FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2008年02月22日[Fri]

ミニストップ--白い練乳もち~穂・第一パン~。

ミニストップ--白い練乳もち~穂・第一パン~。


“ミニストップ”のおもち入り白パンッ!
某国のラフプレーと、この生地に、レッドカードかっ、、!


♪パンだっ!パンだっ!パンだ~~~ぁっ!!
 生地の内側、ひそむもち(餅)~~ぃっ、
 し~ろ~い(白い)~、れ~~ぇんにゅう(練乳)っ、(じゃじゃじゃっ)
 もちパン~~~ッ!♪

白い翼を持つのが“ガッチャマン”ならば、
この日、独身のこころをワシづかみしてくれる菓子パンは、
ミニストップの“白い練乳もち”ってもんですっ。

この日の独身は、毎度、大好物の“オレンジのスーパー”の、
週1の特売を、ささっとシカトして、ミニストップへとまい進しています。

本来なら、特売、安売り大好物の独身は、なによりも、
“オレンジ”を優先しているところですが、この日は、
“オレンジ”なんぞには目もくれず、ミニストップまっしぐら、です。

最近の“オレンジ”は、菓子パンに対して、
なかなかの怠慢っぷりを見せつけてくれています。

以前なら、新しい月に突入すると、早々に、
もりっと新作をスタンバイさせています。

とくに、独身がひいきしている“ランチパック”に至っては、
しかと専用の棚を設けているほどの、情熱の注いでいます。

“オレンジ”は、ふたんの特売は2割引きなのですが、
ここ最近は、月に2度、3割引を開催しています。

そのため、独身は、割高の“ランチパック”を、
より、お得にハンティングしようと、特別3割の日を狙って、
“オレンジ”を訪問していたのですが、数ヶ月ほど前から、
ランチパック”のスイーツ部門が、ふっと、“オレンジ”から、
姿を消していることに気づきます。

いつもの専用の棚には、お惣菜部門しか、盛られていないのです、、。

これは、“オレンジ”のきまぐれなのか、はたもや、
そそくさっと、ほかのお客によって、
スイーツ部門を奪われてしまったのか、
独身には、知る由がないってやつ、です。

そのときは、
(まあ、こんなこともあるさっ。)
くらいに思っていたのですが、それから、1週間後、
ふたたび“オレンジ”に参戦すると、またしても、
スイーツ部門が欠場しているではありませんか、、。

その代わり、なのか、ヤマザキの肉まん・あんまんが、
これでもかっ!と云うくらい、てんこ盛りに特売ワゴンに山積みされています、、。

独身は、肉まん・あんまんも大好物ですが、
“オレンジ”へとやって来た目的は、あくまで菓子パンがお目当てなのです。

いくら、独身宅でむかし、飼われていたチワワの名前が、
キン肉マン”に由来しているは云え、ここで、
肉まん・あんまんにウツツを抜かすわけには、いきません(?)。

それまでは、“ランチパック”と云えば、
こぞって“オレンジ”の3割引の日を狙っていたのですが、
スイーツ部門が撤退して以来、“オカンのスーパー”に、
すっかり狙いが変更されています。

“ランチ、、”だけなら、まだ、なんとか甘受出来るところですが、
ここのところ、ほかの菓子パンに至っても、ほとんど情熱を感じることが出来ません、、。

こぞって参戦している菓子パン、と云えば、もう、
数ヶ月も前から、ずっと世間に姿をさらし続けている(!)、
見慣れた菓子パンばかりです、、。

これには、“愛”のカブトでおなじみの、
戦国武将の“直江兼続”だって、落胆してしまわれるってもんです、、(?)。

それでも、イチルの望みを抱いて、毎週、
せっせと“オレンジ”へとハンティングに向かっていた独身ですが、
先週、ついに、なんらターゲットと遭遇することが出来ずに、
そそくさっと、“オレンジ”から退散するハメとなったのです、、。

