FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2007年07月08日[Sun]

BAGEL&BAGEL--アプリコットホールウィート(7月限定)。

BAGEL&BAGEL--アプリコットホールウィート(7月限定)。


BAGEL&BAGEL、今月の限定っ!
“山下達郎さん”の目にも、なみだがっ、、。

♪きっと6月~、な~ぁいっ、
 2週きりの“トマト&バジル”、ふ~ぅぅぅっ、
 店頭~な~ぁいっ、ネット~な~ぁいっ♪

“山下達郎さん”が、クリスマスイヴに、
きっと君は来ない、と察知してしまう一方で、
独身は、6月の限定、“トマト&バジル”との突然のわかれを、
察知することが出来ず、ただ、嘆くあまりであります、、。

3月に、静岡にはじめてB&Bが登場してからと云うもの、
独身ははじめてのベーグルに、すっかりこころを奪われ、
それ以来、毎月の限定は、決まってハンティングすることにしています。

とは云え、独身の本職(?)は菓子パンハンターなので、
ベーグルにばかり、うつつを抜かすわけにはいきません。

そこで、新作菓子パンと出逢う率が低くなってくる月末に、
云わば、穴埋め的存在として、B&Bのマンスリーベーグルを頂くことにしているのです。

先月の限定は、“トマト&バジル”と云う、
いままでとはいささか雰囲気が異なる、
なんともヘルシー満載なベーグルです。

独身は、あまりトマトは好きではありませんが、
ほかのブロガーさんの評判も上々なこともあり、
月末には、是非とも、ハンティングしようと計画を立てていたのです。

しかし、中旬を過ぎた頃だったでしょうか、、。

“トマト&バジル”は、6月30日を待たずして、
すでに販売が終了してしまったと云う情報が、
独身のもとに舞い込んできたのですっ、、。

己の目で、しかと確かめようと、B&Bのサイトをチェックしてみると、
やはり、そこには、“販売終了”の文字があるではありませんか、、。

“山下達郎さん”のもとに、なぜ、“君”が来ないと、
事前にわかったのかと云えば、それは、近ごろの“君”の態度から、
こころが離れてしまったんだと、うすうす察知してしまったからでしょう。

