FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2007年11月07日[Wed]

ヤマザキ--パンdeシュー ショコラ&ホイップ。

ヤマザキ--パンdeシュー ショコラ&ホイップ。


ヤマザキ、今月の“パンdeシリーズ”の新作っ!
流石の“聖子ちゃん”も、このチョコとホイップの駆け引きに、舌を巻かれるかっ、、!

♪“黄色”の~、特売、ワゴンはひとつっ、
 うしろを振り向く、ワゴンがふたつっ!♪

ビスケットの入ったポケットをたたくと、ビスケットがふたつになるのなら、
この日の“黄色のお店”の特売は、ワゴンがふたつに増えるってもんですっ。

黄色の菓子パンコーナーでは、通常のお値段の棚と、
日替わり特売用のワゴンが別々に存在しています。

その手前には、和菓子のワゴンも参列しています。

いつもなら、98円特売でも、日替わりワゴンに盛られているわけですが、
この日、独身が特売に姿を現すと、いささか様子が異なっていることに気づきます。

それは、いつもよりも、菓子パンの数がぐぐっと減っている
と云うことです、、。

98円特売ともなると、数多のお客がこぞって集合すると云うこともあって、
日替わりワゴンは、いささか規模が大きくなり、その分、量も増えると云うわけです。

しかし、この日は、いつもの98円特売の、
およそ半分くらいしか、盛られていないのです、、。

しかも、新作菓子パンは、まったく見受けられません、、。

これはいったい、“黄色”になにが起こったのか、
と、独身、思わずその場に呆然と立ち尽くしてしまいます、、。

と、ここで、ふと、うしろを振り返ってみると、なっ、なんと、
そこには、もうひとつの特売菓子パンワゴンが設置されているではありませんかっ!

本来なら、その場所は、和菓子が盛られているはず、です。

しかし、この日は、その和菓子は、端っこのほうに追いやられ、
菓子パンが占領しているではありませんかっ。

ポケットの中のビスケットよろしく(?)、
特売ワゴンがふたつに増えたと云うわけですっ。

これには独身、こころ内で狂喜乱舞ですよっ。

量と品数が増えると云うことは、それだけ、
ナイス菓子パンと遭遇する機会も増える、と云うことを意味しています。

どうやら、今月から、“黄色”では、
特売ワゴンをふたつに分裂(?)させる方針にした模様です。

と云うわけで、さっそく、和菓子を占領したワゴンにガッついてみると、
さっそく独身の視界に突入してくるのは、独身がずっとこころ待ちにしていた、
ヤマザキの“パンdeシュー ショコラ&ホイップ”ではありませんかっ!

とは云え、この“パンdeシュー ショコラ、、”とは、
これがはじめての出逢いではありません。

実は昨日、“オカンのスーパー”で初顔合わせを済ませているのですが、
“オカン”では、1割引の113円と云うことで、ハンティングしたい意欲をぐぐっとこらえ、
昨日はそのままシカトした、と云うわけです。

独身は、いままで、“パンdeシリーズ”と云うと、
黄色”の特売で98円、“ミラクル100均”で、
105円
でハンティングしていることもあり、やはり、
それ以上のお値段では、なかなかワシづかみするこころ持ちにはなれないのです、、。

そんなこともあり、昨日は、うしろ髪をワシづかみされるような想いで、
一時の別れを告げてみたわけですが、そのわずか1日後、まさか、
“パンdeシュー ショコラ、、”と再会出来るとは、妄想すらしていませんでしたっ。

もう、こうなると、ほかの菓子パンなんぞ、
視界には入らないってもんですっ。

即効、“パンde、、”に接近し、わっさと、ワシづかみしますっ。

ターゲットの菓子パンと遭遇出来ることほど、
ハンティングのよろこびはありませんっ。

それが、己がひいきしているシリーズものの新作、
さらには、特売ともなると、ポケットの中のビスケットよろしく(?)、
よろこびもふたつ、3つに増えるってもんですっ。

早々にこの日のターゲットを確保したところで、
そのままレジへと移動する、のではなく、いちおう、
ほかの新作にも目を光らせることにします。

すると、この日は、ワゴンがふたつに増えたこともあってか、
新作がわっさ、わっさと、数多盛られているではありませんかっ。

しかも、独身好みのものばかりですっ。

思わず、ふたつ、ダブルハンティングをしてしまいたくもなりますが、
明日は、コンビニハンティングが、しかと予定されているので、
ここで、ダブルハンティングを決行することは出来ません、、。

まこと残念ですが、来週も再会出来ることを祈りつつ、
さっさとワゴンから退散することにして、レジの行列に参戦することにします。

さて、“黄色”では、ノーレジ袋宣言をすると、
ポイントカードにはんこを押してもらえます。

それが20個たまると、100円値引きして頂ける、
と云う仕組み(?)です。

独身は、“黄色”を利用するたびに、毎度、ノーレジ袋宣言をしているのですが、
いかんせん、98円特売ともなると、数多のお客が集合してくるので、
レジでは、店員さんがふたりがかりで、忙しく対応されているのです。

