FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2008年01月17日[Thu]

ヤマザキ--さくらあんぱん。

ヤマザキ--さくらあんぱん。


ヤマザキ、今月の新作っ!
流石の“押尾学さん”も、いままでの態度から一転、フレンドリーになってしまうかっ。

♪I can't stop!the “さ~くら、、”~~ぁっ、
 こ~らえ~きれ~~ぇずっ、ハ~ンティン~グ~~ッ、
 と~ま~ら~ぁな~~ぁい~~っ♪

杏里さん”が、哀しみをとめることが出来ずに、
ロンリネスを感じてしまうのなら、この日の独身は、
思いがけない、“さくらあんぱん”との出逢いに、
貪欲っぷりを抑えることが出来ず、思わずガッついてしまうってもんですっ。

この日の独身は、ふだんなら、滅多に寄り付くことのない、
あるスーパーへとまい進しています。

独身のハンティング圏内には、あっちこっちにスーパーやら、
コンビニやら、勢ぞろいしているのですが、中には、
あんまし菓子パン部門に情熱を注いでいないお店もあります。

そんなお店に対し、菓子パン大好物の独身としては、
猪木さん”よろしくの闘魂でも注入したくなるのですが、
やはり、各々のお店には、お店の方針ってやつがあるので、
いち、消費者に過ぎない独身には、そのへんのところまで、
首をツッこむことは、無粋ってやつです。

この日、独身が目指さんとしている、“主婦のスーパー”も、
まさに、菓子パンには、いささか怠慢気味な姿勢を見せつけているのですが、
ごく、まれに、ひょこっと、ナイス菓子パンを特売で登場させたりすることがあるので、
定期的に、チェックの目を光らせることが肝要です。

とは云え、ナイス菓子パンと遭遇出来る確率は、
あの、幻の生物、“ツチノコ”と遭遇出来る確率に等しいものがあるので(!!)、
期待満載のこころ持ちで参戦すると、がっくしと落胆することは必至です。

やはり、ここは、軽く偵察するくらいのこころ持ちで、
ハンティングに向かうことが賢い菓子パンハンターと云えます。

さっそく“主婦のスーパー”に到着し、入り口から、
お野菜、お惣菜、お肉コーナーを、ひと通り、ぐるっとまわり、
最終の菓子パンコーナーへと、やっとこさ、たどり着きます、、。

陳列作業にまい進する、店員さんの手元を、
横目でちろっとうかがいつつ、手前側の棚から、
菓子パンの捜索を開始します。

すると、以前に比べれば、ちまちまっと、
新作を登場させている模様ですが、お値段が、
定価すえおきと云うことで、ここで、
うかうかっと手を出すことは出来ません。

そこで、特売の菓子パンが盛られている棚のほうへと移動すると、
いちばん下の段に、3種の特売がもりっと勢ぞろいしているところを発見ですっ。

そこには、神戸屋の“とろける蒸しぱん濃キャラメル味”と、
ヤマザキの“よもぎあんぱん”、そして、“さくらあんぱん”が、
おひとつ、119円でスタンバイしていますっ。

中でも、“とろける蒸しぱん、、”は、
神戸屋のサイトでチェックしていた新作なので、
まっさきにガッついてしまいますっ。

とは云え、特売大好物の独身としては、やはり、
すべての菓子パンに目を光らせておくことは欠かせません。

“とろける、、”に手をのばしつつも、
“よもぎ、、”と“さくら、、”にも視線を投げかけると、
なかなかの魅惑的な菓子パンであることに気づきます。

実は、独身は、“よもぎ、、”に至っては、
今回がはじめてのご対面ではありません。

1週間ほど前、“オカンのスーパー”で、
ランチパック いちごチョコ&ホイップ”をハンティングした際、
“よもぎ、、”とも初顔合わせを果たしているのですが、そのときは、
独身びいきの“ランチパック、、”を優先しているので、残念ながら、
“よもぎ、、”は、独身によって、1度はシカトを喰らっているのです。

しかし、これまた、独身の大好物のよもぎ、
さらには、ぎゅうひも盛り込まれていると云うことで、
ぎりぎりまで、選択にあたまを悩ませています。

また、近いうちに、かならず再会するであろうと、
しかとこころに誓って、そのときはさよならをしたわけですが、
まさか、この日、“主婦のスーパー”で再会するとは、
ちろっとも妄想していませんでしたっ、、。

