FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2007年11月10日[Sat]

ファミリーマート--メープルクリームサンド~こだわりパン工房・神戸屋。

ファミリーマート--メープルクリームサンド~こだわりパン工房・神戸屋。


ファミマ、今週の新作っ!
これには、流石の“小泉元首相”だって、思わず落胆してしまうかっ、、。

♪“緑”もねぇっ!“黄色”もねぇっ!
 “オカン”も“ミラクル”、“ミニップ”ねぇっ!

 おら、新作なしイヤだ~ぁあっ、おら、新作なしイヤだ~~ぁあっ、
 “セブン”も行ってみるだ~~ぁっ、、♪

吉幾三さん”が、テレビもねぇっ、ラジオもねぇっ!と、
怒り満載で(?)、東京行きを決意してしまうのなら(?)、
この日の独身は、あっちこっちのハンティング先で、ことごとく、
ターゲットにシカトされ、つぎの目的地、どころか、
行き場を失ってしまうってもんです、、。

まず、この日の独身は、“緑のスーパー”へとまい進します。

“緑”は、霜月に突入してから、2度ほど足を踏み入れているのですが、
いまだ、新作とお目にかかっていないと云うことで、そろそろ、
重い腰を上げて、新作をスタンバイさせているであろうと云う、独身は妄想します。

そして、実際に訪れてみると、たしかに、3種ほど、
新作は見受けられるのですが、いずれも、思わずガッついてしまいたくなるような、
魅惑満載の菓子パン、と云うわけではありません、、。

菓子パンハンティングの鬼(?)である独身には、
ナポレオン”よろしく(?)、妥協と云う文字は、
まあ、うっすらとあるのですが(!)、やはり、
己の納得のいかないハンティングは、したくはありません。

と云うわけで、早々に“緑”から足を洗って(?)、
つぎに向かうのは、“黄色のお店”です。

“黄色”では、連日、日替わりでなんらかの菓子パンを特売していると云うことで、
ある意味、独身にとって、困ったときの“黄色”頼み、的な存在になっています。

すでに“黄色”では、クリスマスの飾りつけで満載になっていますが、
独身としては、まだまだクリスマスのこころ持ちにはなれません。

いささかフライング気味のサンタの登場に、
軽く違和感を覚えつつ、菓子パンコーナーへと直行すると、
この日は、ヤマザキがおひとつ88円で盛られていることに気づきます。

そこで、さっそく選定作業に移るのですが、
残念ながら、新作はおろか、むかしからよく見かける、
重鎮的な菓子パンばかりが顔をそろえています、、。

これには独身、思わず、
自民党かっ!)
と、ツッこんでしまいたくもなるってもんです、、。

と云うわけで、“緑”に引き続き、“黄色”でもハンティングに失敗した独身は、
つぎに、“オカンのスーパー”へと移動します。

しかしっ、、!

このときの独身は、まさか、ターゲットをしかと確保するまで、
長旅をするハメになろうとは、妄想すらしていなかったのであります、、。

ささっ“オカン”に到着すると、日替わり特売ワゴンには、
どこのメーカーなのか、まったく謎の、見慣れない菓子パンが盛られています、、。

これには独身、一瞥すら与えず、奥の菓子パンの棚へと歩を進めます。

たしか、数日前、“オカン”を訪問したとき、
ヤマザキの“薄皮シリーズ”の新作、“女峰いちごジャム”が登場していたと云うことで、
独身は、“薄皮”を狙うつもりでいたのですが、どういうわけか、この日は、
渋皮マロン&クリーム(たしか)”はあっても、“女峰いちご、、”は、
ひとつも姿を現していません、、。

つい数日前、しかとそこに存在していたと云うに、
そのとき、うっかり独身がシカトしたばっかりに、
早々にターゲットに逃げられてしまった模様です、、。

やはり、菓子パンとの出逢いは、“一期一会”ってやつです、、。

ジュリア”よろしく(?)の傷心のまま、
“オカン”から“ミラクル100均”、“ミニストップ”、
セブン”、“サークルK.”へと、流れに流れる独身ですが、
いずれも、ターゲットを確保出来ず、さっさと退散を余儀なくされています、、。

“セブン”に至っては、この日は、火曜に引き続き、
新作が3種ほど、登場しているはず、です。

その中で、独身は、メープルの新作を狙い撃ちするこころ持ちでいたのですが、
実際に“セブン”を訪れてみると、そこには、
ひとつも金曜の新作が盛られていないではありませんかっ、、!

