FC2ブログ
“のっぽパンの会。”は新アドレスhttp://noppo.broetli.com/にお引越ししました。
当アドレスは、“菓子パンの会。”として、リニューアルします。

↓“のっぽパンの会。”最新情報↓
2008年02月29日[Fri]

神戸屋--練乳好きのなめらか練乳クリームパン。

神戸屋--練乳好きのなめらか練乳クリームパン。


神戸屋の今月の新作っ!

これには、流石の“ドラえもん”も、
白ネコの“ミミちゃん”そっちのけになってしまうかっ。


♪“練乳ぅ、、”いっいなっ、“チョコパン”もいっいなっ、
 あんっなパン、こんっなパン、いっぱいあるっけど~~ぉっ、

 みんっなっ、みんっなっ、み~っんなっ、ナ~イスな魅~力っ、
 神戸屋し~んさっく(新作)、ダ~ブルクリ~~ム~~ゥッ、

 “チ~ョコ、、”と“練乳、、”、どっちらっかな~~ぁっ、
 「はいっ!“練乳、、”だ~~ぁっ!」

 パンッ、パンッ、パンッ!
 と~ぉっても魅~惑なっ、“練乳~~ぅパ~~ァン”♪

ネコ型ロボットでおなじみ、“ドラえもん”が、
あんなこと、こんなこと、不思議なポッケで、いっぱい叶えてくれるのなら、
この日の独身は、数多の、あんなパン、こんなパンの中から、
選択した“練乳好きのなめらか練乳クリームパン”に、
独身のポッケである(?)胃も、こころも、すっかり満足、
満腹になるってもんですっ。

昨日の独身は、“イトーヨーカドー”へと遠征におもむき、
特売の、ヤマザキの“フルーツサンド りんご&ホイップ”をハンティングしています。

実は、その前に、たびたびお世話になっている、
ミラクル100均”へと、寄り道をやらかして(?)います。

ここ“ミラクル”では、お菓子や食品のほかに、
しかと菓子パンもスタンバイさせています。

以前は、さほど菓子パンには情熱を注いでいないようにお見受けしていたのですが、
今月になって、別件で“ミラクル”を訪れてみると、菓子パンコーナーには、
もりっと、数多の神戸屋の新作が勢ぞろいしているところに遭遇です。

まさに、神戸屋のひとり相撲と云った雰囲気で、
ほかのメーカーは、いっさい姿を確認出来ません。

どうやら、“ミラクル”の仕入れ担当さんは、
神戸屋さんをひいき、していると妄想します。

それまで、神戸屋と云えば、独身は、
紫のドラッグストア”か、“緑のスーパー”を利用していたのですが、
ここのところ、以前ほど、神戸屋の菓子パンとめぐり逢う機会が減ってきています。

そのため、神戸屋のサイトで、ターゲットとなる新作をチェックしても、
泣く泣くあきらめることも、多々、あったのです。

しかし、そんな独身に救いの手を差し伸べるかのごとく、
ふっと、訪れてみた“ミラクル”で、もりだくさんの神戸屋を発見ですっ。

これで、独身の神戸屋ハンティングは、安泰ってもんですっ。

さて、昨日、独身は、“フルーツサンド、、”と云う、
特売をしかとターゲットとしているのにも関わらず、
そそくさっと、“ミラクル”へと向かっています。

と云うのも、別段、“フルーツサンド、、”から、
こころを移したわけではなく、神戸屋の、
ある菓子パンを偵察する目的で、寄り道を決行しているのです。

それは、今月の新作、
“練乳好きのなめらか練乳クリームパン
”です。

なぜ、独身は、“練乳好き、、”の偵察を行うのかと云えば、
昨日の“ヨーカドー”遠征の、そのまた前日に、独身は、
“紫のドラッグストア”での出逢いに原因があります。

その日、久々に“紫、、”へと足を踏み込んでみると、
すでに、数日前に、初顔合わせを果たしている、
“練乳好き、、”と、おなじく新作の、
チョコ好きのとろけるチョコクリームパン”と、
久々に再会します。

