FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2007年11月18日[Sun]

サークルKサンクス--ホワイトチーズクリームペストリー~まごころ仕込み おいしいパン生活・山崎製~。

サークルKサンクス--ホワイトチーズクリームペストリー~まごころ仕込み おいしいパン生活・山崎製~。


フランス産チーズ使用のチーズパンッ!
独身も、このチーズクリームも、一生懸命が空回り、しています、、。

♪独身っ、もう~ぉっ、気づいたかしら~ぁっ、
 白い、チ~ズの、菓子パンを喰うっ、
 今週、新作、信じて確保~ぉっ、
 だけど~ぉ、シ~ルはぁ、どこにもない~~っ♪

さだまさしさん”が、赤い手ぬぐいをマフラー代わりにして、
銭湯へとまい進していたころをおぼえているのなら(?)、
この日の独身は、黒いストールをマフラー代わりにして、
この“ホワイトチーズクリームペストリー”を、
うっかり勘違いに気づきことなく、ハンティングしてしまうってもんです、、。

ここのところの独身は、なかなかお好みの菓子パンと遭遇出来ないと云う、
大不作(?)の日々が続いています、、。

数日前は、8軒ものお店を駆け回り、そして昨日は、
5軒目に流れ着いたミニストップで、ようやっと、ターゲットを発見しています、、。

こうも、ターゲットにシカトされ続けていると、
いくら菓子パン大好物の独身だって、思わず落ち込んでしまうってもんです、、。

しかも、そんな独身の哀しみに、さらなる追い討ちをかけるかのごとく、
気温も、一気にぐぐっと下がり、独身の手足の体温も、テンションも、
比例して急降下しています、、。

この日も、ハンティングの厳しさが身に染みるような、
寒さ全開の1日、です、、。

昨日のハンティング難のこともあり、この日の独身は、
ある決意を持って、ハンティングに臨むことにします。

それは、“黄色のお店”と“緑のスーパー”でターゲットを発見出来なければ、
この日のハンティングは、さっさと切り上げてしまえよ、ホトトギス(?)、
と云うこと、です。

そして、ささっと結果から云ってしまえば、独身は、
見事、“黄色”にも“緑”にも、スカを喰らっています、、。

もう、こうなると、哀しいを通り過ぎて、
軽く失笑してしまうってもんです、、。

と云うわけで、“コムスン”、ではなく(?)、
独身の誓い通り、もう、この日はおやすみしてしまおうと、
くるんっときびすを返し、帰宅の途につこうとする独身ですが、
こころ内の端っこのほうでは、ほんとうにそれでいいのかと、
自問する声が聞こえてきます、、。

相原こずえさん”だって、苦しくたって、哀しくたって、
コートの中なら平気、なのに、菓子パンハンターの独身が、
たった2軒でハンティングをあきらめてしまうだなんて、
流石の“柳原監督”だって、ご立腹されるってもんです(?)。

やはり、喰いしん坊の独身は、毎日のこころとお腹のオアシス的存在(?)、
菓子パンをシカトしてしまうことは、目の前を通過する石焼きイモ屋さんを、
そのまま受け流すようなものです(??)。

と云うわけで、独身は、ふたたび闘魂を己に注入し、
新たなこころ粋で、ハンティングを継続することにしますっ。

そして、“黄色”、“緑”のあと、3軒目のサークルK.で、
ようやっと、独身好みの菓子パン発見ですっ、、。

結局、この日も5軒めぐりを決行してしまいましたが、
フランス産チーズ使用と云う、いささかものめずらしい菓子パンと、
なんとかめぐり逢うことが出来ました。

昨日は、レジでお金を支払うとき、独身の冷え凍った手で、
うっかり店員さんの手に触れてしまい、かなりご迷惑をお掛けしてしまいました、、。

この日は、昨日の教訓を活かし、ぎりぎりのところまで、
手を差し出し、手に触れないように、そっと小銭を落とす感覚で、
支払いを済ませます。

無事、この日のハンティングを終えることの出来たわけですが、
このときの独身は、あるうっかりを仕出かしていることに、
まったく気づかずにいたのです、、。

それは、この“ホワイトチーズクリームペストリー”が、
実は、新作ではない、と云うことです、、。

たしか、店頭では、“新発売”と云う張り紙のようなものがあったので、
(嗚呼、そうか、新作かぁ。
 サイトの新作情報では、掲載されていなかった、裏新作(?)かぁ。)
と、あたかも己が発掘したかのごとく、軽く悦に入っていたのですが、
しかと袋を見つめてみると、そこには、新作の証しである、
新作シールが貼られていないことに、いまさら気づく独身です、、。

まあ、別段、新作のみのハンティングを行っているわけではないので、
ナイス菓子パンならば、旧作だって平気だもんっ、ってやつですが(?)、
新作だと思い込んで確保しているので、それがうっかり勘違いとなると、
軽く凹んでしまうってもんです、、。

どうやら、今週の独身のハンティング運(?)は、
マドモアゼル・数子”によると(!)、真冬よろしくの、
大殺界ってやつ、の模様です、、。

おそらく、
「あんたっ!地獄に落ちるわよっ!」
とでも、おっしゃっているのかも、しれません、、(?)。

せめて、この“ホワイトチーズ、、”が、開運、
とまではいかずとも、ささやかな、こころの癒しにでもなってくれればと、
切に願う、独身です、、。

サークルKサンクス--ホワイトチーズクリームペストリー~まごころ仕込み おいしいパン生活・山崎製~。


チーズの味と香りをお楽しみください。”