これには、流石の“金妻さん”だって、
♪タ~~ゲットッ、アイ ウ~ォンチュ~、逢いたくて~~ぇっ♪
と、思わず嘆き哀しんでしまうってもんです、、(?)。

と云うわけで、最終的に独身が漂流、たどり着いたのは、
ファミマ、です、、。

独身がたどった軌跡(?)は、まず、“緑”、“黄色”へ北上し、
“オカン”、“ミラクル”めがけて、南下し、“ミニップ”へと東へ移動、
“セブン”へと軽く北上、“サークルK.”へと西移動、そして、
“黄色”方面の“ファミマ”へと、ふたたび北上すると云う、
まさに、近所をぐるんっと周回したことになります、、。

これには、流石の“森光子さん”だって、軽く呆れて、
放浪記”で、ぐるんっとでんぐり返しを披露してしまうってもんです(?)。

しかし、最終的には、ファミマで、
独身の大好物のメープルの菓子パンと遭遇出来たことで、
なんとかこころ内だけでも、ほっと安堵するってもんですっ、、。

ところが、まさか、ようやっと確保した、この“メープルクリームサンド”にも、
裏切られることになろうとは、このときの独身は、ちろっとも妄想していなかったのであります、、。

ファミリーマート--メープルクリームサンド~こだわりパン工房・神戸屋。


ふんわりとしたメープル風味のパンに
 なめらかなメープル味のクリームをサンドしました
。”

と云うわけで、ファミマの今週の新作、
“メープルクリームサンド
”です。

さっそく生地から頂いてみると、なかなかふんわり
ほんわりとしていて、軽やかな生地であることがわかります。

それでいて、軽い歯切れのよさのようなものも感じます。

しかし、もそもそっとして、キメが粗い、と云うか、
いささかけばけばっと、けば立っている節は否めません、、。

生地をしゃっとちぎると、ほろほろっと、
細かいカスが誕生します、、。

これは、ただのふんわり生地、と云うより、
キメがけばけばで、軽く乾燥しているから、ふんわりになってしまった、
と云ったほうが、適切かと思われます、、。

いやっ、ふんわり、ではなく、すかすか、のほうが、
ぴったしな表現かもしれません、、。

これが、パン耳となると、さらに事態は悪化、している模様です、、。

軽くぎしぎしっとした食感で、これは、
湿気むんむんっで、硬くなってしまった、そんな印象を受けます、、。

まるで、袋を開封して、残ったものを洗濯ばさみ(!)で留めるのを忘れ、
うっかり1晩シカトしてしまった結果、生地は、すっかり湿気を吸い込んで、
しなしな~の、湿気硬い耳になってしまった、そんな一連の流れをたどったような感じです、、。

しなびた食パンを頂くほど、むなしいことはありません、、。

これは、たのしみに取っておいたプリンが、翌日になったら、
誰ぞに奪われていた、そんなむなしさと酷似しています(?)。

生地のお味のほうですが、ほふっと、軽やかに、
甘いメープルの風味が、お口に広がる、のですが、
かなり気弱なメープルなので、メープル満載!
と云うわけでは、ありません、、。

ドラマのエキストラで、軽く5秒ほど、
うしろのほうで映っているようなものです、、(?)。

あとは、これまた湿気によって、味っ気までもが抜けて
むなしさ満載の食パンのお味がやって来るだけ、です、、。

なんとも粗雑~な小麦風味、です、、。

湿気で味っ気までもを奪われた食パンほど、
せつないものはありません、、。

これには、流石の“篠原涼子さん”だって、
♪も~ぉっさりと~ぉ、し~なし~なと~ぉ、味~っ気の~な~さと~~ぉっ♪
と、思わずこころせつなくなって、ご懐妊の喜びどころではないってもんです、、(?)。

