FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2007年12月20日[Thu]

ヤマザキ--ランチパック プリン風味。

ヤマザキ--ランチパック プリン風味。


ヤマザキ、今月の“ランチパック”の新作っ!
“グリーン・グリーン”の“パパ”も、思わず語り合ってしまうかっ、、!

♪この日~っ、独身~っ、独りで~~ぇっ、
 菓子パン喰らうさ~~ぁっ、
 この日の狙い~、“ランチパック”ッ!
 ラララ、新作なんだと~~ぉっ、

 “プリン”、“プリ~~ン”ッ!
 2日前~ぇはっ、“オカン”にふざ~ぁい(不在)~~っ、
 “プリン”、“プリ~~ン”ッ!
 棚の上には、ララ、“プリン、、”がある~よ~~ぉっ♪

ある日、パパとふたりで、この世に生きるよろこびについて、
“グリーン”、“グリーン”と(?)、語り合ってしまうのなら、
この日の独身は、ようやっと“ランチパック”の今月の新作、
“プリン風味
”と再会出来たことのよろこびを、独り、噛みしめるってもんですっ。

さて、“ランチパック”と云えば、独身が菓子パン生活をはじめてから、
ずっとひいきしている、おなじみの菓子パンです。

“ランチパック”だけは、ほかのブロガーさんが、
どんなに悪評を下していようとも、かならずハンティングすることを、
しかと己のマニフェストとしています。

とは云え、先月の新作、““キナコモチ(おたべ)””の場合は、
ことし2月に、すでに登場していると云うことで、あえて、
ハンティングすることなく、そのままシカト、しています。

“ランチパック”だけは、シカトはしないと宣言していながら、
先月の新作を、意図気的にハンティングしていないとなると、
思わず、どこかの政治家のように、
公約ではなく、スローガンだっ!」
と、苦しい云い逃れ、と云うか、開き直ってしまいたくもなりますが、
独身に至っては、決して公約違反ではありません。

あからさまなリニューアル版や、かなりお久しぶりの再登場の場合は、
前作との違いを確認したり、過去のお味の記憶を取り戻すべく、
しかとハンティングするのですが、まったくのおんなじお味や、
前回から、さほど時間が経過していないときは、そのままシカトして、
ほかの新作に、狙いを集中させるようにしています。

と云うわけで、今月の“プリン風味”は、
10月に頂いた“キャラメル&コーヒー”以来、
実に、2ヶ月余り振りの“ランチパック”となります。

それだけに、さっさと“プリン風味”とランデブーしてしまいところですが、
黄色のお店”で、はじめて発見してから、この日、実際に頂くまで、
20日ほどが経過しています、、。

実は、先週にも、“オカンのスーパー”で遭遇し、
今週の月曜日に、しかとハンティングする予定でいたのですが、
残念ながら、その日は、ほかの“ランチパック”はスタンバイしていても、
“プリン風味”だけは、なぜか、欠席していたのです、、。

いちど仕入れた菓子パンならば、初志貫徹よろしく(?)、
最後まで仕入れ続けて頂きたいものです(?)。

これには、流石の“星一徹さん”だって、怒りのあまり、
思わず、例のちゃぶ台をひっくり返してしまうってもんです(?)。

独身に至っては、あると妄想していたターゲットが、
実際には、そこには存在しないと云う現実を、ささっと受け入れることが出来ずに、
船場吉兆”のマザコン(?)元取締りよろしく、思わず、
あたまの中が真っ白になってしまうってもんです。

たしか、9月に頂いた“チョコクランチ”も、同様に、
ハンティングを先延ばししてしまった結果、定価すえおきでおなじみ、
黄色のお店”で、定価でハンティングするハメになったと云う、
ほろ苦い経験をしています、、。

“チョコクランチ”の“剣、、”ではなく(?)、
二の舞にはなることだけは、避けたいところです。

と云うわけで、この日は、もういちど、“オカン”で再チャレンジすべく、
さっそくハンティングに出発です。

と、その前に、“オカン”の前に位置している“サークルKサンクス”に立ち寄って、
チロルチョコ”の新作、“福袋”を狙い撃ちします。

この“福袋”は、コンビニ限定と云うことですが、
コンビニによっては、仕入れの予定のないところや、
たった1回の仕入れで、とっとと引き上げてしまうところもあるようなので、
ここは、早々に捜索をしておいたほうが得策だと、まずは、
近場のサークルK.から、捜索活動を開始します。

つい先日、初登場したばかりなので、そう、容易にはめぐり逢えないものと、
ある意味、シカトを喰らうのを覚悟していたのですが、
ささっとお菓子コーナーに接近してみると、“冬チロル”の左となりに、
ちまっと、“福袋”が詰め込まれているではありませんかっ。

