FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2008年01月13日[Sun]

木村屋--木村屋の柚子あんぱん。

木村屋--木村屋の柚子あんぱん。


木村屋、今月の新作っ!
これには、流石の“相原こずえさん”も、コートで泣いてしまわれるかっ、、。

♪セレブパンッ、だって~~ぇっ、割高っ、だって~~~ぇっ、
 “柚子ぱん”っ、のためならっ、平気っ、なのっ、

 1~割~~ぃっ、シ~~ルに~~ぃっ、
 胸がはず~むわ~~ぁっ、

 柚子入り生地っ、柚子あんっ、
 高知と道産子、コラボパンッ!

 「、、だけどぉ、よだれが出ちゃうっ、、。
  柚子好きなんだもんっ、、!」

 よだ~ぇれもぉ、雨も~~ぉっ、
 年増ファイ~トで~~ぇっ、
 あ~ま~ぞら(雨空)~も、ハ~ンティ~~ングッ、
 出~か~け~~ぇたぁい~~~ぃっ、

 “苺”に~~、続いて~~っ、“お~~つ~と~め”~~ぇっ、
 セレブも~~ぉっ、割引~~ぃっ、“柚~~子~ぅぱぁん”~~~っ!♪

相原こずえさん”が、苦しくたって、哀しくたって、
コートの中では、平気、なら、この日の独身は、
しとしとと降る雨の中でも、大好物の菓子パンのためなら、
構わずハンティングに出かけてしまうってもんです。

さて、先日、独身は、“緑のスーパー”にて、
木村屋の今月の新作、“木村屋の苺あんぱん”と遭遇しています。

定価、158円と云う、セレブ菓子パンではありましたが、
云わゆる、“おつとめ品”と云うことで、1割引の142円で、
いささかお得にハンティングすることに成功しています。

独身の記憶がたしかならば、あれは、たしか、数ヶ月ほど前、
ふと、訪れた“イトーヨーカドー”で、同シリーズの、
木村屋の、きなこもち入りのセレブあんぱんとご対面しています。

しかし、そのときは、大好物のきなこの菓子パンにも関わらず、
定価すえおきと云うことで、泣く泣く、ハンティングを断念しています。

セレブなお値段には、セレブなりの理由ってもんがありますが、
やはり、割引、安売り大好物の独身にとって、定価すえおきのみならず、
158円と云うお値段には、ささっとお財布をおおっぴろげにすることは、出来ません、、。

あれから、数ヵ月後、木村屋から、またしても、
セレブあんぱんが2種も、登場しているわけですが、
今回、独身は、なんとも幸運なことに、ふと、訪れた
“緑のスーパー”にて、1割引で、セレブあんぱんとご対面を果たしています。

“おつとめ品”とは云え、消費期限まで、
あと、猶予が1日もあると云うことで、品質的には、
“非おつとめ品”と、そう、違いはないと思われます。

先日は、“、、苺あんぱん”のみに、
“おつとめ品”がまぎれ込んでいたと云うことで、
お先にハンティングする運びとなったわけですが、
この日は、“、、柚子あんぱん”を狙い撃ちするため、
しとしとの雨の中、いざ、雨用のサブチャリに乗って、
“緑”へとまい進する独身です。

とは云え、先日の“、、苺あんぱん”の場合、
まったくの偶然で、おつとめ品と遭遇出来たわけで、この日、
“、、柚子あんぱん”からも、おつとめがスタンバイしている保障はありません

そうそう、地球に長くいることが出来ないのが“ウルトラマン”なら、
そうそう、おつとめ品が登場しないのが、“緑のスーパー”ってやつです(?)。

軽く心配なこころ持ちで、ささっと“緑”に到着し、
しとしと雨で濡れた独身めがねを拭き拭きしつつ、
さっさと店内へと進入します。

まずは、この日の特売ワゴンから捜索を開始すると、
2台あるうちの、奥のワゴンには、さまざまなおつとめの菓子パンが、
もりっと盛られていることに気づきます。

“緑”で、こういった光景を目の当たりにするのは、
あまりないことなので、おそらく、前日に、
菓子パンの特売かなにかが開催されたものと妄想します。

とりあえず、1割引された、ヤマザキの蒸しパンに目をつけて、
木村屋の専用コーナーへと突き進みます。

すると、さっそく独身の視界に、先日、お目にかかった、
“、、柚子あんぱん”が再登場ですっ。

しかもっ、いちばん手前には、青と赤のシール、つまり、
おつとめ品”の証が、しかと、ぺったんこされているではありませんかっ!

先日の“、、苺あんぱん”に引き続き、セレブあんぱんと、
割引価格で遭遇出来るなんて、これは、新年早々、独身、景気がいいってもんですっ。

まあ、1割引とは云え、それでも、ほかの菓子パンと比べて、
お値段がセレブであることには変わりありませんが、
158円と142円の差額は、なかなかの格差があるってもんです。

と云うわけで、この日も、独身は、お買い得なお値段で、
木村屋の柚子あんぱん”を無事、確保することに成功ですっ。

これには、流石の“プリンセス天功さん”だって、
独身の、イルージョン並みのミラクルに(?)、
思わず驚愕されてしまうってもんです(?)。

このまま、お味のほうも、ミラクルな実力であることを祈りつつ、
さっそく“、、柚子あんぱん”を拝みつつ、頂きたいと思います。

木村屋--木村屋の柚子あんぱん。


高知県産柚子陳皮入りの生地。
 高知県産柚子ペーストと柚子スライス入りの柚子あん
 (北海道産白いんげん豆使用
)”

