FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2007年10月31日[Wed]

Pasco--生乳クリーム&いちご。

Pasco--生乳クリーム&いちご。


Pasco、今月(?)の新作っ!
これには、流石の“永ちゃん”も、
日本の現代社会を嘆いてしまわれるかっ、、!

♪今日もあ~るさっ、パンはあ~るさっ、
 この日、“黄色”の特売~~ぃっ、
 古くな~いさっ、旧じゃな~いさっ、ワゴン新作もりもり~~ぃっ、
 季節は~あ~き(秋)でっ、ちょっとねっ、栗っ、あっきる(飽きる)~~ぅっ♪

爆風スランプ”が、夏のおんなは、全部うそさ、ウブじゃないさ、
と、すべてをまやかしだと云ってしまうのなら(?)、
黄色のお店”に盛られている、この日の菓子パンは、
全部、ハンティング済み、もしくは、見慣れた菓子パン、
と云うわけではなく、しかと、新作も参戦しているってもんです。

この日の独身は、まいどおなじみ、“黄色”の98円特売日に登場するため、
いつもの愛チャリで、意気揚々っとまい進しています。

とは云え、もうそろろそ、出雲大社から神さまがこぞって舞い戻ってくる月末、
と云うことで、それとは裏腹に、菓子パンのほうは、
こぞって新作とお目にかかる機会が、ぐぐっと激減してしまいます。

そうなると、新しもの好きの独身としては、
新作に狙い撃ち出来なくなってしまうので、
捜索活動に、いつも以上に時間がかかることは、云うまでもありません、、。

いつものおたのしみの特売とは云え、やはり、こころ内では、
もはや、新作は、特売ワゴンには盛られていないのでは
と云う不安感が漂ってしまいます、、。

そんなこころ持ちのまま、さっさと“黄色”に到着すると、
なにやら、イベントスペースのようなところで、
某お掃除メーカー(?)の会員募集のイベントが行われている模様です。

あっちこっちでは、係員のかたが、お子さまたちに風船を配っているのですが、
独身は、もちろん対象外と云うことで、ささっと通過することにします。

無料大好き独身さんとしては、いっそのこと、
ポケットティッシュでも頂ければ、こぞって係員さんに接近してしまうところですが、
やはり、ここ最近の石油価格の高騰の影響なのか、
街中でもポケットティッシュがふるまわれている光景は、
あまり見受けられません。

軽くがっくしとしたところで、さっそく菓子パンコーナーへと向かうと、
まっさきに、独身の視界に登場するのは、Pascoの新作、
“生乳クリーム&ホイップ
”と、“生乳クリーム&いちご”です。

袋には、しかと“新発売”のシールがぺったんこされていると云うことは、
すなわち、新作であることを世に知らしめています。

しかし、もはや霜月はすぐそこだと云うに、いまのいままで、
独身は、このふたつの“生乳クリーム&、、”と遭遇したことはありません

ここ“黄色”はもちろん、あっちこっちのお店でも、
まったくもって、お目にかかったことはありません。

まあ、こういったことは、ごくたま~にあることなのですが、
ほかのブロガーさんも、紹介されていない新作は、めずらしいことと云えます。

もしかしたら、これは、今月ではなく、来月の新作が、
フライング登場しているのかもしれません。

いずれにせよ、新しもの好きの独身としては、速攻、
この“生乳クリーム&、、”に“ガッツ石松さん”、ではなく、
ガッついてしまうってもんですっ。

やはり、秋の味覚の栗やかぼちゃ、さつまいもを、
数多、目にしていると、こう云った定番のホイップやいちごの菓子パンが、
なんだか新鮮に感じてしまうところです。

さて、この“生乳、、”には、ホイップといちごの2種類存在していると云うことで、
思わず、ダブルハンティングしてしまいたくもなるのですが、
独身のハンティングプランとしては、翌日は、コンビニめぐりを予定しているので、
ここは、二者択一よろしく、いずれかにしぼることにします。

しかし、この日の独身は、なんら優柔不断っぷりを発揮することなく、
さっさと“、、いちご”をワシづかみします。

と云うのも、この日の独身は、ある菓子パンを狙い撃ちするつもりで、
“黄色”を訪問しているのです。

それは、ヤマザキの“苺ジャム&ホイップ”と云う菓子パンです。

これには、ほかにも小倉バージョンがあるのですが、
今月に入って、なんどもお目にかかっているにも関わらず、
いまのいままで、独身はずっとシカトしています。

と云うのも、双方とも、定番の組み合わせと云うことで、
まだまだ、秋の味覚にとらわれていた独身は、
ちろ見する程度で、まったく関心を寄せることはありませんでした。

しかし、月末ともなると、やはり、もう秋は軽く飽きてきたと云うことで、
そろそろ、“苺ジャム&ホイップ”と対峙しておこうと、
この日のターゲットにしていたわけです。

しかし、その“苺ジャム&ホイップ”よりも、まっさきに、
独身の目の前に姿を現したのが、この“生乳クリーム&、、”です。

どちらも似たような菓子パンなのですが、
やはり、生乳使用と云った点と、ブリオッシュ生地であると云う点に、
ぐぐっと誘惑されてしまうってもんです。

と云うわけで、この日の独身は、フリーアナウンサー、
有賀さつきさん”が、元夫と離婚を決意するのよりも早く(?)、
この日のターゲットを決定します。

秋の味覚も飽きたところですが、独身の“黄色”の98円特売ネタも、
そろそろ、と云うか、とっとと飽きたところ、でしょうか、、。

Pasco--生乳クリーム&いちご。


ブリオッシュ生地にいちごジャムと
 生乳を使用したカスタードクリームを包みました
。”

