FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2008年01月27日[Sun]

Pasco--ベイクドケーキ 抹茶。

Pasco--ベイクドケーキ 抹茶。


Pasco、今月の新作っ!

“森のくまさん”と、お店の売り子さんは、
それでも独身を呼び止めてしまうのかっ、、。

♪あ~る~日っ、どくし~ん(独身)~さんっ、
 “き~い~ろ(黄色)”~へっ、ハンテ~ィン~グッ、
 フジパ~ン~、と~く~ば~い(特売)日~~ぃっ、
 3つで~ぇ、お~か~い~ど~く(お買い得)~~ぅっ、

 どくし~ん(独身)~さんっ、お待ち~な~さいっ、
 し~し~ょく(試食)~をっ、してみ~な~さいっ、
 売り子~の~、お~ば~ち~ゃん~が~~ぁっ、
 試食~を~、く~ば~ぁって~る(配ってる)~~ぅっ♪

ある日、“森のくまさん”が、森に入り込んだお嬢さんを、
思わず呼び止めてしまうのなら、この日の独身は、
特売ワゴンの横で、試食の菓子パンを配っている売り子さんに、
試食を勧められるってもんです。

この日の独身は、菓子パンハンティングのため、
お久しぶりの“黄色のお店”を目指しています。

“黄色”と云うと、週1度、決まって98円特売を開催していることもあり、
独身も、このお得な機会を取り逃さなんと、こぞって参戦しています。

しかし、そんなたいせつな日だと云うに、
独身は、前回の特売を、ささっと見逃しています。

と云うのも、その日は、“おいものスーパー”にて、
神戸屋の“いちごみるくフランス”が、88円で特売されることもあり、
独身は、“黄色”ではなく、“おいも”を優先してみた、と云うわけです。

そのため、独身が、こうして“黄色”を訪問するのは、
小柳ルミ子さん”もビックリの(?)、お久しぶりのこととなります。

この日は、別段、週1の特売日と云うわけではありませんが、
独身は、あるお得な情報を、秘密裏につかんでいます(?)。

それは、フジパンの“サンドロールシリーズ”が、
3つで178円で特売(おひとつ68円)される、と云うことです。

なぜ、独身は、そのようなお得な情報を知っているのかと云えば、
この日の朝に舞い込んできたちらしを、しかとチェックしてみたまで、です。

いつものように、独身が、朝ごはんを頂きながら、
ちろっと、“中尾彬さん”を見つめつつ、ぺろっと、
新聞とちらしにも視線を投げかけていると、“黄色”のちらしに目が留ります。

(まあ、菓子パンに至っては、たいした情報はないだろうよ。)
と、たいした期待もせずに、一応、ちらしをガン見してみると、
なっ、なんとっ、フジパンの“サンドロール”が、3つで178円で、
特売されると、しかと書き込まれているではありませんかっ。

独身、この情報には、思わずガッついてしまいますっ。

なぜ、独身は、ここまで“サンドロール”の情報に歓喜しているのかと云えば、
実は、“サンドロール”自体、ではなく、“黄色”でハンティング出来ることに、
ガッついているのです。

と云うのも、独身は、先月あたりから、1月末までに、
黄色”で、あるものをハンティングしなければならない都合ってやつがあったのです。

そのものは、1月末まで、定価より20円もお得に、
長期で特売されていると云う品物
で、先月あたりに登場して以来、
ずっと、1月末に確保しておこうと、しかと計画を立てていたのです。

独身としては、先日の98円特売で、菓子パンのついでとして、
長期特売品をお供させようと思案していたのですが、
その日は、“おいものスーパー”にて、
いちごみるくフランス”が特売されると云うことで、
“黄色”へと参戦する機会をシカトしてしまったのです。

