FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2007年11月16日[Fri]

ローソン--こだわり特撰ジャムパン~とっておき宣言・山崎製~。

ローソン--こだわり特撰ジャムパン~とっておき宣言・山崎製~。


ローソン、今週の新作の“こだわりシリーズ”のリニューアルッ!
この生地は、“KY”なのかっ!

♪誰だっ!誰だっ!誰だ~~~~ぁっ!
 「いつもありがと、、」云う店員~~っ、
 あ~お(青)~と~~ぉ、し~~~ろ(白)~の~~ぉっ!(じゃじゃじゃっ)、
 ロ~ソン~~ッ!♪

ガッチャマン”が、白い翼を持つのなら、
久々に逢う、“東南のローソン”の店員は、
青と白のユニフォームを着ているってもんです。

この日は、毎度おなじみ、“オレンジのスーパー”の、
パン2割引、のはず、です。

しかし、早々に結果からおおっぴろげにしてしまえば、
独身は、“オレンジ”ではなく、久々の“東南のローソン”で、
ハンティング
を行っています。

なぜ、独身は、大好物の“オレンジ”の特売をシカトして、
なんら特売とは無縁の、コンビニへとまい進するのか、
それには、いささか哀しいおはなしをしなければ、なりません、、。

今月に突入して、すでに“オレンジ”の特売は、
この日を含めて、計3回、開催されています。

ところが、独身は、3回のうち、
いちども“オレンジ”でターゲットを確保していないのです、、。

第1週目は、ちょうど霜月初日と云うことで、
いったい、どんな新作と遭遇出来るのかと、
うきうきのこころ持ちで参戦したものの、独身の目の前に広がる光景は、
ちっとも新作がスタンバイしていない、なんとも虚しい特売ワゴンではありませんか、、。

しかも、その日は、いつもの2割ではなく、
特別3割引だったのにも関わらず、独身は、
期待していたターゲットにシカトされてしまったのです、、。

初日と云うことで、さっそく新作が盛られていると妄想していたのですが、
どうやら、“オレンジ”では、スタートが遅れてしまった模様です、、。

幸運にも、初日と3割がガチンコしたと、かなり狂喜したのですが、
皮肉にも、そのことが災いし、独身は、一気に奈落の底の手前あたりまで、
叩き落された、と云うわけです、、。

とは云え、そのあとに訪れた“黄色のお店”で、
Pascoの新作を、さっそく98円でハンティング出来たので、
まあ、“災い転じて、、”と云えるのかも、しれません。

さて、第1週は、すっかりハンティングに失敗してしまいましたが、
そうそう、2度もおんなじことを繰り返す独身ではありません。

いつも以上に気合満載で、“オレンジ”へとリベンジにするため、
先週も参戦してみたのですが、独身めがねに移り込んでくる数多の菓子パンの中には、
見事に、ひとつも新作が盛り込まれていないではありませんかっ、、。

しかも、数ヶ月、数年前から、菓子パン界にはびこっている(?)、
重鎮的存在の、おなじみの菓子パンばかりが、菓子パンコーナーを占拠しています、、。

これには独身、落胆を通り過ぎて、しばし呆然としてしまいます、、。

結局、独身は、2週連続で、“オレンジ”の特売で、
なんらターゲットを発見することが出来ず、そそくさと退散するハメになったのです、、。

さて、この日も、変わらず“オレンジ”の特売が開催されるわけですが、
3度目の正直”なのか、はたもや、“2度あることは3度ある”なのか、
独身のこころ内は、ゆらゆらっと揺れ動いています。

特売大好物の独身としては、やはり、週1の特売をシカトすることは出来ませんが、
3週も新作にシカトされるとなると、“3回目の浮気”よろしく、
そうそう、大目に見ることは出来ません。

やはり、ビビりの独身ゆえ、
思い切って“虎穴”に突撃するような勇気はありません、、。

と云うわけで、この日、独身がまい進するのは、
緑のスーパーα”です。

実は、“緑α”も、“オレンジ”とおんなじ日に、
パン3割引を開催しています。

2割と3割とでは、当然、3割のほうがお得なのですが、
いかんせん、“緑α”は、“おんなこころと秋の空”よろしく、
新作に対し、なんともきまぐれな対応をしてくれているのです、、。

