FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2007年11月28日[Wed]

Pasco--いちごシャルロット。

Pasco--いちごシャルロット。


Pasco、11月27日発売の、中部地区限定の新作、“いちごシリーズ”ッ!
“川島なお美さん”曰くの、“甘いだけではない、、”、、?

♪し~~ぃんさ~~ぁく(新作)、“いちごシリ~ズ”ッ、
 よ~んしゅ(4種)の~パ~ン~が~~ぁっ、
 ちゅ~ぅぶ(中部)~に~ぃ、と~ど~く(届く)~~ぅっ、
 “き~い~ろ(黄色)”~ぉにぃ、きっとある~~ぅっ、

 ど~~ぉん~な~~ぁに不作期で~~ぇっ、
 く~じ~け~ぇそ~ぉおでも~~っ、
 ま~い~し~ん(まい進)~、す~る~さ~~ぁっ、
 か~な~ら~ずっ、“いちご”は“黄色”ある~~~ぅっ!♪

どんなに困難で、くじけそうになっても、
想いが誰かに届くときが、必ずやってくるのなら、
この日の独身は、月末に新登場する、新作シリーズ菓子パンと、
必ず“黄色のお店”で出逢えると、しかと信じて、
菓子パンハンティングにまい進するってもんですっ。

月末と云うと、めっきり新作菓子パンと遭遇する機会もめっきり激減するため、
独身のハンティングも、軽く不作期に突入してしまいます、、。

それに加え、今月は、どういうわけか、
早いうちから、独身の生活圏内の、あっちこっちのお店で、
なかなか新作や、独身好みの菓子パンが姿を消していることもあって、
実に、8軒ものお店を駆けめぐると云う、軽い窮地に立たされたこともある独身です、、。

周囲には、何軒もスーパーやショッピングセンターがあるのですが、
実際に、菓子パンハンティング先として、登録されているお店は、
4~5軒程度、です、、。

以前なら、菓子パンに情熱を注いでいたスーパーも、
いつの日にか、めっきりお熱が冷め、むかしながらの、
定番の菓子パンしかスタンバイさせなかったり、最悪、
菓子パン部門を縮小してしまったスーパーもあるのです、、。

そんなわけで、独身がハンティングを開始したころに比べると、
いささかハンティングのしづらい環境に変化していることは、否めません、、。

そんな、すっかり意気消沈気味の独身のもとに、
ある驚愕の情報が舞い込んできますっ、、!

それは、霜月の最終週の27日に、Pascoから、
中部地区限定で、いちごの菓子パンが8種も登場すると云うではありまんかっ、、!

月末と云う、ハンティング難のタイミングで、
しかも、12月の新作を差し置いて(?)、
さっそく新作が中部地区に届けられると云うわけですっ。

これには独身、思わずパソコンの画面にガッついてしまうってもんですっ。

と云うわけで、ここ数日、ずっと、
いちごシリーズ”が静岡にやって来るのを、
首を伸ばして、シワと小顔対策の運動をしながら、待ちわびていた独身です。

そして、この日、ようやっと、“いちごシリーズ”と、
初顔合わせをするときがめぐって来ますっ。

と、その前に、訪問するハンティング先を決定させなければ、なりません。

実は、この日は、毎度おなじみの、“黄色のお店”の、
98円特売日
です。

いつもの独身なら、なんら迷うことなく、
さっさと“黄色”めがけて、まい進しているところです。

しかし、この日は、“いちごシリーズ”と云うターゲットが、
しかと決められています。

つまり、独身のこころ内には、“いちご、、”で満載なので、
ほかの菓子パンが喰い込んで来る余地は、1ミクロもないのです。

とは云え、発売初日に、“黄色”の特売で、
さっさと登場していると云う保障は、どこにもありません。

となると、新作にいち早く反応するお店は、
あとは、“オカンのスーパー”くらいしか、考えられません。

その“オカン”に至っても、前日がパン割引日だったと云うこともあり、
もし、“いちごシリーズ”が、早々に盛られているとしても、
特売対象外で、“黄色”より、お高いお値段設定になっている可能性も、
重々考えられるのです、、。

ところが、“オカン”は、パン特売日を、しかと設けているにも関わらず、
毎日、日替わりで、なんらかのパンを特売しているので、いつなんどき、
お得な菓子パンが登場するのか、予測がつかないのです、、。