今月も、そろそろおわりに接近していることもあり、
独身としては、ここら辺で、しかと長期特売品を確保しておきたいところです。

そんなときに、フジパンの“サンドロール”の情報が舞い込み、ですっ。

長期特売品のお値段札には、“1/31まで”と書かれていますが、
31日を迎える前に、品切れで、さっさと特売が終了してしまう恐れもあります。

そのことを妄想すると、心配性の独身は、
もう、いてもたっても、いられなくなるってもんです。

しかし、ようやっと、この日、独身は、
さんざ待ちぼうけを喰らっていた長期特売品を、
お持ち帰り出来るわけですっ。

この日は、相も変わらず、冷え性の独身には、
厳しい寒さの1日です。

あまりの寒さに、眼球から、てろっと涙が自然にあふれ出てしまいますが、
こころ内で、なんとか己を鼓舞して、さっさと“黄色”へと向かいます。

さっそく店内へと進入すると、なにやら、イベント広場に、
ちびっこたちが、こぞって集合している光景を目の当たりです。

どうやら、珍しのクワガタ、カブトムシのゆかいな仲間たちが、
“黄色”に大集合している模様です。

独身は、あんまし昆虫類は得意ではありませんが、
クワガタ、カブトムシには、いささか関心があります。

しかし、ちびっこたちに混じって、年増の独身おんなまでもが、
こぞって展示に参戦することは、出来ません、、。

軽い憧憬のこころ持ちで、展示とちびっこたちを横目で流し見しつつ、
独身は、ささっと特売ワゴンへと突き進みます。

すると、特売ワゴンの横に、ひとりの女性が、
お客を待ち受けている様子が映り込んできます。

どうやら、特売菓子パンの試食を、
売り子さんが配っているようです。

独身は、洋服屋さんでも、すぐに店員さんに話かけられるのが、
お好きではないので、スーパーの売り子さんも、毎度、
決まって遠慮するようにしています。

しかし、特売の菓子パンを、しかと確認する作業は、
遠慮することは出来ません。

軽く売り子さんを避けつつ、さっそくワゴンに接近すると、
独身の視界に、フジパンの“サンドロール”、ではなく、
Pascoの“ベイクドケーキ”の3種が登場です。

片手で、気軽に喰らいつくことが出来る、
ミニサイズのスティック型のケーキの模様です。

抹茶”、“チーズ”、“カフェモカ”の3つのお味が勢ぞろいと云うことで、
いずれのお味も大好物の独身は、思わず興味津々になってしまいます。

そんな、独身のガッつきっぷりに気づいたのか、
売り子さんは、さっそく独身に、
「そちらの“ベイクドケーキ”、試食ございますよ~ぉっ。」
と、話しかけてきます。

売り子さんとしては、数多のお客に、
“ベイクドケーキ”の魅力を広めたいところですが、
独身としては、ほかの特売にも、しかとチェックの目を光らせておく必要があります。

ここで、いきなり試食を頂くだけ頂いて、現品はシカトして、
ほかの菓子パンのところに移動してしまうとなると、
売り子さんに申し訳がないってもんです。

そんなことを、瞬時に妄想しつつ、軽く売り子さんに会釈して、
独身は、特売すべての菓子パンを確認します。

すると、この日の特売であるはずの、フジパンの“サンドロール”が、
特売ワゴンではなく、おつとめ品の棚の横の、ちいさなテーブルに、
ちまっと盛られていることに気づきます、、。

ちらしに載っている特売が、ちいさなテーブルに、
しかも、柱の手前に、さみしく設置されている一方で、
ちらしにも、なんにも載っていない、Pascoの特売が、
おおきなワゴンに、もりっと盛られています、、。

これも、ある意味、格差ってやつなのでしょうか、、(?)。

しかも、ほんの3~4種の“サンドロール”が、
ほんの20本ほどしか、スタンバイしていません、、。

特売ワゴンなんて、10種近いPasco製が、
山のごとく、てんこ盛り、ですよ、、。

それならば、いっそのこと、フジパンではなく、
Pascoをちらしに載せてしまえばいいのにと、
こころ内で、フジパンに同情しつつ、そのまま、
ふたつの特売をシカトして、通常の、菓子パンの棚へと移動します。

そのほかに、なにか、独身を誘惑してくれるような、
ナイス菓子パンがないかと、棚全体を見渡していると、
さきほど、売り子さんが勧めていた、Pasccoの“ベイクドケーキ”が、
ふたたび登場
です。

さきほどは、横に売り子さんがいたこともあり、
あんまし、じっくりと吟味することが出来ませんでしたが、
通常の棚ともなれば、独りでゆるりと見つめることが出来ます。

3つのお味のうち、最終的に、
抹茶”と“カフェモカ”が候補として残ります。

いずれも、たいへん魅力的なお味ですが、
ここのところ、抹茶系の菓子パンと、ご無沙汰していることもあり、
抹茶”をワシづかみすることにします。

これで、ようやっと、長期特売品をお持ち帰り出来るってもんですっ。

この日の菓子パンのターゲットと遭遇出来たことよりも、
長期特売を、しかと確保出来ることに、安堵している独身です。

これには、森に迷い込んで、
うっかり落としてしまった真っ赤なイヤリングを、
森のくまさん”に拾ってもらったお嬢さんも、さぞ、
ほっと安堵していらっしゃることでしょう(?)。

さきほどの売り子さんにも、独身が、
しかと“ベイクドケーキ”を確保したことで、
安堵して頂きたいところですが、このときの、
独身の脳裏には、長期特売品のことで満載だったのであります、、。

Pasco--ベイクドケーキ 抹茶。


粒あん入りのもちっとした抹茶ケーキ。”