そんな中、独身が、たったひとつの菓子パンで、
はんこのカードを提出するとなると、益々店員さんのお仕事が増えてしまう
と云うわけです、、。

そのため、店員さんから云われない限り、
独身は、己からカードを差し出すことはいたしません、、。

と、ここで、ふと、お財布の中のカードを見つめてみると、
あとひとつで、ポイントが20個満載になるではありませんかっ。

ここは、是非とも、ポイントを頂きたいところですが、
やはり、特売の行列ともなると、カードを出すわけにはいきません、、。

しかし、ようやっと独身の順番がめぐってきて、
清算を済ませようとすると、店員さんから、
ポイントカードはお持ちですか?
と、訊ねてきてくださいますっ。

(よう、云ってくれたっ!!)
独身、こころ内では、店員さんのナイスタイミングに、
拍手喝采ですっ。

「はっ、はいっ、ありますっ。」
軽くドモりつつも、ささっとカードを差し出し、
店員さんは、20個目のポイントを押してくれますっ。

これで、このカードは、
“黄色”では、100円とおんなじ価値を得たわけですっ。

なんてステキな制度なんでしょうっ。

いまのいままで、ノーレジ袋宣言をしながらも、
自主的なカード提出を避けてきましたが、
袋をお断りして、100円分もお得をするのなら、
やはり、率先してカードを出そうではありませんかっ。

そう、こころにしかと決めて、この日のハンティングを終えた、
独身なのでありました。

ヤマザキ--パンdeシュー ショコラ&ホイップ。


シューと、2種類のクリームのおいしい組み合わせ。”

と云うわけで、ヤマザキの“パンdeシリーズ”の新作、
“パンdeシュー ショコラ&ホイップ
”です。

いままで“パンdeシリーズ”は、
パンdeシュー カスタード&ホイップ”、
パンdeアップル リンゴ果肉入りクリーム”、
パンdeシュー スイートポテト&ホイップ”、
パンdeピーチ 果肉入り白桃クリーム”を頂きました。

さっそく生地から頂いてみると、
下のほうは、わりとがっしりとしていて、
ぐぐっと云う噛み応えがあります。

ぐっと引き締まっている、と云うか、
みっしりと凝縮している、と云った雰囲気でもあります。

それでいて、軽くほんわりとした、やわらかさもあるのですが、
しかともぐもぐすると、軽いヒキのようなものを感じます。

上のシュー生地は、軽くしゃくしゃくっとした、
いい食感を放ってくれていますっ。

いささか厚めなシューではありますが、
まったくもって厚ぼったさはありません

最近、“パンdeシリーズ”以外で、
シュー生地を乗っけた菓子パンをよく見かけますが、
中には、やたらシュー生地が厚く、それが軽く災いして、
厚ぼったく、重苦しいシューになっているものがあったりします。

それとは裏腹に、この“パンde、、”は、
実に適度な厚さなので、しゃくしゃくっとした、
軽やかな食感をかもし出してくれると云うわけです。

お味のほうは、下の生地は、ほんわりと、まろやかな小麦風味がして、
もぐもぐしていくと、じゅわじゅわっと、お砂糖のいい甘味が染み出ています。

このお砂糖は、決して全面にしゃしゃり出ることなく、
小麦といい調和をなして、生地にいい旨味を演出してくれています。

一方のシュー生地は、たまご、と云うか、
卵黄が多めな感じで、下とは相反し、甘味と云ったものは、
まったくありません。

全体を、ぐっと引き締めてくれる、いい苦味があって、
しゃくしゃくの食感と共に、いいアクセントとなっています。

さらには、これは偶然なのか、シュー生地が、
かっ!と、しかと焼かれているので、いつもよりも、
香ばしさの勢いを感じます。

“パンdeシリーズ”は、シュー生地と、ぴっとぴとのケーキ生地の2種、
存在しているのですが、独身としては、シューのほうが食感、お味ともに、好みです。

おんなじ人物でも、“綾小路翔さん”と“DJ OZMAさん”なら、
“綾小路さん”のほうが好みのようなものです(?)。

ちなみに(?)、“きみまろさん”は、別段、
関心はありません(?)。

ヤマザキ--パンdeシュー ショコラ&ホイップ。


生地の中には、口溶けの軽い、十勝産牛乳のホイップクリームと、
ベルギー産の、なめらかでコクのあるショコラクリームが、
でっぷり、てんこ盛りに詰め込まれていますっ。

