FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2007年11月06日[Tue]

木村屋--ホワイトチョコペストリー。

木村屋--ホワイトチョコペストリー。


木村屋、今月の新作っ!
“小沢さん”が、アレを壊したのかっ、、!

♪ど~~ぉくしん(独身)さんっ、どっくしんさんっ、
 こっの日っはどこへ~ぇ、行っくのかな~~ぁ、
 はっじめに“緑”へ行っきました~~ぁ、

 し~~んさっく(新作)ないっ、新作ないっ!
 どっこにも新作あっりません~~っ、
 おつぎは“紫”へ行っきました~~ぁ、

 “む~~ぅっらさき(紫)”ないっ、新作ないっ!
 おつぎの“オカン”に“パンdeシュ~”ッ!
 だっけども、ハンティング、出っ来ません~~っ♪

桃太郎さん”が、お腰にきびだんごを見せびらかし(?)、
犬、キジ、“モンキッキ”、ではなく、おサルをお供させて、
鬼が島へと遠征(?)に向かうのなら、この日の独身は、
トリートメントで、すっかりさらさらになった、長い髪をなびかせて、
いつもの愛チャリをお供させて、菓子パンハンティングへと出発します。

まず、ハンティング先として、独身の脳裏に浮かぶのは、
緑のスーパー”です。

“緑”は、すでに霜月初日に訪れているのですが、
そのときは、まったく新作が皆無と云う、なんともがっくしな結果となってしまったのです。

そろそろこの辺で、新作をもりっとスタンバイさせてくれているのではと、
意気揚々と“緑”へと向かってみたのですが、いざ、
気合満載で菓子パンコーナーに到着すると、そこには、
新作がまったくもって、見受けられません、、。

その代わり、なのか、いまのいままで、見かけなかった、
先月の菓子パンが2、3種ほど、盛られていることに気づきます、、。

なっんて云う、スロースタートなんでしょう、、。

そこでつぎに独身は、
紫のドラッグストア”へと向かうことにします。

すると、神戸屋の新作が1種、ぽつんっとさみしく、
旧作のあいだに挟まれているところを発見です、、。

なにやら、チョコ満載の蒸しパンのようで、
これは、チョコ好きの独身としては、かなり気になるところです。

しかし、新作1種のみ、と云うのは、
なんともハンティングし甲斐がないってもんです、、。

これは、たったひとりなのに、
TM Revolution”として、活動しているようなものです(?)。

それならば、まだ、“劇団ひとりさん”のほうが、
(嗚呼、そうか、ひとりなんだ。)
と、ささっと理解出来るってもんです(??)。

やはり、新しい月になったばかりのハンティングは、
あっちこっちの新作に取り囲まれて、己の優柔不断っぷりを、
おおいに発揮したいところです。

と云うわけで、つぎに独身が向かうのは、
オカンのスーパー”です。

実は、この日は、“オカン”のパン割引日なのですが、
いまのいままで、この割引でナイス菓子パンと遭遇したことがありません、、。

そんなことがあり、独身が“オカン”の割引に姿を現すことは、
ほとんどないのですが、ここは、いちるの望みってやつをかけて、
“オカン”を訪れてみることにします。

と、ここで、独身の脳裏に、ある菓子パンの存在が登場です。

それは、ヤマザキの今月の新作、
“パンdeシュー ショコラ&ホイップ
”です。

パンdeシリーズ”と云えば、独身がひいきしているシリーズのひとつとして、
新作が登場するたび、毎度ハンティングしています。

この“パンde、”は、よく“オカン”で見かけるのですが、
基本的に“オカン”では、菓子パンは1割引です。

しかし、独身は、いまのいままで、“パンde、、”を、“黄色のお店”で98円
ミラクル100均”で、105円でハンティングしています。

となると、ケチケチ独身としては、105円以上では、
ハンティングする情熱がわいてきません。

ここは、まず、“ミラクル”で、“パンde、、”の有無を確認してから、
“オカン”に向かったほうがいいのでは、と思いつつも、
ささっと店内へと侵入すると、どうやら、この日の特売は、
独身の妄想通り、新作、ではなく、ずいぶんとむかしから存在している、
旧作ばかりが盛られていることに気づきます。

