FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2007年07月09日[Mon]

セブンイレブン--コーヒー&ミルクロール~焼きたて直送便・プライムベーカリー~。

セブンイレブン--コーヒー&ミルクロール~焼きたて直送便・プライムベーカリー~。


セブンイレブンの新作っ!
“城島茂さん”とココアよ、大志を抱け、、。

♪おっ昼、菓っ子パン、うきうきイーティングッ!
 あっちこっち、そっちこっち、セ~ブンイレ~ブンッ!♪

“タモさん”にとってのお昼やすみが、うきうきウォッチングなら(?)、
独身にとってのお昼やすみは、うきうき菓子パンイーティングってもんです。

昨日の独身は、PARCOのグランドバザールに参戦するついでに、
地下食品売り場内にあるB&Bまで、遠征に旅に向いました。

しかし、独身が、大好物のセールにうつつを抜かしているあいだに、
ターゲットである“アプリコットホールウィート”は、
敵(?)によって、すでに略奪(!)されていたのです、、。

これには、思わず独身めがねの度数のほどを疑ってしまいましたが、
♪おれたちにゃ~ぁ、夢がある~~っ♪
(by“学生服のやまだ。)
なら、独身にも、まだ望みがあるってもんです。

そこで、独身は、目と鼻の先にある、駅構内のB&Bまで、
小移動をして、見事、“アプリコットホールウィート”を確保したのです。

しかし、独身めがねの度数と、独身の近視、乱視っぷりとのあいだに、
わだかまり(?)があるのか、独身が選択した生地には、
まったくと云っていいほど、主役のアプリコットの実の存在感を、
しかと確認出来なかったのです、、。

生地の食感にも、風味にも、じゅうぶん過ぎるほど、
大満足だったにも関わらず、★2.5と云う、
“堺正章さん”も驚愕の結果におわってしまったのは、
やはり、アプリコットの実力をたのしめなかったからであります、、。

もし、独身が、いつもの独身めがねではなく、
ニュータイプめがねを着用していれば、生地の選定作業のとき、
アプリコットもりもりのものを、しかと見極めることが出来たのかも、しれません、、(?)。

いや、そもそも、たいせつな菓子パンハンティングを、
セールなんかのついでと位置付けてしまったことが、
すべての失敗のゆえんとなっているのです、、。

と云うわけで、昨日の独身は、セール品も、“アプリコット、、”も、
不完全燃焼でおわってしまったのです、、。

一夜明け、この日の独身は、朝から外出の準備で、
いそいそとしています。

もし、“レレレのおじさん”が、
「お~でか~けで~すか~~ぁ?」
と、訊ねれば、
「ふたたび、セールに参戦するのですよ~。」
と、お答えしてるところです。

昨日は、もりもりセール品を確保する気満載だったにも関わらず、
アプリコット同様、満足のいくハンティングとはいきませんでした、、。

そのため、この日は別のデパートのセールで、
昨日のうっぷんを晴らそう、と云うこころ持ちです。

さっそく目的地に到着し、サブチャリを停め、
入口へとまい進すると、独身の前に歩いていた女性が、
思いっきり入口のドアを引っ張るものの、ガツンッ!と云う音を立て、
開く様子はありません。

(おっ、いったいどうしたんだっ?)

と、ここで、ふと、入口に立てかけられた看板を見ると、
そこには、開店10時30分と書かれていることに気付きます。

独身は、お店=10時オープンと思い込んでいたので、
ここのデパートも当然、10時に開店するものと疑っていなかったのです。

どうやら、独身の前にいた女性も、
同様なことを思っていたようです、、。

時計を見ると、15分ほどフライングしていたようで、
これは、云わゆる“しょうがない”ってやつなので、
デパートの周囲をぐるっと散歩して、時間を潰します。

10時30分オープンと、事前に確認していれば、
あと15分は、お顔にあれこれと付け足しが出来たことでしょう、、。

そうこうしているうちに、ようやっと開店時間を迎え、
さっそく、セールハンティングのリベンジです。

先日は、あまりゆっくりと、
あっちこっちのお店を見てまわることが出来ませんでしたが、
この日はおやすみと云うこともあり、好きなお店で、しかと見極め作業が出来ます。