と云うわけで、Pascoの今月(?)の新作、
“生乳クリーム&いちご
”です。

さっそく生地から頂いてみると、と~ってもふにふにっとして、
ソフトな食感であることが、ひっしと伝わってきますっ。

生地に喰らいついた瞬間、軽くへにっとします。

これは、いい意味で、腰のない、軟弱な生地です。

しかし、しかともぐもぐすると、実は、
キメがみっちりぴっちりと詰まっているので、
ぐぐっと云う、軽い噛み応えのような、食感であることがわかります。

さらには、キメがと~っても細やかで、繊細なので、
口あたりもやさしくて、なめらかさも感じます。

適度なしっとりもあるのですが、どこか、
ほわっとした、軽やかな空気感のようなものもあって、
生地のいいとこ取りよろしく、独身好みの食感が、
いちどに集っていると云った感じの生地になっていますっ。

これは、いちどに芸能人がこぞって参戦し、
さまざまなクイズや、ゲームにチャレンジする、
TBSの“感謝祭”のようなものです(?)。

生地のお味は、まっさきに、たまごのまろやかな甘味と、
やさしい風味が、ほふっとお口に広がりますっ。

生地の断面をしかと見つめてみると、黄色がかっていて、
たまごがもりもりっと練り込まれているさまが妄想されます。

それだけに、たまごがかなり幅を利かせていることが、
ひっしひっしと実感出来ますっ。

このたまごの甘味が、もぐもぐすればするほど、
もわもわっと勢いを増してきますっ。

中日”の勢いといい勝負です(?)。

一方の生地の表面は、しかと、かっ!と焼かれているようで、
と~ってもいい香ばしさが、ぼふっと参戦してきます。

これが、たまごの甘味とフュージョンして、
甘香ばしい旨味に成り上がる(?)と云うわけですっ。

これには、流石の成り上がりの“永ちゃん”だって、
♪喰~ってくれっ、は~ぁはっ!♪
と、ゴリ押ししてしまうってもんです(?)。

Pasco--生乳クリーム&いちご。


生地の中には、生乳入りカスタードと、
いちごジャムが盛り込まれています。

まずは、カスタードからですが、軽くつるつるっとして、
艶やかなクリームになっています。

そして、どっしり、でっぷりとしていて、
重ったるいクリームでもあります。

最近のクリームパンと云うと、てろっと、さらっとした、
ゆるやか、なめらかなカスタードがしばし見受けられるのですが、
このカスタードは、この世の流れに逆らった、硬いカスタードになっています。

喰らいつくと、わだちよろしく、歯のあとがつきます。

まるで、焼きプリンよろしく、ぶりっとした硬さで、
いい意味で、食感的に、食べ応えのようなものがあります。

しかし、ツッこんで云ってしまえば、いささか水分が不足していて、
なめらかさも欠けています、、。

と云うか、焼きの段階で、水分をすっかり持っていかれてしまった
と云った雰囲気です、、。

どっしりとしたカスタードも好みですが、
やはり、適度ななめらかさと云ったものも、かねそなえていて頂きたいものです。

お味のほうですが、なかなかたまごがすっきりとしていて、
わりと甘さが控えめのように感じます。

これは、やはり、生乳が参加しているだけあって、
どっしりとした、濃厚のカスタードと云うより、
さわやかで、さっぱりとした、お口にやさしい風味になっています。

いい意味で、懐かしいカスタードで、
これまたいい意味で、乳くささが居残りしてくれてます。

しかと生乳の実力を実感出来るカスタードに成り上がっています(?)。

しかし、1ヶ所に、どしっとカスタードが寄っていることもあって、
全体的に、量が少ないと云った点は、残念なところです。

これには、流石の“永ちゃん”も、
♪盛~ぉってくれっ、は~ぁはっ!♪
と、もっとカスタードを要求してしまうってもんです(?)。

Pasco--生乳クリーム&いちご。


一方のいちごジャムですが、ぶりっとした重いカスタードとは裏腹に、
とっても、じゅるっと、てろっと、ゆるやかなことがわかります。

水あめ度が強いためか、べべっとしたとろみ、
と云うか、ねばりがあります。

お味は、いちごの酸味と、軽やかな甘味があるのですが、
ここでも、水あめ度が高く、幅を利かせています。

100円ショップで売られていそうな、
チープないちごジャムを妄想します。

いちごジャム、と云うより、水あめにいちごが気まぐれに参加している、
と云った雰囲気です。

まあ、独身は、このようなチープはいちごジャムも好物です。

全体的には、はじめに、酸味と水あめの勢いのある甘味が登場して、
あとから、すっきりとしたカスタードが参戦してきます。

両者は、お互いにお味を引き立てあっていて、
いちごとカスタードは相性のよさを、ひっしと見せつけています。

そこに、生地の甘香ばしさも加勢して、全体的に、おだやか、
と云うか、まろやかなたまごの風味と甘味が効いたお味にまとまっています。

いささか、いちごジャムの水あめの甘味が気になるところですが、
まあ、これもいい意味で、チープな懐かしさを感じます。

それよりも、生地がかなりいい仕事をしてくれていて、
生地だけでも、じゅうぶん満足、満喫してしまうってもんですっ。

生地は高級、中身はチープ、そんな格差が一体となった菓子パンです(?)。

これには、流石の“永ちゃん”だって、
♪か~くさ(格差)社会っ、は~ぁはっ!♪
と、思わず嘆いてしまわれることでしょう、、(?)。


購入価格:98円/定価:126円。

栄養成分表示(1個当り):
エネルギー:262kcаl
たんぱく質:6.3g
脂質:7.5g
炭水化物:42.4g
ナトリウム:128mg

独身評価:★★★☆☆(3.5)
スポンサーサイト





タグ:

HOME