まさか、はじめに訪れた先で、さっさと遭遇出来るとは、
ちっとも妄想していなかったので、思わず、独身、
歓喜、どころか、軽く呆然としてしまいます、、。

とは云え、実際に目の当たりにする日を、ずっとこころ待ちにしていただけあって、
じわじわっと、よろこびがわきあがってくるってもんですっ。

これは、なにか、菓子パンハンティングでも、
いいことが起こりそうな予感がわいてきますっ。

さっさとサークルK.をあとにして、つぎは、
オカンのスーパー”へと向かいます。

一応、この日の日替わり特売菓子パンにも、チェックの目を光らせると、
残念ながら、この日は、菓子パン、ではなく、食パンが角っと、
盛られていることに気づきます。

独身は、どちらかと云うと、“食パンマン”より、
ドリアン女王”のほうがお好みなので(?)、
さっさと特売ワゴンを素通りすることにします。
(実際のドリアンは、思わず吐き出してしまいましたが、、。)

さっそく“プリン風味”の捜索を開始すると、
菓子パンの棚の前に、お先にひとりのお客が、
選択作業に没頭されている様子がうかがえます。

そこで、独身は、彼女のお邪魔にならぬよう、
右ななめうしろから、遠めで捜索を実行します。

“オカン”では、“ランチパック”は、毎度、
真ん中の左端が指定席と定められていると云うことで、
視線を左のほうへと受け流します。

すると、4種ほど、“ランチパック”がスタンバイしているにも関わらず、
この日も、“プリン風味”は、独身の前に姿を現してくれません、、。

やはり、“オカン”では、すでに“プリン風味”に、
見切りをつけてしまわれたのでしょうか、、。

それとも、菓子パンの仕入れ担当さんは、
“プリン風味”がお好みではないのでしょうか、、。

これは、“黄色”で定価ハンティング決定かと、
思わずがっくしとしていると、先ほどのお客が、
ささっと、ほかの棚へと移動していきます。

そこで、すかさず、独身は、菓子パンコーナーの前を、
軽く陣取って、しかと、“プリン風味”の捜索を改めます。

すると、ほかの“ランチパック”に板ばさみされるかのごとく、
しかと、“プリン風味”がスタンバイしているところを発見ですっ。

やはり、独身の小ぶりで、いささか度の合わない独身めがねでは、
遠目からの捜索は、困難の模様です、、。

これには、流石の“フミヤさん”だって、
♪ちっちゃなめがねじゃ、困難で~ぇっ、
 じゅうぶん、フォ~カス出来ないよ~~ぉっ♪
と、思わず、
♪そんなに~ぃ、視力悪いのか~ぁっ♪
と、独身を気遣ってくれることでしょう(?)。

さて、初対面から、実に20日ほど経過してしまいましたが、これで、
なんとか、割引価格で、“プリン風味”をハンティングすることが出来るってもんですっ。

これも、やはり、先ほど、サークルK.で、早々に出逢った、
チロルチョコ 福袋”の福が、幸運をもたらしてくれた、
とでも云うのでしょうか。
(いや、単なる偶然だろう。)

さっそく“プリン風味”をワシづかみして、
ささっとレジへと清算に向かうとする独身の目の前に、
今度は、1ヶ月以上も前から、ずっと捜索していた、
キットカット きなこ”が、もりっと盛られているところを発見ですっ!

これは、やはり、“福袋”の福によるものとしか、妄想出来ませんっ。

と云うわけで、つぎつぎに、ターゲットと遭遇を果たした独身は、
ほっくほく、うっきうき気分で、この日のハンティングを終了したのでありました~。

ヤマザキ--ランチパック プリン風味。


プリン風味のクリームとカラメルフィリングをサンドしました。”

と云うわけで、“ランチパック”の今月の新作、
“プリン風味
”です。

ランチパックと云えば、過去、
バニラヨーグルト”、
ピーナッツ”、
ブルーベリー&チーズクリーム”、
女峰苺ジャム&マーガリン”、
ハム&チーズ”、
いちご&ホイップ”、
チョコレートクリーム”、
キナコモチ”、
キャラメルクリーム&ホイップ”、
ホワイトムースチョコ”、
ムースチョコクリーム”、
モカホイップ&カラメルラテ”、
レアチーズ風味クリーム&ホイップ”、
アップルフロマージュ”、
コーヒークリーム”、
チョコクリーム GABA入り”、
黒豆ココア入りクリーム”、
ミルククリーム”、
クリーム コラーゲン入り”、
キナコモチ(京都銘菓おたべ)”、
桜風味もち つぶあん”、
抹茶&小倉 森半抹茶のクリーム使用”、
アップルシナモン”、
メープル&マーガリン”、
チョコクリーム”、
渋皮マロン”、
クランチチョコ&モカホイップ”、
カスタード&ホイップ”、
チョコバナナ”、
フレーク入りチョコクリーム”、
チョコクランチ”、
スイートポテト&マーガリン”、
キャラメル&コーヒー”を頂きました。

さっそく生地からですが、久々とは云え、
相も変わらず、かなりの上質っぷりを見せつけてくれています。

とってもしっとり、しんなりと落ち着いていて、
キメがとっても細やかである様が伝わってきます。

お口にすると、ぴっとり、しとっと、なじんでいきます。

“ランチパック”と云えば、キメが、
みちっと詰まっていることもあって、ほぐっと、
軽い噛み応えがあるのですが、今回の場合は、
ぐぐっと、かなり引き締まっていて、けっこうな噛み応えを感じます。