しかし、“トマト&バジル”の場合、2週間ほどで販売が終了してしまう、
などの情報はいっさい、独身のもとにはやって来なかったのです、、。

独身は、楽天のB&Bのメルマガに登録しているので、
マンスリーや新作情報などは、お店側から自動的に情報が配信されるのです。

それでも、“トマト&バジル”の終了情報は、
メルマガでも送られてこなかったのです、、。

これでは、販売終了情報を事前に察知することすら、出来ません、、。

それまでは、しかと1ヶ月間、販売されていたと云うに、
なぜ、6月になって突然、2週間と云う短期間で終わってしまったのでしょうか、、。

“ラブストーリーは突然”ならば、
“トマト&バジル”も突然ってもんです、、(?)。

と云うわけで、残念ながら、独身は“トマト、、”とは、
二度と、ランデブー出来ない間柄となってしまったのです、、。

独身は、この苦い経験で改心しました。

それは、B&Bのマンスリーは、月末ではなく、
最低でも、中旬までにハンティングしよう、と云うことを、、。

さて、先週から、B&Bが入っているPARCOでは、
静岡に出店してから、初のグランドバザールが開催されています。

特売、安売り大好きな独身は、もちろん、
このPARCOのセールを見逃すわけにはいきません。

そこで、PARCOへ遠征に向かうこの機会に、
B&Bで今月の限定をハンティングしようと云うわけです。

これは、ナイスタイミングってやつです。

まずは、上階で洋服屋さんやら、雑貨屋さんをぐるぐるっと徘徊し、
そのあと、地下にある最後にB&Bへと向かいます。

残念ながら、独身がひとめボレするような洋服、雑貨はなく、
“PeachJohn”で、汗を吸収すると云うキャミソール1枚のみを購入となってしまいました。

いささか、もの足りないと云うか、
不本意なハンティングとなってしまいましたが、
B&Bのマンスリーにでもご対面すれば、気分も一新出来るってもんです。

エスカレーターで地下に降り、甘~い匂いの漂うフロアーに足を踏み入れ、
さっそくB&Bへと接近です。

お店の前には、ベビーカーを引いている、若いオカンがふたりほど、
ベーグルの見定めをしています。

彼女らが、レジへと移動し、ベーグルの箱が独身の視界に入ってくると、
そこには、空っぽになった箱があらわになります。

そして、その箱には、
“アプリコットホールウィート”と書かれたプレートが貼られています。

(、、。)
独身、しばし呆然です、、。

なかなか、目の前の現実を理解することが出来ず、
ただ、あまたの中が真っ白になって、その場に立ち尽くしています、、。

その数秒後、ようやっと正気を取り戻した瞬間、こころの中では、
(ありえな~~ぁいっ!!)
の絶叫が連載です、、。

やはり、セールになんぞ、うつつを抜かしていたばっかりに、
そのあいだに、“アプリコット、、”は、ほかのお客に奪われてしまったのです、、。

いや、“アプリコット、、”にしてみれば、
♪きっと、奴は来~な~いっ
 独身、セ~ルに、夢~中~~っ♪
と、思っていたに違いありません、、(?)。

もしかしたら、セールに突進する前に、B&Bを訪れていれば、
“アプリコット、、”と出逢うことが出来たのかも、しれません、、。

これはまさに、
♪必ずこの日~に~はっ、云えそ~ぉな気がし~てっ♪
ってもんです、、。

しかし、いまさらこんなことを云ったって、
前防衛大臣ではありませんが、これは“しょうがない”ことです、、。

ちなみに、この“しょうがない”は、
九州弁でもなければ、静岡弁でもありません。

しかし、独身にはまだ、カードが1枚、残されているのですっ。

実は、B&Bは、PARCOだけでなく、すぐ近くの駅にもう1件、
存在しているのですっ。

PARCOのほうは、3月にやってきたばかりですが、
駅のほうは、わずか1ヵ月後の4月にオープンしています。

しかも、PARCOと駅は、まさに、目と鼻の先ってやつです。

徒歩で、地下道を通って行けば、
5分程度で移動出来てしまうくらいの距離です。

おんなじベーグル屋さんが来るなら、違うお店のほうがよかった、
と思っていたのですが、この日ほど、おんなじお店でよかったと思ったことはありません。

と云うわけで、PARCOから、駅へと移動するわけですが、
徒歩では、地下道を通って、まっすぐに向かうことが出来る一方で、
愛チャリの場合は、わざわざ遠回りをしなければならないのです、、。

しかも、駅西側の、無料の自転車置き場を利用して、
そこから駅へと侵入するとなると、150Mほど徒歩で向かうことになるのです、、。

地理的には、目と鼻の先でも、愛チャリとなると、
いささか面倒な移動となってしまうのです、、。

それに、自転車置き場は、うなぎの寝床よろしく、
自転車1台と通路分しか幅がないので、数多の自転車が停まっているとなると、
奥の奥~~のほうに停めなければならないハメになるのです、、。

