FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2007年11月13日[Tue]

第一パン--アップルシナモン。

第一パン--アップルシナモン。


第一パン、今月の新作っ!
“小沢さん”もプッツンの、“大連立”失敗かっ、、!

♪端に~っ、端に~~ぃっ、ジャム~あ~るっ、
 手につ~くりんごそのま~ま~にっ、
 いつか~ぁ、生地を~っ、喰らった~らっ、
 カスタ~、ジャム、別々だ~ぁろ~ぉおっ♪

爆風スランプ”が、流れる汗もそのままに、
“ランナー”よろしく、走り続けるのなら(?)、この日の独身は、
生地の底からちろ見しているりんごジャムもそのままに、
アップルシナモン”を喰らい続けるってもんです。

吹く風は、いささか強気でも、この日のお天気は、
洗濯物がぱりっと乾いてしまうほど、とってもいいお天気です。

まさに、小春日和と云った雰囲気ですが、菓子パンハンターにとっても、
ハンティング日和と云えます。

こんなうきうきの日は、いっそのこと、調子に乗って、
遠方にあるお店まで、遠征におもむいてしまいたくもなりますが、
この日、独身には、目指すべきお店があるのです。

それは、“緑のスーパー”です。

つい先日、独身は、ことごとくターゲットの菓子パンにシカトされ、
実に、8軒ものスーパー、コンビニを走りめぐると云う、
いささか哀れな独身ランナーと化してしまいました、、。

これには、7匹のオオカミと対峙したと云う、
朝青龍”だって、驚愕してしまうってもんです(?)。

それもこれも、独身が、この“アップルシナモン”に、
しかとターゲットを決めることが出来なかったことが、ゆえんとなっています、、。

この、第一パンの新作、“アップルシナモン”とは、
8軒めぐりの際に、すでに初顔合わせを済ませています。

りんごとシナモンは、別段、めずらし感満載の組み合わせ、
と云うわけではありませんが、もちもち生地と、
カスタードクリームも参戦しているところに、独身、
思わずこころをぐぐっと誘惑されてしまった、と云うわけです。

しかも、第一パンの菓子パンとは、そうそうお目にかかる機会は少ないので、
ここらで、しかとハンティングしておきたいところです。

しかし、独身は、あっさりとシカトし、さっさと“緑”から退散した結果、
計8軒ものお店をご訪問するハメになってしまったわけです、、。

あの日、あのとき、独身が、阿呆なこだわりなどをささっと捨て、
アップルシナモン”をワシづかみしていれば、“朝青龍”だって、
オオカミと遭遇することはなかったのです(?)。

ではなぜ、独身は“アップル、、”をシカトしてしまったかと云えば、
それは、お値段です、、。

定価がいかがなものかはわかりかねますが、“緑”では、
“特売”と書かれていながら、おひとつ125円と云う、
お得なんだか、別段、お得でもないのか、微妙~なお値段設定なのです、、。

これが、おひとつ100円ならば、
(おぉっ、、!これは特売ではないかっ!)
と、あからさまに狂喜するところですが、
125円ともなると、果たしてよろこぶべきお値段なのか、
わからないってもんです、、。

そこで、独身は、ほかのお店でも再会出来ることを期待しつつ、
そのときは、そのままシカトして、あっさりとつぎのお店へと移動してしまったのです、、。

しかし、しかと考えてみると、独身の生活圏内にあるお店では、
“ポケモン”以外で、第一パンをスタンバイさせているところは、
ほとんどありません、、。

あったとしても、せいぜい、1個か2個程度で、ほかのメーカーのように、
もりもりっと、数多盛られている光景を目の当たりにしたことは、
いまだかつて、ありません。

と云うことは、つまり、独身がこの“アップル、、”と、
ほかのお店で再会する可能性は、あまり期待出来るものではない、
と云うことを意味しています、、。

やはり、あのとき、独身は、ささっとハンティングしておくべき、
だったのです、、。

と云うわけで、この日の独身は、数日前の愚行を猛省し、
ほかほかのお天気の中、“緑”へとまい進することにしたわけです。

さて、独身が“緑”に到着すると、駐輪場には、
いつものおよそ3倍ほどの自転車が大集合していることに気づきます。

すでに、駐輪場は満載に近い状態で、お店の出入り口の前にも、
数台の自転車がブッこまれています。

それもこれも、この日は、緑のポイント5倍デーと云うことで、
数多のお客が、こぞって大集合しているのでしょう。

これは、レジに大行列が出来ていることが妄想されます、、。

毎度、菓子パンひとつでレジに参戦する独身としては、
やはり、長蛇の列には、いささか気が引けてしまうところですが、
だいすきな菓子パンのためなら、そのへんのところは、シカトしておくことが肝要です。