と云うわけで、木村屋の今月の新作、
“木村屋の柚子あんぱん
”です。

さっそく生地から頂いてみると、なかなかがっしりとした、
強めの生地であることがわかります。

と云っても、噛み応えがあって、いい意味での、
がっしり生地、と云うわけではなく、がすがすっとして、
硬くなってしまった、と云った雰囲気が伝わってきます、、。

キメのほうも、もさもさっと、ごさごさっと、
なかなかの荒くれ者で、けばけばっと、口あたりの悪さを披露してくれています、、。

先日の“、、苺あんぱん”も同様でしたが、
この生地も、木村屋らしからぬ、粗雑っぷりを感じます、、。

お味のほうは、ほんわりと、やわらかく柚子の香りがして、
後半は、たまごの甘味がじわじわっとにじり寄ってきます。

そして、そのまま、マジでごっくん5秒前、になると、
突然、お焦げの香ばしさ、と云うか、苦味が突進しています、、。

独身は、トーストと云うと、マジで焦げ付く5秒前、くらいまで、
焦げっと焼いて頂くのがお好みなのですが、このお焦げの場合、
5秒前、どころか、マジで焦げ付いてしまった5秒後、と云った雰囲気です、、。

生地の表面をしかと見ると、黒いぶつぶつが、
あっちこっちに点在していることに気づきます。

これは、柚子の皮が、オーブンによって、
焼かれてしまった形跡だと思われますが、
この皮が、苦味を放出しているのか、はたもや、
生地の表面自体が、過激なお焦げによる苦味を丸出ししているのか、
独身には、明確にはわかりかねます、、。

いずれにせよ、“広末涼子さん”も驚愕の、
マジで焦げ焦げ苦い味、であることには、変わりありません、、(?)。

木村屋--木村屋の柚子あんぱん。


生地の中には、柚子ペーストと柚子スライス入りのあんが盛られています。

一見して、柚子のスライスが確認出来るほど、
黄色い柚子があっちこっちに満載であることがわかります。

あんは、ねっとり、もったりと、わりと重めになっているのですが、
どしっと、重厚、と云うほど、重々しくはありません。

ざらざらっと、しゃりしゃりっとした、
粗めな節がなく、とってもなめらかなところが、
あまり重く感じさせないゆえんとなっているものと妄想します。

口あたりがいいのと、たっぷりたくさん盛られていることが幸いして、
生地の粗雑っぷりは、さほど気になりません。

ときおり、柚子の皮が、じゃくじゃくっとして、
あんとは異なる、いい食感を放ってくれています。

お味のほうは、お口にした瞬間、
柚子のさわやかなかおりが、つ~んっと、広がりますっ。

さらには、皮のぎゅっとした、いい苦味が、
舌べろを引き締めてくれますっ。

そして、そのまま、お鼻のほうへと、
柚子の香りが抜けて
いきますっ。

そのあと、白あんの甘味が、追い討ちをかけるかのごとく、
じわじわっと、勢いを増してきます。

流石、柚子のスライスが満載なだけあって、
柚子の存在感もなかなかのものがあるのですが、
それに負けじと、白あんの甘味も、なかなかの強気なものがあります、、。

ごっくんしたあと、柚子の香りがお口に居残りしているのですが、
どちらかと云うと、白あんの甘味のほうが、幅を利かせているように思えます、、。

せっかくの柚子の香りと風味が、白あんによって、
若干、お邪魔されている感は、否めません、、。

木村屋--木村屋の柚子あんぱん。


先日の“、、苺あんぱん”もそうでしたが、
あんは、とってもなめらかで、香りも豊かで、
流石、セレブと云った雰囲気を感じさせてくれるのですが、
あんぱんを代表とする木村屋にしては、生地の質とお味に、
怠慢っぷり
を感じます、、。

しかも、この“、、柚子あんぱん”は、
生地がもさっと、がさっと、かさついているうえに、
変な苦味と、焦げ焦げしさまで参戦していることは、
まことに残念なことです、、。

これは、あんだけ別個に頂きたいです、、。

これには、流石の“相原こずえさん”だって、
コートの中でも、とても平気な面として(?)、
この生地を頂くことが出来ずに、思わず、涙を流してしまうってもんです、、。

お値段は“ナンバーワン”でも、お味の実力は、
3番手あたりに甘んじているようです、、。

<まとめ>
・生地は、がっしりと硬めで、もさもさっと、かさついている。
・表面が香ばしい、を超越して、焦げっと苦くなっている。
・柚子は、さわやかな香りと、皮のぎゅっとしたいい苦味がお口に広がって、お鼻へと抜けていく。
白あんの甘味に、なかなかの勢いがあって、軽く柚子の風味をお邪魔している。



木村屋
木村屋の柚子あんぱん

購入価格:142円/定価:158円。

栄養成分表(1個あたり):
エネルギー:295kcаl
たんぱく質:6.8g
脂質:4.6g
炭水化物:56.6g
ナトリウム:169mg

独身評価:★★★☆☆(3.5)
(“木村屋の苺あんぱん”はこちら)
(木村屋の菓子パンはこちら)
スポンサーサイト





タグ:

HOME

トラックバックURL


トラックバック

ヤマザキ--ランチパック いちごチョコ&ホイップ。  | home |  ファミリーマート--ふんわりいちご~こだわりパン工房・神戸屋~。