FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2008年02月09日[Sat]

神戸屋--懐かしロール きなこクリーム。

神戸屋--懐かしロール きなこクリーム。


神戸屋、今月の新作っ!

これには、流石の“だんご3兄弟”も、
3つ連続して喰らいついてしまうかっ、、!


♪“ミラクル”出逢う、“きなこ”っ、(“きなこ”っ)
 今月、おニュ~、“きなこ”っ、(“きなこ”っ)
 “99”で“きなこ”っ、(“きなこ”っ)
 1円っ、お得だいっ!♪

だんご3兄弟”が、3つ並んで3兄弟ならば、
この日の独身は、3度目の正直で、神戸屋の新作、
懐かしロール きなこクリーム”をハンティングするってもんですっ。

あれは、ほんの数日前のこと。

独身が、“イトーヨーカドー”まで、
菓子パンハンティングのために、遠征する途中、ふっと、
その前に、“ミラクル100均”へと、立ち寄ってみたことにはじまります。

“ミラクル”は、ときおり、セレブなお値段のお菓子を、
半額以下の、たった105円、もしくは、ふたつで105円と云う、
まさに、もってけ泥棒状態で、ゴリ売りする、奇跡的な100均です。

いまのいままで、独身は、およそ300円はする袋入りのチョコを、
ほんの105円のところに遭遇したことがあります。

つい最近は、定価105円はする、セレブチョコを、
おふたつ105円で、確保しています。

とは云え、“ミラクル”だって、毎度、毎度、
奇跡を起こしてくれる、と云うわけでは、ありません。

ときどき、だからこそ、ミラクル、なわけです。

そこで、そのミラクルを見逃さないためにも、
不定期的にでも、“ミラクル”訪問を欠かすことは出来ません。

そこで、その日の独身は、“ヨーカドー”へと向かう前に、
まずは、“ミラクル”で、奇跡が起きているかどうか、
しかと確かめるために、寄り道をしてみようと云う魂胆です。

さっそく到着し、お菓子コーナーへと接近すると、
残念ながら、この日は、奇跡の日、ではない模様です。

軽くガックシとしつつ、そのまま菓子パンコーナーへと視線を移すと、
なっ、なんとっ、そこには、神戸屋の今月の新作が、
もりもりっと、数多盛られているではありませんかっ、、!

その中には、独身が興味津々だった、
懐かしロール きなこクリーム”が、参戦していますっ。

神戸屋のサイトで、ひと目見たとき、この“、、きなこクリーム”は、
一瞬にして、独身のこころをワシづかみしてくれた、
にっくき(憎き)あんちくしょうです(?)。

しかし、いくらひとめボレであっても、
実物と遭遇出来るとは、限りません。

それが、菓子パンハンティングのもどかしいところでも、あります。

こんなに、独身が恋焦がれるようなこころ持ちでいても、
恋に泣く、ことだって、重々あるのです、

神戸屋のサイトをながめつつ、こころ内で、
(きっと、お目にかかることは、ないであろうよ、、。)
と、そのときは、半ば、あきらめていたのですが、
こうして、ふっと、立ち寄ってみた“ミラクル”で、
“、、きなこクリーム”は、独身の目の前に存在しているではありませんかっ、、!

これは、独身にとっては、ミラクルと云える出逢いですっ。

さっそく、“、、きなこクリーム”をワシづかみしようと、
手をのばしてみると、つぎに、独身の視界に映りこんでくるのは、
消費期限、です。

しかと見つめてみると、期限がギリギリ
つまり、当日になっているではありませんか、、。

これには独身、思わず、伸ばした手を、
おひょいさん”よろしく(?)、ひょいっと、軽く引っ込めてしまいます、、。

とは云え、期限内なのだから、品質的には、
まったくもって、問題はありません

しかし、これが、ほかのスーパーであれば、
おつとめ品”として、いくぶんか、割引されていることでしょう。

一方で、ここ“ミラクル”は、100均だからなのか、
“おつとめ品”であっても、割引されていることは、ありません。

そうなると、どケチな独身としては、
(ほかのスーパーだったら、確実に“おつとめ”だよなぁ、、。)
と、思ってしまうわけで、、。

されど、この奇跡的な出逢いを、
うかうかっとシカトすることも、出来かねます、、。

ささっとこれをシカトすれば、今度は、いつ、
再会出来るか、確証はありません。

再会出来ないことだって、あり得るのです、、。

それならば、いっそのこと、
期限など甘受してしまえよ、ホトトギス(?)、
と云うことで、そのままハンティングするほうが、
賢明と云えるのかも、しれません。

(ギリギリなんて、やめちないなっ!)
と、云う声がする一方で、
(受け入れるんだよっ、この、ブタやろうっ!(?))
と云う声も、聞こえてきます、、。

独り、菓子パンコーナーの前で悩み、ときおり、
ぐるっと、コーナーを1周して、熟考してみた結果、
独身は、そのまま、ささっとコーナーからさよなら、して、
出入り口のほうへと、向かいます。