と云うわけで、サークルKサンクスの、
“ホワイトチーズクリームペストリー
”です。

さっそく生地から頂いてみると、とってもふんにり~として、
やわらかい食感になっています。

喰らいついたときは、ふんにりっとしているのですが、
しかともぐもぐすると、わりとみっちりとして、
ぐぐっとキメが詰まっていることがわかります。

これは、デニッシュのように、生地が層をなしているゆえ、
いささか厚みのある生地になっているものと妄想されます。

さらには、層が功を奏しているのか(?)、
ほぐほぐっとした、いい歯ごたえ、と云うか、
切れのよい生地にも感じられます。

お味のほうですが、生地をしかと見つめてみると、
ほんわりと、黄色い層が折り込まれていることに気づきます。

これはたしか、店頭にあった張り紙では、
マーガリンと書かれていたように記憶しています。

しかし、実際にお口に運んでみると、
別段、マーガリンのお味はやってきません、、。

もしや、マーガリンではなく、チーズなのか、
とも思うのですが、チーズのようなお味すら、
生地からは登場してきません、、。

生地の黄色の層からして、もっと、まろやかさや、
コク、甘味と云ったものが参戦しているものと妄想していたのですが、
まったくもって、独身の妄想損とおわってしまった模様です、、。

とくに特徴のない、いささか素っ気ない生地と云った雰囲気で、
ただ、つるっとした表面の香ばしい風味だけが、
お口に虚しく漂っているだけ、です、、。

これは、軽くねこだましでも喰らったかのようなこころ持ちになります、、。

もしくは、歯磨き粉だと思っていたのが、
いざ、お口に入れてみると、やたら泡泡しているので、
なんだこりゃっ!と、しかとチューブを見つめてみると、
実は、洗顔フォームだったことが判明した、そんな感じでしょうか(?)。
(独身母、実話。)

サークルKサンクス--ホワイトチーズクリームペストリー~まごころ仕込み おいしいパン生活・山崎製~。


生地の中には、フランス産のほにゃららと云う、
チーズクリームが盛り込まれています。

店頭では、しかとチーズの銘柄が書かれていたのですが、
いかんせん、はじめてお目にかかる種のチーズなので、
独身、うっかり忘れてしまいました、、。

まあ、めずらしいチーズであることには、相違ありません、、。

さて、さっさと頂いてみると、ふにっとやわらかなチーズですが、
しかとお口にしてみると、なかなかねっとり、まったりとしています。

口あたりはなめらかで、さほど重々しいまったり、
と云うほどではありません。

お味のほうは、わりとさっぱりとしているのですが、
あとから、じゅわじゅわっと、まろやかな甘味が登場してきます。

ミルキーなコクもあって、全体的に、丸いイメージのあるチーズです。

さらには、どことなく、マーガリンのような、
じわじわっとした酸味のようなものも感じます。

一見すると、やわらかで、おだやかなお味なのですが、
実に、いろいろな表情を見せてくれる、味わい深いチーズの模様です。

サークルKサンクス--ホワイトチーズクリームペストリー~まごころ仕込み おいしいパン生活・山崎製~。


残り半分は、レンジで20秒ほどチン、してみることにします。

すると、常温でも、ふにふにっとやわらかい生地だったのですが、
チンしたことで、より、ふにふにっとなって、いい意味で、
腰のないやわらか生地になっています。

とは云え、生地の表面がかっ!と、香ばしく焼かれていることもあって、
チンしても、軽いヒキのような強さがあります。

さらには、常温では、ぐぐっとした層の厚みのようなものが印象強かったのですが、
しっとり感が加わったことで、ぴっとりとした、なじみのよい、食べやすさを感じます。

お味ですが、チンすれば、黄色い層のマーガリンが、
もっと強気になってくれるものと妄想していたのですが、
相も変わらず、突出した旨味や甘味と云ったものは、確認出来ません、、。

まあ、ほわほわっと生地の風味に温かみが生まれ、
若干、味わいが生まれていますが、やはり、
黄色の層の不在が気になるところです、、。

一方のチーズクリームですが、てろっとやわらか、
なめらかになって、常温のときの、まったり感が、
軽くおだやかになっています。

お味は、つんっとした酸味が強みを増したようで、
ミルキーな甘味とコクが、若干、影を潜めてしまったように思えます。

ただ、香りもぼふっと勢いを増して、
お口に広がっていきます。

常温とチンでは、かなりお味に違いが出ている模様です。

さて、全体として、ですが、
“チーズの味と香りをお楽しみください。”
と云うわりには、さほどチーズチーズしていません、、。

やはり、生地にお味がないのと、生地の量に対し、
クリームチーズの量が、いささか少なめであることも、
影響しているものと思われます。

チーズ自体は、とっても味わい深くて、
まろやかな甘味とコクがあるのですが、それを、
生地がしかとサポートしていないのが残念なところと云えます、、。

さらには、生地の表面が、思いもかけず、
かなりのお焦げの香ばしさを主張しているので、
これも、若干、チーズをお邪魔している感は、否めません、、。

これには、流石の“眞紀子さん”だって、
とりまきが悪すぎるんですよっ!」
と、“福田官房長官(当時)”を攻撃してしまうってもんです(?)。

もしくは、チーズが一生懸命なのに対し、
生地がそれを邪魔していることに、
「残念ですね~ぇっ。
 一生懸命やっているんですけどねぇっ!」
と、なみだを流されるってもんです、、(?)。

独身も、ここのところのハンティング難で、
一生懸命が空回りしています、、。


販売価格:126円。

栄養成分表示(1包装当り):
熱量:396kcаl
たんぱく質:8.1g
脂質:19.1g
炭水化物:48.0g
ナトリウム:550mg

独身評価:★★★☆☆
スポンサーサイト





タグ:

HOME