FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2007年10月19日[Fri]

Pasco--スイートポテト。

Pasco--スイートポテト。


流石の“百恵さん”も、生地のコンディションと、
独身の連日のあるネタに、これっきりにしてほしいと、あきれてしまうかっ、、!

♪これっきり~ぃ、これっきり~ぃ、芋~~ぉ、
 これっきり~ぃにした~~ぁいっ♪

百恵さん”が、
「もう、これっきりですか?」
と、思わず嘆いてしまうのなら(?)、
この日の独身は、またしても目の前に登場するさつまいもの菓子パンに、
これっきりにしたいはずが、つい、手をのばしてしまうってもんです。

この日は、“オレンジのスーパー”のパン2割引の日です。

もう、これっきりにしてくれ、と云うくらい、
“オレンジ”の割引は、もはや、独身の定番のネタとなっていますが、
独身自身も、そろそろ別のネタはないものかと思っているところではあるものの、
“オレンジ”は、独身のお財布救助隊的存在なので、このネタをシカトすることは出来ません。

さて、そんなことはどうでもいいのですが、
この日は、“オレンジ”と同時に、“緑のスーパーα”でも、
パン割引が開催されています。

“緑α”の場合は、毎回3割引である一方、
“オレンジ”では、基本的には2割引を貫き通しています。

月に1度だけ、特別に3割引になる週があるのですが、
スタンバイしている菓子パンのことをかんがみると、
2割とは云え、“オレンジ”のほうがハンティングには好都合です。

しかし、先週の独身は、“オレンジ”でのハンティングのあと、
いささか時間をもてあましていたこともあり、つい、“緑α”まで、
遠征に向かってしまったのです、、。

まさか、この行動が、己自身を苦しめることになるとは、
ちろっとも妄想していなかったのです、、。

“オレンジ”では、独身はPascoの新作、
ふんわりココアしふぉん”を100円でハンティングしたのですが、
なっ、なんと、“緑α”では、3割引と云うことで、
88円で盛られているではありませんかっ、、。

“緑α”と云うと、ここ最近は、めっきり新作への情熱が薄れているようで、
独身としては、その辺のところの期待は、ほとんど持ち合わせていなかったのです。

(久々に、ちょっと“緑α”でも、ちろ見してみるかぁ。)
それくらいのこころ持ちです。

しかし、菓子パンコーナー、ではなく、特別に設置された、
アイスのコーナーの手前のテーブルに、数十分前にハンティングしたての、
ふんわりココアしふぉん”をはじめ、“心あったかホッとな気分シリーズ”全種が、
88円でてんこ盛りされていた、と云うわけです、、。

これには独身、“亀田大毅選手”並みに落ち込むってもんです、、(?)。

つい、調子に乗って“緑α”まで遠征したばかりに、
おんなじ菓子パンで、12円も損してしまったのです、、。

これには、流石の小心者の独身だって、“大毅選手”よろしく、
テーブルを投げ飛ばしてしまいたくもなるってもんです、、(?)。

しかし、独身のセコンドである(?)前頭葉が、
そのような愚行は反則であると、しかと注意をうながしてくれたため、
なんとかその場は、さっさと退散することが出来たのです、、。

そんな反則ハンティング(?)を繰り広げてしまった独身は、
己を軽くいましめるためにも、坊主、ではなく、1日ハンティングを中止し、
バイカル湖”よろしくの、深い反省をしてみたわけです(?)。

先週のこの出来事により、独身のマニフェストに、
以下の公約が付け足しされました。

それは、
ハンティングのあとは、菓子パン目的で、ほかのお店を訪れない。”
と云うことです。

もし、スーパーなどにほかの目的物があったとしても、
鶴の恩返し”よろしく(?)、決して菓子パンコーナーをちろ見することもいたしませんっ。

と云うわけで、先週の事件以来、独身は、ハンティング終了後、
さっさと引き上げることをこころ掛けているわけです。

さて、この日の独身は、2割引の“オレンジ”へとまい進しています。

実は、先週の“緑α”で、“心あったかホッとな気分シリーズ”のゆかいな仲間の、
黒豆入りの、ほうじ茶風味の蒸しパンと遭遇しています。

いまのいままで、抹茶や緑茶、紅茶風味の蒸しパンは頂いたことはありますが、
ほうじ茶と云うのは、はじめてのご対面です。

2年以上も菓子パンハンティングを継続していると、
あまりはじめての菓子パンと遭遇する機会も、めっきり少なくなるのですが、
菓子パンの世界と云うのは、まだまだ無限の可能性を秘めている模様です。

