、
二度と再会することが出来ない不幸におちいるハメになることがあるのです。

独身は、これで何度泣かされたことか、わかったもんではありません、、。

しかし、いまとなっては、この不幸が経験となり、
いまの菓子パンハンティングに活かされています。

この“牛乳むし”は、幸運にも、まだ“緑”に健在しています。

安心したところで、さっそく“牛乳むし”をつかみ、
ちろっとほかの菓子パンに気を取られつつ、レジへと清算です。

5つあるレジのうち、独身は中央の列につきます。

一方で、左隣りのレジには、誰も人が並んでいないのですが、
よ~くレジ台を見ると、“ほかのレジへお周りくさだい”
と書かれたプレートが置かれていることに気付きます。

と云うことは、いま、清算しているお客が終了したら、
このレジは閉じられることを意味しています。

そこで、独身は中央のレジにつくわけですが、
前のお客の清算が、もうほんの5秒ほどで、すべて終わる、
と云ったときに、左隣りのレジの店員さんは、独身に向かって、
「つぎにお並びのお客さま、こちらへどうぞ~っ。」
と、声をかけてくれます。

そのレジは、もう閉じられるものだと思っていたので、
思い掛けない店員さんの声に、独身、一瞬、脳裏に疑問符が浮かびます。

しかし、うだうだしているひまはありませんっ。

そのわずか0.5秒後には、独身はくるっときびすを返し、
“ゲルマン人の大移動”よろしく、左のレジへと大移動(?)です。

実は、数日前にも、ここ“緑”で、同様なシーンに遭遇したのですが、
そのときは、移動しようとした瞬間、あとからやって来たおっちゃんに、
順番を奪われてしまっていたのです、、。

店員さんは、独身に気を遣ってくれたのか、
おっちゃんがレジにピットインしたにも関わらず、
独身に向かって、
「お先のお客さま、どうぞ~っ。」
と、ふたたび声をかけてくれます。

しかし、すでにおっちゃんはお財布を出して、
スタンバイはOKなご様子です、、。

そこにどうやって、独身が入れ云うのでしょう、、。

あたふたしているうちに、今度は、独身のうしろにいたおばちゃんが、
ふいっとおっちゃんのあとに移動してゆきます、、。

実に独身は、
ふたりのお客にレジの座(?)を奪われてしまったのです、、。

しかし、この日の独身は、いささか異なるってもんです。

左の店員さんに声をかけられて、一瞬、たじろいたものの、
速攻、左へと移動開始ですっ。

すると、がらがらカートを引いたおばちゃんが、
そのレジへと侵入しようとしていますが、独身は素早い行動で、
先にレジへと到着ですっ。

今度こそ、独身は勝利したのですっ(?)。

先日は、己が云わゆる“ドジでまぬけなカメ”だったため、
さくっと敗北を喫してしまったのですが、この日ばかりは、
“ウサギさん”のごとく、ささっと、ほかのお客にも、己にも勝ったのです。

と云うわけで、この日の独身は、昨日の不幸満載とは打って変わって、
幸運満載ですっ。

なんだか、あまりにも極端過ぎて、
アメとムチのようにも感じますが、
この“牛乳むし”が、ふたたびムチとなって、
独身を苦しめるような蒸しパンでないことを祈るばかりです。

神戸屋--牛乳むし 3個入り。


牛乳仕込みのふんわり食感。”

と云うわけで、神戸屋の今月の新作、
“牛乳むし
”です。

この日、“緑のスーパー”へとハンティングに向かうとき、
実は、もうひとつの菓子パンと、どちらをターゲットにするか、
しばし迷っていました。

それは、フジパンの“季節のサンドロール”です。

今月に入り、“黄色のお店”で、今月の新作、
“ピーチ&ミルク”と、“巨峰&ミルク”に遭遇しているのですが、
そのときは、フジパン製品が日替わり特売と云うことで、
おひとつ64円(たしか、、)で販売されていたのです。