それ以来、いつか、しかとハンティングしようと、
独身のハンティングリストへと盛り込まれていたのですが、
独身が、あんなパン、こんなパンに誘惑されているあいだに、
わぁっと云う間に、もう、如月は終わりを迎えようとしています。

ここらで、そろそろ“練乳、、”もしくは、
“チョコ好き、、”をハンティングしておこうと云うことで、
“紫”へと向かってみたわけですが、そこで、独身が、
まず注目したのは、お値段、です。

“練乳、、”、“チョコ好き、、”は、いずれも、
定価136円で、“紫”価格は、113円となっています。

それだけでも、十分にお買い得なお値段設定なのですが、
ここで、ふっと、独身の脳裏に、“ミラクル”の存在が浮上してきます。

“紫”では、113円でも、100均である“ミラクル”なら、
さらにお得な、105円でハンティング出来ることになります。

“ミラクル”でも、スタンバイしているかは、明らかではありませんが、
ここで、そそくさっと急いでハンティングするよりかは、
しかと“ミラクル”の状況を確認することが肝要と云えます。

と云うわけで、昨日の独身は、“ヨーカドー”の前に、
“ミラクル”へと偵察を決行することにしたのですが、
残念ながら、独身の妄想が暴走しただけに過ぎず、
“練乳、、”も“チョコ好き、、”も、“ミラクル”では、
スタンバイしていないことが判明です。

しかし、ここでがっくしと落胆する必要はありません。

いささか差額が気になるところですが、
“紫”に、しかとスタンバイしていることは明らかなので、
別段、ハンティング自体が失敗に終わったわけでは、ありません。

昨日の“フルーツサンド、、”に関しては、
若干、失敗の感も否めませんが、この日は、
ささっと、こころ持ちを一新させて、ようやっと、
“練乳、、”と対峙するときがめぐってきます。

さっさと“紫”へと向かい、
お店の奥~にある菓子パンコーナーへと突き進むと、
そこには、数多の“練乳、、”が詰め込まれていますっ。

まっさきに、“練乳、、”をワシづかみ、するのですが、
ふっと、視線を左ななめ下に移してみると、そこには、
“チョコ好き、、”も参戦していることに気づきます。

この日の独身は、しかと“練乳、、”をターゲットとしていたのですが、
実際に、“チョコ、、”にもお目にかかってみると、
貪欲にチョコ好きの、独身の性が、もりもりっと盛り上がってきます。

しかも、ダブルチョコクリームだけでなく、
とろける”と書かれると、すっかり興味は満載になるってもんです。

ここで、いったん“練乳、、”を元の位置に戻して、
その手を、“チョコ好き、、”へと伸ばしてみます。

しかとながめてみると、やはり、チョコ好きのこころを刺激する、
魅惑満載のチョコパンである様子が、ひっしと伝わってきます。

チョコ好きならば、ここで、“チョコ、、”を優先すべきだろう、
と思うのですが、なかなかそうはいかないのが、喰いしん坊の独身です。

神戸屋の練乳菓子パン、と云えば、つい先日、
もちもち工房むしぱん ミルク棒”を頂いています。

練乳満載のお味、と云うよりは、実にすっきりとした、
ご親切なやさしさのミルク味だったことは、いまだ、
記憶に新鮮なところです。

さらには、昨年頂いた、“丹念熟成 北海道練乳クリーム”にも、
かなり満足させられたことは、しかとこころに留めてします。

それだけに、こちらの“練乳、、”のほうにも、
期待が高まってしまうところです。

菓子パンコーナーの前で、ひとり、ふたつの菓子パンを手にして、
選択にあたまを悩ませる独身です、、。

そして、さんざ、熟考に熟考を重ねてみた結果、
先日の“もちもち工房、、”の実力をかんがみて、
この日は、“練乳、、”をハンティングすることに決定しますっ。

たしかに独身は、チョコ好きではありますが、
チョコばっかし対峙していれば、独身の、
ハンターとしての経験に、偏りが生じてしまう恐れがあります(?)。

と云うわけで、この日ばかりは、チョコ好きの性を丸め込んで、
“練乳、、”へと期待を寄せてみることにします。

はたして、この“練乳好き、、”は、チョコ好きの独身を、
練乳好きの独身おんなへと変貌してくれるのか、
さっそく、その実力を確かめてみたいと思います。

神戸屋--練乳好きのなめらか練乳クリームパン。


しっかり&なめらかな
 北海道産練乳で作ったクリームを2層に
。”