そして、そのまま、“ミラクル”から退散しようと、
ドアの前に立ってみると、いっこうに、ドアは開いてくれません、、。

すると、独身の視界に、ある張り紙が突入してきます、、。

そこには、しかと、
このドアは、入り口専用です。”
と、書かれているではありませんか、、。

(やっちまったっ、、!)、
と、軽い恥じらいのこころ持ちでいると、すぐそばの棚で、
店員さんが商品の陳列作業にまい進
されている光景が映り込んできます、、。

これには独身、益々羞恥心で満載になるってもんです、、。

と云うわけで、独身は、せっかくの“、、きなこクリーム”との出逢いを、
あっさりシカトしてしまったのですが、このときの独身は、
数日以内に、また、再会することとなるとは、
ちろっとも妄想していなかったのです。

“ミラクル”の出逢いから、ほんの2日後
独身は、ウェットティッシュを追い求めるため、
99円ショップ”へと向かいます。

“99”でも、しかと菓子パンがスタンバイしているのですが、
独身は、いまのいままで、ほんの指折り数える程度しか、
“99”でハンティングしていません。

このときの目的は、別段、菓子パンハンティングではないので、
なんら期待せず、“99”へと進入します。

すると、入り口から、真っ先にあるのが、
菓子パンコーナーです。

これは、もう、独身に、
「ちょいと独身さんっ!寄っていきなよっ。」
と、云っているようなものです(?)。

そこで、どんな菓子パンが勢ぞろいしているのか、
ちろっと横目で確認してみると、なっ、なんと、
そこには、つい2日前、“ミラクル”でお目にかかっている、
懐かしロール きなこクリーム”が3つほど、
スタンバイしているではありませんかっ、、!

まっ、まさか、こんなすぐに、再会出来るとは、
流石の妄想族の独身でも、ちろっとも妄想していませんでしたっ、、。

これには、独身、思わずガッついてしまうってもんですっ。

しかと消費期限を確認してみると、
当日に仕入れられていることがわかります。

しかも、99円ショップと云うことは、
先日の“ミラクル”より、1円、お安いことになりますっ。

独身は、平生から、
おんなじ菓子パンなら、1円でもお安いものを
をマニフェストとしています。

たかが1円、ですが、されど1円ってやつですっ。

数日前は、“ミラクル”での出逢いを、ミラクルと思っていたのですが、
この日こそ、ミラクルと云えるのではないでしょうかっ。

ウェットティッシュ目的だったのが、
すっかり菓子パンハンティングに変更ですっ。

と、ここで、独身の脳裏に、
ある菓子パンの存在が浮かび上がってきます、、。

それは、ヤマザキの新作、“とろけるフォンダンショコラ風パン”です、、。

この“とろける、、”とは、前日の“黄色のお店”の特売で、
98円でハンティングしています。

しかも、独身は、久々のダブルハンティングを決行しています。

と云うことはつまり、この“とろける、、”は、
翌日用、つまり、この日に頂く分として、
すでに、独身宅で待機されているのですっ、、。

もし、ここで、独身が“、、きなこクリーム”をハンティングすると、
連日のダブルハンティングとなってしまいます、、。

それでは、2日前、期限にこだわって、
“ミラクル”でシカトした意味がなくなってしまいます、、。

せっかくの、2度目のミラクルの出逢いを果たしたと云うに、
またしても、独身は、“、、きなこクリーム”をシカト、
しなければならないようです、、。

しかも、“黄色”でダブルハンティングした“とろける、、”は、
チョコ好きの独身の期待を、ざっくりと裏切ってくれる、
無粋菓子パンだったのです、、。

2度に渡る出逢いは、果たして、ミラクルと云えるのか、
独身にはわかりかねるってもんです、、。

いままさに、ターゲットが目の前にあるのに、
ハンティング出来ないだなんて、にんじんを目の前にして、
走らされるお馬のようなものですよっ、、(?)。

人生も、菓子パンハンティングも、まさに、
塞翁が馬”ってやつ、です、、。

こうした、独身は、2度目のシカトを決行するハメになったのですが、
それから、また2日後のこの日、3度目の正直よろしく、
ふたたび“99”へと、“、、きなこクリーム”求め、
再訪することにします。