これには、特売大好き独身さんとしては、
ガッつかずにはいられないってもんです。

しかし、独身には、“季節のサンドロール”をハンティング出来ない、
ある事情があったのです、、。

そのとき、すでに独身の手中には、こころの“オロナインC”の、
“のっぽパン”の新作、“マンゴー”がにぎられていたのです。

一方の“季節、、”は、この日限りの特売、
“マンゴーのっぽ”はと云えば、お値段すえおきの、
95円です。

お値段で比較すれば、断然、“季節、、”をハンティングすべきです。

しかし、独身の中で、新作の“のっぽパン”と云うのは、
唯一、お値段を考えずにハンティング出来る菓子パンなのです。

そして、どんな菓子パンよりも、優先したくなる菓子パンなのです。

つまり、“のっぽパン”は、独身にとって、
無二の存在なわけです。

特売だからと云って、その“のっぽパン”を差し置いて、
“季節、、”を選ぶなど、独身には出来るわけがありません。

それすなわち、“のっぽ”に対する裏切りとなってしまいます、、。

と、ここで、“季節、、”は、翌日分として、
“マンゴーのっぽ”と、まとめて購入することも考えられます。

しかし、そのときの独身には、それすら出来ない事情があったのです、、。

と云うのも、翌日は、“B-1グランプリ”のため、
富士宮に遠征する予定があったので、翌日分の菓子パンとして、
“季節、、”をハンティングすることが出来なかったのです、、。

30円近くも値引きされていることを考えると、
とっても惜しいきもちで満載ですが、ここは、
ぐっとこらえて、あきらめることが肝要です、、。

と云うわけで、軽くうしろ髪をひっかかれつつ、
そのときは、“マンゴーのっぽ”のみをハンティングしたのであります。

とは云え、フジパンの“季節、、”は、
登場すればハンティングしている菓子パンなので、
逃したとは云え、気になる存在です。

しかし、いちど特売で出逢ってしまうと、
元のお値段では、購入する勇気がわいてきません、、。

これは、その先に“森のクマさん”がいるとわかっていて、
あえて、森に足を踏み入れるようなものです(?)。

“クマさん”の場合、
♪すたこらさっさっさっさ~ぁの~ぉさ~~ぁっ♪
で済まされますが(?)、元特売扱いされていた菓子パンに至っては、
すたこらでは、とても済まされないってもんです。

“黄色のお店”を訪れるたび、何度となく、
“季節、、”に手が伸びそうになりましたが、
やはり、特売のことが脳裏をよぎり、結局は、
ハンティング出来ず、いまに至っていると云うわけです。

しかし、そろそろ月末と云うことで、
“季節、、”がほかの菓子パンと交替される時期です。

ハンティングするには、いまが旬(?)です。

と云うわけで、“黄色”にふたたび登場する独身ですが、
やはり、独身は小心者ゆえ、今回も、“季節、、”を見逃してしまいました、、。

ここにきて、いまだ、“季節、、”が特売されると、
こころの端っこで信じている独身です、、。

さて、こころうちを吐露したところで、
さっそく、“牛乳むし”を頂いてみたいと思います。

生地の食感ですが、かなりじっとりとしていて、
むちむちしていることがわかりますっ。

蒸しパンと云うと、ほんわり、ふわふわ派と、
ぶいぶい、じっとり派があるのですが、
この生地は、じっとりでありながら、どこか、
ほんわりとした節もかねそなえています。

じっとり派は、水分満載ゆえ、生地の下に敷かれている紙に、
べっとりと癒着(?)したり、指で触れたとき、
これまた、ぺっとりと癒着することがあるのですが、
これは、そういった生地ではありません。

