FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2007年10月13日[Sat]

Pasco--ふんわりココアしふぉん。

Pasco--ふんわりココアしふぉん。


Pasco、今月の新作の“心あったかホッとな気分シリーズ”ッ!
レンジでチンしてホッと、でも、独身のこころ内は、
冷え冷え、です、、。

♪独身さんが~ぁ、独身さんが~ぁ、
 “ふんわりココア”~ァ、見~ぃつけたっ、
 や~すい(安い)値段っ、や~すい値段っ、
 “緑のα”~、見~つけたっ、、!

 “オ~レンジ”ィ、と~くば~い(特売)、
 2~割のほう~へっ、
 “ふ~んわりココア、、”が2割でひゃ~く~え~~ん(100円)っ、
 つ~いで~に~、“緑のα”へ~~ぇっ、

 “み~どり(緑)のα”~ァ、おんなじ菓子パンっ、
 3割引で~ぇ、特売だ~~ぁっ!♪

誰かさんが、“ちいさい秋”を見つけるのなら、
この日の独身は、ハンティングの最後に流れついた“緑のスーパーα”で、
お安い値段で盛られている、“ふんわりココアしふぉん”を見つけてしまうってもんです、、。

さて、昨日の独身は、以前からひいきしている、
ヤマザキの“パンdeシリーズ”の新作、
パンdeピーチ 果肉入り白桃クリーム”を頂きました。

初代の“、、カスタード&ホイップ”こそ、
かなり無粋なお味を放ってくれましたが、
新作を登場させるたび、段々に実力をあげているようで、
今回の新作は、ようやっと、独身好みの菓子パンに成長し、
独身との意思疎通を図ることが出来た1品と云えます。

そんな“パンdeピーチ、、”ですが、実は独身は、
“パンde、、”を“ミラクル100均”でハンティングする前に、
オレンジのスーパー”で、ある菓子パンをハンティングしています。

それが、この“ふんわりココアしふぉん”です。

この日は、“オレンジ”の週1のパン特売日ですが、
先週は、いつもの2割引が、突然3割になっていたこともあり、
独身のこころ内では、密かに、これからは、毎週3割に変更になっているのでは、
と云う、淡い期待を抱いていたのです。

軽くうずうずっとしながら、“オレンジ”へと接近すると、
独身の視界に、緑の旗がびろびろっと映り込んできます。

これは、“オレンジ”の手前にある、ちいさな薬局の旗であって、
別段、パン割引とは、まったく関係はありません。

独身が注目したいのは、パンの日に、決まって掲げられてる、
黄色の旗なのです。

しかし、薬局の緑の旗がなびいているために、
なかなか黄色の旗の存在を確認することが出来ません。

緑の奥~に、なにやら、黄色いものがちろっと見えるような、
見えないような、まさにこれは、チラリズムってやつです(?)。

もし、旗があれば、この日は2割で、旗がなければ、
3割であることを表しています。

つまり、イギリスの“バッキンガム宮殿”の国旗のような役目を、
この黄色の旗は担っていると云うわけです(?)。
(*エリザベス女王がいるときは、国旗が掲げられています。)

この旗の有無いかんで、独身のハンティングの運命も、
がくっと変わってしまうのです。

だんだんと“オレンジ”に接近して行っても、
なかなか旗が見えてこないので、独身のこころ内では、
(もしやっ、この日も3割りなのかっ、、!)
と云う期待が、益々ふくらんでいきます。

軽くうきうきっとしながら、緑の旗の薬局の前に差し掛かると、
独身の視界には、しかと、黄色い旗が映り込んでくることに気づきます、、。

どうやら、独身の期待は、早々に泡となってしまったようです、、。

まあ、独身が勝手に都合のいいように妄想しただけのことなので、
“緑の薬局”にも、“オレンジ”にも、なんの罪はないってもんです。

軽くがっくしとしながら、さっさと“オレンジ”の店内へと侵入します。

この日は、なかなか肌寒い1日と云うこともあって、
店内の冷房が、いつも以上にきびしく感じられます、、。

これは、寒がり、冷え性の独身にとっては、
いささか酷なハンティングと云えます、、。

ここは、あまり時間をかけずに、
ささっとハンティングを終了させることが肝要です。

さっそく特売ワゴンから攻めていくと、
先週の3割引のときは、“ランチパック”の新作、
キャラメル&コーヒー”がてんこ盛りされていたのですが、
この日は、まったくひとつも参戦してないことに気づきます。