そこで独身は、1枚1,000円と云う、激安のタンクトップを購入し、
ふたたび、昨日訪れたPARCOへと移動します。

訪れたばかりではありますが、やはり、
不完全燃焼におわってしまったこともあり、
もういちど、勝負を挑もうと云うこころ持ちの独身です。

すると、昨日侵入したお店に、昨日は見かけなかった、
ナイスなトップスが吊るされていますっ。

しかも、お値段3,000円ちょい、ですっ。

個性的なデザインで、タンクトップのわりには、
もりもりと布を使用していて、フォーマルにも、
カジュアルにも使いまわせそうな、はいから感満載です。

どうやら、この日の独身めがねは、
いささか矯正に気合が入っている模様です(?)。

と云うわけで、夏の洋服をふたつも確保することが出来、
ほくほくショッピングで、PARCOをあとにします。

さて、つぎはついで、ではなく、メインの菓子パンハンティングです。

ターゲットはずばり、セブンイレブンの新作、
“コーヒー&ミルクロール”です。

しかし、セブンに向かってサブチャリを漕いでいる独身のこころには、
“コーヒー&ミルク、、”のことではなく、別のものによって、
占領されています、、。

それは、いちばんはじめに訪れたデパートで遭遇した、
薄手のカーディガンです、、。

実は、独身は、1,000円のタンクトップを購入する前、
すぐ近くの別のデパートで、ナイスなカーディガンと対面していたのです。

これがまた、独身の大好物の、個性的なデザインで、
夏も秋も使えそうな、便利な1品です。

しかし、このときの独身は、トップスではなく、
ジーパン目的でセールに訪れていたこともあり、
ひとめボレなジーパンが発掘されるまで、トップスは我慢しようと決めていたのです。

そんな独身のこころ粋(?)とは裏腹に、残念ながら、
独身にぴったんこなジーンズとは、めぐり逢うことが出来ませんでした、、。

と云うか、雑誌でジーパンがよく取り上げられるお店に突入してみたのですが、
いかんせん、このお店は、云わゆる“ギャル系”な雰囲気満載なので、
すっかりおどおどしてしまい、軽くパニックを起していたのです、、。

そこに、これまたギャル系の店員さんが接近してきて、
「どんなお色をお探しですか~~ぁ?」
と、声をかけてくださいます、、。

(うおっ!ギャルのおねえさんが来たっ、、!!)
益々、独身の心拍数はアップアップですっ、、。

「いっ、色の濃いのがいいんですけど、、ははっ、、。」
動揺を隠すかのような、妙~な笑いが出てしまいます、、。

そこで、おねえさんが見立ててくれた2点のジーンズを試してみるものの、
いかんせん、ギャルのお店特有とでも云うのか、店内の証明が暗いので、
まったく色の具合が確認出来ないのです、、。

独身は、視力が弱いのに加え、いささか夜盲症の節もあるので、
軽く暗くなっただけで、色の識別が困難になってしまうのです、、。

流石、雑誌にひんぱんに登場するジーパンなだけあって、
独身の脚でも、すっきりと見えます。

しかし、肝心の色がわからないのだから、
購入を決定することすら、出来ません、、。

まさか、ここでおねえさんに、
「いや~ぁ、夜盲症なもので、
 外に出ないと色がわからないんです~。」
とは、云えないってもんです、、。

ふだん、独身が訪れるような、カジュアルなお店なら、
そのようなこともさくっと云うことが出来ますが、
このようなギャル系のお店は、数年振りの訪問なので、
おねえさんと、どう、会話をしたらいいものか、
すっかり舞い上がっている独身です、、。

ジーパンを試着し、鏡に映る己と、横に立っているおねえさんを見て、
その不釣合いっぷりに、ただ、奇怪な笑いが起きるだけです、、。

と云うわけで、ジーパンは断念し、そそくさとお店をあとにしたわけですが、
慣れないギャル系のお店の雰囲気と、共通点のなさそうなおねえさんと対峙したことで、
すっかり気疲れしている年増な独身です、、。

