FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2007年10月11日[Thu]

セブンイレブン--北海道ミルクのブレッド~焼きたて直送便・プライムベーカリー~。

セブンイレブン--北海道ミルクのブレッド~焼きたて直送便・プライムベーカリー~。


セブンイレブン、今週の新作っ!
小麦高騰の余波か、それとも、“ブッシュ”の政策のせいかっ、、!

♪北~ぁの~~~ぉっ、セブンイレブンは~~~ぁっ、
 8月~~~ぅっ、新しく出来た店~~~ぇっ♪

細川たかしさん”が、“北の酒場”へとまい進するならば、
この日の独身は、はじめての訪問となる、“北のセブンイレブン”へとまい進します。

セブンと云うと、以前、独身が東京に潜伏(!)していたころ、
すぐとなりにセブンがあったこともあり、ちょっと小腹が空くと、
毎度、お世話になっていた、独身のミニ台所的存在でした。

その頃から、しばし、菓子パンやお惣菜パンを頂いていて、
なかなかの好印象を抱いていたのですが、数年経ち、
菓子パン生活をはじめてみると、独身がセブンを利用する回数は、
ほかのコンビニに比べ、圧倒的に少ないことは、否定出来ません。

それだけ、セブンからは、
独身好みの菓子パンが登場していないと云うことになります。

ふと、思い起こすと、前回、独身がセブンの菓子パンをハンティングしたのは、
ほぼ3ヶ月前の、7月になります。

その日は、あっちこっちのお店で、セールの洋服を確保し、
そのあとに、街のほうのセブンで菓子パンハンティングを行ったことは、
しかと記憶にとどめています。

それから、3ヶ月ものあいだ、独身は、
めっきりセブンとはご無沙汰となっていたのですが、
数週間ほど前から、独身は、ずっとセブンを訪れたくて、
うずうずっとしていた
のです。

それはなぜかと云うと、独身の大好物の“チロルチョコ”から、
セブン限定の“パンプキン”が新登場しているからでありますっ。

“チロルチョコ”と云うと、ときおり、コンビニのみでゴリ押しされていますが、
今回は、セブンからハロウィーン使用の新作がお目見えのようです。

“チロル、、”好きの独身としては、当然、
“パンプキン”をシカトするわけにはいきません。

とは云え、いかんせん、“チロル、、”は、おひとつ20円なので、
(“パンプキン”は、32円ですが。)
“チロル、、”のみをターゲットとして、セブンを訪問することは出来ません、、。

となると、菓子パンハンティングの機会に狙い撃ちするしかないのですが、
そういうときに限って、なかなか、セブンから、独身好みの新作が登場しないものです、、。

限定とは云え、おそらく、1~2ヶ月は店頭に据え置きされているので、
そう、焦る必要はありません。

しかし、独身は心配性ゆえ、限定が登場したら、
いち早く確保しておかなければ気が済まない性の持ち主です、、。

(またの機会でいいや。)
と、うかうかしていたら、その“また”は、
永遠にやってこない可能性があるのです。

と云うわけで、独身としては、早々に“パンプキン”とご対面したいと、
いささかあせあせ(焦る)していたところ、今週になって、
ようやっと、セブンから、独身の目を引いてくれるような新作が姿を現します。

これで、無事、“パンプキン”を手中におさめることが出来るってもんですっ。

さて、独身の生活圏内には、主に、東と西に、
セブンが2軒、存在しています。

そのうち、東のほうが近いと云うこともあり、
セブンと云うと、東を利用しているのですが、
この日の独身は、いつもの東ではなく、はじめての訪問となる、
北のセブン
へとまい進しています。

この北セブンは、8月初旬に開店したばかりの、
新参者(?)です。

独身は、しばし、北の近くを愛チャリで通ることがあるので、
建設からずっと、密かに様子を見守ってきたのです。

おんなじセブンとは云え、新しもの好きの独身としては、
北のセブンにも、しかと目を光らせておく必要があります。

実に、開店からちょうど2ヶ月も経ってしまいましたが、
ようやっとこの日、北へと突撃するときがめぐってきたわけです。

さっそく到着すると、流石、新店舗なだけあって、
一見しただけで、新しいと云う雰囲気が漂っています。

聖子ちゃん”が云うところの、
♪フレッシュッ!フレッシュッ!フレ~~~ッシュッ!
 セブン扉を開けって~~ぇっ、新作パンをハンティングした~い~~っ♪
ってやつです(?)。