ささっと菓子パンコーナーへと直行すると、そこには、
この日の100円特売が、特設ワゴンに詰め込まれています。

“緑”では、週1で、パンの100円特売を開催しているのですが、
ここに来て、独身は、あることにようやっと気づきます、、。

それは、この特売には、数ヶ月前から、
ずっと、おんなじ菓子パンが盛られている
、と云うことです、、。

中には、半年以上も前から見慣れているものすら、存在しています、、。

何某と云う、前総理よろしく(?)、
さっさと政権交代(?)でもして頂きたいところですが、
この日の独身には、しかとターゲットが決められているので、
何某前総理が、すっかり世間に忘れられているとしても、
別段、独身の気にすることでは、ありません。

ささっと菓子パンの棚に視線を戻すと、そこには、
数日前、独身が8軒めぐりをするハメとなった原因の、
アップルシナモン”がふたつ、こそっとスタンバイしているところを発見です。

相も変わらす、特売125円と、お値段表に書かれていますが、
大きさと、内容をかんがみると、125円は妥当かなぁ、とも思います。

と云うわけで、しかと“アップルシナモン”をワシづかみして、
さっさとレジへと移動します。

(きっとレジは待ち人で満載なんだろう、、。)
と、軽く憂うつなこころ持ちになるところですが、
独身の視界に映ってくるレジの光景には、ほんの数人のお客の姿しか、
確認出来ません。

どうやら、ほかのお客は、いまだ、お買い物に没頭されている模様です。

おかげで独身は、まったく並ぶことなく、
あっさりと清算を済ますことが出来ましたっ。

数日前は、ハンティングにおおいに時間をかけてしまいましたが、
この日は、すんなりと任務終了(?)です。

しかし、明日の独身には、“黄色のお店”の、
98円特売
と云う、大混雑のハンティングが待ち受けているのです、、。

独身が、特売大好物であり続ける限り、
この問題は、解決されそうにはありません、、。

第一パン--アップルシナモン。


甘く煮たリンゴにシナモンをきかせてもちもちとした生地を包み、
 カスタードクリームを絞りました
。”

と云うわけで、第一パンの今月の新作、
“アップルシナモン
”です。

さっそく生地から頂いてみると、“もちもち”を謳っていながら、
まったくもちもちっとした節は、感じられません、、。

なかなかの、がっしりとした生地で、
軽くかつかつっと、硬いことに気づきます、、。

表面を指で“デコピン”すると、
ぱすっと硬い乾いた音がします、、。

まるで、レストラン入り口に置かれているサンプルのようです、、。

もしくは、冷蔵庫に入れっぱなしになて、
すっかり硬く、乾ききってしまった、大福のお餅のようでもあります、、。

もちもちしないお餅ほど、哀しいことはありません、、。

こころ持ちとしては、
(よ~ぉしっ!大福を喰らうぞ~~ぉっ。)
と、気合満載でかぶりつくのですが、それとは裏腹に、
ぐいぐいの、硬いお餅だったことが判明すると、
こころ持ちは、一気に下降してしまいます、、。

これは、温かいお風呂だと思って、勢いよく飛び込んでみたところ、
実は真水であったことが判明し、すっかりからだも冷え冷え、
こころ持ちも冷え冷えになってしまうようなものです、、。

まあ、昨今では、電気でそのままお湯がたまるので、
このような惨劇が起こることはありませんが、
己の妄想とは異なる自体が発生することほど、
こころ持ちが急激に落胆することは、ありません、、。

この生地も、独身は、もちもちであると期待していたからこそ、
うきうき気分で喰らいついてみたのですが、それが、まったくのもちもちではなく、
ぐいぐい、かつかつの、硬(かた)乾いた生地であるとは、いったい、
誰が妄想していたと云うのでしょうか、、。

独身の足のかかとだって、
ここまでかつかつに硬乾いてはいませんよっ(?)。

さて、生地のお味のほうですが、これもまた、
かすかすっと、乾いたお味がします、、。

かつて、1、2度ほど、“カニパン”を頂いたことがあるもですが、
たしか、“カニパン”も、このような、かすかすの、
味っ気皆無のお味だったように記憶しています、、。

さらには、いささか苦味のようなものを感じます、、。

これはまるで、小麦粉、お塩、少量のお水、イーストのみで、
甘味も旨味もまったく存在しない、ささっと、ぱぱっと適当につくってみた
そんな粗雑な雰囲気がします、、。

そう云えば、むかし、とある美容院で、M田と云う男性美容師に、
「ついでに前髪も切ってください。」
と、お願いしたら、
「う~ん、、。ちょっと難しいなぁ、、。
 まあ、適当にやってみますよ。」
と云われ、そのまま帰ってやろうかと思ったくらい、
ご立腹したことを、いまだ、しかと記憶しています。