まあ、これは、しかと妄想していたことなので、
別段、落胆することはありません。

そのままさっさと菓子パンの棚のほうへと行くと、
やはり、これも独身の妄想通り、さっそく、ある菓子パンが独身の視界に突入です。

それはもちろん、“パンdeシュー ショコラ&ホイップ”です。

そして、お値段も、もちろん、
1割引きの113円です。

やはり、先に“ミラクル”で確認してから、
“オカン”に移動すべき、でした、、。

軽く後悔しながら、ささっと“オカン”をあとにして、
“ミラクル”へと向かうのですが、残念ながら、
この日は、“パンde、、”はスタンバイしていない模様です、、。

そんなこんなで、この日は、さっさとハンティングを済ませるつもりが、
あっちこっちのお店を、軽く遠征するハメになってしまいました、、。

最終的に、独身が流れ着くのは、“黄色のお店”です、、。

“黄色”は、明日、98円特売を控えているので、
出来ることならば、この日は避けたいところですが、
モンキッキさん”に、もう、相方がいないのなら(?)、
独身には、ハンティングすべきお店が、近場では、
“黄色”しかありません、、。

と云うわけで、“黄色”にて、木村屋の新作、
“ホワイトチョコペストリー
”をワシづかみして、
ようやっと、帰宅の途につく独身なのでありました、、。

木村屋--ホワイトチョコペストリー。


濃厚なミルク風味のクリームシートを折り込んだ生地でトリプルベリージャムを包み、
 表面をホワイトチョコでコーティングしてドライストロベリーをトッピングしました
。”

と云うわけで、木村屋の“ホワイトチョコペストリー”です。

つい先日、ハロウィーンのかぼちゃの菓子パンが役目を終え、
姿を消したと思いきや、もう、街はクリスマスモードに突入です。

そして、この“ホワイトチョコ、、”も、
真冬満載の雰囲気ふんふんっです。

独身も、すっかり冷え性満載で、この日も、
こころ粋だけはほっかほかで、ハンティング決行です。

さて、週末の独身は、“御殿場プレミアムアウトレット”へと行ってきたのですが、
そこで、はじめて“GODIVAのショコリキサー”を頂きました。

これは、ささっと説明してしまえば、シェイクのような液体に、
もわもわっと生クリームとソースを盛ってあるのですが、
流石、高級チョコの“GOVIVA”だけあって、かなりお上品で、
さわやかなチョコでした。

独身は、チョコ好きでもあるのですが、どちらかと云えば、
ホワイトチョコのほうがお好みです。

霜月ともなると、菓子パン界では、チョコまみれ(?)よろしく、
数多のチョコの菓子パンが登場するのですが、ホワイトチョコと云うのは、
ブラックチョコほど、市民権(?)を得ていません。

ホワイトチョコ派の独身としては、ホワイトには、
おおいに菓子パン界で“小沢さん”よろしく、
豪腕を発揮して頂きたいものです(?)。

と云うわけで、さっさと生地から頂いてみたいと思います。

生地は、とってもぴっとりとしていて、
軽くお口に密着するかのごとくのしっとり感があります。

デニッシュのような、折り込み型の生地になっていると云うことで、
はじめ、軽くほぐほぐっとした、層の重なりっぷりのようなものを感じます。

しかし、しかともぐもぐすると、層の厚ほったさはまったくなく、
すぐに、なめらかで、むにむにっとしたソフトな食感になります。

お味は、流石、ミルク風味のクリームシートが折り込まれているだけはあって、
かなりミルクが実力を発揮してくれていますっ。

とってもやさしくて、まろやかなミルクの風味と、
じんわりとした、丸いミルクの甘味がします。

過剰な甘味や、ミルクを邪魔しようとする、
余分なお味はほとんどなく、とってもやさしさ満載のミルク生地になっていますっ。

よく、“ポケモン”や“アンパンマン”など、
ちいさなお子さま向けの菓子パンがあっちこっちのメーカーから登場していますが、
そういった菓子パンのような、とってもおだやかで、シンプルなお味のように思えます。

