FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2008年02月05日[Tue]

イトーパン--めざせGO-KAKU 頭脳パン イチゴ&レアチーズクリーム。

イトーパン--めざせGO-KAKU 頭脳パン イチゴ&レアチーズクリーム。


イトーパンの今月の新作、“頭脳パンシリーズ”ッ!

これには、流石の“小柳ルミ子さん”も、
お久しぶりでも、シカトしてしまうかっ、、。


♪お久しぶ~ぅり~ぃね~~ぇっ、“紫”あるなんて~~っ、
 し~ぃんさく(新作)っ、ち~らほらっ、久々登~ぉ場~~ぉっ♪

小柳ルミ子さん”が、お久しぶりに“あなた”に出逢うのなら、
この日の独身は、久々の“紫のドラッグストア”で、
これまた、久々のイトーパンの“頭脳パンシリーズ”に遭遇するってもんです。

前日は、1日中、冷たい雨が降り続いていましたが、
この日は一転、とってもおだやかで、すかっとした青空が広がっています。

こんな気分のいい1日のはじまりは、いっそのこと、
遠方のお店へと、遠征ハンティングへと向かいたくなるところです。

と、独身がこのように、遠征を脳裏に浮かべてしまうのは、
たいてい、お天気がいいときであって、つい最近は、
ほんの2日前にも、おんなじことを考えています。

なんとも単純な独身おんなですが、実際、2日前は、
遠征などせずに、ご近所の“オカンのスーパー”にて、
ランチパック クランチチョコクリーム”をハンティングしています。

当初は、“イトーヨーカドー”まで、遠征に向かおうと思っていたのですが、
さまざまな理由から、さくっと、その計画は前頭葉によって却下され、
オカン”に変更された、と云うわけです。

それならば、この日もお天気がいいと云うことで、
今度こそ、“ヨーカドー”遠征を決行してしまおうではないかと、
独身、いつも以上に己に闘魂を注入して、いざ、“ヨーカドー”へと、
いつもの愛チャリで出発します。

と、道の途中、ふっと、独身の脳裏に、
あるお店の存在が浮かび上がってきます。

それは、“ミラクル100均”です。

“ミラクル”は、お菓子だけでなく、
菓子パンもスタンバイさせているのですが、
ときに、あっちこっちのスーパーではお見かけしないものや、
いささかお値段のお高めなものが登場していることがあるので、
不定期的にでも、チェックの目を光らせる作業は、欠かせません。

と云うわけで、まずは、“ミラクル”へと立ち寄って、
菓子パンチェックを行うことにします。

すると、この日は、数多の種類の、
神戸屋の菓子パンとお惣菜パンが、
もりもりっと、盛られているところに遭遇ですっ。

しかも、そのほとんどが、今月の新作ではありませんかっ!

これは、新しもの好きの独身としては、
思わず狂喜乱舞してしまうってもんですっ。

さっそくターゲットの捜索を開始すると、
なっ、なんとっ、神戸屋のサイトでお目にかかったとき、
独身が、真っ先にこころをワシづかみされた、
懐かしコッペ きなこクリーム”がふたつ、
スタンバイしているではありませんかっ!!

しかし、ここで、独身のこころ内は、
すっかり、ある謎に覆われます。

それは、この“懐かしコッペ、、”は、
たしかに今月の新作ではあるのですが、販売地域は、関東となっています。

神戸屋のサイトによると、独身が生息している静岡は、
関西に分類されているはずなのですが、どういうわけか、
関東であるはずの“懐かしコッペ、、”は、いま、こうして、
独身の目の前に、しかと存在しています。

その一方で、関西限定の新作も、同様に、存在しています。

と云うことは、静岡は、関西、関東に分類されているのではなく、
まさに、どっちつかずな、“ニモ”よろしくの県、と認識されているようです(?)。
(*“ニモ”は、メスがいなくなると、オスがメスに性転換するそうです。)