しかも、1割引の“オカン”に比べ、“主婦”では、
2割引きの119円ですっ。

ちまっとも期待していなかった“主婦”で、
このような、幸運な再会を果たすとは、
これまた独身、妄想していなかったことですっ。

これも、なにかのご縁かもしれないと、
さきほどの“濃厚キャラメル、、”から、
“よもぎ、、”にこころ移りをする独身です。

と、その前に、お隣の“さくらあんぱん”が、
独身の視界にさらっと進入してきます。

よもぎ同様、さくら風味を謳うものにも、
めっきり目がない独身は、今度は、“よもぎ、、”から、
“さくら、、”へと、こころ変わりをしています。

しかし、“よもぎ、、”と“さくら、、”は、
おんなじヤマザキで、云わば、ふたごのような菓子パンなので、
どちらも、おんなじくらい、魅力的なあんぱんに映ります。

しかし、最終的に、独身は、“さくら、、”を優先することにしています。

と云うもの、“よもぎ、、”は、
一度は“オカン”でお目にかかっていると云うことで、
今回、ハンティングをシカトして、次回訪れたとき、
早々に“主婦”から撤退してしまったとしても、
まだ、“オカン”と云う希望が残されています。

その一方で、“さくら、、”は、
“オカン”ではお見かけしなかったことを考えると、
今後、“オカン”で再会出来る可能性は、あんまし期待出来ません。

となると、やはり、ここは、“さくら、、”をお先にハンティングして、
“よもぎ、、”は、また後日に先延ばしすることが、賢いハンターの選択と云えます。

と云うわけで、“さくら、、”をワシづかみして、
いったい、どんな内容の菓子パンであろうと、まじまじっと凝視していると、
背後から、ひとりの高齢のマダムが接近してきます。

「なになに~。
 “よもぎあんぱん”、“さくらあんぱん”、、?」

どうやら、しばし、独身が“よもぎ、、”と“さくら、、”とのあいだで、
選択に迷っていたことで、マダムの関心を引き寄せてしまった模様です。

いくら、独身が“さくら、、”を手にしているからと云って、
独身は、決して、ヤマザキのサクラでは、ありません(?)。

さらには、“寅さん”の妹の“さくらさん”でもありません(??)。

マダムのお邪魔になろうかと、ここで独身は、
特売から、さっさと退散し、ほかのコーナーへと移動することにします。

そして、清算しようと、ふたたび菓子パンコーナーへと戻り、
レジへと向かおうとすると、特売の棚の手前には、
さきほどのマダムが置き残した、トイレットペーパーが、
さみしくぽつっと、置かれていることに気づきます、、。

おそらく、お買い物のお邪魔になろうと、
故意に、マダムが放置したものと妄想します。

マダムがトイレットペーパーの存在をシカトして、
“主婦のスーパー”をあとにしないことを祈りつつ、
独身は、しかと“さくらあんぱん”を手にして、
この日のハンティングを終えたのでありました。

ヤマザキ--さくらあんぱん。


ほんのり甘いさくらあんと求肥を
 さくら風味の生地で包み焼き上げました
。”

と云うわけで、ヤマザキの今月の新作、
“さくらあんぱん
”です。

さっそく生地から頂いてみると、
かなりがっしりがつがつっと、ハード系の生地であることがわかります。

あんぱんの生地と云うと、わりとほんわりとしていたり、
しとっと落ち着いているものが多いように思うのですが、
この生地は、かなりぐぐっと引き締まっている、と云うか、
軽く圧縮されたような雰囲気があります。