そのあと、他のお店のジーパンも見てまわったのですが、
残念ながら、ひとめボレするようなものには、遭遇することが出来ませんでした。

そこで、予算がいささか余っていると云うこともあり、
いちばんはじめに訪れたお店で、薄手のカーディガンを買おうと考えたわけです。

しかし、先日、似たようなデザインで、
ボーダーのカーディガンを購入したばかりと云うこともあり、
薄手のほうにも手を出していいものか、ずっと悩んでいたのです、、。

悩んでいるうちに、セブンに到着し、
サブチャリを停めるわけですが、そのとき、ふと、
(やっぱし、あのカーディガンを買おうっ!)
と、決心に至ったのです。

せっかくセブンまで、遠回りしてやって来たのですが、
ここでぐるっと、きびすを返し、ふりだしよろしく、
はじめのデパートへと、舞い戻ります。

すると、開店当時は、3つ色がそろっていたのですが、
茶色が、すでに略奪されているようです。

しかし、独身が狙い撃ちしていた黒は、
いまだ、おんなじ場所に吊るされたまま、独身の再来を待ちわびています。

いささか、と云うか、だいぶ遠回りしてしまいましたが、
やはり、ずっとこころの中を占領していたデザインだけあって、
再会すると、益々購入意欲がもりもりになります。

菓子パン以上に、さんざ、独身を魅了してくれたカーディガンですが、
これも一期一会と云うことで、確保決定です。

昨日のハンティングとは一転し、すっかり大満足な独身は、
うきうきハンティングそのまま、さきほどのセブンへと移動します。

そして、“コーヒー&ミルクロール”と、先日、ハンティングし損ねた、
“九州沖縄フェア”の、“紅いも味のプチビット”を手にして、
レジへと向かうわけですが、ここのセブンは、近くに、
独身も高校時代にお世話になった予備校があると云うことで、
多くの学生さんがレジを取り囲んでいます。

ふたつあるレジのうち、左側のレジを、5~6人の男子学生が占領し、
男性店員さんは、全員のお弁当をレンジでチンするため、
レジとレンジのあいだを、行ったり来たりして、てんてこ舞いの模様です。

そんな光景を目の当たりして、ほかのすべてのお客は、
左、ではなく、右のレジで、列を連ねています、、。

どう見ても、左より、右のほうが早いようですが、
それでも、右にも多くのお客が待ちぼうけを喰らっています、、。

長らく待たされましたが、ようやっと独身の順番になり、
清算を済ませます。

朝、出発したときは、すっかりくもり空でしたが、
独身がセールから退散することには、もわもわの暑さ満載の晴天へと替わっています。

このとき、独身は、肝心な保冷バッグを持参するのを忘れていたので、
速攻でサブチャリを漕がなければなりません、、。

気合満載で、セブンを出発し、つぎの信号で、赤にガチンコすると、
その先に、もう1軒のセブンがあることに気付きます、、。

(あ、、。そう云えば、こっちにもあったんだ、、。)

この周辺には、およそ半径200M範囲に、
3軒ものセブンが存在します。

そのうち、いちばん広い店舗で、かつ、独身宅に近いのは、
信号の先のセブンです、、。

まあ、距離的には、さほど変わりがないので、
問題ではありませんが、予備校近くのほうを訪れていなければ、
あんなにレジで待ちぼうけを喰らうことはなかったことと思います、、。

これは、菓子パンハンティングの予定をくつがえし、
黒のカーディガンのため、はじめのデパートへと舞い戻ってしまった、
独身への罰、なのでしょうか、、(?)。

まさに、“罪と罰”ってやつです、、(??)。

と云うわけで、この日、独身がハンティングしたのは、
“罪と罰”な独身にお似合いの(?)、“コーヒーとミルク”と云う、
2種の菓子パンがガチンコしたロールパンです。
(だから、どうしたっ、、!)

セブンイレブン--コーヒー&ミルクロール~焼きたて直送便・プライムベーカリー~。


どちらから食べようか迷ってしまうかわいい2色ロール。
 コーヒーとココアが練りこまれた茶色の生地にはホイップクリーム。
 クリーム色の生地にはコーヒー牛乳をイメージした
 やさしい甘さのコーヒークリームがたっぷり入っています
! ”

と云うわけで、セブンイレブンの新作、
“コーヒー&ミルクロール
”です。

いつもの独身の、コンビニでの菓子パンハンティングは、
ほにゃららのコンビニで、はにゃららの菓子パンを買おう、
と、しかと決めてから出発します。

ただただ、計画性もないままに出発してしまうと、
どのお店へと向かえばいいのかと、あっちこっち、放浪して、
結果的に、時間の無駄になってしまいます。

独身は旅をするときは、必ず、細かな計画表を作ると云う性の持ち主ゆえ、
菓子パンハンティングにおいても、事前の計画と云うのが、肝要になってきます。

この日のハンティングの場合、当初、セブンではなく、
“黄色のお店”へとまい進する予定でいたのですが、
セールから離脱し、いざ、菓子パンハンティングへと向かおうとしたとき、
ふと、独身のこころに、この“コーヒー&ミルクロール”が浮かんできます。