やはり、先週、“キャラメル、、”と、もうひとつの菓子パンを、
ダブルハンティングしておいて、正解だったようですっ。

軽くひと安心したところで、ほかの菓子パンの捜索に移ると、
今度は、Pascoの新作、“心あったかホッとな気分シリーズ”の、
おいしいシューロール、、”が視界に映り込んできます。

この“おいしい、、”は、先週も、ここ“オレンジ”で見かけているのですが、
そのときは、“ほろにがコーヒーパン エスプレッソ&キャラメル”のほうを優先しています。

“おいしい、、”のほうも、密かに気になっていたこともあり、
さっそくターゲットに決定です。

と、ここで、さらに奥~のほうの棚にも目を光らせてみると、
今度は、おんなじ“心あったかシリーズ”の、
ふんわりココアしふぉん”が登場してきます。

この“ふんわり、、”も、先週の3割のときに出逢っているのですが、
やはり、“ほろにが、、”のほうが、より魅力的な菓子パンと云うことで、
そのままシカトしています。

“ほろにが、、”や、“おいしい、、”と比較してみると、
“ふんわり、、”は、いささか派手さに欠けているケーキと云えます。

派手な菓子パン=ナイス菓子パン、と云うことは決してないのですが、
第一印象としては、やはり、あれこれとインパクトのあるほうが、
魅力を感じてしまうことは、否定出来ません。

しかし、ここで独身は考えます。

それは、“おいしい、、”のほうは、
カフェラテ風味のクリームが2種盛り込まれていると云うことで、
おんなじコーヒー系の“ほろにが、、”と、いささかキャラ(?)がかぶっています。

その一方で、この“ふんわり、、”は、コーヒーとは無縁の、
ココア風味です。

おんなじような“おいしい、、”を選ぶべきか、
それとも、まったく異なる“ふんわり、、”を選ぶべきか、
しかと熟考した結果、独身は、最終的に、この“ふんわり、、”に決定します。

“おいしい、、”も、かなり魅力的な菓子パンと云えますが、
おんなじカレーライスを2杯頂くより、2杯目のおかわりは、
ナンのカレーを頂きたいってもんです(?)。

と云うわけで、いちどは手中におさめた“おいしい、、”を、
さきほどの棚に戻し、“ふんわり、、”をワシづかみします。

こころ内を吐露してしまえば、思わずガッついてしまうような魅力は、
この“ふんわり、、”には感じません。

いっそのこと、別のスーパーにでも移動しようかとも、
ちろっと考えたほどです。

とは云え、こういったシンプルな菓子パン(ケーキ)が、
実は、とんでもない実力の持ち主だったりすることもあります。

その辺のところに期待をして、さっさと清算を済ませ、
冷房のきいた店内から、さっさと退散することにします。

しかし、このときの独身は、このあとの己の行動を、
激しく後悔することになるとは、微塵も妄想していなかったのです、、。

早々にハンティングを終えてしまったこともあり、
独身には、若干の時間の余裕があります。

と云うことで、ハンティングのついでに、
そのまま“ミラクル100均”へと移動してみることにします。

なにか、超目玉の特売のお菓子がないものかと、
ふんふんっと期待してみたのですが、どうやら、この日は、
独身を狂喜させてくれるようなミラクルは、起こっていない模様です。

まあ、ミラクルと云うのは、滅多に起こらないからこそ、
ミラクルなのであって、そう、頻繁にあるものではありません。

軽く己をいましめて、つぎに、菓子パンコーナーへと移動します。

すると、独身の視界には、昨日頂いた、
パンdeピーチ、、”が突入してくるではありませんかっ。

“パンdeシリーズ”とは、2度もハンティングで痛い目に遭わされていることもあり、
かなり慎重にタイミングを見計らっていたのですが、今回は、
独身の妄想通り、“ミラクル100均”で再会ですっ。

とは云え、独身のマイバッグの中には、すでに、
この“ふんわり、、”がしかとスタンバイしています。

そこで独身は、“パンde、、”は、また明日、
ハンティングすることにして、この日は、そのままシカトをすることにしたのです。

“パンde、、”との、幸運な出逢いに、軽く気分をよくした独身は、
つぎに、“緑のスーパーα”へと移動することにします。

“緑α”は、“オレンジ”とおんなじ日に、
パン3割引を行っています。

しかし、ここ最近は、めっきり新作への情熱を失ってしまったようで、
独身の“緑α”への期待も、めっきり薄まっていることは、否定出来ません。

ではなぜ、独身は、こうして“緑α”へとまい進しているのかと云えば、
やはり、3割引である点に、魅力を感じずにはいられません。

ここで、1品でも、新作と遭遇出来ればと云う、淡い期待を抱きつつ、
“緑α”行きを決行する独身ですが、まさか、その“緑α”で、
とんでもない出逢いが待ち受けているとは、ちっとも妄想していなかったのです、、。