これは、菓子パンハンターとして、なんともありがたいことですっ。

どちらかに分類されていたら、どちらか限定の新作を、
泣く泣く諦めなければならないハメになるのです。

ここ最近、Pascoから、関東限定の新作がなんどか登場しているようで、
(関東ばっかしズルいっ!)
と、軽くハンカチの端っこを噛むような思いでいた独身ですが、
神戸屋の新作が、すべてお目にかかれる地域に、己が存在していることが判明し、
ひとり、優越感にひたる独身ですっ。

さて、関東と云うことで、いちどは諦めていた、
“懐かしコッペ、、”と、早々にお目にかかったと云うことで、
さっそくワシづかみしようと、ささっと手を伸ばすと、
独身の視界に、ある数字が飛び込んできます。

そこには、消費期限が記載されているのですが、
しかと見つめてみると、なっ、なんとっ、
期限がギリギリ、この日になっているではありませんかっ。

とは云え、期限内であれば、もちろん、
質的には、まったく問題はありません。

ところが、独身のわがままなこだわりとしては、
おつとめ品として、割引されていない、期限ギリギリのものは、
なかなかワシづかみする勇気がわいてきません、、。

100円ショップと云うことで、割引されていないのかもしれませんが、
これが、スーパーであれば、きっと、1~2割はされているであろうよ、
と、つい、妄想してしまう独身です、、。

しかし、せっかくターゲットと早々にめぐり逢うことが出来たのだから、
ここは、いっそのこと、己のこだわりを、ほいっと捨てて、
期限ギリギリを、甘受してしまえよ、ホトトギス(?)、
と、“船場吉兆”のおかみよろしくのささやく声(!)が、
右となりのほうから(?)聞こえてきます。

いまここに、高性能のマイクが設置されていれば、
きっと、店内中に、独身のこころ内が放送されていることでしょう(?)。

ターゲットとの、幸運な出逢いを取るのか、
期限ギリギリは、やはり、甘受出来ないのか、
独身、しばし、菓子パンコーナーの前でお悩み、です。

そして、ようやっと決意した独身は、
そのまま出入り口のほうへと向かい、
ささっとお店をあとにしようとする、のですが、
いっこうに、自動ドアは開いてはくれません、、。

いったい、どうしたものかと、軽くあとずさりすると、
ドアには、しかと、“入り口専用”と書かれているではありませんか、、。

いまのいままで、ふたつある出入り口は、
出入り可能だったのですが、いつの間にか、
別々にされていたようです、、。

軽く恥ずかしいこころ持ちでいると、すぐ横で、
ひとりの店員さんが、商品の陳列作業にまい進されている光景に気づきます、、。

きっと、店員さんは、
(ぷぷっ、、。出口、間違えているよっ、、。)
と、軽くこころ内で、失笑されているのかも、しれません、、。

独身も、逆の立場であれば、同様に思っていたこと、でしょう、、。

これには独身、こころ持ちが、益々、羞恥で満載になります、、。

まるで、何ごともなかったかのように、
そ知らぬ顔をして、ささっと出口へと移動します、、。

そして、そのまま“ヨーカドー”へと流れ着く独身ですが、
こうして、せっせと遠征してきたと云うに、残念ながら、
独身好みの菓子パンは、どこにも発見されません、、。

お久しぶりの“ヨーカドー”と云うことで、
軽く期待を抱いていたのですが、別段、前回の訪問と、
菓子パンコーナーの状況には、変わりがない、模様です。

と云うわけで、つぎに独身が行き着いた先は、
これまた、久々の“紫のドラッグストア”です。

ここ“紫”では、調味料から飲み物、冷凍食品まで、
数多の食品を勢ぞろいさせています。

菓子パンに至っては、神戸屋とイトーパンをひいきしているのですが、
ここのところ、新作がスタンバイされていることはありません。

そのため、おのずと、独身の足も、遠のいていたのですが、
如月に突入したこともあり、ここらで、久々に“紫”を訪問してみることにします。

“ヨーカドー”から、およそ7分ほど移動し、
“紫”に到着です。

お店の、いちばん奥~にある、菓子パンコーナーへと突き進み、
さっそく捜索を再開すると、なっ、なんと、はじめてお目にかかる、
イトーパンの“頭脳パンシリーズ”が、もりもりっと、
盛られているところを発見ですっ。