新しもの好きの独身としては、ほうじ茶の蒸しパンが、
いったいどんな実力を持ち合わせたものなのか、
しかと確認しておきたいところです。

しかし、いかんせん、先週の独身は、
12円も損してしまったことで、かなりの衝撃を喰らい、
“心あったかホッとな気分シリーズ”とは、しばらく距離を置きたいこころ持ちだったのです。

そのため、ほうじ茶の蒸しパンではなく、“ミラクル100均”で、
ヤマザキの“パンdeピーチ 果肉入り白桃クリーム”をハンティングした、
と云うわけです、、。

もう、あれから1週間も経過しているのですが、
独身の中では、いまだ、この事件は尾を引いていることは否定出来ません、、。

と云うわけで、今回も、ほうじ茶はシカトすることにして、
“オレンジ”へと向けて出発する独身です。

“オレンジ”までは、愛チャリで、およそ10分ほどはかかると云うことで、
さほど近所と云える範囲ではありません。

いつもの独身なら、
(今日は、いったいどんな菓子パンと遭遇出来るのかな~ぁ。)
などと、妄想を膨らませながら、愛チャリを漕いでいるのですが、
この日の独身の脳内は、いささか様子が異なっているようです。

2週間ほど前から、独身のオンライン用のパソコンは、
ずっとご機嫌がななめの状態が続いています。

ちなみに、独身宅には、インターネット用のデスクトップと、
画像処理やワードなど、オフラインで使用するノートのふたつがスタンバイしています。

そのうちの、ネット用のほうが、“エリカさま”よろしく、
突然不機嫌になられてしまったのですが、その原因がわかっていても、
独身の乏しいパソコンの知識では、解決策を見出すことが出来ません、、。

それでも、なんとかネットで検索して、いろいろな方法を試みているのですが、
それが余計にパソコンの逆鱗に触れてしまったのか、
益々ご機嫌がななめになってしまったのです、、。

もはや、ななめの角度は、45度を超越しています、、(?)。

クイズ!100人に聞きました”の“関口宏さん”だったら、
テーブルから、ずるっと倒れこんでいるところです(??)。

どうにかして、この難関を突破しなければ、
フリーメールもサインイン出来ないし、
メインブログの管理画面も使用することが出来ません。

いったい、どうすれば問題が解決出来るものかと、
“オレンジ”までの道のりで、ひたすら脳内会議が繰り広げられます。

第2次角福戦争”よろしくの(?)、情熱的な会議にも関わらず、
やはり、独身のパソコンの知識では、“眞紀子さん”のようなツッコミは不可能です、、(?)。

そんなことを、もんっもんっと考えているうちに、
さっさと“オレンジ”に到着です。

たのしいハンティングのはずが、つい、パソコンのことで脳内が満載だったことで、
ふだんよりも早く“オレンジ”に到着したようなこころ持ちになります。

ここは、いったんあたまを切り替えて、
ハンティングの体勢に入る必要があります。

愛チャリを駐輪場にブッコみ、ささっと店内へと侵入し、
ようやっと独身のスイッチが入ります。

菓子パンコーナーへと直行し、まずは、特設ワゴンから捜索を開始します。

すると、独身の視界に、以前に2、3度お目にかかっている、
ある菓子パンが再登場してきます。

それは、Pascoの、りんごとチーズがガチンコした菓子パンです。

これは、先月あたり、“黄色のお店”の98円特売で初対面し、
その後、“オカンのスーパー”で再会しています。

“黄色”で発見したときは、98円と云うこともあり、
いちどはターゲットの候補に推挙(?)されたのですが、
しかと考えてみると、りんごとチーズは、かつての“三原じゅん子さん”と、
元コアラさん”よろしく(!)、とっても相性がいいカップルですが、
その反面、さほど珍し感と云うものはありません。

そこで、そのときは、別の菓子パンがハンティングされたのですが、
りんごの右隣をしかと見つめてみると、なにやら、
りんごのゆかいな仲間の菓子パンが盛られていることに気づきます。

それが、この“スイートポテト”です。

スイートポテト、ないし、さつまいも系の菓子パンは、
先月から、さんざ登場し、独身もこぞってハンティングしています。

さつまいもも、得意分野ではあるのですが、先月から引き続き登場しているとなると、
そろそろ、これっきりにしたいと思うのは、独身だけなのでしょうか、、。

そこで、この“スイートポテト”も、そのままシカトしようとするのですが、
しかと袋の説明書きを見つめてみると、そこには、
クリームチーズ入り、、云々、、”と書かれていることに気づきますっ。

いささか、さつまいもには飽き飽きしたとは云え、
クリームチーズとガチンコしているおいもは、今秋はお初ですっ。

以前にも出逢っているかは、記憶していませんが、
いずれにせよ、クリームチーズの存在には、かなり魅力を感じてしまうってもんですっ。

と云うわけで、さっさとこの日のターゲットが決定ですっ!