先週、セブンのサイトで目の当たりにしたときは、
この“コーヒー&ミルク、、”に、あまり関心を抱くことはありませんでした。

と云うのも、ふたつのお味がガチンコしているとは云え、
コーヒーとミルクと云う、さしてめずらし感のない菓子パンだからです。

洋服も菓子パンも、いささか個性的なものを好む節のある独身にとって、
シンプルな菓子パンには、どうも、ひとめボレの対象ではないようです。

そんなわけで、さくっとハンティングリストから外れてしまった“コーヒー、、”ですが、
先日、ほかのブロガーさんが紹介されているのを見て、独身は改心しました。

シンプルだからと云って、ナイス菓子パンではないと、
そそくさに決め付けてしまうことは、無粋です。

たしかに、試食の出来ない菓子パンを選択するには、
第一に、見た目や、袋に書かれている説明書きが、選定の基準となってしまいます。

そのため、より個性的であったり、おいしそうに見えたり、
食欲を刺激されるような、ナイスなコメントがついていたりすると、
うっかりこころを持っていかれてしまうわけです。

一方で、それとは真逆の、いささか気合が不足しているような見た目となると、
ハンティングする側としても、テンションがさがってしまいます。

しかし、そういった菓子パンに限って、
実は魅力満載のお味を秘めていることもあったりするのです。

世の中、“塞翁が馬”よろしく、なにが起こるのか、予測がつかないなら、
菓子パンハンティングでも、どんなものがナイス菓子パンなのか、
なかなか見極めることは困難です。

そう云った意味でも、ほかのブロガーさんの評価と云うのは、
とっても参考になります。

いままでは、新作ならば、すぐにガッついていた独身ですが、
ここ最近は、ほかの方のコメントが気になってしまう、
いささか、他力本願な節のある独身です、、。

出来ることなら、失敗ハンティングは避けたいのが本音ってやつです、、。

さて、この“コーヒー&ミルク、、”は、
お味はシンプルなようですが、ふたつがぴったんこしていると云う、
まさに、“一石二鳥”な菓子パンです。
(もしくは、“一パンニクリーム”、、?)

はじめ、セブンのサイトで見かけたときは、白生地に、半分だけ、
ココア色の薄い生地がぐるぐる巻きされているのかと思いましたが、
どうやら、そのような生地ではない模様です。

中央部分をよ~く見ると、つなぎ目のようなものが確認出来ます。

と云うことは、2種の生地をぴったんこさせて、
型がなにかに入れて、オーブンで焼かれたことが推測されます。

実際に目にしてみて見ると、
染色体を妄想させる生地のかたちです。

と云うわけで、さっそく生地から頂いてみたいと思います。

一見したところ、ほわっとしていて、軽やかな生地なのかと思いきや、
お口にしてみると、かなりしっとり、と云うか、潤い感満載の、
ぴっとりとした生地であることがわかります。

ぱっさりとした節はいっさい皆無で、
むちむちっとした噛み応えがありますっ。

ゆえに、いい弾力のようなものがあって、
わりとちいさめなロールパンでも、じゅうぶんな食べ応えと云うか、
重厚感があるように思えます。

白生地のお味のほうは、軽くお砂糖のような甘味がするのですが、
これが、噛めば噛むほど、じゅわじゅわっと、もんの凄い勢いで、
旨みが染み出てきますっ。

たしかな甘味があるのですが、小麦がほわっと包み込んでいるようで、
あっさりとした風味になっています。

されど、核となる旨みはしかと持ち合わせているわけですっ。

これは、ある意味、開始のゴングとともに、
さくっと右ストレートでも喰らったかのような、
見事な生地のパンチョっぷりですっ。

一方の、ココア色の生地ですが、食感は白とおんなじなものの、
風味で云えば、白ほどのインパクトはありません。

原材料を見る限りでは、こちらはココアが盛り込まれてると思うのですが、
そのわりには、まったくと云っていいほど、ココア風味は存在していません、、。

まあ、意識して味わえば、ちょっとほろ苦い節があるのかなぁ、
くらいには感じるのですが、夢中でココア生地にガッついていれば、
(あ、そう云えば、茶色の生地は、なんのお味だったんだろう、、。)
と、あとあとで、ふと、思い返しているのかもしれません。