ファミリーマート--メープルクリームサンド~こだわりパン工房・神戸屋。
(↑マウスオンで、中のクリームをがん見、出来ますよ。)

生地のあいだには、メープルフィリングが、
やる気なさげに、適当~に、べべっと乗せられています、、。

食感は、なかなかねっとり、まったとした、
こっくりとしたクリームになっています。

しかし、でっぷ~んと重々しいクリームではないので、
お口にすると、なめらか、とまではいかないものの、
まあ、だんだんにゆるやかになっていきます。

軽くつるつるっとしているのですが、
油分のぬめぬめは、ありません。

お味のほうは、生地のやる気のないメープルとは相反し、
じゅわじゅわっと、なかなかの勢いがある模様です。

甘味も香ばしさもあって、しかと己の存在感を主張してくれています。

これはまあ、濃厚の部類に、
なんとか食い込んでいる(?)のではないでしょうか。

しかし、そんなメープルの存在をおびやかしているのが、
ミルク風味、です、、。

このミルク、ですが、なんだか、ぬを~ぉっんと云う、
なまけものよろしくの、ダルさを感じます、、。

ぬるぬるっとした油分はないのですが、
お味が油っぽい感は否めません、、。

もしくは、乳性分が不足した、味っ気のないミルクのような感じもします、、。

さらには、お砂糖をいっさい入れずに、そのまましゃかしゃかしてみた、
軽い苦味のある、植物性の、あっさり派の生クリーム、そんな雰囲気でもあります、、。

もっとも近いのは、お値段がかなりお安い、
風味のないコーヒーミルク、と云えるのかもしれません、、。

これには、いまは懐かしの“ミル姉さん(!)”だって、
怒り満載になってしまわれるってもんですっ(?)。

ファミリーマート--メープルクリームサンド~こだわりパン工房・神戸屋。


味っ気がないなら、焼いてみな、
と云うことで、残り半分は、トースターで焼いてみることにします。

すると、常温では、しなびていた生地は、
ざっくざくの、焦げ香ばしい食感にうまれかわっています。

しかし、根性焼き(!)してみても、やはり、
湿気た食感は、いまだ、ご健在の模様です、、。

ざっくりとしているのに、どこか、しんなりとして、
耳に至っては、軽く温まっただけで、さほど変化はありません、、。

これは、変身しても、本人であることはあからさまなのに、
誰も、彼女らを“セーラー戦士”だと気づかないようなものです、、(?)。

生地のメープル風味も、別段、強気になるわけでもなく、
しなびた粗雑な食パン風味も、またしかりってやつ、です、、。

一方のメープルフィリングですが、こちらは、
トースターの根性焼きに屈することなく、常温の硬さを保っています。

若干、ゆるくなったかなぁ、くらいです。

ゆえに、お味のほうも、まったく変化はなく、
相も変わらず、風味が抜けた、やる気の皆無なミルクばかりが、
全面にしゃしゃり出ています、、。

この日、独身は、計8軒ものスーパー、コンビニを走り周ったわけですが、
その結果が、これ、ですよ、、。

これには、流石の“小泉元首相”だって、
「大連立、でなくて、大満足出来なくて、残念だったね。」
と、この“メープルクリームサンド”に落胆してしまうってもんです、、(?)。

まさに、“長渕剛さん”よろしくの、
♪喰えたもんぢゃね~~~~~ぇっ!♪
ってやつです、、。

ここは一発、“長渕キック”でも、おみまいしてやりたいこころ持ちです、、。


販売価格:125円。

栄養成分表示(1個当り):
エネルギー:310kcаl
たんぱく質:5.7g
脂質:14.9g
炭水化物:38.4g
ナトリウム:185mg

独身評価:★☆☆☆☆
スポンサーサイト





タグ:

HOME