よって、“いちごシリーズ”が登場するのは、
“黄色”も“オカン”も、可能性としては、どっこいどっこい
と云ったところなのです、、。

“オカン”へ行くべきか、“黄色”へ行くべきか、
それが問題ぢゃってやつです、、。

これには、シェイクスピアの翻訳をした、
流石の“坪内逍遥”だって、“ハムレット”よろしく、
悩ましげなポーズで、思わず考え込んでしまうってもんです、、(?)。

独身も、さんざ頭を悩ませてみた結果、まずは、
確実に98円特売が行われている“黄色”を優先して、
盛られていなければ、“オカン”へと、移動してみることにします。

さて、やはり、週1の特売なだけあって、
いつもの倍以上の、数多の自転車や車が参戦しています。

独身も、負けじと、さっさと店内へと侵入し、
軽い不安感を抱きつつも、特売ワゴンに接近します。

西田ひかるさん”だったら、弱気になっている独身に、
♪あるあっるっるっる~ぅっ、“いち~ご、、”あるっ、
 かな~りぃ、盛ら~ぁれ~てる~~~ぅっ♪
と、鼓舞してくれることでしょう(?)。

そのおかげ、なのか(?)、ふたつあるワゴンのうち、手前側に、
さっそく“いちごシリーズ”が4種、しかと存在しているところを発見ですっ。

おいしいシューロール”よろしくの、シュー生地が乗っかったもの、
いちごのぶつぶつが盛り込まれた、いちごチョコがサンドされたもの、
銀チョコ いちごゼリー&いちごホイップ”、そして、
いちごシャルロット”ですっ。

どれもこれも、まさに、独身好みの、
魅惑満載の、いちごの菓子パンが勢ぞろいですっ。

こんなまで、こころうきうきっとするのは、
ほんとに久々のことです。

ここ最近の独身は、ナイス菓子パンに、すっかりシカトされ、
かなりヘコんでいたこともあり、いささか、菓子パンに対する情熱が、
盛り下がっていたことは、否定出来ません。

そこに来て、ようやっと、独身のこころ持ちに、
べホマ”よろしく、回復させてくれる菓子パンとめぐり逢いですよっ、、!

これには、流石の“川島なお美さん”だって、
「47年間、独りでいてよかったっ。」
と、よろこびをおおっぴろげにさせてしまうってもんです(?)。

20余年、独りの独身も、“川島なお美さん”のような、
スイーツ婚”、とはいきませんが、お相手の“鎧塚さん”も、
思わず驚愕してしまいそうな(?)、いちごホイップ満載の、
ロールケーキが、もっとも独身のこころをワシづかみにしてくれますっ。

いささか小振りなサイズではありますが、“はみだし王子”よろしく(?)、
思わず生地からはみだしてしまいそうな、いちごホイップが、
ぐぐっと、誘惑してくれますっ。

と云うわけで、久々のハイテンションで、
さっそくターゲットをワシづかみしますっ!

本音を吐露してしまえば、いっそのこと、
4種、すべてをお持ち帰りしてしまいたいところですが、
独身は、“1日1菓子パン”をマニフェストとしているので、
いちどに4種をハンティングすることは、困難と云えます。

とは云え、もし、この“いちごシリーズ”と、今後、
特売の対象物として、再会出来なかったとしたら、
と妄想すると、かなり後ろ髪を引っ張られるこころ持ちになります、、。

しかし、ここは、
♪し~ん~じ~る(信じる)~、こ~と~さ~~ぁっ、
 か~な~ら~ずっ、特売、出逢うはず~~~ぅっ♪
と、己に勝つ、ではなく、喝を入れて(?)、
残りの“いちごシリーズ”と、しばしのお別れをする、独身なのでありました。

Pasco--いちごシャルロット。


たっぷりのいちごホイップクリームと
 粒々いちごジャムをいれました
。”

と云うわけで、Pascoの中部地区限定の新作、
“いちごシャルロット
”です。

さっそく生地から頂いてみると、と~ってもみっちり
みっしりと、蜜に詰まっていることに気づきます。

かなりキメが細やか、繊細で、なんどもお粉をふるいにかけて、
メレンゲを、もふもふっと泡立てて、泡を壊さないように、
慎重に、ご丁寧に混ぜ込まれたさまを、妄想してしまいますっ。

そのためか、口あたりも相当なめらかで、
さわさわっと、やさしくお口に触れてきます。

さらには、キメがぐぐっと引き締まっているだけあって、
しかと腰が入っている、と云うか、ぐいぐいっと云う、
いい弾力のような食感もありますっ。

いささか歯切れのよさのようなものもあるのですが、
たまごのふっくらとした、軽やかさのようなものも、兼ね備えています。

どちらかと云うと、ホイップに対し、生地の量は少なめなのですが、
いい意味で、厚みのある生地なので、しかと存在感を主張してくれています。

お味のほうは、ほふっと、まろやかなたまごの風味がして、
あとから、じわじわっと、いいお砂糖の甘味がお口に広がります。

さらには、オーブンで焼かれたとき、天板にぴったんこしていた面が、
焦げっと、適度に焼けているので、この部分が、
ぼふっといい香ばしさを放ってくれていますっ。

かなり小ワザを効かせた、粋なスポンジ生地ですっ!