そう云えば、“みのさん”は、いまも、相変わらず、
朝食にココアを飲んでいるのでしょうか、、(?)。

セブンイレブン--コーヒー&ミルクロール~焼きたて直送便・プライムベーカリー~。


生地には、それぞれ、コーヒーホイップと、
ミルクホイップがサンドされています。

はじめ、セブンのサイトで見かけたときは、
白にミルク、ココア色にコーヒー、と云う組み合わせだと思っていたのですが、
そうではなく、白にコーヒー、ココアにミルクと云う、いい意味で、
菓子パンハンターの予想をくつがえしてくれています。

まさか、“エビさま”と云う、
おんなじ共通点のある“米倉涼子さん”と、
“高岡早紀さん”がドラマをやるとは、思いもしませんでした、、。

それならば、いっそのこと、“エビさま”も登場させてしまえばいいのに、
と思ってしまう独身です。

さて、まずはホイップの食感からですが、
とってもほわほわっとした、空気感満載のホイップがてんこ盛りに盛られています。

この日は、保冷バッグを持ち合わせていなかったこともあり、
頂く前、7~8分ほど、冷蔵庫で落ち着かせていたのですが、
その甲斐もあってか、ホイップは、二の腕よろしく(?)、
てろ~んと垂れることなく、ほわほわを取り戻している模様です。

ホイップと云うと、たるっとした、ゆるやかなものと、
今回のような、もふっとした、ちから強いものがあります。

独身は、どちらかと云うと、空気もりもりで、
マッチョ系のホイップが好物です。

そのほうが、食感がたのしめるってもんです。

このホイップは、まさに、
独身が思わず、うきうきイーティングしてしまうような、
適度なもふもふ感のあるホイップですっ。

コーヒーのお味のほうですが、はじめ、
ミルクのまろやかな甘味がやって来た、と思いきや、
ミルクのコクが、どっしりと舌べろにのしかかってきますっ。

そして、間髪入れずに、コーヒーの苦味がじくじくっと、
舌べろの奥~のほうを刺激します。

このミルクの甘味と、コーヒーの苦味は、
どちらが強いと云うこともなく、実に平等に、
おんなじ強さくらいで、互いに切磋琢磨している雰囲気ですっ。

まさに、“米倉さん”と“高岡さん”よろしくの、
ナイスコンビネーションです(?)。
(おふたりのドラマは観ていないので、実際はわかりかねますが、、。)

セブンイレブン--コーヒー&ミルクロール~焼きたて直送便・プライムベーカリー~。


一方のミルクホイップですが、コーヒー同様、
どしっとした、しかとしたコクがあります。

風味自体は、ミルクと云うより、いささか、いい乳くささがあるので、
牛乳と云った雰囲気があるように思えます。

そのためか、甘味が重みが強いわりには、
どこかすっきりと云うか、クドさと感じさせません。

全体的には、生地の食感が、独身の予想をくつがえすような、
見事なむちむちっぷりで、ちいさめなロールパンでも、
なかなか胃もこころも、満タンになります。

ふたつのホイップも、どしっとしたコクがあるわりには、
ルー大柴さん”よろしくの、しつこさはありません。

しかし、生地のココア風味に関しては、まったくと云っていいほど、
ココア色である意味と云うか、目的が解せないまま、終了してしまった、
と云った感じを受けます、、。

ただ、ふたつの菓子パンがガチンコしていることを強調するためだけに、
ココア色にしてみたものの、風味がまったくしないので、
ココアは単なる、“都合のいいココア(?)”として、
扱われたと云うわけです、、。

色だけは、“松崎しげるさん”並みですが、風味としては、
“TOKIO”のリーダーこと、“城島茂さん”のような、
いささかヤワな雰囲気を持っていると云うわけです(?)。

是非とも、ココア生地には、
♪ビ~~ッ、アンビシ~~ャ~スッ!♪
であって頂きたいものです(??)。


販売価格:125円。

栄養成分表示(1包装当り):
熱量:354kcаl
蛋白質:8.2g
脂質:14.4g
炭水化物:48.0g
Na:280mg

独身評価:★★★★☆
スポンサーサイト





タグ:
スレッドテーマ: 菓子パン,グルメ

HOME