そこで、独身が、生地のコンディションの選定作業を行っていると、
左横から、ひとりのおばちゃんが独身に接近してきます。

そして、なにやら、おひとりで、ぶつぶつっとつぶやいているご様子です。

(いったい、なにをつぶやいているのだろう、、。)
と、軽く左耳を意識していると、おばちゃんは、
「、、“スイートポテト”、“スイートポテト”ねぇ、、。」
と、独身が狙い撃ちしている、この“スイートポテト”を見つめている模様です、、。

これは、あまりにも独身が、真剣なまなざしで、
選定作業に没頭しているので、おばちゃんも、
この“スイートポテト”が気になってしまったとでも云うのでしょうか、、。

ちなみに、独身は、決してPascoの“サクラ”ではありません、、(!)。

果たして、おばちゃんが、最終的に、
この“スイートポテト”をハンティングされたのかはわかりかねますが、
いずれにせよ、ひとりごとをつぶやきながら、接近されると、
いささか不穏な雰囲気にとらわれてしまいます、、。

とは云え、この日は、さっさとターゲットが決定されたので、
独身のこころ粋は、なかなか上々ってもんです。

これで、独身のパソコンも上々になってくれると云いのですが、
残念ながら、いまだ、ご機嫌ななめは続行されています、、。

これには、流石の“小堺さん”だって、
「なんでそ~~~ぉっ、なるのっ!」
と、思わず嘆いてしまわれるってもんです、、(?)。

あ、それは“欽ちゃん”かぁ、、。

Pasco--スイートポテト。


クリームチーズ入りのさつまいもペーストをトッピングしました。”

と云うわけで、
Pascoの“スイートポテト”です。

さて、さつまいもの菓子パンは、すでに先月から、
あっちこっちで見かけているのですが、この“スイートポテト”をワシづかみしたあと、
ほかの菓子パンにも目を光らせてみると、つぎつぎと、さつまいもの菓子パンが登場してきます、、。

しかも、Pascoからは、“サンドロール”の“スイートポテト&マーガリン”、
そして、鳴門金時芋使用のあげパンと云う、2種のおいもパンが確認されます、、。

(どんだけさつまいも好きなんだよっ!)
と、思わずこころ内でツッこんでしまいたくもなるのですが、
いずれも、独身がひいきとしている“サンドロール”と、
一方があげパンと云う点が、独身のこころを揺れ動かしてくれます。

そろそろ、さつまいもとはこれっきりの関係にしたいところですが、
皮肉にも、そう思ったとたんに、魅惑のおいもパンが登場です、、。

と、軽くさつまいも満載のハンティングになったこのあと、
独身宅の食卓に、ふかしさつまいもが参戦するとは、
このときの独身は、妄想すらしていませんでした、、。

と云うわけで、さっさと生地から頂いてみたいと思います。

独身は、生地を頂くとき、たいてい、手でちぎってから、
お口にイン、するのですが、ちぎったときの感触で、
おおまかな生地のコンディションが伝わってきます。

この生地の場合は、ごぞごぞ~ぉっとしていて、
かなり不穏な雰囲気が漂ってきます、、。

この、ごぞごぞが伝わってくると云うことは、
生地が乾燥していることを意味していることが多い、です、、。

実際にもぐもぐしてみると、やはり、生地はごわごわっとしていて、
まるで、使い古したタオルのような古株(?)っぷりを感じます、、。

もしくは、学校の椅子の下に、ずっと吊るされたままで、
すっかりがっぴがぴに固まってしまった雑巾のようでもあります、、。

キメがかなり荒くれ者で、お口の中で、
けばけばっと不快な食感を放ってくれます、、。

口あたりも不快感満載です、、。

さらに、ぱっさぱさに乾燥していることもあり、
生地をごっくんすると、軽くお口の水分を持っていかれます、、。

ごわごわ、ぱっさぱさで、すっかり水分の欠如しているので、
手でちぎると、軽くぽそぽそっとカスが発生します、、。

このような、かさついた乾燥生地とガチンコするのは、
久方ぶりのことです、、。

これには、流石の“松方弘樹さん”だって、
「いやいやいやいや~~ぁっ、、!」
と、ハンカチで軽く汗を拭いてしまうってもんです、、(?)。

ぐぐっと云う、噛み応えのようなものがあるのですが、
これは、生地がぎゅぎゅっと凝縮されているわけではなく、
ぱっさりで乾燥していることにより、生地が劣化したかのごとく、
硬くなってしまっていることが要因と思われます。