と云うわけで、神戸屋の今月の新作、
“練乳好きのなめらか練乳クリームパン
”です。

さっそく生地から頂いてみると、
かなりみっちりむっちりとした、
いい引き締まりっぷりの生地であることがわかりますっ。

一見すると、生地の表面がしわしわっと、
あっちこっちにしわが入っているので、
思わず、しなびているのかと妄想していたのですが、
しかと頂いてみると、“丹念熟成、、”よろしくの、
かなりキメがぐぐっと詰まってほぐほぐっとした噛み応えもありますっ。

うどんで云うところの、腰があるってやつですっ。

昨日頂いた、ヤマザキの“フルーツサンド りんご&ジャム”にも、
かなりの噛み応えを実感させられたのですが、この生地とは異なり、
がっしがしっと、硬くなってしまった、と云った雰囲気です。

しかし、この“練乳、、”は、キメがぴっちりと引き締まっているだけでなく、
しかと、しっとり、じっとりとした、適度な水分も持ち合わせています。

そのため、生地をお口にすると、まるで、
吸い付くかのごとく、ぴっとりとなじんでくれますっ。

さらには、キメがかなり細やかで、繊細なので、
とってもご親切で、やさしい口あたりとなっていますっ。

お味のほうは、生地に喰らいついた瞬間、
ミルクのまろやかで、やわらかい甘味が、
ほふんっとお口に広がって、もぐもぐしていくと、
甘味がどんどんっと染み出てきますっ。

ミルク、と云うか、練乳と云った雰囲気の、
こくっとしたコクを感じますっ。

さらには、小麦のほんわりとした風味も、しかと実感させられますっ。

これは、オーブンで、低めの温度で、
やさしく焼かれたのでは、と勝手に妄想します。

これは、生地のみ頂いていても、
質、お味ともに、じゅうぶんに満足、満喫出来ますっ。

神戸屋--練乳好きのなめらか練乳クリームパン。


生地の中には、しっかり派と、なめらか派の、
ふたつの練乳クリームが盛り込まれています。

一見すると、ふたつのクリームは見分けがつかないのですが、
しかと見つめてみると、上のなめらか派が、若干、黄味がかっていて、
下のしっかりクリームは、淡い白になっています。

まずは、なめらかクリームからですが、
とろ~んっと、てろ~んっと、かなりゆったり、
なめらかであることがわかりますっ。

しかし、しかとお口にしてみると、まったり~、
ぺっとり~っとお口の中に張り付いてくるとろみがあります。

たしかに、はじめはなめらかなのですが、
なかなかのとろみがあるので、これは、
なめらかとしっかりのあいだ、と云った印象を受けます。

お味のほうは、と~ってもまろやかな甘味のある練乳ですが、
いい意味で、濃厚な甘味ではなく、どこか、すっきり
さっぱりとした雰囲気すら感じられますっ。

練乳と云うと、もっと、こってり、どっしりとした、
強い甘味を妄想するのですが、このなめらかクリームは、
しかと練乳のコクはあるものの、過度な甘味がまったくないので、
ごっくんしたあとは、さわやかな練乳風味が居残りする、と云うわけですっ。