これには、流石の“石川さゆりさん”だって、
着てはもらえぬセーターを、寒さに堪えることが出来ず、
途中で放り出してしまうってもんです(?)。

流石に独身だって、“オレンジ”の怠慢っぷりに、
これ以上、負けっぱなしでいるわけには、いきません。

負け戦とわかって、あえて戦場にブッこむよりも、
ここは、いったん引き返して、戦略を練り直すことも、
ときとして、肝要です。

と云うわけで、この日の独身は、作戦を変更して、
“オレンジ”ではなく、ミニストップへとまい進しようと云う魂胆です。

ちょうど都合がいいことに、今週、ミニストップから、
チロルチョコ”の新作、“舞チョコ”が登場していることもあって、
菓子パンのお供として、ついでに“舞チョコ”もお連れすることにします。

さっそくミニストップに到着し、ささっと菓子パンコーナーへと突き進むと、
まっさきに、独身の視界に突入してくるのは、“きなこもち”です。

“チロル、、”の“舞チョコ”には、昨年初登場している、
京きなこ”が盛り込まれていますが、独身が目の当たりにしているのは、
“チロル、、”ではなく、菓子パンです。

なにやら、四角いかたちの黒コッペ生地に、
きなこクリームと求肥、さらには、フレークが参戦している模様です。

いまのいままで、きなこもちの菓子パンとは、
何度もランデブーしていますが、フレークが盛られているものは、
今回がお初となります。

これは、たいへんにめずらしいコラボレーションと云えます。

きなこ、と云えば、求肥か、あんこが定番ですが、
そこに、まったく異種のフレークをブッんでしまおうなんて、
なっんて冒険心満載の菓子パンなんでしょうっ。

これには独身、ひと目、目の当たりにして、
即刻ワシづかみしてしまいますっ。

と、ここで、ふっと、左横に視線を移してみると、
そこには、“白い練乳もち”なる、白パンが盛られていることに気づきます。

なにやら、練乳クリームと求肥が盛り込まれた白パンのようですが、
こちらの組み合わせも、かなりめずらし感満載と云えますっ。

いまのいままで、練乳クリーム入りの菓子パンとは、
何度もお目にかかってはいますが、そこに、
求肥をブッこんでしまおうなんて、なっんて斬新な菓子パンなんでしょうっ。

これには独身、ひと目、目の当たりにして、
即刻、好色っぷりを全開にしてしまいますっ。

つい数秒前までは、“きなこもち”にこころを奪われていたと云うに、
いまは、すっかり“白い練乳もち”の魅力にとらわれています。

フレークときなこの組み合わせも、とっても気になるところですが、
それよりも、練乳と求肥のほうが、独身の関心を刺激してくれます。

と云うわけで、この日のターゲットは、
白い練乳もち”に、さっさと決定ですっ。

と、つぎに、もうひとつのターゲットである、
“チロルチョコ”の“舞チョコ”の捜索へと移るわけですが、
お菓子コーナーに移動して、あっちこっち視線を投げかけてみても、
いっこうに、“舞チョコ”の姿は確認出来ません、、。

どうやら、ここの“ミニストップ”では、
“舞チョコ”はスタンバイさせていない模様です、、。

おんなじコンビニとは云え、お店によって、
仕入れ状況がまったく異なるようです、、。

つまり、いくら独身が菓子パンに対して情熱的でいたとしても、
ここ最近の“オレンジ”のように、仕入れスタイルを一転させることもあるのです。

一方のコンビニでも、週1回、いっせいに新作登場日がめぐってくると云っても、
すべての新作がすべてのお店にスタンバイしているとは、限らないわけです。

ハンティングとは、なかなか一筋縄ではいかない、
まさに、運とタイミングによって左右されるもののようです。

ミニストップ--白い練乳もち~穂・第一パン~。


求肥と練乳クリームを包みました。”