新作がもりっとスタンバイされている月もあれば、
まったく新作がないと云う、いささか盛り上がりに欠けた月もあるのです、、。

ここ最近は、ずっと新作と遭遇出来ていないと云うこともあって、
独身が“緑α”を訪れることはありません。

そろそろ、新作のひとつやふたつ、あってもよろしいのではありません、
と云うことで、数ヶ月ぶりに“緑α”行きを決行することにします。

しかしっ、、。

久々だと云うに、相も変わらず“緑α”は、
毎度おなじみ、重鎮的菓子パンしか、スタンバイしていないではありませんか、、。

中には、先月ハンティングし忘れた菓子パンのひとつくらい、
あってもいいのですが、それすらない、のです、、。

これはもう、
3回目の浮気くらい、多めに見ろよ
どころの騒ぎでは、ありません、、。

独身は、いったい何度、“緑α”にシカトされたことでしょう、、。

これには、流石の独身の堪忍袋、ではなく、
マイバッグの取っ手部分だって、糸がほつれてしまうってもんです、、(?)。

と云うわけで、“オレンジ”でも、“緑α”も、
相次いでハンティングに失敗してしまった、なんとも哀れな独身です、、。

と云うわけで、この日、“ジュリア”よろしく(?)、
傷心の独身が流れ着いたのは、“東南のローソン”です。

ここ、“東南”と云えば、数ヶ月前、
独身が“マイ・ローソンパス”を申し込んだお店です。

本来なら、1週間ほどでカードが届くはずが、
5ヶ月ほど経っても、いっこうに送られてこないと云うことで、
再度、東南へとおもむいて、もういちど、申し込みをしています。

このカードの場合は、“3度目、、”ではなく、
“2度目の正直”と云うことで、1週間ほどで届いたのですが、
2度目の申し込みのとき、東南の男性店員は、独身に、ひとこと、
余分なことを云ってくれたのです、、。

独身が、女性店員さんに、
カードが5ヶ月経っても来ないことを告げると、
ふらっと男性店員が登場し、独身に、
「ローソンカードは、各店舗ではなく、本社の問題ですからね~ぇ。
 それに、ほかの郵便物と混じってしまった、と云うことも考えられますからね~ぇ。」
と、まるで世間話でもするかのような表情で、云い放ちます、、。

そんな、各店舗、本社のことなど、
いち、お客である独身には関係ねぇっ!
ってもんです。

それに、あたかも独身がカードを紛失したかのような発言は、
失礼千万ってやつです。

まあ、その男性店員も、そのようなつもりで云ったのではないのかもしれませんが、
いずれにせよ、余分な発言であることには、変わりありません。

そんな、無礼な店員のいる東南ですが、これも皮肉なことに、
独身が、はじめて“マイローソンパス”を利用したのも、
東南です、、。

これは、因縁とでも云うのか、因果とでも云うのか、
独身とカードと東南は、なにかのご縁があるようです、、。

そんな東南に、この日独身は、
久々にハンティングに訪れることにします。

狙い撃ちするのは、これまた久々の登場となる、
こだわり特撰ジャムパン”です。

“こだわり、、”と云うと、昨年8月に初登場して以来、
独身がずっとヒイキしているシリーズのひとつです。

ここ数ヶ月、ずっとお目にかかっていなかったのですが、
ようやっと新作が登場すると思ったら、初登場の“、、ジャムパン”が、
リニューアルして、再登場ですっ。

“こだわり、、”ヒイキの独身としては、このリニューアルを、
うかうかシカトするわけにはいきませんっ。

独身の計画では、この日は“緑α”でハンティングして、
翌日に、“こだわり、、”と再会する予定でいたのですが、
その“緑α”で、予想外の展開となってしまったと云うことで、
ここは、予定をささっと変更して、さっさと東南へと移動することにします。

さっそく東南に到着すると、菓子パンコーナーには、
しかと、“こだわり、、”が5つほど、盛られているところに遭遇ですっ。

軽く見極め作業を開始ると、右端のシールには、
さらにおいしくなりました”と書かれています。

初代の“こだわり、、”は、なかなか好印象だったこともあり、
それが、もっとおいしくなっているだなんて、これには、
独身の期待度も、もりもりっと盛り上がってしまうってもんですっ。

と云うわけで、早々に“こだわり、、”をワシづかみして、
レジへと清算に向かいます。

ここで、当然、“マイローソンパス”もお供させるわけですが、
カードをお返しするとき、目の前のレジの店員さんが、ひとこと、
いつもありがとうございます。」
と、付けたししてくれます。