これには、流石の“磯野カツオ”だって、
先生に云われなくとも、宿題忘れの罰として、
自ずから、居残りしてしまうってもんです(?)。

神戸屋--練乳好きのなめらか練乳クリームパン。


一方のしっかりクリームですが、流石、しっかりと謳っているだけはあって、
かなりどっぷりぼってりとした、重みのあるクリームになっています。

上のなめらかクリームとは相反し、
とろっとしたなめらかな節は、いっさい、持ち合わせていません。

お口にした瞬間、舌べろに、どっぷんっとのしかかってきて、
そのまま、まった~んっと、もった~んっと、重くはりついてきます。

かなり濃密で、存在感満載の重みです。

お味のほうは、たまごのような、まろやかな甘味があって、
練乳に、より、深いコクと旨味を与えているように感じます。

そのためか、なめらかクリームよりも、
いい意味で、どしっと強いコクがあって、味わい深くなっています。

お口にした途端に、練乳とたまごのような旨味が、
どこどこっと突進
してきますっ。

なめらかが大器晩成型なら、
このしっかりは、猪突猛進、と云った感じです。

かと云って、なめらか同様、
決して甘味が強く、クドいと云うわけではありません。

しかとしたコクと旨味があるのに、ごっくんしたあとは、
やはり、すっきりさっぱりとした、軽やかな練乳が居残りしているのですっ。

これが、なめらかクリームと相成ると、まず、
なめらかが、とっぷ~んっと、お口に押し寄せてきます。

すると、すかさず、しっかりクリームが、
どっぷ~んっと、荒波のごとく、突撃してきます。

お口の中は、練乳のとっぷりとしたとろみと、
ぼってりとした濃密っぷりで、すっかり占領されています。

生地に、ほぐほぐっとした噛み応えがあるので、
クリームと相成ることで、歯のほうでは、ほぐほぐ、
舌べろのほうでは、ぼってりで、もう、お口はいっぱい、いっぱいですっ。

これには、思わず、“サザエさん”にしばし登場する、
デパートのセールのシーンを妄想します。

お味のほうは、わりと軽い練乳風味のなめらかクリームに、
どしどしっとした、重みのある、しっかりの練乳がガチンコすることで、
より、練乳の風味に勢いを増して、味わいも、とっても豊かになっていますっ。

まさに、練乳、満載、満杯のワンマンショーが繰り広げられていますっ。

さらには、生地にも練乳のようなコクがあるので、
益々練乳の勢いは凄みを増していきますっ。

かと云って、決してクドい甘味に発展することは、ありませんっ。

味わい深く、濃厚で、勢いがあるにも関わらず、
ごっくんしてしまえば、後味は、さわやか~で、
すっきり~とした練乳が、お口に広がっているのですっ。

はじめff(フォルテシモ)で、あと、
デクレッシェンドってやつですっ。

これには、流石の“大友康平さん”だって、
♪練~乳っ、すべ~てさ~ぁっ、
 いま~こそぉっ、喰ら~ぁうよぉっ♪
と、ff(フォルテシモ)そのままに、
この“練乳好きの、、”に、喰らいついてしまうってもんですっ(?)。

さらには、流石の“ドラえもん”だって、
白ネコの“ミミちゃん”そっちのけで、
この、白い“練乳好き、、”に誘惑されてしまうってもんですっ(??)。

先日の“もちもち工房むしぱん ミルク棒”と云い、
丹念熟成 北海道練乳ミルククリームパン”と云い、
神戸屋の練乳パンには、決して目を離すことは出来ませんっ!

神戸屋
練乳好きのなめらか練乳クリームパン

購入価格:112円/定価:136円。

栄養成分表示(1本当りのめやす):
エネルギー:388kcаl
たん白質:7.7g
脂質:14.9g
炭水化物:56.0g
ナトリウム:213g

独身評価:★★★★★

(神戸屋の菓子パンはこちら)
スポンサーサイト





タグ: 練乳, とろけるクリームパンシリーズ, クリームパン,
スレッドテーマ: 菓子パン,グルメ

HOME

トラックバックURL


トラックバック

ヤマザキ--フルーツサンド りんご&ホイップ。  | home |  東伊豆の河津へと、満開の河津桜を見に行って来ました。