これには、流石の“川島なお美さん”のお相手の“鎧塚さん”だって、
「パティシエほど、幸せな仕事はないっ!」
と、情熱的にスイーツを語ってしまうってもんですっ(?)。

独身も、久々のナイス菓子パン(洋菓子)の予感に、
情熱がふつふつっと湧いてくるってもんですっ。

Pasco--いちごシャルロット。


生地には、た~っぷり、
てんこ盛りのいちごホイップが巻き込まれていますっ。

そこに、ときどき、いちごジャムが参戦しています。

ホイップは、かなりぼふぼふっとして、
なクリームになっています。

お口にした瞬間、もふっといい空気感があるのですが、
かなりどっぷりと、重いホイップなので、いい意味で、
重厚感と云うものがあります。

硬さは、9分立てと云ったところで、
まさに、硬めのホイップ好きの独身好みのホイップですっ。

しかも、生地の真ん中に、ぼんっと集中しているので、
まるで、徒党を組むかのごとく、数多のホイップが、
いちどにお口に突入してくるのですっ。

もう、お口の中は、ホイップで満載ですよっ。

ロールケーキと云うと、わりと均等に、
全体的にクリームが巻き込まれているものが多いのですが、
このロールケーキは、まさに、ホイップがメインですよ、
と云わんばかりの、堂々としたホイップっぷりが、しかと伝わってきますっ。

しかし、脂肪分の多い、動物性のホイップなのか、
お口にすると、いささかぬるっとして、ごっくんすると、
ぬめぬめが、居残りしてくれます、、。

Pasco--いちごシャルロット。


お味のほうは、かなりどっしりとした濃厚っぷりで、
ミルキーな、丸みのあるいちごと、こっくりとした、
太いコクのあるミルクが、どかどかっと、お口にのしかかってきますっ。

このミルクのコクが、かなりいい仕事をしれくれていて、
軽くいちごを圧倒している感はあるのですが、
ホイップに、堂々とした存在感と、インパクトを与えてくれていますっ。

まるで、いちごのアイスでも頂いているような印象です。

冷凍庫で軽く凍らせて頂いたら、
アイスケーキのように変貌するのではないでしょうか。

さて、いちごジャムですが、
生地の巻き終わりあたりに、ぺぺっと、
軽く巻き込まれているので、ほとんど存在感はありません

水あめのほうが勢いのあるジャムで、
まあ、よくある、チープないちごジャムと云った雰囲気です。

これが、ときおり、ホイップのミルクの甘味とは異なる、
じゅんっと云う、刺すような勢いの甘味で、アクセントを放ってくれます。

しかし、いかんせん、ホイップのミルクのコクが重いのと、
量で完全に負けているので、
(あっ、なんかいま、若干、別の甘味が参戦してきたかもっ。)
と、程度のいちごジャムです。

まあ、ホイップにかなりのインパクトがあるので、
別段、いちごジャムがなくても、問題ではありません。

さて、独身を思わずひとめボレさせてくれるような、
魅力満載、ホイップ満載の“いちごシャルロット”ですが、
後半になると、皮肉にも、ホイップの量とコクが豹変してきます、、。

はじめは、濃厚ないちごホイップに、いい意味で衝撃を受けるのですが、
やはり、重くて濃厚なお味と云うのは、量が多いと、
それがクドさとなって、苦しめてくるのです、、。

それでも、小振りなロールケーキなので、
なんとか、食道が拒否するにまでは至っていませんが、
やはり、これだけたっぷり、どっぷりと巻き込まれているのだから、
あっさり、さっぱり系のお味にして頂きたかったです。

これが、“川島なお美さん”の云うところの、
甘いだけではない、スイーツ婚
ってやつでしょうか、、(?)。

しかし、新作が枯渇する月末のこの時期、
地域限定の新作と出逢えたことは、ありがたいってもんです。


購入価格:98円。

栄養成分表示(1個当り):
エネルギー:317kcаl
たんぱく質:4.2g
脂質:13.3g
炭水化物:45.2g
ナトリウム:131mg

独身評価:★★★★☆
スポンサーサイト





タグ:

HOME