紙をぺろっとめくっても、生地がべべっと奪われることもないし、
指で触っても、うっかり爪の中にまで、生地が侵入することもありません。

じっとり:ほんわりが、7:3くらいで、
はじめ、お口にしたとき、ほわっと、軽やかな食感なのですが、
つぎにもぐっとしたときには、じっとりの生地になるわけです。

ぷにぷにの、いい弾力ですっ。

キメはかなりみっちりとしていて、繊細と云うか、
なめらかです。

お口にぴとっと、よ~くなじんで、
やさしい口当たりです。

こういうやさしい生地は、いつまでも味わっていたくなるあまり、
ちびちびと生地を喰らってしまいます。

これが、“ギャル曽根ちゃん”だったら、
軽くひとくちで、ガッついていることでしょう。

そんな“ギャル曽根ちゃん”は、近ごろ、
月1回のペースで、静岡のおいしいものを食べ尽くすため、
あっちこっちに登場しているようです。

そんな“ギャル曽根ちゃん”を見ているだけで、
お腹がいっぱいになってしまいます、、。
(ときに、胃が痛くなります、、。)

神戸屋--牛乳むし 3個入り。


生地のお味ですが、と~ってもやさしいミルク風味に驚愕ですっ。

ほんわりと、甘~いミルク風味がするのですが、
これは、甘過ぎることもなく、また、あっさりとし過ぎていることもありません。

まさに、ちょうどいいってやつですっ。

しかとしたミルクなのに、まったくクセがないと云うか、
強引で、押し付けがましい節もなく、実にさわやかなミルクです。

それでいで、チーズのようなコクがあるので、
これが、もの足りない風味に感じにさせない要因となっているものと思われます。

“牛乳むし”と名前ですが、牛乳と云うと、
もっと乳臭いイメージがあるのですが、この生地は、
そういった乳っぱさはありません。

“不二家”のミルキーのような、まろやかさがあるので、
牛乳と云うより、ミルクと云った雰囲気です。

そんな、ミルク満載な生地ですが、はじめ、生地をぱくっとすると、
ほんわりと、たまごの風味がやって来ます。

原材料を見ると、たまごがいちばんはじめに記載されているので、
たまごがもりもり使用されていることがわかります。

しかし、このたまごは、主役は牛乳であることを、
しかと把握している模様で、牛乳を邪魔することなく、
さり気なく、生地に旨みを与えているようです。

ここまで、すべてのバランスのいい蒸しパンは、
この“牛乳むし”はじめてかもしれませんっ。

これには、流石の“桃井かおりさん”だって、
「バランスが大事よねぇ。」
と、この生地に納得してしまうってもんですっ(?)。

神戸屋--牛乳むし 3個入り。


3つある生地のうち、ひとつは冷凍庫で闘魂注入をしてみました。

すると、はじめ、ほんわりとした軽やかな食感だったのが、
ぶにっとした、ちから強さが生まれていますっ。

ぐぐぐっと、生地が引き締まって、ぷにぷにから、
かなり、ぶいぶい云わせている食感になっています。

風味は、冷気に根負けすることなく、逆に、
甘味が強まっているようです。

常温では、さっぱりとした甘味でしたが、
冷やしたことで、じゅわっとした、軽く勢いのある甘味になっているようです。

しかし、生地がひんやりとしているので、お口の中が冷えっとなるので、
まったく甘味のひつこさと云ったものは感じません。

やはり、メーカーが推薦するだけのことはあります。

冷やしたことで、益々、旨みも食感も、
パワーアップしていますっ。

どうやら、この日の独身の、もっともおおきな幸運は、
この“牛乳むし”と出逢えたことなようですっ。

♪じ~~んせい(人生)、楽ありゃぁ、
 苦~~ぅ、もあ~る~さ~~ぁ♪

こっ、黄門さまっ、
それだけは、云わないで頂きたいっ、、。


購入価格:118円/販売価格:126円。

栄養成分表示(1個当りのめやす):
エネルギー:110kcаl
たん白質:2.3g
脂質:3.2g
炭水化物:17.9g
ナトリウム:56mg

独身評価:★★★★★
スポンサーサイト





タグ:
スレッドテーマ: 菓子パン,グルメ

HOME