まずは、ショコラクリームからですが、まるで、チョコプリンよろしく、
ぶるんっぶるんっとしています。

お口にすると、どっぷりとした弾力のようなものがあるのですが、
舌べろの上に乗っかると、じきにてろ~っと、ゆるやかになっていきます。

べっとりとした、重苦しさと云ったものもなく、
べべっと、上あごあたりに張り付くねばりも、まったくありません。

実に、なめらかで、お口にご親切な、やわらかいクリームです。

お味のほうは、チョコ度満載、と云うわけではないのですが、
まろやかで、やさしいチョコに、水あめのような甘味がフュージョンしています。

じわじわっと云う甘味があるのですが、まったくもって、
チョコをお邪魔している節はありません。

チョコのほうは、軽い苦味のようなものがあるのか、
これが、甘味を丸め込んでいるような気もします。

どかどかっと云う、勢いのあるチョコではなく、
わりとすっきり、と云うか、さわやかなチョコなので、
ごっくんしたあとも、お口の中もすっきりとしています。

さわやかになった“ソントン”と云った印象でもあります。

チョコと云うと、舌べろの奥~のほうに居残りして、
歯をみがいても、あとからチョコが再浮上してきて、
歯磨き粉と奇怪なランデブーを繰り広げることがあるのですが、
このショコラクリームは、お味がすっきりとしているだけでなく、
食感も、なめらかで、口あたりがやさしいので、あとあと、
再登場することはありません。

云わゆる、“去るものは追わず”ってやつでしょうか(?)。

いや、“立つ鳥、跡をにごさず”、
でしょうか(??)。

ヤマザキ--パンdeシュー ショコラ&ホイップ。


一方のホイップクリームですが、ぶるんっぶるんっのショコラとは相反し、
てろっと、ゆるやかなクリームになっています。

もふもふっと、空気感満載なのですが、
ぼふっと云う、硬めのホイップ、と云うわけではありません。

お口にすると、軽くしゃわっと云う、空気がつぶれるような音がして、
あとは、とってもなめらかに、てろ~んと、とろけていきます。

硬めのホイップが好みの独身としては、
もっと図々しい重みがあって頂きたいところですが、
“パンdeシリーズ”のホイップは、このゆるやかが特徴のようなので、
“パンde、、”びいきの独身としては、これを甘受しようと思います。

初代の“、、カスタード&ホイップ”と比較すれば、
かなり水っぽさは改善されていると思われます。

お味のほうは、なかなかミルク度が濃厚なのですが、
それ以上に、甘味がじゅわっと勢いが強いような気がします。

思わず、胸あたりの食道が、ぐえっと拒否してしまうような、
強気な甘味なのですが、これが、ショコラクリームと相成ると、
不思議と甘味が気にならなく
なります。

これは、ショコラクリームが、すっきり、あっさりしていることで、
ホイップの過剰な甘味を、丸め込んでいるのでしょうか。

さらには、どちらかと云うと、量的にはホイップのほうが多いのですが、
お味的には、ショコラのほうが2歩ほどリードしています。

しかと、ショコラが主役である、と云うことを、
まざまざと見せつけてくれていますっ。

“パンde、、”は、新作が登場するたびに、
お味の質が向上しているように独身は感じているのですが、
今回の“、、ショコラ&ホイップ”も、前回の“、、果肉入り白桃クリーム”よりも、
さらに実力アップして、おまけに、クリームの量も太っ腹になっていますっ。

クリームの量が多いと、全体的にクドくなってしまうことがあるのですが、
そこは、シュー生地の苦味が、全体をぐぐっと引き締めてくれる、
と云う試合運びです。

なんともまとまりがいい、と云うか、
足し算、引き算のバランスがうまく取れているお味ですっ。

これには、流石の“聖子ちゃん”だって、
♪あ~まみ(甘味)っ、イ~ヤと云っても、
 は~ん~た~い(反対)~の~~ぉっ、意味よ~~ぉっ♪
と、手練手管で(?)、甘味の駆け引きをしてしまうってもんです(?)。

今回、チョコとホイップと云う、云わば、
定番の組み合わせではありますが、甘味がありながらも、
どこかすっきり、あっさり、さわやかなお味、されど、
しかとチョコの存在感を主張していると云った点では、
新たなチョコ&ホイップのワザを見せつけてくれている、
と云った印象です。

これには、流石の“小沢さん”だって、
党を壊しては、新たに作りたくもなるってもんです(?)。

この“、、ショコラ&ホイップ”は、独身が、
初代の“、、カスタード&ホイップ”で受けたマイナスの印象を、
ががっと壊してくれる、ナイス菓子パンと云えます。

これは、是非とも、リピートしたい逸品ですっ。


購入価格:98円。

栄養成分表示(1個当り):
エネルギー:374kcаl
たんぱく質:9.8g
脂質:15.9g
炭水化物:47.9g
ナトリウム:230mg

独身評価:★★★★☆(4.5)
スポンサーサイト





タグ:

HOME