シフォンケーキで云えば、種の混ぜ混ぜの仕方を失敗して、
焼き上がりが、ふんわり、ほんわり、にならずに、
がすがすっと、硬くなってしまった、と云った感じです。

とは云え、この生地の場合は、硬くなってしまった、
と云う、否定的な節はなく、みしっといい噛み応えで、
うどんで云うところの、腰があると云った印象を受けます。

セミフランス、とまではいきませんが、
フランス系の生地のような、はりっとした硬さがあります。

お味のほうは、さくら風味と云うことですが、
まったくもって、さくらの存在感はありません、、。

若干、“押尾”、ではなく(?)、お塩のような塩っ気を感じる程度で、
別段、さくらの生地である実感はわいてきません。

もしかしたら、この塩っ気がさくらの残骸(?)とでも云うのでしょうか。

甘味と云ったものも、小麦の風味と云ったものもなく、
至ってシンプルで、あっさりすっきりとしたお味です。

とは云え、素っ気ない、味っ気のない生地、
と云うほどでもありません。

お子さんが生まれ、いままでの素っ気ない態度から一転、
軽くフレンドリーになった、“押尾学さん”のようなものでしょうか(?)。

ヤマザキ--さくらあんぱん。


生地の中には、求肥と、桜葉入りのさくらあんが盛り込まれています。

まずは求肥ですが、一見すると、
ぺらぺらっと、薄いおもちのようですが、
実際にお口にしてみると、むっち~んとした、
なかなかのやわらかい伸びがあります。

もぐもぐすると、むっち~、ねっち~っと、
よく伸びるので、薄くとも、食感的にはしかと存在感があります。

一方のさくらあんですが、もたっと、でぷっと、
なかなかの濃密なあんになっています。

お口にすると、まったりと、もったりと、
舌べろの上にのしかかってくるのですが、
さほど、重苦しいと云った雰囲気はありません。

さらには、ざらざらっと、しゃりしゃりっとした節はなく、
とってもお口にご親切ななめらさがあります。

お味のほうは、お口にした瞬間、ほわっと、さくら風味、
と云うか、いささか梅っぽいお味が一気に広がります。

はじめは、なんとなく、梅のような雰囲気ですが、
しかともぐもぐすると、さくらの存在感があらわになってきます。

そこに、桜葉のいい苦味とじゅっぱい塩っ気が、
さくら風味に参戦してきますっ。

白あんの甘味もあるのですが、それよりも、
さくら風味が満載で、葉っぱの塩っ気がいいアクセントを放ってくれているので、
まったくもって、甘ったるさや、クドさと云ったものはありません。

これには、流石の“杏里さん”だって、
♪I can't stop!♪
と、食欲を止めることが出来ず、
どんどんっと喰らいついてしまうことでしょう(?)。

ヤマザキ--さくらあんぱん。


さくらあんがでっぷりと、重いあんになっていて、
さらには、生地もがつがつっと、ハード系なので、
これが相成ると、かなりの重厚っぷりを感じます。

おおきさとしては、わりと小ぶりなのですが、
生地もあんも濃密と云うことで、手にしてみると、
どしっとした重みがあります。

それだけに、実際に頂いてみると、
胃袋は、かなりの満腹、満足になります。

さらには、生地にも、さくらあんにも食べ応え、
噛み応えがあるので、重さだけでなく、食感的にも、
かなりの存在感がありますっ。

お味的にも、さくら風味満載で、受験のこの季節には、
まさに、おめでたい逸品となっていますっ。

これは、“よもぎあんぱん”のほうにも、
かなりの期待が持てるってもんですっ。

この日、なんら期待せず、ふらっと、
主婦のスーパー”へと偵察に向かいましたが、
やはり、菓子パン部門には情熱的でないとは云え、
うかうかっとシカトすることの出来ないのが、“主婦”の模様ですっ。

今後も、しかと“主婦”と、ふらっと日本に帰国してきた(?)、
押尾学さん”の言動を見守っていこうと思いますっ(?)。

<まとめ>
・生地は、かなりのがつがつ、がっしり系で、ぐぐっと圧縮されたような噛み応えがある。
・生地のお味は、さくら風味と謳っているわりには、まったくさくらの存在感はない
・求肥は、ぺらぺらっと薄めではあるものの、むっち~んと、伸びやかなので、
 食感的には、存在感がある。
・さくらあんは、でぷっと、どぷっと濃密で、軽く舌べろにのしかかってくる。
・さくらあんには、はじめは軽く梅のようなお味がするものの、
 桜葉が盛り込まれていて、さくら風味満載になっている。
・生地もさくらあんも、どしっと、どかっと重厚感があって、
 小ぶりなあんぱんのわりには、胃袋が満載、満腹、満タンになる。



ヤマザキ
さくらあんぱん

販売価格:119円。

栄養成分表(1個あたり):
エネルギー:259kcаl
たんぱく質:6.0g
脂質:3.2g
炭水化物:51.6g
ナトリウム:209mg

独身評価:★★★★☆(4.5)

(ヤマザキの菓子パンはこちら)
スポンサーサイト





タグ:

HOME

トラックバックURL


トラックバック

ファミリーマート--ふんわりいちご~こだわりパン工房・神戸屋~。  | home |  フジパン--きなこもちのケーキ。