FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2007年12月06日[Thu]

ヤマザキ--女峰いちご蒸しケーキ。

ヤマザキ--女峰いちご蒸しケーキ。


ヤマザキ、今月の新作っ!
Pascoの“いちごシリーズ”にさよならされてもっ、、。

♪独身、“黄色”でつかむもの~~ぉっ、ヤマザキ新作、いちごのパ~ンッ、
 独身、“黄色”でつかむもの~~ぉっ、き~せつ(季節)限定、蒸しケ~キッ、

 大好きなんだけど~~ぉっ、Pascoが~ぁ、ない~、なんて~~ぇっ、
 大好きなんだけど~~ぉっ、ヤマザキ~ィ、ハ~ンティング~~ッ、
 先週、ワゴンにあ~ぁったっ!Pascoの~、いち~ごのパン~~ッ!♪

いまは懐かし、“ジッタリンジン”が、大好きなんだけど、
これが最後のプレゼントと、思わず嘆いてしまうのなら(?)、
この日の独身は、先週、お見かけしたばかりの、
Pascoの地域限定新作にさよならと云われ、
思わず落胆してしまうってもんです、、。

12月、と云うと、クリスマスシーズンなだけあって、
菓子パン業界からも、こぞっていちご系の菓子パンが登場します。

まあ、いちごと云うと、菓子パンのみならず、
お菓子や乳製品など、あっちこっちで大活躍する、
マルチなあんちくしょうです。

定番と云えば、定番なのですが、やはり、
この季節のいちご系菓子パンとなると、菓子パンメーカーも闘魂注入するのか、
いささかリッチ風にしてみたり、個性的なコンビネーションを見せつけてくれたりと、
なかなかのこだわりがうかがえます。

いったい、ことしのいちごパンは、どんないちごっぷりを発揮してくれるものかと、
期待していた独身ですが、師走突入に先駆けて、先週、中部地区限定で、
Pascoの“いちごシリーズ
”が、早々に登場しています。

しかも、初登場日が、ちょうど、“黄色のお店”の98円特売とガチンコすることもあり、
先週の独身は、かなりの期待心を持って、特売に参戦してみたのですが、
独身の妄想通り、ワゴンには、しかと、“いちごシリーズ”が4種
盛られているではありませんかっ。

と云うわけで、独身は、さっそく“いちごシャルロット”と、
銀チョコロール いちご”をハンティングしてみたのですが、
やはり、全8種、すべてを制覇してみたくなるのが、
収集癖のある独身おんなの性ってもんですっ。

そこで、今週の“黄色”でも、こぞって“いちごシリーズ”を狙い撃ちしようと、
気合満載、期待度満載で、参戦してみると、特売ワゴンから、
すっかり、姿を消しているではありませんかっ、、。

しかも、4種すべて、仲良く不在ですよ、、。

つい先週、もりっと盛られていたばかりなのに、
今週は、早々に戦力外通告(?)でもされたとでも云うのでしょうか、、。

いまのいままでの“黄色”では、その月の新作は、
2~3週は、ワゴンにスタンバイしていたのですが、
ここ最近は、1、2週で、さっさとさよなら、してしまっています、、。

そのため、
(これは、来週の特売でハンティングしようっ。)
と、目をつけていた菓子パンと、特売で再会出来ない、
と云うことも、重々あるのです、、。

すっかり“黄色”の陰謀(?)に、
狙い撃ちしていたターゲットを逃してしまった独身ですが、
しかと、ワゴンの菓子パンたちを見つめてみると、そこには、
別のいちごの新作が、独身の視界に突入してきます。

それは、ヤマザキの新作、“女峰いちご蒸しケーキ”です。

とってもミルキーないちご色が、
なんともかわいらしい雰囲気を放っています。

蒸しパン、蒸しケーキと云うと、クリームなしの、
生地1本勝負、と云った、シンプルなものが多いので、
派手で、個性的な菓子パン好きの独身としては、
いささか物足りない、と云うか、インパクトの弱さを感じてしまいます。

しかし、独身は、この“女峰いちご、、”を発見するやいなや、
ささっとワシづかみしていますっ。

と云うのも、10月に独身は、おんなじヤマザキから登場していた、
さつま芋蒸しケーキ”に、かなりの好印象を抱いているからです。

生地の質からお味まで、なにからなにまで、
独身を大満足させてくれた、ナイス菓子パンとして、
しかと、こころに記憶されています。

そんなこともあり、おんなじ期間限定の蒸しケーキと云うことで、
この“女峰いちご、、”にも、かなりの期待心がわいてくるってもんですっ。

Pascoの“いちごシリーズ”をハンティングする予定ではありましたが、
おんなじいちごと云うことで、まあ、終わりよければで、甘受することにします。

この“女峰、、”も、“さつま芋、、”同様の実力を見せつけてくれるものと期待して、
さっさと頂いてみたいと思いますっ。

ヤマザキ--女峰いちご蒸しケーキ。


女峰イチゴのジャムを使用し、甘酸っぱい
 しっとりとした蒸しケーキに仕上げました
。”