と云うわけで、
ミニストップの“白い練乳もち”です。

さっそく生地から頂いてみると、
なかなかがっしりがっすりとした、硬めの白生地になっています。

白生地、と云うと、見た目からして、
しっとり、みっちり、むっちりとした、
ソフトな食感を妄想してしまうのですが、
この生地は、がさっとかさついていて、
ごわっと、キメが粗めのようです、、。

そのため、ほぐほぐっと噛み応えがある、と云うか、
がつがつっと、硬くなってしまっている、と云った雰囲気です。

さらには、水分も不足しているので、変に、
お粉の割合が強調されて、どさどさっと、厚苦しい、
と云うか、重苦しい生地になっています、、。

よって、生地をごっくんすると、
胸のあたりの食道で、ぐぐっと渋滞が発生します、、。

キメがいささか荒くれ者でもあるのせいか、
ぐぐっと厚めの生地でも、若干、ほふっとした空気感もあります。

しかし、かさっと、かさついているがための空気感
と云った印象でもあります、、。

生地の上には、細やかなお粉が、
はらはらっとまぶされているのですが、
これは、完全に、お邪魔、です。

ただ、指やお口のまわりに、不快にぺったんこして、
さらさらっと、あっちこっちに舞い散るだけの、
不必要な存在です。

これは、流石の“明菜さま”だって、
♪飾りじゃないのよ、お粉は、はっら~~~ぁっ、
 お口にひっつくじゃないのっ、ぺった~~んっ♪
と、思わずご立腹されてしまうってもんですっ(?)。

生地のお味は、すっきりあっさりとした、
かなりシンプルな白パンです。

あとから、じわじわっと、塩っ気が参戦してくるのですが、
あとは、素っ気のない、味っ気もない、いたって無味の白生地です、、。

そのためか、やけ~に小麦粉風味だけが強調されて、
やたら、お味が粉々しく感じてしまいます、、。

ミミニストップ--白い練乳もち~穂・第一パン~。


生地の中には、練乳クリームと求肥が盛り込まれています。

まずは、練乳クリームからですが、
かなりもったりどっぷりとした、
~で、重厚感のあるクリームです。

お口にすると、どっし~んっと舌べろにのしかかってきて、
しかと味わってみると、べべっと、お口中にはりついてきます。

水っ気と云ったものは、いっさいないので、
ごっくんすると、胸のあたりの食道に、べったんこ、するようで、
食道から胃まで、なかなかあっさりと移動してくれません。

スパイダーマン”といい勝負です(?)。

お味のほうは、かなりやわらかい練乳で、
とってもご親切な甘味になっていますっ。

練乳クリームと云うと、つい先日、Pascoの新作、
“おいしいシューロール 小倉ホイップ
”にも盛り込まれていたのですが、
“おいしい、、”のほうの練乳は、かなり意地悪い、攻撃性のある、
凄み満載の甘味です。

じくじくっと、のどの奥~を刺激してくるような、
勢いのある甘味で、メインであるはずの小倉が、
すっかり丸め込まれてしまっています。

その記憶が、まだ新鮮ほやほやっと云うことで、
この練乳クリームに対して、いささかトラウマのようなこころ持ちでいたのですが、
実際にお口にしてみると、かなりまろやかで、やさしい練乳の甘味であることが判明ですっ。

そのため、どっしりとした重い甘味はまったくなく、
ふわっと、軽やかな練乳風味がお口に広がるわけですっ。

しかし、ただ、軽いだけの、無能な(?)練乳ではなく、
しかと、練乳のこくっとしたコクも持ち合わせていますっ。

口あたりは、かなり重苦しいものがありますが、
お味に関しては、とってもおだやかな雰囲気になっていますっ。

これには、流石の“織田裕二さん”だって、
「宇宙に生まれて、よかった~~~ぁっ!」
と、大阪世界陸上の、トラックの中心で叫んでしまわれるってもんです(?)。

ミニストップ--白い練乳もち~穂・第一パン~。


一方の求肥ですが、ぷにぷにっと、
やわらかな弾力があって、つるつるっと、いいがあります。

わりと、でっぷりと厚めに盛られているので、
しかと求肥のむちむちっぷりを堪能することが出来ます。

さらには、ねちねちっと、伸びがいいので、
厚めでも、厚苦しくはなっていません。

これが、練乳クリームと相成ると、まず、
重々しい、蜜~な練乳が、まっさきにお口に突進して、
そのままの勢いで、はりついてところに、ぬ~っと、
すきまをぬうようにして、求肥が姿を現してきます。