適当、とは、“適している”と、“やっつけ仕事的”な、
プラスとマイナスの、両方の意味を持ち合わせていますが、
たいていは、後者であることが多いように思われます。

この生地もまた、後者の意味、です、、。

第一パン--アップルシナモン。


生地の周囲には、シナモン入りりんごフィリング
そして、上には、カスタードが盛られています。

一見すると、カニのようなかたちをした生地ですが、
別段、“カニパン”と云うわけでは、ありません。

まずはりんごフィリングからですが、
なかなかやわらかく煮付けられているのですが、
しかと、りんごのしゃきしゃき感も居残りしてくれています。

角切りになっているので、やわらかながらも、
軽い、いい硬さも兼ねそなえているわけです。

ジャムではないので、てろ~んと、とろ~んとしたジャムっぽさは、
まったくありません。

まさに、りんごごろごろ、のフィリングです。

しかし、お味のほうは、ジャムよろしくの、
甘味満開になっています。

りんごとシナモンよりも、我先と登場するのは、
お砂糖の甘味、です。

じゅわじゅわっと、かなりの勢いで、
お砂糖の甘味が突撃
してきます。

そのあとに、りんごの甘味と、シナモンが遅れて登場です。

そんな中、シナモンは、ほふっといい風味と、
かおり高さで、かなりの存在感を放ってくれています。

りんごよりも、むしろ、シナモンのほうが強気の模様です。

これには、流石の“川島なお美さん”だって、
愛犬“シナモンちゃん”に、ゾッコンってもんです(?)。

しかし、主役であるりんごとシナモンを差し置いて、
まっさきにお口に侵入し、そして、幅を利かているのは、
お砂糖
と云うわけです、、。

生地の周囲にしか、りんごが詰め込まれていないので、
全体に対し、さほど多いと云うわけではないので、
お砂糖が、すべてを牛耳っていることはないのですが、
いかんせん、りんごの存在を、いささか邪険にしていることには、
変わりありません、、。

主役であるはずが、すっかり邪険にされ、終いには、
存在すら忘れられているとは、これには、流石の何某と云う前総理も、
意気消沈されていることでしょう(?)。

いや、むしろ安堵している、か、、(??)。

一方のカスタードのほうですが、かなり、ぶにぶにっ、
でっぷりとして、重いカスタードになっています。

お口にすると、まったり~、もったり~と入り込んで、
上あごあたりに、軽くはりついてきます。

軽く固形化している節は、否めませんが、
生地のような、かすかすっとした乾燥はありません。

お味のほうは、たまごのいい甘味と、まろやかなミルクが効いていて、
シンプルながら、なかなかいいお味を放ってくれています。

まあ、よくある、素朴なカスタードですが、
りんごフィリングほど、全体を占拠してしまいそうな、
突出した風味はありません。

第一パン--アップルシナモン。


さて、生地がもちもちしていないのなら、いっそのこと、
チンしてしまえ、と云うことで、20秒ほど、
あたためてみることにします。

すると、生地は、軽くふにふに~っと、やわらかくなって、
ほんわり感が生まれて、とても食べやすくなっています。

しかし、相も変わらず、もちもち感はなく、
ただ、ぐいぐいっと、適度な噛み応えのある生地になっただけ、です、、。

お味は、奇怪な苦味のような風味は抜け、
ほんわりとした、あたたかみのある風味になっています。

りんごフィリングのほうも、若干、くたくたっと、
やわらかくなっているものの、しゃきしゃきは、まだご健在の模様です。

しかし、“川島なお美さん”も狂喜してしまうほどのシナモンは、
常温のときの勢いは失せ、すっかりお砂糖の甘味ばかりが目立ってしまっています、、。

まあ、それでも、若干、ではありますが、
主役のりんごが、ようやっと姿を現してくれているようです。

カスタードも、でっぷりとした重みから、
軽くぽよっと、なめらかになって、たまごの風味も、
丸く、おだやかになっています。

やはり、常温よりかは、温めたほうが、
生地の食感も、全体の風味も、改善されているようです。

しかし、なぜ、このような、カニのようなかたちにしてしまったのか、
いささか理解が出来ません、、。

りんごフィリングとカスタードが、なぜ、
別居状態にならなければならないのか、
そこのところを是非、“元彌さん”、と云うより、
セッチー”にでも、うかがってみたいところです(?)。

せっかくおんなじ生地に、ふたつが同居していると云うに、
お口の中でガチンコしないだなんて、こんなにむなしいことはありません、、。

これは、まさに、“大連立”に失敗した、
自民”“民主”を象徴しているとでも云うのでしょうか、、。

呉越同舟”もはなはだしいってもんですっ(?)。

しかも、りんごフィリングがある部分は、
生地の脇、だけではなく、底にぱっくんと、割れ目が入っているので、
うっかりしていると、手にりんごがぺったんこ、してしまいます、、。

たしかに、見た目はインパクトがあるのですが、
実際に頂いてみると、ただ、食べづらいだけなので、
いっそのこと、ふつうの菓子パンのように、
生地の中に一緒に詰め込んで頂きたいです、、。

これには、流石の“小沢さん”だって、プッツンして、
りんごフィリングが下から漏れてしまうってもんです、、(?)。

しかし、このりんごとカスタードの“大連立”失敗で、
独身が軽く損をしても、得することは、さほどありません、、。


購入価格:125円。

栄養成分表示(製品1個当たり):
エネルギー:346kcаl
たんぱく質:5.0g
脂質:8.1g
炭水化物:63.9g
ナトリウム:380mg

独身評価:★★☆☆☆
スポンサーサイト





タグ:

HOME