これには独身、思わず脳内が疑問符で満載になります。

独身が、ここ東南を訪れるのは、
かなりお久しぶりのことです。

独身の生活圏内には、イケメン店員さんのいる“イケメンローソン”や、
いささか遠方にある、“北のローソン”があります。

カード事件以来、独身は、“イケメン”のほうをヒイキしているので、
“いつも、、”と云われるほど、東南にはお世話になっていません。

と云うことは、カードを所持しているから
“いつも、、”と、おっしゃってくれたのかも、しれません。

そんなことを考えつつ、清算を済ませ、
ささっと東南から退散すると、ふと、独身の脳裏に、
ある記憶がよみがえってきますっ、、!

それは、さきほどの店員さんが、数ヶ月前、
独身に失言を放ってくれた、あの、男性店員である、
と云うこと、です、、。

となると、“いつも、、”と云うのは、カード所持、ではなく、
店員さんが、独身のことを記憶していたから、云ってくれた可能性も考えられます、、。

これには独身、いささか複雑なこころ持ちになります、、。

やはり、独身と東南とカードには、
蜜~な縁で繋がっている模様です、、。

この、リニューアル版の“こだわり、、”も、
蜜~な内容のジャムパンであることを期待、します、、。

ローソン--こだわり特撰ジャムパン~とっておき宣言・山崎製~。


苺本来の味を生かしたジャムを
 ソフトな白生地で包みました
。”

と云うわけで、ローソンの今週の新作、
“こだわり特撰ジャムパン
”です。

ローソンの“こだわりシリーズ”と云えば、
こだわり特撰ジャムパン”、
こだわりりんごジャムパン”、
こだわり特撰ブルーベリー”、
こだわり特撰ミックス苺ジャムパン”、
信州あんずじゃむとクリームのパン”、
愛知西尾産抹茶とみるくのパン”、
こだわりマンゴージャムパン”、
山梨産白桃デニッシュ”を頂きました。

さて、生地ですが、“初代の“、、ジャムパン”は、
生地が黒生地だったのに対し、今回のリニューアルは一転、
白生地になっています。

さっそく頂いてみると、ふんにり~とした、
やわらかな生地であることに気づきます。

なかなかしっとりとした水分があるので、
それが、ふにっとした、いい意味で、腰のない、
やわな食感になっている、と云うわけです。

しかし、キメがとってもみっちりと詰まっているので、
やわっとしていながらも、ぴっちりとした蜜な生地であることも伝わってきます。

さらには、ほんわりとした、やさしい食感でもあって、
なかなかの“こだわり”っぷりが、しかと実感出来ます。

ところが、これが生地の表面となると、
いささか様子が異なっている模様です、、。

内側の、ふんにりとした、やわな生地とは相反し、
表面は、かなりぱすぱすっと、はりはりっと硬くなっていることがわかります、、。

まるで、袋から取り出して、半日ほど放置してしまったために、
すっかり水分が抜けて、乾燥ではりはりになってしまった、
そんな哀れなパン生地を妄想します、、。

独身も、霜月に突入してから、すっかりお肌が乾燥まっしぐらで、
ぱりぱりっと、つっぱています、、。

これには、流石の“フミヤさん”だって、
♪開封早々はりはりで~ぇっ、
 表面乾燥しているよ~~ぉっ、
 お~肌みたいにつっぱって~~っ、
 年増の独身っ、(じゃじゃじゃっ)
 バカにした~~ぁっ!♪
と、“ギザギザハート、、”よろしく(?)、
思わずつっぱってしまわれるってもんです(?)。

生地のお味ですが、こちらはかなりすっきり、
あっさりとしていた、白パンまっしぐらの、
典型的なお味
です。

これは、神戸屋の“フランスシリーズ”のお味と酷似しているように思えます。

別段、甘味や旨味と云ったものはないのですが、
ほんわりと、かすかにお塩が参戦しているような気がします。

これはおそらく、生地が完全にいちごジャムの引き立て役に徹していることが、
妄想されます。

チェッカーズ”で云えば、コーラスのおふたりのようなものでしょうか。
(いやっ、それは失礼ってやつだろう。)