そして、ようやっと、練乳がゆるみだしてきたころに、
求肥が、ねちねちっと、やわらかで、艶のある食感を放ってくれます。

お味は、練乳のやわらかな甘味が主、なのですが、
求肥も、艶っとした、透明感のある甘味を付けたししてくれています。

練乳と求肥の組み合わせとは、いったい、
どんなフュージョンっぷりを見せつけてくれるものかと、
うきうきっとしていたのですが、うまいこと、調和して、
まろやかで、やわらかい風味をかもし出していますっ。

しかしっ、、。

そんなナイスコンビっぷりを発揮している練乳と求肥に、
CHA-CHA”ではなく(?)、茶々を入れてくる存在があります、、。

それは、生地です、、。

がさっと、もさっと、乾いて、がっしりと硬くなった生地が、
せっかくの、やわらかい風味の練乳と求肥に、お邪魔してきます、、。

さらには、生地の厚っぼさと、どっぷり重い練乳が相成って、
益々食道で渋滞を引きこしています、、。

これには、流石の元“CHA-CHA”の“勝俣州和さん”だって、
「っしゃ~~っ!!」
と、気合満載で、ごっくんしてしまうってもんです、、(?)。

これは、なにかお飲み物をお供させないと、
食道に負担がかかってしまいます。

練乳と求肥のみ、なら、即刻5つ★を差し上げたいところですが、
やはり、菓子パンと云うのは、生地も含めて、全部がひとつで菓子パンです。

“CHA-CHA”から、“桃太郎さん”が抜けたところで、
それはもう、“CHA-CHA”ではなくなってしまうのです(?)。

それだけに、この無粋な生地が、
余計に不快に感じてしまいます、、。

先日行われた、東アジアサッカー大会の、
某国のラフプレーよろしく、です、、。

この白生地にも、是非、練乳と求肥に対して、
フェアなこころ持ちでガチンコして頂きたいものです。

<まとめ>
・生地は、かなりがっしり、がっさりと、かさついて、硬くなっている。
・キメも、ごわごわっと粗めで、変に厚ぼったい、重い生地になっている。
・お味は、じわじわっとした塩っ気があるものの、ほとんど無味に近い、素っ気ないお味
・練乳クリームは、かなりもったり、どっぷりとした、重く~なクリーム。
・お味は、とってもやわらかで、まろやかな、やさしい甘味の練乳。
・ふわっと、ご親切な練乳ながら、しかと練乳のコクもある。
・求肥は、ぷにぷにっとやわらかな弾力で、どっぷりと厚め
・せっかくの練乳の甘味と、艶のある甘味の求肥でも、
 硬くでごわごわの生地によって、印象をお邪魔されている。


ミニストップ
白い練乳もち

販売価格:116円。

栄養成分表示(一包装当り):
エネルギー:269kcаl
たんぱく質:5.9g
脂質:7.3g
炭水化物:44.9g
ナトリウム:370mg

独身評価:★★★☆☆(3.5)

(ミニストップの菓子パンはこちら)
スポンサーサイト


タグ: クリームパン, 練乳, 求肥,
スレッドテーマ: 菓子パン,グルメ

HOME

トラックバックURL


トラックバック

Pasco--おいしいシューロール 小倉&ホイップ。  | home |  猛風吹き荒れる中、富士市の岩本山へと、梅を見に行ってきました。