一方のPARCOなら、入口の目の前に自転車を停めることが出来るので、
すぐに地下フロアーまで向かうことが出来ます。

そのため、独身がB&Bを訪れるときには、近いほうの駅ではなく、
遠いほうのPARCOと決めているわけです。

しかし、そのPARCOのほうに、“アプリコット、、”がないのだから、
今回は、まさに、“しょうがない”ってやつです、、。

サブチャリを、自転車置き場の奥の奥~~のほうまでブッこんで、
そこから150Mほど、構内を移動し、ようやっとB&Bに到着です。

すると、ここでようやっと、“アプリコット、、”とご対面ですっ、、。

実に長い道のりとなってしまいましたが、
無事、販売終了と云う宣告を受けることなく、
今月の限定を頂くことが出来ます。

独身がお店に侵入すると、前には、
すでにふたりのおっちゃんが店員さんに注文をしています。

しかし、おっちゃんはB&Bがはじめてらしく、
いささかとまどっている模様です。

店員さん
「こちらの“ボルケーノ”はトーストいたしますか?」
おっちゃんB
「えっ?なにっ?」

店員さん
「こちらは、少し温めますと、おいしく頂けますが、
 いかがなさいますか?」
おっちゃんB「嗚呼、じゃあ、そうして。」

おっちゃんA
「あっ、こっちのやつもお願いね。」
(おっちゃんA、チョコマフィンを指さす。)

店員さん
「こちらのほにゃららマフィンでございますか?」
おっちゃんA
「いやっ、こっちのほう。」

なぜ、おっちゃんBのほうが先に登場しているのかと云えば、
先にAのおっちゃんが注文していて、そのあと、Bが注文しているときに、
また、Aのおっちゃんが追加した、と云うわけです。

独身も、コ洒落たお店は苦手なので、はじめて訪れるとなると、
どう注文していいものか、どっきどきして、内心、動揺してしまいます。

いまだに、スタバで注文するときは、
「ちっちゃいサイズでおねがいします。」
と、云ってしまいます、、。

よって、おっちゃんたちがとまどってしまうのも、
よ~く理解出来るってもんです。

おっちゃんたちは、なんとか無事に注文をやり遂げることが出来、
独身は、数多ある“アプリコット、、”の中から、
いちばんかたちの丸っこいものを選択し、レジで清算です。

しかしっ、、。

このとき、おっちゃんたちに気を取られていたせいか(?)、
独身の生地の選定作業は、失敗に終わってしまうことなど、
察知することすら出来なかったのです、、。

BAGEL&BAGEL--アプリコットホールウィート(7月限定)。


小麦全粒粉と蜂蜜入りの生地に甘酸っぱい杏を練り込みました。
 食物繊維たっぷりのヘルシーな味わい
。”

と云うわけで、7月のBAGEL&BAGELの限定、
“アプリコットホールウィート
”です。

残念ながら、先月の“トマト&バジル”は、
終了の宣告を受けることなく、店頭から姿を消してしまったわけですが、
どうやら、今月の15日にも、さよならしてしまうベーグルが3種、
ある模様です。

皮肉とでも云うのか、その同日には、新作が3種登場すると云うことで、
どうやら、B&Bの世界にも、弱肉強食よろしくの、
選手交代制度(?)が存在するようです。

防衛大臣が、“久間さん”から“小池百合子さん”に替わったように(?)、
B&Bのベーグルも、なにか、うっかり仕出かしてしまったとでも云うのでしょうか、、。

独身が、お店で“アプリコット、、”の選定をしているとき、
ふと、視線を右へと受け流すと、そこには、リストラ候補(?)のひとつ、
“エスプレッソ&チョコ”の存在に気付きます。

以前から、“エスプレッソ、、”のことは気になっていたこともあり、
交替してしまう前のこの機会に、ついでにハンティングしようと、手を伸ばすと、
今度は、レジの横に、なにやら予告のちらしが掲げられていることに気付きます。

そこには、15日に、新作3種が登場することと、
同時に、3種が販売終了されることが書かれています。

このとき独身は、同日に3種が交替することを知ったわけですが、
果して、この日、このまま“エスプレッソ、、”をハンティングすべきか、
と云う迷いがわきあがってきます、、。

と云うのも、あと数日待てば、新作が登場するのです。

たしかに、“エスプレッソ、、”も魅力的なベーグルと云えますが、
それよりも、新しもの好きの独身としては、やはり、旧作よりも、
新作を優先したいと云うこころ持ちになってしまうのです。

そこで、上記したおっちゃんたちが、
わたわたと注文にとまどっているあいだ、
“エスプレッソ、、”を手にしたり、元に戻したり、
を繰り返し、ずっと優柔不断っぷりを発揮していたのです、、。