と云うわけで、ヤマザキの今月の新作、
“女峰いちご蒸しケーキ
”です。

まず、袋から生地を取り出してみると、
ほふ~んと、いちごのいい香りが漂ってきますっ。

まさに、いちごそのもの、と云った雰囲気で、
いささか若いいちご、と云うか、いい意味で、
葉っぱの下の、白っぽい果肉部分の、青臭い香りがします。

この青臭ささが、逆に、
リアルないちごを妄想とさせてくれますっ。

これは、頂く前から、いちご満載であることが期待出来ますっ。

さっそく生地から先制パンチョを喰らったところで、
とっとと生地に喰らいつくと、生地は、とってもしっとり
じっとりとした、いい水分を保っていて、キメがみっちり
ぴっちりと詰まっていることが、ひっしと伝わってきますっ。

ぎゅぎゅっとキメが蜜~に引き締まっているので、
むっちり、ふいふいっとした、いい弾力がありますっ。

しかし、流石、たまごがもりだくさんに使用されているだけあって、
たまごのほんわりふんわりとした、いいふっくらさ、と云うものも感じられますっ。

キメがとっても細やかで、繊細なので、
口あたりも、とってもご親切で、さわさわっと、
ぴっとりと、やさしくなじんでいきます。

まさに、これこそ、“お口の恋人”ってやつですっ(?)。

やはり、初秋限定の“さつま芋蒸しケーキ”の血を引いているのか(?)、
この“女峰いちご、、”の生地も、かなりの実力を持ち合わせているようですっ。

ヤマザキ--女峰いちご蒸しケーキ。


お味のほうは、生地に喰らいついた瞬間、
ほふ~んっと、薫り高いいちごの香りが、
お口に広がっていきますっ。

もんの凄い、いちごの香りに勢いがあって、
そのまま、鼻へと抜けていきますっ。

風味、と云うより、香り自体が強いので、
若干、ではありますが、いちごのお味が弱気のように感じます。

しかし、香りがフォローしているので、
それが不満、不足に感じることは、ありません。

お味自体は、やわらかくて、ミルキーないちごですが、
ミルクがいちごを、こそっと助太刀している程度なので、
しかと、いちごの存在を確認することが出来ます。

そこに、まろやかなたまごの風味と甘味
そして、お砂糖の甘味が、じゅわじゅわっと、
いちごに参戦してきます。

たまごもお砂糖も、なかなかの実力を見せつけているのですが、
とにかく、いちごの香りが群を抜いているので、双方がいちごを圧倒している、
と云うことも、ありません。

これには、流石の“高田延彦さん”だって、
「いちごの中のいちご?
 、、かかって来いや~~ぁっ!」
と、この香り高いいちごの挑戦を、受けて立つってもんです(?)。

ヤマザキ--女峰いちご蒸しケーキ。


寒い冬ではありますが、残り半分は、
冷凍庫で10分ほど、冬眠して頂きます。

すると、冷やしたことで、常温のときのじっとりが、いい意味で、
しっとりになったこともあって、より、ぐぐっと引き締まって
ハードマッチョっぷりを発揮してくれていますっ。

腰がある、と云うか、いささか食べ応えと云ったものも感じます。

お味のほうは、よりいちごの香りの勢いが増して
お口いっぱいに、いちごが充満して、ふ~んっと、お鼻へと抜けてきますっ。

お砂糖の甘味が、若干、落ち着いて、さっぱりになっているのですが、
いちごのお味のほうも、おとなしくなっているように感じます、、。

それでも、香りに勢いがあるので、それだけで、
こころもお腹も大満足ってもんですっ。

いちごジャムが生地に盛り込まれていると云うことですが、
ジャムと云うと、もっと水あめっぽい甘味のほうが、
いちごを圧倒していることがあるのですが、このいちごは、
ジャムっぽさを感じさせない、いちごそのまま、さわやかな香りを放ってくれていますっ。

いまのいままで、独身は、あまり蒸しパンをハンティングすることはなかったのですが、
10月に頂いた、“さつま芋蒸しケーキ”と云い、この“女峰いちご蒸しケーキ”と云い、
独身の蒸しパンに対する固定概念を、ぐらっと崩してくれていますっ。

これには、流石の“ジッタリンジン”だって、当初、ターゲットとしていた、
Pascoの“いちごシリーズ”にさよなら、されたとしても、
この“女峰いちご、、”をプレゼントされれば、大満足されるってもんです(?)。

喰いしん坊の独身は、是非とも、残りのPascoのいちごも、
ランデブーしてみたいところです。


購入価格:98円。

栄養成分表示:なし。

独身評価:★★★★☆(4.5)
スポンサーサイト





タグ:

HOME