“オレンジ”から、“緑α”へと流れ着いた独身は、
軽く揚々としたこころ持ちで、さっそく店内へと侵入します。

そして、ほかの買い物客に混じり、独身も菓子パンの捜索を開始するわけですが、
残念ながら、ここ最近の状況とは、まったく変化が見受けられません、、。

つまり、ひとつも新作がスタンバイしていない、
と云うことです、、。

しかし、まだ希望は残されています。

ここ“緑α”では、菓子パンコーナーだけでは足りないと云うことで、
アイスのコーナーの前に、おおきなテーブルを設置して、
そこにも、菓子パンを盛っているのです、

いつもは、たいてい、Pascoの“サンドロール”が占領しているのですが、
“サンドロール”もひいきしている独身にとって、このテーブルも、
うかうかっとシカトすることは出来ません。

ささっとアイスコーナーへと移動すると、
独身の視界には、いつもの“サンドロール”ではなく、
別の菓子パンが盛られているさまが映り込んできます。

(おやっ、今日は“サンドロール”ではないのかっ。)
と、思わず競歩で接近すると、つぎに、独身めがねがフォーカスするのは、
よ~く見慣れたシリーズの菓子パンです、、。

オレンジ色した袋が、4種、てんこ盛りされていることに気づきます。

♪違うっ!違うっ!
 “ふんわり、”はっ、“ふんわり”は~ぁ、な~~ぁいっ!♪

と、思わず“鈴木雅之さん”も、
強く否定したくもなるってもんです、、(?)。

しかし、そこにはしかと、さきほど“オレンジ”でハンティングしたばかりの、
この“ふんわり、、”が整列しているではありませんかっ、、。

そして、テーブルに立てかけられている黄色い張り紙には、
しかと、88円と書かれているではありませんか、、。

♪違うっ!違うっ!
 100円じゃ~ぁ、100円じゃ~ぁな~~ぁいっ!♪

まさに、2割の100円、ではなく、3割の88円、です、、。

つまり、独身は、おんなじ菓子パン(ケーキ)を、
おんなじ日に、別々のお店で遭遇し、そして、12円も損をしてしまったのです、、。

知らぬが仏”と云うことばがありますが、
まさに、その通りです、、。

もし、独身が、“緑α”へと流れ着かなければ、
12円損をしていることに気づかずに、うかれ気分のままでいられたのです、、。

それにも関わらず、愛チャリ、ではなく、
軽く調子に乗って(?)、“緑α”まで遠征してきたことで、
己自身によって、己を苦しめるハメになるとは、なっんて愚かな独身おんななんでしょうっ、、!

あまりにも、この衝撃が大きかった、と云うか、
くやしさのあまり、さきほどの“ミラクル”で、
いちどはシカトした“パンdeピーチ”を、ハンティングしに舞い戻ったことは、
云う間でもありません、、。

まさに、“長渕剛さん”に云わせてみれば、
♪ろくなもんぢゃね~~~~ぇっ!♪
ってもんです、、。

ここは、“長渕キック”でも喰らって、
軽く闘魂を注入して頂きたいです、、。

Pasco--ふんわりココアしふぉん。


ココアのやさしい味を表現しました。
 電子レンジ(500W)で15~20秒温めるとよりふわふわ食感に!
 お好みで生クリーム、チョコレートソース、
 冷たいアイスクリームを添えたら本格スイーツの出来上がり
。”