これには、流石の“大毅選手”だって、
固く口を閉ざして、登場2分で、さっさと退散してしまうってもんです(?)。

まあ、姿を現しただけでも、“朝青龍”よりはマシ、
なのかもしれませんが、、。

生地の風味ですが、ほんわりとたまごのやさしい甘味がやってきます。

軽く生地が黄色くなっていることから、
わりとたまごが幅を利かせている節が伝わってきます。

とは云え、流石ぱっさり、もっさりとしているだけあって、
風味ももっさりとしています、、。

水分と共に、風味もどこかへと飛んでしまったのか、
かなりお味がすかすかっとしています、、。

お店で、この“スイートポテト”のゆかいな仲間の、
りんごとチーズと遭遇したとき、生地は、しっとりとしていて、
ふにふに~っとソフトであろうと妄想としていたのですが、
独身の想いとは、かなりかけ離れた生地になっています、、。

これには、流石の“和泉元彌さん”の妻、“晶紀さん”だって、
彼のもとから離れてしまうってもんです(?)。

いや、“元彌さん”と云うより、“セッチー”から、か、、(??)。

Pasco--スイートポテト。


生地の真ん中には、クリームチーズ入りさつまいもペーストが盛り込まれています。

一見すると、おいもペーストが少なめに思えるのですが、
生地を半分こにしてみると、なかなかてんこ盛りに詰め込まれていることがわかります。

これは、生地とは相反して、独身の妄想を、
いい意味で裏切ってくれています。

そんなおいもペーストですが、ほどよいねっとり感があって、
まったりとした、若干の重みがあります。

とは云え、おいもオンリーではないので、
どっぷり、どっしりとした、重々しいクリームではありません。

まったりとしている一方で、口あたりはとってもなめらかです。

おいものざらざらっとした繊維質もないので、
ごっくんしたあと、舌べろにざらざらが居残りすることはありません。

これはやはり、クリームチーズが同席(?)していることが、
功を奏しているものと妄想します。

蜜~なぺっとり感もあるのですが、チーズのおかげで、
まったく重苦しさと云ったものはありません。

おいも自体も、じっくりと蒸された模様で、
かなりやわらかく、ねっと~んっとなっています。

なかなかお口にやさしいペーストになっているようです。

Pasco--スイートポテト。


ペーストのお味のほうですが、まずはじめに、
さつまいものじゅわじゅわっとした、強い甘味がやってきます。

この甘味は、お砂糖などの部外者からのものではなく、
おいも自体の実力のように思えます。

まるで、石焼きいものように、じっくりと、
しかと蒸されたことで、おいも自体の甘味が引き出された、
そんな甘味に感じます。

果物で云えば、まさに、完熟と云った雰囲気でもあります。

そこに、クリームチーズが参戦するわけですが、
じっくりとした、いささか勢いのあるおいもの甘味に、
やわらかいけど、こっくりとしたチーズのコクが登場してきますっ。

これが、なかなかのいい仕事をしてくれていますっ。

おいもだけだと、いささか風味にちからが入り過ぎなのですが、
このチーズがガチンコすることで、全体的にとってもまろやかなペーストに仕上がっています。

さらには、チーズは、ごっくんしたあと、
ふんわりとお口に居残りしていることに気づきます。

主役ではないのに、なかなか見事な業を見せつけてくれていますっ。

そこに、ときおり、たまごのような、
丸い甘味も助太刀しているようにも感じます。

一方の黒ごまですが、なるべく多めのものを選択したのですが、
すっかりおいもペースト飲み込まれているためか、
まったくお味も存在感はありません、、。

まろやかなさつまいもに、黒ごまのアクセントが欲しいところですが、
まあ、おいも風味が優秀なので、別段、黒ごまに期待することはいたしません。

しかし、せっかくのさつまいもでも、あるものによって、
かなり食感と風味を邪魔されています、、。

それは、生地です、、。

まさに、“エリカさま”よろしく、
諸悪の根源は生地にありってやつです、、。

ごわごわの、もっさもさの乾燥生地が、ペーストのなめらかさを邪魔し、
すかすかっとした、味っ気ない風味が、さつまいもとチーズの、
ナイスフュージョンにヒジ、ではなく、茶々を入れてきます、、。

これには、流石の“百恵さん”だって、
生地の邪魔っぷりは、これっきりにしてもらいたくなるってもんです、、(?)。

そして、この日も“エリカさま”ネタを披露している独身にも、
これっきりにしてくれと、ほとほと呆れていることでしょう、、(??)。


購入価格:100円。

栄養成分表示(1個当り):
エネルギー:270kcаl
たんぱく質:5.1g
脂質:8.7g
炭水化物:42.8g
ナトリウム:141mg

独身評価:★★★☆☆
スポンサーサイト





タグ:

HOME