入り口から、そのままお惣菜コーナー目掛け、直進すると、レジ前の棚に、
さっそくハロウィーン限定のお菓子が大集合していることに気づきます。

もちろん、そこには、独身がずっと狙っている、
チロルチョコ パンプキン”も顔をそろえています。

と、ここで、早々に“パンプキン”にガッついたいところですが、
“チロル、、”は、チョコゆえ、はじめにワシづかみしてしまうと、
独身の手の情熱で、微妙~にゆるくなってしまう恐れがあるのです。

ここは、情熱的なハンティング欲をぐぐっとこらえ、
まずは、菓子パンハンティングから決行することが肝要と云えます。

いったん“パンプキン”をシカトして、
お惣菜コーナーを左にかっくんっと曲がり、
アイスをちろ見しつつ、奥の菓子パンコーナーへと“萩原流行さん”、
ではなく、流れ着きます。

すると、独身の視界に、さっそくターゲットである、
北海道ミルクのブレッド”が突入してきますっ。

と、ここで、菓子パンコーナー全体を見渡してみると、
いつもの東のセブンに比べ、かなりパンの数と種類が少ないことに気づきます。

やはり、おんなしセブンとは云え、店舗によって、
仕入れ状況に大きな違いがある模様です。

まあ、独身としては、ターゲットがあれば、それでよし、
なのですが、パンコーナーがにぎやかなほうが、菓子パンハンターとしては、
ハンティングするテンションが盛り上がるってもんです。

やはり、独身の常セブンは、東が相応しいと云えます。

さて、早々にターゲットとお目にかかったと云うことで、
さっさとワシづかみをして、つぎに、さきほどの“パンプキン”へと狙いを定めます。

と、ここで、独身の脳裏に、おなじくセブン限定の、
ある好物の存在が浮かんできます。

それは、“チロル、、”とおんなしくらい大好物の、
キットカット”です。

なにやら、“キットカット”からも、
セブン限定の“パンプキン”が登場しているようなのですが、
ハロウィーンの棚も、お菓子コーナーを見つめてみても、
どこにも“キット、、”の限定は発見出来ません、、。

これは、北のセブンだったから見つからないのか、
はたもや、今回の限定は、地方では売られないものなのか、
独身には分かりかねますが、いずれにせよ、この日は、
おとなしく、“チロル、、”の“パンプキン”で我慢するしかないようです、、。

と云うわけで、いつものように、ふたつワシづかみして、
そのまま、くるっときびすをひっくり返して、レジへと参戦します。

この時間帯は、比較的お客の入りが落ち着いているためか、
レジには、店員さんがおふたり、スタンバイしています。

こんな独身おんななんかのために、ふたりもの店員さんに対応して頂くとは、
なんともバチあたり、と云うか、申し訳がないこころ持ちになります、、。

こころ内で、軽く動揺しつつ、おそらく、この北セブンを訪れることは、
もう、ないのだろう、と云う予感を抱いた独身なのでありました。

セブンイレブン--北海道ミルクのブレッド~焼きたて直送便・プライムベーカリー~。


パン生地の材料に北海道産100%の牛乳を使用したクリームパン。
 ふわふわできめ細かな生地の中に、ミルクと相性の良いバタークリームをサンドしました。
 ソフトな食感の中に広がるクリーミーな味わい。


と云うわけで、セブンイレブンの今週の新作、
“北海道ミルクのブレッド
”です。

さて、最近、小麦や石油の高騰によって、
食品業界でも、量を減らしたり、お値段を割高にしてみたりと、
その影響が、消費者にも襲い掛かっています。

ポッキー”の定番と“メンズポッキー”が、
実質的な値上げに踏み切ったのだから、
これは、近々、菓子パン業界も、値上げを発表するだろうと、
独身も妄想していたのですが、やはり、的中してしまったようで、
昨日、ヤマザキから、定番の食パンや菓子パンの値上げを宣告されています、、。

まあ、これは致し方ないことなので、
菓子パンハンターとしては、だまって納得するしかありません。

と云うか、“ブッシュ”にひとこと物申したいってもんですっ!

これからは、菓子パンだけでなく、小麦粉にしかと感謝して、
頂かなければならないようです、、。

と云うわけで、軽く小麦高騰に嘆いてみたところで、
さっさと生地から頂いてみたいと思います。

はじめに生地にほふっと喰らいつくと、とってもほわほわっとして、
ふわふわっとソフトであることが伝わってきますっ。

まるで、お日さまに干されたばかりの、
ふかふかのお布団のようでもありますっ。

このふわふかっぷりは、ヤマザキの“ダブルソフト”を妄想とさせます。
(そう云えば、“ダブルソフト”も値上げの対象となっています、、。)