と云うわけで、Pascoの新作、“ふんわりココアしふぉん”です。

“心あったかホッとな気分”は、
ジューシーデニッシュ 紅茶&りんご”、
ほろにがコーヒーパン エスプレッソ&キャラメル”を頂きました。

さっそく生地を頂いてみることにすると、
生地は、もんの凄いふっかふかっとしていて、
かなり空気がたっぷりと含まれていることがわかりますっ。

まさに、生地と空気が一体化している、と云った雰囲気ですっ。

お口の中で、もふっもふっとした空気をしかと感じます。

シフォンケーキと云うことで、なかなかの厚みのある生地ですが、
これは、生地自体の厚みではなく、空気で膨らんでいるさまがうかがえます。

そのためか、ふっと手で触れただけで、
へにっと凹んでしまいそうなほど、ヤワい生地になっています。

しかし、ヤワいとは云え、フォークを入れて、いったん、へにっとなっても、
ふたたび、ふを~ぉんっと、元に戻る、ちから強さのようなものも兼ね備えています。

これは、おそらく、たまごが一生懸命、
しゃかしゃか泡立てられていることがゆえんとなっているものと妄想します。

つまり、ふんわりとした厚みは空気によるもので、
ふを~ぉっとんしたちから強さは、たまごによるものです。

キメは、なかなか細やかで、みっしりとしているのですが、
詰まっている、と云うほどのぎゅうぎゅうではありません。

とは云え、お口の中で、いささかごわごわっとした口あたりであることは、
否定出来ません。

やわらかくて、やさしい口あたりではあるのですが、
やはり、シフォンケーキは、しっとり、と云うより、
ふんわりを謳っているので、その分、キメがごわついてしまうことは、
やむを得ないことなのかもしれません、、。

Pasco--ふんわりココアしふぉん。


お味のほうですが、ほんわりと、やさしいココア風味で、
いささか強めの甘味が効いています。

これは、ココアの甘味と云うより、お砂糖の甘味のようで、
ココアよりも、先に、じわじわっとお砂糖が先制攻撃してきます。

さほど勢いのあるお砂糖と云うわけではないのですが、
若干、ココアを差し置いて、しゃしゃり出ている感は、否めません、、。

とは云え、しかと生地にココア風味が染み込んでいる、
と云うか、よくなじんでいると云った雰囲気です。

こう云った、生地にココアが盛り込まれている場合、
風味が弱気になってしまうことが多々、あるのですが、この生地は、
相手を投げ飛ばしてしまうような愚行に走った、“亀田大毅選手”が、
「負けたら切腹っ。」
と、発言をしたような強気、とまではいかないものの、
しかと己のお味を主張してくれています。

Pasco--ふんわりココアしふぉん。


さて、開発者のかたによると、生地を500Wで15~20秒チンすると、
よりふわふわの食感になる、と云うことで、残り半分は、
さっそく、17秒ほどチンしてみることにします。

すると、若干、ふかふか度が増したような気がするのですが、
“より”と云ったほどの、おおきな変化はありません

とは云え、温められたことで、空気感がまろやか
と云うか、やんわりとした雰囲気になっています。

さらには、常温では、キメが軽くごわごわっとしていたのですが、
しっとりが加わって、キメがよくまとまっています。

その点では、チンしたことで、生地の質が、より、やさしくなっているのですが、
ココア風味のほうは、いささか弱気になっている模様です、、。

その一方で、お砂糖の甘味は、相も変わらず、
ココアを軽く圧倒しています、、。

全体的に、温かい風味になっているのですが、いかんせん、
主役のココアが、チンしたことで存在感が弱まってしまっては、
チンした甲斐がないってもんです、、。

前回頂いた、“ほろにがコーヒーパン エスプレッソ&キャラメル”もそうでしたが、
この“ふんわりココア、、”も、むしろ、チンしないほうがよかったのではと、
独身は思います。

そう云えば、
お好みで、生クリームやチョコレートソース、
冷たいアイスクリームを添えて
、云々、、”
と書かれていますが、残念ながら、
シブがき隊”の“ナイ・ナイ・シックスティーン”よろしく(?)、
クリームもチョコも、アイスもない、ので、
本格スイーツをたのしむことは、出来ません、、。

これらを付け足せば、弱気なココアに、
少しは風味が参戦したのかもしれないと妄想すると、
かなり悔やまれるってもんです、、。

そして、さほど情熱的にハンティングしたいと思ったわけではないのに、
おんなじ日に、おんなじ菓子パン(ケーキ)を、別々のお店で発見し、
結果、12円も損してしまったことを知ってしまったことも、また、
悔やまれるところです、、。

これでは、“心あったかホッとな気分”ではなく、
心寒々、がっくしな気分”ってもんです、、。

この日、独身が学習したことは、
菓子パンハンティングをしたあとは、
 ほかのお店の菓子パンコーナーに、うかうか近づかない

と云うことです、、。


購入価格:100円/定価:126円。

栄養成分表示(1個当り):
エネルギー:268kcаl
たんぱく質:7.4g
脂質:9.2g
炭水化物:39.0g
ナトリウム:100mg

独身評価:★★★☆☆
スポンサーサイト





タグ:

HOME