と云うわけで、Pascoの今月の新作、
“ベイクドケーキ 抹茶
”です。

さっそく生地から頂いてみると、
わりと、じゃくじゃくっと、歯切れがいいことがわかります。

もちっとを謳う生地と云うと、もっと、
むっちりとした弾力が強いように妄想するのですが、
この生地の場合、意外にも、切れのよさを見せつけています。

とは云え、“もちっと”が大好物のPascoと云うことで、
そのらへんは、気を抜いてはいない模様です。

もちっと、と云うより、むちっと、ぶいっと云う噛み応えがあって、
もぐもぐすればするほど、ねっちりとした弾力が生まれます。

はじめ、生地に歯をめり込ませると、ぐぐっと生地の厚みを感じ、
そのあとは、むっちとした噛み応えで、後半は、ねっちりの弾力です。

そのためか、“ベイクドケーキ”と云うより、
焼き蒸したケーキ、と云った雰囲気です。

ワンハンドで、気軽に頂ける、小ぶりなサイズなのですが、
実際に手にしてみると、どしっと、ずしっとして、
なかなかの重みを感じます。

生地を頂いてみても、どっしりとした、
厚みのある生地であることがわかります。

なかなか腹持ちのよさげなケーキのようです。

キメは、気泡も大きく、多めで、見た目、粗めな印象を受けますが、
しっとり、じっとりとして、さらには、むっちりの弾力もあるので、
さほど、粗さが気になることはありません。

お口にすると、若干、じゅわっとした油分を感じるのですが、
こちらも、生地のねっちりの食感によって、緩和されてしまいます。

Pasco--ベイクドケーキ 抹茶。


生地のお味は、抹茶の風味が、ほろっと、
軽やかに漂ってきます。

一見すると、なかなか色濃い抹茶色で、
思わず、じくっと、苦味の効いた抹茶を妄想としていたのですが、
主役の抹茶よりも、たまごと、お砂糖の甘味のほうに勢いを感じます。

そして、しかともぐもぐしていると、やがて、
むちっとした、おもち、と云うか、ぎゅうひのような甘味も染み出てきます。

生地に喰らいつくと、まず、じゅわっと、
たまごのまろやかな甘味と、お砂糖の甘味が登場してきます。

そのあと、抹茶の軽やか、と云うか、わずかな風味が、
お口の奥~のほうで、遅れて参戦してきます。

中央線の遅れと、いい勝負です(?)。

お砂糖の甘味は、なかなかの強さがあるのですが、
たまごのまろやかさのためか、さほどクドい甘味ではありません。

さらには、生地の表面が、焦げっとよく焼けていて、
まるで、カステラの底のお焦げのような、甘香ばしさを感じます。

この香ばしさも、甘クドくさせないゆえんとなっているのかも、しれません。

Pasco--ベイクドケーキ 抹茶。


生地の中には、つぶあんが埋め込まれています。

袋から取り出す前は、サンドウィッチのように、ふたつにカットした生地に、
あんこがサンドされているものと妄想していたのですが、
実際に生地をカットしてみると、まるで、のごとく、
ぽつっと、つぶあんがお目見え、です、、。

ストローの、筒の直径と、いい勝負です、、。

いささか、いや、けっこうなケチっぷりの雰囲気満載ですが、
さっそく頂いてみると、わりと硬めのお豆であることがわかります。

しかし、量が極少なのと、生地にどしっと重みがあるので、
つぶあんの存在感は、生地によってお邪魔されています。

これは、こしあん派の独身には、ある意味、
不幸中の幸い、とでも云えるのかも、しれません。

お味は、なかなかのお砂糖の甘味があるのですが、
こちらも、量が少ないことが幸いし、
まったく甘クドさと云ったものは感じません。

生地の、たまごとお砂糖の甘味に、
軽く、あんこの甘味が付け足しする程度です。

各々の素材に、しかと甘味が盛り込まれているのですが、
なぜか、クセになる、と云うか、イヤミのない甘味です。

さらには、小ぶりなサイズと云うこともあって、
(ちょっと甘いものを頂きたいかも。)
と云うときに、おおきさも甘味も、ぴったしなケーキに思えます。

ただ、“森のくまさん”、ないし、
黄色のお店”の売り子さんに、呼び止められて、
ほかの“カフェモカ”と“チーズ”を勧められたとしても、
試食は頂いても、現品をハンティングすることは、ないと思います、、。

<まとめ>
・生地は、もっちりと云うより、むっちりぶいっとした噛み応えで、
 もぐもぐしていくと、やがて、ねっちりとした弾力になる。
・気泡が粗めのわりには、じっとりとした水分、油分があるので、
 さほど粗さは感じない。
・生地のお味は、抹茶よりも、たまごとお砂糖の甘味のほうが強い
・もぐもぐしていくと、ぎゅうひのような、むちっとした甘味も参戦してくる。
・生地の表面は、カステラの底のような、甘香ばしさがある。
・つぶあんは、かなり量が少ないので、食感も、風味も、
 生地の甘味に、軽くお邪魔されている。
・全体的に、生地に重みがあって、甘味もどしっとしているわりには、
 小ぶりなサイズが幸いして、適度な甘味になっている。


Pasco
ベイクドケーキ 抹茶

購入価格:88円。

栄養成分表示(1本当り):
エネルギー:280kcаl
たんぱく質:5.4g
脂質:8.4g
炭水化物:45.8g
ナトリウム:111mg

独身評価:★★★☆☆

(Pascoの菓子パンはこちら)
スポンサーサイト





タグ:

HOME

トラックバックURL


トラックバック

フジパン--頭脳パンシリーズ チョコマーブル蒸し。  | home |  田子の月--富士山頂。