しかし、独身は決意しました。

それは、旧作の“エスプレッソ、、”ではなく、
新作に期待すると云うことを、、。

と云うわけで、この日のハンティングは、
この“アプリコット、、”のみに留まった、と云うわけです。

これは、独身自身が決意したことであり、“トマト&バジル”のような、
不可抗力でハンティング出来なかったこととは、わけが違うってもんです。

よって、今回ばかりは、“山下達郎さん”のように、
事前になくなることをしかと理解してのことなのです(?)。

さて、6月は見逃してしまったと云うことで、
前回の“抹茶&ホワイトチョコ”から、
1ヶ月以上もあいだがあいてしまいました。

そのあいだに、ヤマザキの“Bagel!ウォルナッツ&メープル”を頂きましたが、
ちっともベーグルらしくない、むちむち生地とは縁遠い、
なんとも無粋なベーグル、と云うか、完全に菓子パンでした、、。

ベーグルの作りかたが、いまいちわからないから、
まあ、とりあえず、丸くて硬い生地を作ってみればいいんじゃない、
的な雰囲気が漂う生地でした、、。

これこそ、“コムスンの折口社長”は“ディスコ”ではなく、
“餅は餅屋”で、菓子パンメーカーには、
パンのみにまい進して頂きたいってもんです。

まあ、菓子パンメーカーの中にも、しかとしたベーグルはあると思いますが、
ヤマザキの“Bagel!シリーズ”に関しては、早々に選手交代して頂きたいものです。

一方で、B&Bはまさに、“餅屋”なので、
安心して頂くことが出来ます。

まずは、生地の食感からですが、とってもむっちりとしていて、
ぶいぶいの弾力があります。

なんだか、前回よりも、歯切れがいいと云うか、
やわらかさがあって、かなりもぐもぐし易くなっているようです。

前回の“抹茶&ホワイトチョコ”も、なかなか食べ易い食感でしたが、
その前の“15穀”と“いちじくピーカン”は、アゴの関節が悲鳴をあげるくらい、
かなりのちから強い生地でした、、。

これには、流石の大食いの“小林 さん”だって、
顎関節症のために、今年のホットドッグの優勝を逃してしまうってもんです、、(?)。

独身だったら、戦線離脱してしまうところですが、
それでもあえて、チャレンジすることを決意した“小林さん”は、
食いしん坊の鏡(?)ってもんですっ。

はじめて“15穀”を頂いたときは、
(これがベーグルってやつかぁ、、。)
と、軽く先制パンチョを喰らったこころ持ちでしたが、
5月の“抹茶、、”は、“HG(ハードがっしり)”から一転、
とっても食べ易いやわらかさに変貌していたのです。

なんだか、独身とベーグルのあいだに存在していた壁のようなものが、
払拭されたようにも感じましたが、どうやらこの“アプリコット、、”にも、
“天の川”よろしく、なんら遮るものは存在しない模様ですっ。

生地の内側は、お口にした瞬間、若干、
ぶすぶすっとして、口あたりがよろしくありませんが、
それも刹那のことで、もぐもぐを重ねれば、すぐにむっちりとなって、
生地はひとつにまとまってしまいます。

一方の表面は、ぶちっとした張りがあって、
若々しいお肌を妄想させます。

そのふたつの食感が、ソフトでありながら、
ぶにぶにの弾力をかもし出しているものと思われます。

つまり、“スター錦野さん”が云うところの、
♪君~とぉぼくっ、君~とぉぼくっ、
 ふたりで~、ひと~~ぉり~~っ♪
ってやつです(?)。

お味のほうですが、以前頂いた、“15穀”を妄想させるような、
お粉の、ほよっとした香りが鼻腔に侵入してきます。

これは、ふつうの小麦粉でも、全粒粉とは異なる、
B&Bのお粉の独特の香りです。

実際のお味も、香りそのまま、とってもお粉の風味が豊かで、
もぐもぐすればするほど、じゅわじゅわっと、お粉自身の甘味が染み出てきますっ。

やはり、お砂糖などの余分な風味、甘味がないだけに、
お粉の実力がしかと味わえるし、頂く側としても、
それを意識することが出来ます。

まさに、“食育”ってもんです。

菓子パンを食べなれている独身としては、
思わずクリームチーズなどを付け加えたくなりますが、
もぐもぐを繰り返していると、
(嗚呼、これでいいんだぁ、、。)
と、自然と納得して、甘受してしまいます。