お子さま向けの菓子パンは、その外見から、
思わずシカトしてしまいがちなのですが、
それとは裏腹に、かなりの実力を持ち合わせたものが多く存在しています。

アンパンマン”も“バナナマン”も(!)、
そうそう、うかうかっとしていられないってもんです。

木村屋--ホワイトチョコペストリー。


生地の表面には、ホワイトチョコと、ドライストロベリーが盛られています。

このホワイトチョコは、一見すると、
思わず“明菜さま”も不安なこころ持ちになるような(?)、
うすっぺらい、ただの飾りのように見受けられます。

しかし、実際に頂いてみると、見た目とは裏腹に、
しかと己の役割を果たしてくれていますっ。

軽くぺたっとゆるくなっているのですが、お味のほうは、
ミルク濃厚な、かなりミルキーなチョコっぷりを披露してくれていますっ。

そのためか、まったく甘ったるいと云った雰囲気はなく、
実に、コクのある、深いホワイトチョコのお味になっていますっ。

量が少ないわりには、お味の強さにおいては、
ジャガー横田さん”に匹敵すると云っても、過言、
かもしれません、、(?)。

これには、流石の“明菜さま”だって、
このチョコが、ただの飾りじゃないことに、さぞ、
感激していらっしゃることでしょう(??)。

その上のドライストロベリーですが、
まるで、いちごのアメちゃんを、細かく砕いたかのごとく、
かりかりっとした食感です。

壊し屋”の“小沢さん”にでも、玉砕(?)されたのでしょうか(?)。

お味は、これまた、アメちゃんのような、
水あめっぽい甘味を持ついちご味になっています。

ただの飾りとしても、なかなかの華やかさを演出してくれていますが、
お味と食感の面でも、いいアクセントとなっています。

木村屋--ホワイトチョコペストリー。


生地の中には、クランベリーラズベリーブルーベリーの、
ミックスジャムが巻き込まれています。

生地に巻き込まれて焼かれているためか、
ジャムのとろっとしたなめらかさはなく、
ぼてっと、どぷっと、軽く乾いた、とろみのないジャムになっています。

量としては、さほど多くはないところが残念ですが、
お味としては、3つのベリーがフュージョンし、
しかと存在感を主張してくれています。

クランベリーのすっきりとした酸味と、
ラズベリーのじゅじゅっとした、甘じゅっぱい風味と、
ブルーベリーの、つんっとしたじゅっぱさが、まさに、三位一体となり、
実に、そう快、さわやかで、フルーティーなジャム風味をかもしだしていますっ。

これが、上のホワイトチョコと相成ると、
濃厚なミルクチョコに、すっきりとした酸味が、
いい意味でガチンコして、益々チョコの実力が引き立っていますっ。

それでいて、チョコのほうも、ジャムの酸味を引き立てて、
互いにお味の主張をしつつも、しかと互いの存在を認め合っている、
そんな雰囲気がふんふんっと漂っていますっ。

生地にも、ミルクの甘味があるのですが、やはり、
ジャムの酸味によって、全体的にも、軽やかなお味にまとまっています。

なにかひとつが、飛び抜けてお味を放っていると云ったことはないので、
豪腕の“小沢さん”よろしくの、逆ギレ(?)して、
全体の雰囲気すら、破壊してしまうようなものは、いっさいありません。

136円と云う、いささかお高い菓子パンではありますが、
それ相応の実力は、しかと持ち合わせていますっ。

軽くツッこむ点があるとすれば、やはり、
ジャムのとろとろ感と、もう少し、量がほしいところです。

小沢さん”の場合は、まわりがついていけないほどの、
力量ってやつが、満載ゆえ、党を壊しては、
作ると云う行動を繰り返してしまうのでしょうか、、(?)。

やはり、菓子パンも政治家も、
まわりとの協調ってやつがたいせつのようです(??)。


販売価格:136円。

栄養成分表示(1個あたり):
エネルギー:317kcаl
たんぱく質:5.9g
脂質:10.8g
炭水化物:49.1g
ナトリウム:236mg

独身評価:★★★★☆
スポンサーサイト





タグ:

HOME