すると、菓子パンコーナーには、“だんご3兄弟”よろしく(?)、
しかと、“、、きなこ、、”が3つ、たて並びしているではありませんかっ。

今度こそ、“、、きなこ、、”とランデブーするときがめぐってきますっ。

ミラクルは、そうそう、何度も起こるものではありませんが、
3度もお目にかかったと云うことは、独身と、この“、、きなこ、、”には、
なんらかのご縁があるのかも、しれません。

ほっとひと安心したところで、さっさとワシづかみして、
ささっとレジへと清算に向かいます。

そこで独身、つい、うっかりして、
お皿へと、105円を差し出してしまいます、、。

店員さん「、、1円、多いですよ。」
独身「あっ!そうでしたっ!!」

独身、すっかり、“99”が、100均、ではなく、
99円ショップであることまで、シカトしていたようです、、。

神戸屋--懐かしロール きなこクリーム。


むかし懐かしいふっくらソフトなロールパンに
 シャリッとお砂糖の食感が残るきなこクリームをサンドしました
。”

と云うわけで、神戸屋の今月の新作、
“懐かしロール きなこクリーム
”です。

神戸屋の“懐かしシリーズ”と云えば過去、
シュガーマーガリン”、
キャラメル”、
抹茶シュガーマーガリン”、
お風呂屋さんのコーヒー牛乳”を頂きました。

さっそく生地から頂いてみると、喰らいついた瞬間、
生地からの抵抗勢力を歯に受けます。

ぐぐっと、かなりの噛み応えがありますっ。

びっちり、ぎっちりと、キメがぎゅぎゅと蜜~に詰まっていて、
まさに、マッチョ系の、いい引き締まりっぷりがある生地ですっ。

ほぐほぐっ、はぐはぐっと、歯応えのようなものもあって、
いい意味で、厚み、と云うか、いかにも、強力粉~!!
と云った感じの、ちから強さがありますっ。

うどんで云えば、腰があるってやつですっ。

そのため、アゴの弱い独身には、生地の後半にさしかかると、
いささか、アゴの付け根あたりに、疲労感が漂っています、、。

さらには、しっとりとした、いい水分があって、
キメもぴっちりと細やかで、なめらかなので、
ぴっとりと、よくお口になじんでくれますっ。

流石、ちから強いだけはあって、ほんの数回だけ、
もぐもぐしただけでは、すんなりと、ごっくん、することは出来ません。

よ~く、何度も、もぐもぐしないと、
のどのあたりは、ごっくんの体勢に移ることは出来ません。

否が応でも、もぐもぐをしかと、しなければならないのですが、
そうすると、しかと、生地のお味の実力を、
まざまざっと見せつけられることになるのですっ。

生地に喰らいつくと、まずは、表面から、
いいお焦げの香ばしい風味が、ぼふっとお口に広がっていきますっ。

しかと表面を見つめてみると、上部だけ、艶々っと、
テカッていることに気づきます。

どうやら、オーブンへと投入する前か後に、
お砂糖液かなにかを、しゃしゃっと塗ってみたと妄想します。

そのために、ただ、お焦げの香ばしさだけではなく、
お砂糖の、いい甘味がお焦げと相成って、まさに、
甘香ばしい風味になっているわけですっ。

そのまま生地をもぐもぐすると、
内側からは、じわじわっと、ミルクのような甘味が、
じゅわじゅわっと、勢いよく突進してきますっ。

すると、今度は、たまごのまろやかな甘味が、
どしどしっと、ミルクのあとを追ってきますっ。

この、お焦げとミルクとたまごが三位一体になることで、
味わい深い、濃厚で、重みのある、コクへと変化するのですっ。

このコク旨が、クレッシェンドのごとく、
どこどこっと、勢いを増していきますっ。

生地だけ頂いていても、重々に満足、満喫出来る、
旨味満載の、風味豊かなお味ですっ!

これは、いちどに、“タモさん”と“さんまさん”と、
たけしさん”のコントを目の当たりするようなものですっ(?)。

神戸屋--懐かしロール きなこクリーム。
(↑マウスオンで、中のクリームをガン見、出来ますよ。)