しかし、この生地は、ただのふわふかっだけでは、ありません。

はじめこそは、ソフト感満載ですが、そのあと、
しかともぐもぐすると、実は、ぐぐっとした、
いい噛み応えを持ち合わせていることに気づきますっ。

ソフトなのに、どこか真の強さがあると云うか、
しかと腰が入った生地と云った印象を受けます。

そのため、ふかふわと、ぐぐっとがフュージョンして、
いい弾力のある生地になっていると云うわけですっ。

生地に喰らいつくと、お口の圧力で、いったんは、へに~っと縮まるのですが、
すぐに、もわ~~んっと、元のおおきさに舞い戻ります。

毎日“四股、踏んでいます”と云った雰囲気の(?)、
腰の強さっぷりですっ。

生地のお味のほうは、ほんわりと、
やさしいミルクのような風味を感じます。

勢いのあるミルク、と云うわけではないのですが、
まろやかで、静かな甘味があります。

しかともぐもぐすると、あとから、
じわじわっと甘味が登場してきます。

どうやら、大器晩成型の甘味の模様です(?)。

セブンイレブン--北海道ミルクのブレッド~焼きたて直送便・プライムベーカリー~。
(↑マウスオンで、中のクリームをちろ見、出来ますよ。)

生地の中には、マーガリン風味のクリームがサンドされています。

カットしてみて、気づいたのですが、
この生地は、ただ、真ん中にくぼみがあるわけではなく、
成型のときに、ふたつの細長い生地を、ガチンコさせて、
オーブンで焼いてみたことがうかがえます。

そのため、軽く“久保じゅん”ではなく、くぼみをへし折る(!)と、
ひとつの菓子パンが、ふたつに分裂(?)します。

まるで、“パピコ”のような菓子パンです。

クリームですが、とってもゆるゆるっとした、
とろとろのクリームであることがわかります。

お口にすると、一瞬、ぬるっとした油分を感じるのですが、
ぬめぬめっと、お口に油膜が張ることはありません

マーガリンと云うことで、昨日頂いた、
ヤマザキの“ダブルサンドケーキ チョコ&ミルク”よろしく、
さぞ、ぬるぬる感満載だと妄想していたのですが、
どうやら、これは、独身の、ただの妄想損だったようです。

ぬるぬるは、ほんの刹那に過ぎず、あとは、
てろ~んと、なめらかにとろけていきます。

奇怪にお口に居残るような、“さそり座のおんな”のごとく、
一途なクリームでもないようです。

なかなか、あっさりとした口あたりのクリームになっています。

セブンイレブン--北海道ミルクのブレッド~焼きたて直送便・プライムベーカリー~。


お味のほうは、わりと甘味の強いミルク
と云うか、練乳のような、強さのあるミルクのように感じます。

ただのマーガリンだと妄想していたのですが、
どうやら、マーガリンオンリーではない模様です。

とってもこっくりとした、深いコクがあって、
まろやかな風味でもあります。

まったくマーガリン臭さも、酸味もないので、
いい意味で、ほとんどマーガリンの存在を感じません

そこに、たまごのような、まあるい(丸い)甘味がして、
とっても素朴なのに、味わい深いクリームのように思えますっ。

これと云って、インパクトや個性のあるお味ではありませんが、
シンプルだからこそ、懐かしさや、やさしさと云ったものがお味に現れているのでしょう。

一見すると、なんでもないような菓子パンに思えますが、
生地の食感も、素朴ながら、どしっとした真の強さがあって、
クリームからも、1本スジの通った印象を受けます。

なかなかシカト出来ない、ナイス菓子パンですっ。

しかし、たったひとつだけ、文句をつけてしまうとしたら、
クリームの量が、いささか控えめである、と云うことです。

ふたつの生地がガチンコしているゆえ、中央の結合部分に、
クリームがサンドされていない分、全体的に量が少なくなっていると云うわけです。

これも、小麦高騰の余波とでも云うのでしょうか、、。

それならば、この文句は、
がつっと“ブッシュ”にぶつけるべきことと云えますっ。

そんな“北海道ミルクのブレッド”を、独身は、
ナイス菓子パンとして、プッシュしたいと思います(!)。


販売価格:125円。

栄養成分表示(1包装当り):
熱量:339kcаl
蛋白質:7.4g
脂質:15.8g
炭水化物:41.8g
Na:210mg

独身評価:★★★★☆

*パソコンの近況ですが、Flash Playerは、いまだ、
いっこうに機能してくれません、。
あれこれと解決方法を試したりしているのですが、
独身の知識では、この難関を突破出来そうもありません、、。
パソコンのプロのかた、どなたか知恵を下さい、、。
スポンサーサイト





タグ:

HOME