その中で、もっとも独身の関心を刺激してくれるのが、
めざせGO-KAKU 頭脳パン イチゴ&レアチーズクリーム”ですっ。

いまのいままで、イチゴジャムや、イチゴ&クリームは、
なんどもランデブーしていますが、レアチーズと云うのは、
これがお初、となりますっ。

これには独身、さきほどの、
神戸屋の“懐かしコッペ きなこクリーム”のことを忘れ、
すっかり“、、頭脳パン イチゴ、、”のトリコですっ。

なんとも単純な独身おんなですが、イトーパンとは、
およそ3ヶ月ぶりの、久々の出逢いと云うことで、
益々ハンティング欲も盛り上がってくるってもんですっ。

と云うわけで、この日のターゲットは、
めざせGO-KAKU 頭脳パン イチゴ&レアチーズクリーム”に決定ですっ。

独身は、別段、受験生と云うわけではありませんが、
ドコサヘキサエン酸配合、と云うことで、きっと、
この日の記事が、久々の長文、駄文になることを予感しつつ(?)、
さっそく、DHAを取り込んでみたいと思います。

イトーパン--めざせGO-KAKU 頭脳パン イチゴ&レアチーズクリーム。


と云うわけで、イトーパンの今月の新作、“頭脳パンシリーズ”、
“めざせGO-KAKU 頭脳パン イチゴ&レアチーズクリーム
”です。

さっそく生地から頂いてみると、表面は、
はりはりっと、わりと硬めになっていることに気づきます。

そのため、はじめ、生地に喰らいつくと、
がしがしっと、噛み応え、と云うか、硬さを感じます。

そのままもぐもぐすると、じゃくじゃくっと、
歯切れのいい生地であることがわかります。

と云うのも、生地の内側は、かすかすっと、
ふすふすっと、乾き気味で、軽く硬くもなっているので、
乾燥によって、生地の切れがいい、と云うか、
軽くもろくなってしまっている、と云った印象です、、。

まあ、表面と比べれれば、内側は、まだ、
しっとりをなんとか維持しているのですが、
生地全体となると、やはり、キメがごわごわっと荒くれもので、
口あたりも、けばけばっとして、なめらかな節は、ほとんどありません、、。

まるで、袋を開けっ放しにして、そのまま半日ほど、
放置プレイ(!)してしまったかのような、水分の欠如した生地です、、。

先日の豆まきにも、ファミリーのCDにも欠席した、
羽野晶紀さん”といい勝負です(?)。

生地のお味は、もぐっとした瞬間、表面から、
いい香ばしい風味が漂ってきます。

しかとオーブンで焼かれているのか、
軽い苦味があって、独身好みの、いいお焦げっぷりになっています。

そのまま、生地をもぐもぐすると、やがて、
たまごの甘味がぼふぼふっと、盛り上がってきます。

そして、ミルクのような、まろやかな甘味も、参戦しています。

生地の質は、冬のあいだの、乾燥した、かぴかぴのかかと、よろしく(!)、
がさがさになっているのですが、お味としては、甘味と香ばしさが相成って、
なかなかの旨味をかもし出しています。

乾燥したかかと、には、尿素入りのクリームがオススメです。

イトーパン--めざせGO-KAKU 頭脳パン イチゴ&レアチーズクリーム。


生地の中には、イチゴジャムと、
レアチーズ風味フラワーペーストが盛り込まれています。

まずは、イチゴジャムですが、ぶるっと、だぶっとした、
水分や、とろみのない、重みのあるジャムになっています。

瓶を開けて、ジャムを半分ほどまで頂いてみたのですが、
なんだか、イチゴ味に飽きてしまって、1ヶ月ほど、
冷蔵庫の奥~のほうに押しやられたところに再会して、
この際、せっかくだから、全部消費してみるかと、
ふたたびフタを開けてみたのですが、フタから、
微妙~に空気が漏れていたのか、開けたてのときの、
てろてろの水分が、すっかり抜けて、どぶどぶの、
妙に蜜~なジャムになってしまった、そんな印象のジャムっぷりです。