ローソン--こだわり特撰ジャムパン~とっておき宣言・山崎製~。


生地の中には、いちごジャムマーガリン、さらには、
いちごのシロップ漬けが盛り込まれていますっ。

かなり片寄ってはいますが、
なかなかたっぷりと満載であることがわかります。

さっそく頂いてみると、ぶるぶるっとして、
かなりどっぷりとした、濃密なジャムになっていますっ。

初代の“、、ジャムパン”は、
これとは裏腹に、もっとてろ~んっと、さらっとした、ゆるやかなジャムだったように記憶しています。

今回はリニューアルと云うことで、まったく相反した、
重みのあるジャムへと変貌しています。

お口の中で、まったり~と、軽くはりついてくるような勢いがあるのですが、
水あめのような、べっとりとしたはりつきは、ありません。

どっぷりとしていながら、なめらかさもかねそなえているようです。

お味のほうですが、こちらも口あたり同様、
かなりの勢いがありますっ。

お口にした瞬間、ジャムの甘味がじゅわじゅわっと、
じくじくっと、“ハチのように刺す”よろしく、
攻撃的な勢いで突進してきますっ。

かと云って、クドい甘味、重い甘味と云うわけでは、ありません。

それも、いちご自体の甘味、風味も、
しかとお味の主張をしてくれているからですっ。

甘味もいちごのお味も、かなり濃厚で、
どしどしっと、お口にのしかかってきますっ。

さらには、いちごのいい酸味もあるので、
甘味がありつつも、さっぱりとした雰囲気でもあります。

ときおり、いちごのシロップ漬けなる、果肉が参戦してきます。

どぶんっと大きめの果肉で、種のぷつぷつが、
いい食感を放ってくれています。

とは云え、あっちこっち満載と云うわけではなく、
この果肉とのランデブーは、刹那のことに過ぎません、、。

ぜいたくを云えば、もっと果肉を登場させて頂きたいです。

ローソン--こだわり特撰ジャムパン~とっておき宣言・山崎製~。


さて、もうひとつのマーガリン、ですが、
こちらは、ほとんど存在感がないと思っていたら、
いちごが寄っている反対側に、しかと生息している模様です。

マーガリンと云うと、ほんわり黄色くなっているのですが、
この生地のマーガリンは、マスカルポーネチーズよろしく、
真っ白になっています。

黄色のマーガリンとは異なっているせいか、
ぬるぬるっとした油分は、ほとんど感じられません。

お味のほうは、はじめは、なかなかまろやかだと思いきや、
あとから、じゅわじゅわっと、つんつんっと、
マーガリン特有の酸味が突撃してきますっ。

しかし、黄色マーガリンほど、攻撃性はありません。

おだやかで、ミルキーな節もあって、
なかなかすっきりとした、軽やかなマーガリンです。

そのためか、いちごジャムと相成ると、
まったくと云っていいほど、マーガリンの存在感はありません、、。

と云うか、いちごジャムのほうが、かなりお味の勢いがあるので、
すっかりマーガリンを圧倒しています。

まあ、独身としては、いちごオンリーでも、
別段、不満、不平はないくらい、いちごジャムがかなり濃厚で、
濃密なので、マーガリンがなくとも、“フミヤさん”よろしく(?)、
ナイフみたいにとがってしまうことは、ありません(?)。

初代のジャムパン”の場合は、
いい意味で、いちごの酸味が全開で、すっきり、あっさりとしているので、
今回のリニューアルとは、まったく雰囲気が異なっています。

そのため、リニューアルとは云え、ある意味、
異種のジャムパンと云えるのかもしれません。

独身は、初代のすっきりもお好みでしたが、
この濃厚ないちごも、お好みです。

それだけに、生地の表面の硬さが、かなり惜しいところです、、。

全体としては、ジャムはかなり優秀で、いい仕事をしてくれているのですが、
いかんせん、生地の表面がぱりぱりっと乾燥しているので、
それが、いささか全体の雰囲気を乱しているように思えます、、。

やはり、菓子パンは、生地と中身が一体となって、
菓子パンと云えます、、。

まさに、この生地は、“KY”です、、(?)。

人も菓子パンも、
全体の空気ってやつを読んで頂きたいものです、、。


販売価格:130円。

栄養成分表示(1包装当り):
熱量:316kcаl
たんぱく質:6.6g
脂質:11.7g
炭水化物:46.1g
ナトリウム:270mg

独身評価:★★★★☆
スポンサーサイト





タグ:

HOME