これには、流石の“バカボンのパパ”だって、
「これでいいのだ~っ。」
と、納得してしまうってもんです(?)。

さて、“15穀”を思い起こすようなお粉の風味に、
すっかり満足している節のある独身ですが、
あくまで、このベーグルは、“アプリコット  ”です。

そろそろ、ここらあたりで、アプリコットと遭遇してもいいのですが、
いくら、食べ進んでいっても、アプリコットは独身のお口に突入してくれません、、。

生地の表面を見た限りは、ちらほらっと、
細かいオレンジの果肉が確認出来ます。

しかし、実際に頂いてみると、
果肉はちっとも姿を現してはくれません、、。

どうやら、独身の選定作業は、失敗におわった模様です、、。

独身は、B&Bの店頭で、より、かたちの丸っこいものを選択したのですが、
そのことが災いしたとでも云うのか、肝心なアプリコットは、
まったくと云っていいほど、生地の中には存在してないものを手にしてしまったようです、、。

“きっと、果肉は~、な~ぁいっ、
 風味なしの“アプリコット”、おおお~っ、
 食感な~ぁいっ、存在な~ぁいっ♪

これには、流石の“達郎さん”だって、
ロン毛の陰で、なみだを流してしまうってもんです、、(?)。

BAGEL&BAGEL--アプリコットホールウィート(7月限定)。


と云うわけで、残り半分は、
レンジで20秒ほどチンしてみることにします。

食感は、ぶにぶにっとした弾力から、
ぶいぶいの、柔軟性のある生地に変貌しています。

常温では、歯切れのよさがあったのですが、
チンすることで、じっとり感がより強くなって、
ふにふにっとした、腰のやわらかさを感じます。

さらに、食べ易くなって、アゴが弱い独身でも、
難なく、もぐもぐを繰り返すことが出来ます。

もぐもぐしていると、むちむちっと云う音が聞こえてきます。

さらに、ぶすぶすっとした口当りの悪さも、
じっとり感が加わったことによって、
うまく生地同士がぴっとりとまとまっています。

お味のほうは、常温でも、じゅうぶんお粉の旨みと甘味がありますが、
より、まろやか、と云うか、丸みが生まれているような雰囲気です。

そして、温かさが加わったことで、
ほんわりとした風味になっています。

こころなしか、甘味もアップしているように思えます。

されどっ、チンしたとは云え、アプリコットまでは、
風味アップとまでは、いかないようです、、。

と云うか、量が少ないのだから、
チンしたって“しょうがない”ってもんです、、。

“火のないところに、煙はたたない”のなら、
“果肉ないところに、風味は増えない”わけです、、(?)。

いちおう、ちっちゃな果肉はあるにはあるのですが、
もう、完全におまけ、と云うか、気のせい、と思わざるを得ないちっちゃさです、、。

「あっ、いま、そこの電柱の陰に、
“明子ねえさん”がいたような気がするけど、気のせいっ、、?」
と、“飛雄馬”も思ってしまうくらいの、アプリコットの存在感です、、(?)。

生地はとってもおいしいのに、主役がまったく存在しない、
なんとも歯がゆいベーグルです、、。

これでは、レンジでチン、でも、
♪きっと、果肉、来~な~いっ♪
ではなく、
♪やはり、果肉、来~な~いっ♪
です、、。

実に、“サイレンッ、な~い(?)”なアプリコットです、、。


販売価格:147円。

カロリー:242kcаl/100gあたり。

独身評価:★★★☆☆
スポンサーサイト





タグ:
スレッドテーマ: ベーグル,グルメ

HOME