そのためか、イチゴよりも、水あめの甘味のほうが、
前に、前にへと、しゃしゃり出ています。

ときおり、がぷちぷちっと、果肉がでぷっと、盛り込まれているのですが、
やはり、水あめが幅を利かせていることには、変わりありません。

しかし、こう云った、水あめ満載のジャムには、
不思議と懐かしさを感じてしまいます。

独身的には、甘味の強い、チープ感漂うイチゴジャムは、
嫌いではありません。

リニューアルして、小綺麗な画像になった“ヤッターマン”より、
むかしの、いい意味での、~な雰囲気の“ヤッターマン”のほうが、
独身的に、親しみを感じてしまうようなものです。

イトーパン--めざせGO-KAKU 頭脳パン イチゴ&レアチーズクリーム。


一方のレアチーズクリームですが、ジャム以上に、
もったりどっぷりとして、重々しいクリームになっています。

お口にすると、ねっちりと、軽くお口に張りついてきます。

お味は、チーズの濃厚なコクと、
ミルキーな甘味がありますっ。

それでいて、ほのかなレモンのような、いい酸味があって、
互いに、風味を引き立てあっています。

これが、水あめの甘味満載のイチゴジャムと相成ると、
甘味と濃厚なチーズが、なかなかいい相性を見せつけていますっ。

イチゴと云うのは、クリームだけでなく、あんこやチーズ、
チョコなど、わりと、なんにでも相性がいいように思えます。

しかし、残念ながら、ジャム、チーズクリーム共に、
量が少ないので、その相性っぷりを、十分に満喫することが出来ません、、。

なんだか、双方ともに、水分が欠如しているので、
すっかり生地にへばりついている、と云うか、
かすかすの、乾燥した生地に飲み込まれてしまっています、、。

お味としては、いい意味での、チープ感があって、
まあ、なんとか甘受出来る範囲、と云えるのですが、
全体としては、やはり、生地の質、そして、
生地とジャム、クリームのバランスがよろしくありません

生地ばかり、全面にしゃしゃり出て、
ジャムとチーズクリームは、すっかり生地に圧倒されて、
端っこのほうで、小刻みに震えている、と云った印象です、、。

これには、思わず、いまは懐かしの、
アイフル犬”を妄想としてしまいます、、。

これには、流石の“小柳ルミ子さん”だって、
頭脳パン”とお久しぶりの再会だとしても、
この“、、イチゴ&レアチーズクリーム”は、
そのままシカト、してしまうことでしょう、、(?)。

元夫、静岡県出身、“賢也くん”と再会しても、
“ルミ子さん”は、彼をシカト、してしまうのでしょうか、、(??)。

<まとめ>
・生地の表面は、がしがしっと、硬く乾燥して、
 内側は、かすかすっと、乾いて、変な歯切れのよさがある。
・生地のお味は、表面が香ばしいお焦げがあって、
 もぐもぐすると、たまごの甘味と、ミルクのまろやかな甘味が登場してくる。
・イチゴジャムは、ぶるっとして、水分が抜けて、軽く乾いている。
・レアチーズクリームは、もったり、どっぷりと、重くなって、
 お口にねっちりと張りついてくる。
・ジャムは、水あめの甘味が強いが、どこか、チープな懐かしさがある。
・クリームは、濃厚なコクと、レモンのような、いい酸味がある。
・ジャムとクリームの相性はいいが、量が少ないので、生地に飲み込まれている。


イトーパン
めざせGO-KAKU 頭脳パン イチゴ&レアチーズクリーム

購入価格:102円。

栄養成分表示(100g当り):
エネルギー:302kcаl
たんぱく質:6.7g
脂質:10.8g
炭水化物:44.5g
ナトリウム:359mg
ビタミンB1:0.31mg
DHA:36mg
(*80gあります。)

独身評価:★★☆☆☆

(イトーパンの菓子パンはこちら)
スポンサーサイト





タグ: いちご, チーズ, ジャム,
スレッドテーマ: 菓子パン,グルメ

HOME

トラックバックURL


トラックバック

ヤマザキ--ランチパック クランチチョコクリーム。  | home |  Pasco--塩キャラメル蒸しケーキ。