生地の中には、きなこ入りシュガーマーガリンがはさみこまれています。

クリームは、はじめお口にすると、ほわっと、
軽やかな空気感があるのですが、つぎの瞬間、
てろ~っと、ゆるゆるになっていきます。

そのあと、すかさず、お砂糖、と云うか、
グラニュー糖が、じゃりじゃりっと、ごりごりっと、
いいぶつぶつ感を放ってくれます。

てろてろと、じゃりごりが、ゆかいな対比を演出しています。

クリームは、流石、ゆるゆるなだけあって、
お砂糖を残して、真っ先に、お口から姿を消していきます。

すると、お砂糖のじゃりじゃりに混じって、
クリームの、軽いぬめぬめが、居残りしていることに気づきます。

やはり、マーガリンなだけあって、多少の油分を感じます。

しかし、あからさまなぬめぬめ、と云うわけではなく、
どちらかと云うと、お砂糖のほうが、存在感があるので、
不快感満載なぬるぬる、ではありません。

ウォーリーを探せ!”よろしく(?)、
なんとなく、ぬめぬめがあるかも、と云った雰囲気です。

お味のほうは、お口にした瞬間、ほふんっと、
きなこの風味が広がっていきますっ。

お砂糖がじゃりじゃりっと満載なので、
さほど、きなこのお味はしないのではと、妄想していたのですが、
きなこは、お砂糖に、決して負けない実力がありますっ。

きなこ、と云うか、大豆の豆々しい香りですっ。

お砂糖は、じゃりじゃりっと、ぶつぶつっと、
満載なわりには、さほど、甘味にクドさはありません

主役のきなこのお邪魔をすることなく、
さりげなく、甘味を付けたししてくれています。

そして、そのままクリームをごっくんすると、
しかと、きなこの風味がお口に居残りしてくれていますっ。

居残りが得意(?)の、“カツオ”といい勝負です(?)。

神戸屋--懐かしロール きなこクリーム。


クリームが、生地と相成ると、クリームのマーガリンが、
生地に、さらなるコクを与えて、益々旨味に勢いが増していきますっ。

食感も、生地のほぐほぐの噛み応えと、
クリームのじゃりじゃりで、より、ゆかいな食感になっています。

生地に厚みと、ちから強さがあるために、若干、
きなこのお味が生地に飲み込まれている節があるのですが、
ごっくんしたあとは、しかと、きなこ風味が最後に居残りしています。

と云うか、クリームの量が、なかなかてんこ盛りなので、
これくらい、生地に厚みがあったほうが、全体のバランスとしては、
ちょうどいいと云えるのかも、しれません。

生地の味わい深い旨味と、クリームの豆々きなことお砂糖の甘味は、
かなりのナイスフュージョンっぷりを見せつけてくれていますっ。

シュガーマーガリンの菓子パンと云えば、つい先月末、
ローソンから“スカシカシパン”が登場しています。

“スカシ、、”の場合は、いい意味で、チープで、
懐かしい、素朴なお味だったのですが、この“懐かし、、”は、
“むかし懐かしいふっくらソフトなロールパン、、”と謳っておきながら、
風味満載、旨味満喫の、満足満々の、実力派のお味ですっ。

今回、3度目の正直で、ようやっと、
この“、、きなこ、、”をワシづかみしたわけですが、
うかうかっと、シカトしないで、ほんとうによかったと、
3度目のミラクルに、感謝してしまいますっ。

だんご3兄弟”よろしく(?)、3つ連続、
ばくばくっと、喰らいついてしまいたくなるほど、
この旨味にゾッコン、ですっ。

<まとめ>
・生地は、ぐぐっと、かなりの噛み応えがあって、ぎゅぎゅっとキメが引き締まっている。
・うどんで云うところの、“腰がある”強さがあって、いい意味で厚みを感じる。
・お味は、はじめはミルクの甘味が染み出てきて、
 そのあと、たまごのまろやかな甘味が突進してくる。
・表面に、いいお焦げの香ばしさがあるので、これが、三位一体となって、
 味わい深い、コクのある旨味になる。
・きなこシュガーマーガリンは、はじめは、ほわっと軽く、
 あとは、てろ~っと、ゆるやかになっていく。
・お砂糖がじゃりじゃりっと、ごりごりっと、満載なわりには、
 さほど甘味は、きなこをお邪魔していない
・生地と相成ると、クリームのマーガリンが、生地にコクを与えて、
 益々、味わい深い、風味豊かなお味に仕上がっている。
・生地に厚みがあるので、若干、きなこ風味が押されている節があるが、
 ごっくんすると、最後にお口にきなこが居残りしている。


神戸屋
懐かしロール きなこクリーム

購入価格:104円/定価:105円。

栄養成分表示(1個当りのめやす):
エネルギー:437kcаl
たん白質:8.8g
脂質:17.5g
炭水化物:61.1g
ナトリウム:279mg

独身評価:★★★★★

(神戸屋の菓子パンはこちら)
スポンサーサイト





タグ: きなこ, シュガークリーム, 懐かしロールシリーズ,
スレッドテーマ: 菓子パン,グルメ

HOME

トラックバックURL


トラックバック

ヤマザキ--とろけるフォンダンショコラ風パン。  | home |  木村屋--木村屋のチョコあんぱん。