腹筋で例えれば、いつもの生地が、軽くふたつに割れているのなら、
今回は、軽く6つの線が浮き出ている、と云った雰囲気です。

いい意味で、硬さ、と云うか、生地の抵抗を喰らいます。

お味のほうも、流石、“ランチパック”と云った感じで、
生地に喰らいついた瞬間、小麦のまろやかな風味が、
ぼふっとお口に突撃してきます。

しかともぐもぐすると、小麦の自然な甘味が、
じわじわっと、ジューシーに染み出てきます。

小麦をお邪魔するような、無粋な風味や甘味と云ったものは、
いっさいなく、まさに、小麦の実力を、まざまざと見せつけれます。

今回は、とくに、生地がぐぐっと引き締まっていることもあって、
いつもより、余分にもぐもぐしなければならないので、
そのぶん、生地の存在が、しかと感じられます。

ヤマザキ--ランチパック プリン風味。


生地の中には、プリン風味フラワーペーストと、
カラメルゼリーがはさみ込まれています。

まずは、プリン風味クリームからですが、
さほど、量がてんこ盛り、と云うわけではありませんが、
でぶっと、べとっと、どぶんっとして、重いクリームなので、
存在感も、なかなかのものがあります。

お口にすると、舌べろに、べっと~っと、
軽くのしかかってきて、上あごあたりに、
まったり~んっと、はりついてきます。

濃密、と云うか、いささかねっとりとしていて、
口当たりで云えば、プリンと云うより、重ったるいカスタードクリームです。

これには、流石の“子泣きじじい”だって、あまりの重さに、
さめざめと泣いてしまうってもんです(?)。

軽くつるっとしている点は、プリンっぽいのかも、しれません。

お味のほうは、なかなかたまごが濃厚で、
どしっと、もたっと、味覚を攻撃してきます。

たまごの甘味も、お砂糖の甘味も、かなりの強気なのですが、
さほど、クドさや、しつこさと云った節は感じられません。

さいきんのプリンは、なかなか甘味すっきり、さっぱりで、
どちらかと云うと、たまごや牛乳が幅を利かせているものが多いのですが、
このクリームは、むかしながらの、甘味たっぷり、もったりとした、
いい意味で、甘ったるいお味になっています。

ヤマザキ--ランチパック プリン風味。


カラメルフィリングですが、ぷるぷるっ、じゅるじゅるっとしていて、
まるで、ゼラチンが中途半端にしか、かたまらなかったゼリーを妄想とさせます。

そこに、水あめの、てろっとした、軽いとろみも参戦しています。

独身は、“プッチンプリン”よりも、3つで100円の、
チープなプリンがお好みなのですが、その、チーププリンによくある、
ぷるっと、中途半端なとろみのあるカラメル、と云った雰囲気です。

しかと見つめてみると、お砂糖の焦げた黒い物体と、
お砂糖のとけた水あめが、微妙~に分離していますよと、
船場吉兆”のおかみよろしく(?)、思わず、
こそっと、ささやいてしまいたくなるってもんです(?)。

お味のほうは、なかなか水あめの甘味のほうが、
強気の勢いを放ってくれているのですが、カラメルの、
じゅわっと云う甘香ばしい風味も、しかと感じられます。

こちらも、いい意味で、チーププリンのような、
甘味でカラメルの量を増やしていますよ、的なお味になっています。

これが、プリン風味クリームと相成ることで、
たまごのどしっとした、濃厚な風味と甘味に、
さらに、カラメルの水あめの、でろっとした甘味が参戦し、
甘香ばしさが、ぐっと、全体を引き締めてくれます。

双方あわせると、なかなかの凄みのある甘味になるのですが、
今回の生地が、かなりぐぐっと、びちっと引き締まって、存在感があるので、
いい意味で、クリームとフィリングの甘味に、押さえ込みをかけてくれています。

そのために、たまごの風味と、カラメルの香ばしさが、
際立っている、と云うか、居残っているので、結果、
ちょうどいい甘味に落ち着いている、と云った試合運びです。

これには、流石の“パパ”も、
♪プリンッ、プリ~~ンッ!
 カラメルに~はっ、甘味がすご~い~~っ、
 プリンッ、プリ~~ンッ!
 クリ~ムにも、ララ、甘味がある~よ~~ぉっ♪
と、こども、と思われる人物と、思わず語り合ってしまうってもんです(?)。

もしくは、“フミヤさん”も、
♪あっあ~ぁっ、甘味がクドいと云わないが~ぁっ、
 そんなに~ぃ、生地が強いのか~~ぁっ♪
と、生地の実力に、思わず驚愕してしまうってもんです(??)。

いや、独身のネタのクドさに、驚愕、どころか、
さっさと、ララバイ、よろしく(?)、
おやすみしてしまうのかも、しれません、、(???)。


購入価格:122円。

栄養成分表示(1個当り):
エネルギー:141kcаl
たんぱく質:3.5g
脂質:3.7g
炭水化物:23.6g
ナトリウム:151mg

独身評価:★★★★☆
スポンサーサイト





タグ:

HOME